メンタルが弱いと仕事は辛い?【共通する3つの特徴と対処法】

働き方 / 自己啓発


  • メンタルが弱いから仕事が辛い
  • メンタルが弱い人は仕事に向いていない?
  • メンタルが弱い人でもできる仕事ってないの?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ゆトリです。

仕事を長くやっていると怒られたり理不尽な要求を受けたり、「豆腐メンタルだからこの仕事向いてないよ…」と感じている人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、仕事でメンタルが弱いと感じる人には3つの特徴があり対処することも可能です。

そこでこの記事では「仕事でメンタルが弱いと感じる人の3つの特徴とその対処法」について記事にしていきます。

メンタルが弱いと仕事で感じる人の3つの特徴

メンタルが弱いと仕事で感じる人の3つの特徴

まず仕事で「メンタルが弱い」と感じてしまうのは割とある話だということを覚えておきましょう。

みんな「仕事なんてそんなものだ」と割り切って生活している人がほとんどです。

しかし無理なんてすることはありません。無理して仕事でストレスを溜めてしまうと、ストレスによる体調不良だったり、場合によってはうつ病が発症してしまいます。

まずは仕事でメンタルが弱いと感じてしまう人の3つの特徴について理解を深めていきましょう。

仕事の人間関係が上手くいっていない

1点目は「仕事の人間関係が上手くいっていない」という点です。
いくら自分の職種が好きな職種・やりたい職種だったからといっても、人間関係が悪ければモチベーションは上がっていきません。

人間はモチベーションに突き動かされる生き物なので、人間関係によるミスマッチから「向いていない」「メンタルが弱い」と感じているのでしょう。

自分の職種が適合していない

2点目は「自分の職種が適合していない」という理由です。

実は自分で選んだ仕事ではあるものの、適正職種ではない為に「向いていない」「メンタル弱い」と感じてしまう場合もあるでしょう。

  • 化学の大学を卒業したので、化学系メーカーに就職した
  • 経済学部を卒業したので、銀行に就職した

こんな凝り固まった考えで就職先を選んだりしませんでしたか?

それ自体は悪いことではないのですが、適正が合っていない職種で働き続けていると、自分に嘘をつき続ける状態になるのでストレスが溜まります。

後で自分に合った職業の選び方について解説しますので、自分の適正職種を考えてみましょう。

ネガティブ思考で自己肯定感が低い

3点目は「ネガティブ思考で自己肯定感が低い」という理由です。
これはもう本当に純粋にメンタルが弱い人のことを指しています。しかしこういった考え方って「偏りのある考え」だったり「思考の癖」があるだけで、ぶっちゃけ改善することができます。

これも後で対処法について解説していきますね。

メンタルが弱いと仕事で感じた時の3つの対処法

メンタルが弱いと仕事で感じた時の3つの対処法

さて、仕事でメンタルが弱る人の特徴について深掘りしましたが、次にその対処法について話していきたいと思います。

3つに分類しましたので、それぞれ確認していきましょう。

仕事の人間関係が上手くいっていない時

まずは人間関係が上手くいかない人向けの対処法になります。

結論から言うと、「人間関係が上手くいかない」「合わない」と感じているのであれば、転職一択です。

心理学の研究でも、新しい職場でその人は活躍できるかどうかは、面接や書類審査、学歴などで予想することは一切できないとされています。
ですので単純に人間関係やその他環境も含めて、あなたに合っていないだけなんですね。メンタル不調になる前に転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。


【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27

転職には転職サイトと転職エージェントに登録しないと求人が確保できないので、上記の記事から確認してみて下さいね。

自分の職種が適合していないの職種の選び方

次は自分の職種が適合していないという人に向けて対処法を記載していきます。

基本的には「自分の適正職種を見つけて、その職種に異動する」これだけです。

自分の職種の適性を調べたいのであれば「MIIDAS(ミイダス)」を利用することで、自分の適正職種を判別することが可能になります。
miidas1

パーソナリティ診断から自分がどんな性格をしているのかを調査できて、

miidas2

コンピテンシー診断」によって自分の適正職種を分析することができます。

miidas3

そしてその逆で自分に適していない職種も調査できるので現状あなたの職種が向いているのか確認してみてはいかがでしょうか?

miidas5 miidas4

ちなみにストレス要因や上下関係適性なども確認できます。これが無料なので、マジでやってみて欲しいです。

▼\ MIIDAS(ミイダス)はこちら /

適性検査LP

ネガティブ思考で自己肯定感が低い人の対処法

次にメンタルが純粋に弱い人の対処法ですが、基本的にこれって「自分に自信がないから」メンタルがやられていきます。

対処法としては「成功を細分化して小さい成功を積み重ねていくこと」です。

成功体験を積むことが大事と書きましたが皆さん成功体験と聞いてどんなものをイメージしましたか?

  • 営業成績で一番をとる
  • 仕事で結果を出して出世する
  • 結果に対して賞・功績という形で何かを得る

こんなでかい成功体験をイメージしましたか?ここまでスケールでかく考えなくても良いですよ。

長期の目標を立てることは大切ですが、失敗や挫折もしやすく逆に自信を喪失してしまうなんてことになりかねません。もっと小さいことから考えていきましょう。

成功体験イメージ
  1. 他の部署に連絡をとって会議の設定ができた
  2. お客さんと連絡をとって、仕事をお願いできた
  3. 自分で仕事のプランを立ててスケジュール通りに実行できた

こんなことで良いと思います。僕もこれできないんだけど・・って不安になること数知れずでしたが、いざ自分でやってみると、「案外大したことなかったな」なんてことも多かったです。

基本的に必要な考え方としては、

自分ができない仕事をまず認識する」→「上司・先輩がどうやって対応しているか観察する

これで大体解決できるかと思います。それでも拾いきれない部分というのが必ずあるので、そこは正直に聞きにいくしかないでしょう。

そうやって小さな扉を開けていくうちに、いつのまにか大きな仕事もこなせているかもしれません。

メンタルの弱い人に向いている仕事7選

メンタルの弱い人に向いている仕事7選

3つの対処法について説明しましたが、まぁ基本的に「適正職種に転職や異動する」か「思考を変える」という方法しか残念ながらありません。

しかしもう1つの裏技として、そもそも人と関わらない仕事に転職するという方法も存在します。

最後に「メンタルの弱い人に向いている仕事」を7つ紹介してきますね。

掃除業とか警備員とかビルメンテナンスとか多くの記事で語られていますが、僕的には「そこまで妥協したくはない」という人も多いと感じたので、ある程度無難な職種を選択しました。

プログラマー

1点目は「プログラマー」です。

エンジニアだと、顧客と念密な話し合いを行い、システム設計をしていくのですが、プログラマーだとエンジニアから発注された案件をこなしていく業務となっています。

仕事を覚えるのは大変だと思いますが、基本的に人との関わり合いが少ないので、メンタルが弱い人にも向いている仕事です。

ビッグデータでIOTの時代に突入してきているのにも関わらず、日本はIT人材がかなり不足しています。

プログラマーの需要は今後増えていくと思われるので、今の内に勉強しておくことで将来高待遇を受けることができるでしょう。

TechAcademyというプログラミングスクールを使うことで、自宅でオンラインで学ぶこともできますので、興味があれば覗いて見てはいかがでしょうか?

転職サポートも行っており、未経験からのジョブチェンジを果たすことも可能です。

Webライター

2点目は「Webライター」です。

Webライターは文字の通り、記事を書くお仕事となっています。取材などが入るライターだと人と関わっていかないといけないので辛いですが、振られたテーマに関して書くのであればどこでも仕事することできます。

在宅ワークもできる職種となっていますので、僕的には他の職種と複合的にやっていっても良いのかなという感じですね。

Webデザイナー

3点目は「Webデザイナー」です。

Webデザイナーも上記で説明したTechAcademyに入学することでデザインについて学ぶことが可能になります。

基本的に頼まれた仕事・案件に従事していく形になるので、率先的に人と関わることは少なくできるでしょう。

動画クリエイター

4点目は「動画クリエイター」です。

これもTechAcademyの動画編集コースで学ぶことが可能になります。

ちなみにステマなく動画編集の仕事は今後伸びていくと感じていて、それはインターネットが5Gになることで動画で高速通信できるのが当たり前になるからなんですね。

ひたすら編集しているだけなので、人と全く関わることがありません。ですので僕的にはかなりおすすめです。

フリーランス

5点目は「フリーランス」です。

これまで述べてきた「プログラマー、Webライター、Webデザイナー、動画クリエイター」はフリーランスでもできる業務となっています。
メンタルが弱すぎて、そもそも社会人が向いていないというのであれば、フリーランスになるのも1つの手段でしょう。

工場作業員

6点目は「工場作業員」です。

工場勤務だと過酷なイメージを持たれるかと思いますが、業務時間中は自分の作業に没頭できますし、残業もあまりありません。

人間関係もそんなにあるわけじゃないですし、元大手総合職メーカーに勤めていて工場の管理をしていた僕から言わせてもらうと、みんな暖かくてかなり良い人が多かったですね。
給料も日本の平均的な額貰えますし、ボーナスも支給されます。下手な中小企業に入るよりは工場勤務になった方が人生の充実度は上がるんじゃないかと感じます。

派遣社員

7点目は「派遣社員」です。

これは基本的に何の派遣社員でもよくて、派遣社員になることで仕事の責任度を下げ、結果メンタルをやられることがなくなります。

ちなみに派遣社員だけだとジリ貧になる可能性もありますので、先ほど紹介した「プログラマー、デザイナー」などを副業として掛け合わせていくことで、全然正社員よりも稼ぐことだってできるわけです。
このように正社員に縛られずとも様々な働く手法があるということを知っておくだけで、かなり今後の選択肢が増えて有効的なのではないでしょうか。

仕事でメンタルが弱りうつ病になりそうな時は?

仕事でメンタルが弱りうつ病になりそうな時は?

色々言ってきましたが、最後に仕事でメンタルが弱ってしまい、もしうつ病になりそうな時は迷わず心療内科に向かいましょう。

敷居が高いと感じるかと思いますが、実際はそんなことなく「普通の病院」って感じでした。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21

僕の体験談をまとめてありますので、本当にヤバイと感じたら読んでみて下さいね。

まとめ

という訳で内容は以上となります。

メンタルとの付き合い方はそれぞれですが、日本は窮屈な考え方を押し付けられるので、辛いと感じたらすぐに逃げれる準備をして下さいね。

自分に合った方法でメンタルがやられない職業選択ができると良いですね。

それでは。