仕事なんて適当で良い9個の理由と不真面目が評価される理由

働き方 / 自己啓発


  • 効率的に仕事をしてもその分新しい仕事がくるだけ
  • 真面目に働きすぎても辛いだけなのでは?
  • 仕事は真面目な人が馬鹿をみる?

こんな疑問に答えます。

仕事をしていて、自分の方が頑張っているのに「適当にやっているあいつの方が評価高い」とか「真面目にやっているのに評価されない」とかそんな経験ありませんか?

結論から言うと、仕事は真面目な人ほど馬鹿をみて、適当にやっている人の方が評価を受けることがしばしばあります。

本記事では「仕事なんて適当でもOK、不真面目な人の方が仕事ができる理由とは?」という題目で記事にしていきます。

この記事を読むことであなたの仕事に対する向き合い方や価値観についての幅を広げることが可能です。

スポンサードサーチ

仕事なんて適当で良い9個の理由

仕事なんて適当で良い9個の理由

海外では自分の仕事が終わればすぐ様帰って良い状況になりますが、この日本においては「付き合い残業」や「残業の美徳化」が進んでおり、真面目な人が馬鹿をみる社会構造になっています。

まずは仕事なんて適当で良い9個の理由について説明していきます。

日本だと効率的に仕事をしても早く帰れない

1点目は「日本だと効率的に仕事をしても早く帰れない」という理由です。

日本だと効率的に仕事をしたとしても、その分他の仕事を押しつけられるだけなので、結果的に給料は同じなのに損をする羽目になります。

純粋に評価されるのであれば良いのですが、そんなことはありません。日本だと「残業=美徳」という強い風習が根付いているので、結局仕事を効率的にこなしていても、早く帰ると評価が下がります。

つまり効率的に仕事をやっていても、評価されずに馬鹿をみる羽目になるのです。悲しいですよね。

これは僕の知り合いが言っていた話ですが、「派遣社員が毎日定時帰りしていて、やる気がないから切った」ということがありました。

しかしその派遣社員のPCを回収すると、自分の作業を全てマクロ化して取り組んでいただけで、誰よりも効率的に進めて早く帰っていただけということが判明。

もし残業が美徳の風習が根強い会社であれば、このように評価されずに損するだけですので、今すぐ転職を検討された方が良いでしょう。

転職が怖いと感じるのは普通→行動に移せない人の末路は?

2019-11-12

会社でストレスを溜めると健康面で危ない

2点目は「会社でストレスを溜めると健康面で危ない」という理由です。

真面目に仕事をやりすぎると息抜きが他の人よりもできていないのでストレスが溜まりますよね。

加えて前項のように真面目にやっているのに評価されないと尚更です。疲弊してストレス障害やうつ病になってしまうと、結局損をするのは自分だけになります。

【もう無理】仕事でストレスが限界な時に必要な全知識と事前予防策

2020-03-04

真面目な人ほどうつ病にかかりやすいと言われていますので、時に適当な気持ちを持っておくことは重要と言えるでしょう。後に詳しく解説します。

完璧主義すぎると仕事が回らない

3点目は「完璧主義すぎると仕事が回らない」という理由です。

真面目な人ほど仕事を完璧にやろうとする「完璧主義者」の人が多いです。

  • 責任感が強く、妥協できない
  • 何でも100点のものを出そうとする
  • 失敗することが怖い

こんな特徴を持っている方はいませんか?当てはまる人は完璧主義者の可能性が高いです。

完璧主義で仕事をやると仕事が回りません。どうせ上司の修正が入るので、7割程度でやった方が実は効率よく仕事が回ります。

完璧に仕事をやるという意識は大切ですが、あまりにも完璧にやりすぎるとうつ病になる可能性がありますので注意しましょう。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21

月給制なので頑張っても給料は同じ

4点目は「月給制なので頑張っても給料は同じ」という点です。

仕事を真面目にやっていても、どうせ不真面目な人と給料は変わりません。

さっきも説明しましたが、効率的に業務をやっても仕事が増えるだけなんですよね。そして評価もされないですし、もっと言えば給料が増えることもありません。

ですのであまり真面目にやりすぎてもしょうがないと思います。時に「仕事なんて適当でいいや」という精神が必要になってくるでしょう。

初任給20万で手取り16万はどう考えても安すぎる件【転職しろ】

2019-11-09

生きる為に働いていて働く為に生きている訳じゃない

5点目は「生きる為に働いていて働く為に生きている訳じゃない」という理由です。

極論を言ってしまうと、生きる為に働いているのであって、働く為に生きている訳ではありませんよね。

  • 不必要な仕事を押しつけられて真面目にやっていませんか?
  • 全ての業務に真面目に取り組もうとしていませんか?

仕事に人生を捧げていても幸せにはなれません。仕事は生きる為の手段なので、もっと他のことにリソースを使う為に、仕事は時に適当にやった方が良い気持ちを持っておくことが大切です。

働くために生きる人生→結論「生きるために働く」にシフトしよう

2019-11-26

結局好かれる人が出世する

6点目は「結局好かれる人が出世する」という点です。
先ほど「真面目=会社から評価される」という訳ではないという話をしましたが、それの続きで、結局上司が仕事をしやすい、つまり好かれている人が出世する傾向にあります。

一見「仕事を適当にやっている奴」と思うかもしれないですが、上司視点からは「働きやすい奴」と思われている人は結構沢山いるんですよね。

真面目すぎるととっつき難く、一緒に仕事したくないと思われてしまうので、時に茶目っ気を出したり、不真面目さを出していくことは重要です。

真面目にやるよりも大切なのは結果だから

7点目は「真面目にやるよりも大切なのは結果だから」という理由です。

真面目にやるよりも結局大切なのは結果になってきます。真面目にやること=結果に繋がると思っていませんか?実は本質は違うところにあります。

真面目にやるよりも大切なのは結果だから

上記の画像を見ていただきたいんですが、仕事ができる人と上司に思われるのは1>2>3>4の順番となって、1>3>2>4の順番ではありません。

つまり、仕事ができなくても「とにかく話す人」の方が仕事ができる人だと思われるということです。

  • 真面目に作業しすぎて口数が少ない人間になっていませんか?
  • 真面目さ故に話しづらい人間になっていませんか?

仕事はチームで進めていくものなので、真面目にやることが全てではないことは知っておいた方が良いでしょう。

どうせいつかは辞める可能性がある

8点目は「どうせいつかは辞める可能性がある」という点です。

人間生涯1回は転職する可能性があると言われているので、今の会社もいつか辞める可能性が高いと言えます。

そんな企業で真面目に働いていても、今まで述べてきた結果も含めて、あまり良いこととは言えません。

生涯ここでスキルを伸ばしていこう!と思っているのなら別ですが、精神的に疲れるだけなので、適当な気持ちで働いた方が得だと言えます。

人生つまらないので社会人からフリーランスに転身した話【若手必見】

2019-11-14

給料の為だと割り切っている人はたくさんいるから

9点目は「給料の為だと割り切っている人はたくさんいるから」という理由です。

真面目にやっていても給料の為と割り切って適当にやる人はいくらでもいます。

仕事をしていて同じモチベーションでやっていないと、そのギャップでイライラすることって結構あるんですよね。

仕事は少し適当にやるくらいの精神の方が、他の人とのモチベーションのギャップでストレスを感じにくいので、臨機応変な対応が必要とも言えるでしょう。

真面目な人よりも仕事なんて適当という人の方が仕事ができる

真面目な人よりも仕事なんて適当という人の方が仕事ができる

さて、真面目に仕事をするよりも「仕事なんて適当でいいや」くらいの気持ちでやった方が良い理由を説明してきましたが、実は真面目な人よりも不真面目な人の方が仕事ができるという研究結果が存在します。

結論から言うと「真面目すぎるよりも遊び心を持って、ちょっとふざけることのできる人」の方がポジティブな体験が増え、結果的に生産性も高いし良い結果を生み出せるという結果が出たそうです。

確かに自分を追い込まずに遊び心を持って仕事をした方がアイデアも出そうですし、思い切って行動することができますよね。

真面目にやりすぎると結果的に責任や重圧から、無難なことしかできなくなり、生産性が落ちていくというのは容易に想像できることでしょう。

このメンタリストDaiGoさんの動画で細かく説明していて参考になりますので、是非1度見てみることをオススメします。

仕事なんて適当という精神で時にサボった方が効率的

仕事なんて適当という精神で時にサボった方が効率的

もう1つ「仕事なんて適当で良い」という精神で、時にサボった方が効率的であるというお話をしようと思います。

結論から言いますと、「サボる日を決めて、それに向かって行動した方が効率的に行動できる」という心理学的なテクニックがあるようです。

他の記事でも説明していますが、ダイエットに例えて説明します。例えばダイエットしていて、予め「この日は好きなものを食べる」という日を決めてダイエットを実行したそうです。
その結果、予めサボる日を決めていた人の方が、決めていなかった人に比べて効率的にダイエットを進めることができたという結果が出ています。

ですのでこれを仕事に置き換えると、「たまにサボる日を決める」「定時で帰る日を決める」という少し適当にやるくらいの精神で仕事を進めた方が、結果的に効率的に業務を進めることが可能です。

真面目な人ほど「仕事=適当はNG」「転職=逃げ」だと思いがち

真面目な人ほど「仕事=適当はNG」「転職=逃げ」だと思いがち

さて話を纏めていくと、仕事を真面目にやりすぎると自分が損をして痛い目に合うので、時にサボったり適当にやることが重要です。

真面目な人ほど「仕事=適当はNG」だと思いがちです。しかし本質は少しふざけつつ仕事をした方が効率的に仕事を進めることができますし、仕事は自分を犠牲にすることではありません。

ですので仕事がもしつまらないと感じているのならそれはその仕事に価値を感じていない証拠ですし、世の中には腐る程会社があることをまずは知りましょう。

転職=逃げ」と真面目な人ほど思うかもですが、そんなことはありません。これも心理学の研究ですが、新しい仕事で活躍できるかどうかは「誰もわからない」とされています。

ですので1社目で自分の天職に会えるわけがないんですね。会社によって価値観も考え方も違うので、自分で考えて、模索していく必要があります。

もし転職を検討しているのであれば、転職エージェントの登録を済ませましょう。在職しながら進めていく為には求人数の確保が絶対条件となってきます。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断や担当のサポートが手厚い

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

また併用で「DYM就職」の利用もおすすめです。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

【結論】仕事なんて適当でも大丈夫

さて内容は以上となります。

内容を全て纏めると、

仕事なんて適当で良い理由
  1. 日本だと効率的に仕事をしても早く帰れない
  2. 会社でストレスを溜めると健康面で危ない
  3. 完璧主義すぎると仕事が回らない
  4. 月給制なので頑張っても給料は同じ
  5. 生きる為に働いていて働く為に生きている訳じゃない
  6. 結局好かれる人が出世する
  7. 真面目にやるよりも大切なのは結果だから
  8. どうせいつかは辞める可能性がある
  9. 給料の為だと割り切っている人はたくさんいる

という結果になっておりまして、

不真面目が良い3つの事実
  1. 真面目な人よりも仕事なんて適当という人の方が仕事ができる
  2. 仕事なんて適当という精神で時にサボった方が効率的
  3. 「仕事=適当はNG」「転職=逃げ」だと思いがちだがそれは違う

という3つの事実から、結論「仕事なんて適当でも大丈夫」で、現状自分の仕事があっていないのであれば、転職は恥でも何でもないので、転職を検討していきましょう。

\こちらもおすすめ/

仕事が楽しくないのは当たり前ではない!辞めたい時の思考法

2020-02-11