仕事を辞めたら人生楽しすぎた話【退職→ニート→再就職はアリ】

働き方 / 自己啓発


  • 仕事辞めたいけど辞めていいのかな…
  • 今よりも良い会社に行きたいけどいけるのかな…
  • 会社辞めてニートになってみたいな…

こんな悩みに答えます。

仕事を辞めて新しいことに挑戦したり、転職してキャリアを見直してみたり、ニートになって休みたかったり、仕事を休んで何かやりたい気持ちを持っている人は多いのではないでしょうか。

著者の体験談なんですが、新卒で入社した企業を10ヶ月で辞める→ニート→再就職という手順を踏んだ経験があります。

その仕事を辞めた経験を思い出すと「会社辞めたら人生楽しいな」という想いが強かったです。

そこで本記事では「仕事を辞めたら人生楽しすぎた話【退職→ニート→再就職はアリ】」というタイトルで記事にしていきます。

スポンサードサーチ

仕事を辞めたら人生楽しすぎ!新卒を捨ててニートになった体験談

仕事辞めたら人生楽しすぎ!新卒を捨ててニートになった体験談

冒頭でも書いた通り、結論としては仕事を辞めて1度ニートになるのは全然アリです。

その理由やその後の立ち回りなどを解説していきたいんですけど、まずは新卒の仕事を辞めてニートになった時の体験談を書いていきますね。

仕事を辞めた理由は?

まず仕事を辞めた理由ですが、ずばり「仕事のミスマッチ」という影響が強かったです。

加えて上司との人間関係もあまり良くなかったので、新卒10ヶ月の時点で退職を決意。

仕事を辞めてからは自由と開放感が凄まじく、少し一人旅しつつ気分をスッキリさせてから転職活動を行いました。

仕事を辞めると後々後悔しそう…とか転職できるのか怖い…と感じる方もいるかもしれませんが、結論そんなことは全くなく、若干のニート期間を経て、後々普通に転職できました。

転職が怖いと感じる人は「転職が怖いと感じるのは普通→行動に移せない人の末路は?」という記事も読んでみて下さい。参考になりますよ。

転職が怖いと感じるのは普通→行動に移せない人の末路は?

2020-05-25

仕事を辞めて正解だった?

で、私は会社を辞めてから転職活動を行ったんですが実は会社を辞めたのが1月末で、2月中旬にはもう決まってしまったんですよね。

そしてすぐ入社できるのかと思いきや「5月に入社してくれ」という謎のことを言われ、3月~4月くらいはニート生活をしていました。
その時を思い返すと、ハッキリ言ってめちゃくちゃ楽しかったです。「仕事辞めて正解だったわ」と強く感じましたね。

やりたいことをやる人生を送る為に必要な全知識【人生一度きり】

2019-12-01

仕事を辞めた後の生活は?結論貯金は重要

ちなみに私は80万くらい貯金があったから良かったのですが、もし仕事を先行して辞めたいのあれば貯金はしておいた方が絶対に良いです。

税金やらなんやらで、何もしなくてもそこそこ取られますので。

転職活動は一般的に3ヶ月はかかると言われていますので、3ヶ月活動できる分の貯金は貯めておきましょう。

次の仕事が決まってないのに辞めたい場合は「次の仕事決まってないけど辞める為の完全ガイド【経験者が解説】」を参考ください。

次の仕事決まってないけど辞める為の完全ガイド【経験者が解説】

2020-06-10

仕事を辞めたら人生楽しすぎ!辞めて良かった6つの理由

仕事辞めたら人生楽しすぎ!辞めて良かった6つの理由

さて、それでは仕事を辞めたら人生が楽しすぎた、辞めて良かった具体的な理由について書いていきます。

毎日同じ場所、同じ時間、同じ人に会わなくて済む

1点目は「毎日同じ場所、同じ時間、同じ人に会わなくて済む」ということです。

会社で働いていると、毎日同じ場所に行って同じ時間に決まった人達と仕事をしないといけないじゃないですか。

変わらない日常が好きな人はそれで良いのかもしれませんが、毎日作業がルーティン化されてくると日曜日が憂鬱になったり、通勤が嫌な気持ちになったりします。

その嫌な気持ちを1度リセットできるのはとても大きなメリットと言えます。

時間が圧倒的にあるので、好きなことに挑戦可能

2点目は「時間が圧倒的にあるので、好きなことに挑戦可能」ということです。
社会人はとにかく時間がありません。基本土日は休みですが、その時間だけで何かに挑戦していくには時間が足らない場合があります。

時間がたっぷりあると挑戦できる幅も増え、様々なことに挑戦することが可能です。

時間がありすぎることに慣れるとまたモチベーションは下がっていくので、早い段階で何か目標を立てて取り組んでいくことをおすすめします。

純粋にストレスで疲弊しないので心にゆとりが持てる

3点目は「純粋にストレスで疲弊しないので心にゆとりが持てる」ということです。

これは仕事を辞めることで全員が感じるメリットなのではないでしょうか。

仕事をしているとどうしてもストレスが溜まってしまうので、段々思考が鈍ってきて人に優しくする余裕や、思いやりがなくなってしまう場合があります。

1度休んで疲れた心を癒すことができれば「自分ってかなり疲れていたんだな…」というのを実感することができ、自分の疲れの度合いを理解することが可能です。

鈍っていた考えをここで持ち直すことができるので、自分の人生についてここで考え直しても良いでしょう。

自分の人生についてしっかり考える時間ができる

4点目は「自分の人生についてしっかり考える時間ができる」ということです。

先にも言った通り、ストレスで心身ともに鈍ってくると正常な判断ができなくなります。

1度リセットして心身ともに回復させることで、自分が今度どうしたいのかを考えることができますよね。

これってとても大切で、新卒で働く前と、働いてからでは価値観が大きく変わってきます。

ですので自分の中で「これだけは譲れない」という部分を1度洗い出し、次の転職で活かせるようにしっかり考察していくようにしましょう。

健康状態が良くなった

5点目は「健康状態が良くなった」ということです。
仕事でストレスが溜まってくると体調にも影響が出てきます。分かりやすい例で言うと、肌のトラブル、頭痛、蕁麻疹とかですかね。

仕事を辞めるとストレスの主原因がなくなるので、健康状態が良くなること間違いなしです。これは嬉しいポイントと言えるでしょう。

周囲から活き活きしていると言われるようになった

6点目は「周囲から活き活きしていると言われるようになった」ということです。

やはり心身ともに回復して、やりたいことに挑戦できる時間もあるとなると、活き活きしているのが顔に出てくるのは当然です。

私なんて働いてた頃1日に2人くらいの人から「顔死にすぎだぞ」って言われたことありますからね。体調って結構顔に出やすいです。

働いていて「顔が疲れてるね」って言われたら、自分の現状を見返してみると良いでしょう。

仕事を辞めたら人生楽しすぎ!とニートになっていいのは制限時間がある

仕事 辞めたい 辛い

さて、仕事辞めたら人生楽しすぎ!ニートになるべきだ!!と高らかに宣言してきた訳ですが、実際になってみて感じたのは「期間限定でニートになった方が良さげ」ということです。

その理由を3点で解説していきます。

ニートになると時間と共に自己嫌悪状態になる

まずはニートになって時間が経つと「時間と共に自己嫌悪状態になる」という側面があります。

最初は毎日「ハッピー!!」という感じで毎日を過ごせるのですが、それに慣れてくると、

  • 俺(私)ってなんでこんなことになってるんだろう…
  • みんな頑張ってるのに俺(私)は休んでていいんだろうか…

こんな感情が肥大化してきて次第に病んできます。ニートでストレスがないはずなのに…

他人を気にしないことが大切なんですが、結局他人を気にして病んでしまう人は多いんですね。ですのであまり長い期間ニートをやるのは推奨しません。

ニートになると毎日気づいたら夕方になっていて、何もせずに終わる

次はニートであることに慣れてくると「毎日気づいたら夕方になっていて、何もせずに終わる」という現象が起きます。

やはり時間が圧倒的にあるので、段々時間を無限に持っている感覚になってくるんですね。

そうなってくると夜更かししてしまったり、起きる時間が遅くなってしまったり、行動することが遅くなってしまったりして、気づいたら夕方になっている時があります。

こうなってくると前項の内容も踏まえて、「みんな頑張ってるのに寝てたら終わった…」とさらに病みます。

自分で自己管理できるならいいですが、長期間ニートをやるのはあまり推奨できません。

ニートになると思考停止状態になって行動ができなくなってくる

最後にですがニートが長く続くと「完全に思考停止状態になって行動ができなくなってくる」というデメリットがあります。

これはストレスが溜まって思考停止するのとは少し違っていて、「日々考えることが少ない→特に何も考えなくなる→行動する時急にハードルが高く感じる→行動できない」という状態に陥ります。

この状態になってしまうと、転職することもハードルが高いと感じてしまい、いつまでもニートを続けてしまうことになるんですね。

私の体感としてはニート期間は2〜3ヶ月で十分だと思っています。

仕事を辞めたら人生楽しすぎ!という状態を満喫したら転職の準備をしよう

仕事を辞めたら人生楽しすぎ!という状態を満喫したら転職の準備をしよう

さて、私の場合は先に転職活動を行っていて「入社までの期間ニート」という感じだったのですが、ある程度ニートを満喫したら今度は次の行動に移っていきましょう。

しかしまた前職と同じようなブラック職場へは入りたくないですよね。そうならない為にもできるだけ早い段階から転職サイトに登録しておくことをおすすめします

理由としては非常に単純で、日々暇な時間に求人を眺めているだけで「人の出入りが激しく、年中募集しているブラック企業」を避けることができるからです。

転職における求人サイトは「リクナビNEXT」が最もおすすめです。

リクナビNEXTの特徴
  1. 求人サイトの中で約30000万件と、最も求人数が多い
  2. 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

上記の3つ理由があり、登録しておかないと良質求人を取りこぼしてしまう可能性があります。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

満足度・使いやすさNo.1!!

【結論】仕事を辞めたら人生楽しすぎた→1度辞めてニートになるのはアリ

仕事 辞めたい 辛い

最後にもう一度結論を言いますが、仕事を辞めると人生が一気に楽しくなるので、1度辞めてニートになるのは全然アリです。

この記事の要点を纏めていくと、

記事の要点
  1. 1度会社を辞めてニートになるのは全然アリ
  2. 自分の仕事を見つめ直したり、様々なメリットが得られる
  3. しかしニートで居る期間はある程度決めておいた良い。理想は2〜3ヶ月
  4. 満喫したら、天職を目指して転職活動を行っていこう

こんな感じです。

これは私の友人の話なんですが、会社を1年働いてから退職して、数ヶ月遊んで失業保険を貰いながら転職活動をゆっくり行って、転職した人がいました。

実は会社を1年働くと失業保険が貰えるんですよね。額で言うと給料の6〜7割を3ヶ月分くらい。

ですので会社を辞めてちょっと遊んでいてもお金には困らない訳です。お金もそんなに減らないで時間もあるんですから、かなりボーナスタイムだと言えますよね。
このように制度を上手く活用すれば自分のやりたいようにジョブチェンジすることも可能なんです。無意識に「転職=リスク高い」とか思っている人はいませんか?その考えはぶっちゃけ古すぎです。

人生長いので少しくらい遊んだって全く問題ありません。人生で自由にできる数ヶ月って大学生の夏休みくらいなものですよ。

お金を減らさずにこの状態を作ることができるので、是非現状仕事に不満があるのなら実践してみてはいかがでしょうか?

補足
ちなみに失業保険は自己都合だと退職後3ヶ月経って受給できるので、やはり3ヶ月分の貯金は必須です。

まとめ

というわけで内容は以上です。

この他にも、「好きなことで仕事を選んでも、自分のやりたいこととのギャップにストレスを感じることから、結局嫌いな仕事と幸福度は同じになる」という話もあり、やはりやりたいことや好きなことから仕事を探して天職になるとは限りません。

現状に不満があるのなら、今回記事で挙げた4つの項目を意識して、自分の仕事を今一度考え直してみてはいかがでしょうか?

少しゆとりを持って転職活動を行い、遊びつつ、天職を決めていくように立ち回るのが理想です。

それでは。