飲み会がつまらない会社は時間の無駄【理由と対処法を解説】

働き方 / 自己啓発


  • 会社の飲み会がマジでつまらない
  • 会社の飲み会がつまらない理由って何?
  • 会社の飲み会がつまらない時の対処法を知りたい

こんな疑問に答えます。

こんにちは、まっつんです。

飲み会って楽しいですよね。お酒を飲んで開放的な気分になり、いつもしない話をすることができるので、かなり有意義な時間を過ごすことができます。

しかしそれは好きな友人の時だけの話。会社にいるクソみたいな上司やクソみたいな役員とお酒を飲むだけで「つまらない」「飲み会マジで無理」と感じる人は多いのではないでしょうか?
まっつん
そこでこの記事では「飲み会をつまらないと感じる理由や対処方法」について記事にしていきます。

スポンサードサーチ

会社の飲み会がつまらないと感じる6つの理由

会社の飲み会がつまらないと感じる6つの理由

飲み会をつまらないと感じる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと「人間関係」であることがほとんどなのですが、大まかに6つの項目で洗い出してみました。

それぞれ確認していきましょう。

上司から説教されるだけだから

1つ目は「上司から説教されるだけだから」という理由です。

僕は新入社員の最初の飲み会でOJT指導員に大々的に説教されましたが、このように人によっては飲み会の席で説教してくる上司がいます。

お酒を飲んで開放的にかってしまったからか分からないですが、ぶっちゃけ「会社で言えよ」って感じですよね。

そもそも日本人全体として「話したいことは飲み会で話す」飲みニケーションというクソ文化が存在しています。

まっつん
外国人の同期が「わざわざ飲み会でお酒を飲まないと自分の本音すら話せないのか。会社で言って欲しい」と言っていましたが、本当にその通りですね。

お金を払って飲み会に参加しているのに説教されたら「つまらない」と思わない方が難しいでしょう。

飲み会で説教してくる上司がいた時に必要な全知識【若手必見】

2019-11-23

お酒が苦手なのに強要されるから

2点目は「お酒が苦手なのに強要されるから」という理由です。

  • 飲み会も仕事の内
  • 飲みニケーションは大事

こんなことを言ってきて強要されることがありますが、そもそもお酒が苦手な人も沢山いますよね。

それなのに無理やり飲み会に来ることを強要したり、さらに酷いとお酒を飲むことすら強要してくる上司が多いです。

まっつん
仕事だから、コミュニケーションは大事だから」という大義名分に騙されないように注意しましょう。

上司の機嫌取りで終わるから

3点目は「上司の機嫌取りで終わるから」という理由です。

昔の飲み会は面白い上司が部下を引き連れて「部下と一緒にお酒を楽しむ」というのが主流でした。

ですので今の部長世代の人達にとって「飲み会は楽しませて貰うもの」という間違った認識が定着しています。

これによって今の世代では「部下が上司の機嫌を取り、労う為に飲み会を開く」という悪循環ができているんですね。

まっつん
わざわざ高いお金を払って機嫌取りをしなければならないのですから、それはそれはつまらないと感じるでしょう。

無駄にお金がかかるから

4点目は「無駄にお金がかかるから」という理由になります。

これまで述べてきたように、基本的に「上司と飲むのが怠い」というのが主な理由ですよね。

それに加えて「無駄にお金もかかる」ので、さらにつまらない気持ちは加速します。

無料だったら「まぁ言ってもいいかな…」と思うかもですが、飲み会はだいたい4000円くらいはかかりますよね。

せめて払った分だけは楽しみたいのに、上司と飲むのがクソすぎるので「お金を無駄にした」という気持ちになり、つまらなさを増大させているんだと思います。

初任給20万で手取り16万はどう考えても安すぎる件【転職しろ】

2020-06-15

自分の時間が奪われるから(プライベートが取れない)

5点目は「自分の時間が奪われるから」という理由です。

会社の飲み会って大体2時間くらいだと思いますが、移動時間も考えると3時間、2次会に行ってしまったらもっとかかります。

飲み会は金曜日に行くことが多いですが、この金曜日の夜というゴールデンタイムを奪われるのは結構きついですよね。
まっつん
自分の時間が奪われることによるストレスによってつまらないと感じているのかもしれません。

新人だと余興をさせられる可能性があるから

6点目は「新人だと余興をさせられる可能性があるから」という理由です。

普通の飲み会であれば余興なんてやらないですが、忘年会や期末の飲み会などにおいては「新人が幹事をやって余興もやる」というような文化を取り入れている会社も少なくありません。
まっつん
実際これって大抵の人間はやりたくないと思う人が多いはずです。強要されることによって不満を感じ、つまらないと思うのでしょう。

ちなみに僕が新入社員の時は「強要させるのはパワハラ」という強い意志の元、余興は何も行いませんでした。

会社の飲み会はつまらないことばかりではない

会社の飲み会はつまらないことばかりではない

飲み会がつまらないという理由を6つに分けて説明してきましたが、ぶっちゃけつまらないことばかりではありません。

上記で挙げてきた通り、基本的には人間関係によるものが大きいです。

  • 上司が今後のキャリアになる為の話をじっくりしてくれた
  • 他の部署の人達と話すことができて、仕事がやりやすくなった
  • チーム内の人達に気に入ってもらい分からないことが聞きやすくなった



まっつん
こんな恩恵を得ることができる可能性だってあります。しかし何度も言うように「人に大きく依存するもの」ですので、自分がその飲み会に行くか行かないかを判断できるようになるとgoodです。

飲み会をつまらないと感じた時の4つの対処方法

飲み会をつまらないと感じた時の4つの対処方法

さて、飲み会は恩恵を受けれる場合も多々ありますが、基本的にはつまらないものです。

ここの項では飲み会がつまらないと感じた時の対処方法について書いていこうと思います。

上司の席から離れたところに座る

1点目は「上司の席から離れたところに座る」ということです。

基本的にこの体制を整えることができれば、無駄に説教されたり絡まれたりする心配がありません。

飲み会の命運は席取りの段階から既に始まっているので、ちょうど良い席を選べるタイミングで会場に向かうようにしましょう。
まっつん
できれば嫌な上司が来る前で、且つある程度席が埋まってきている状況が理想です。

トイレで席を立った後に別の席に座る

2点目は「トイレで席を立った後に別の席に座る」ということです。

1つ目で「上司の席から離れたところに座る」と言いましたが、上司から直々に呼び出された、タイミング的に無理だったという場合もあるでしょう。

そんな時は一度トイレに立ち、しばらく立った後に戻り別の席に座るようにしましょう。

上司もお酒が入ってくると馬鹿になってくるので視界も狭くなってきます。あなたのことなんてそんな監視していません。

まっつん
これに成功すれば、後はゆったりと飲み会を過ごして爆速で帰れば大丈夫です。

会計時は帰宅する人の近くにいる

3点目は「会計時は帰宅する人の近くにいる」という点です。

会計の時も実はかなり配置が重要で、できるだけ2次会に行く上司の側を離れ、1次会で帰りそうな人の近くに陣取るようにしておきましょう。

上司の近くにいて無理やり連れていかれるなんて光景は日常茶飯事です。

見分けるポイントしては「2次会に行かなそうなキャラの人」「子持ちで帰らないといけない人」「家が遠くて終電を逃しそうな人」とかが該当してきますね。

まっつん
飲み会は陣取りが重要ですので、常にこの気配りは大切にしていきましょう。

飲み会に行かないキャラ作りを心掛ける

さて、わざわざこんな気配りをしなくとも最終手段としては「飲み会に行かないキャラ」を確立すればわざわざこんなことに悩む必要なんてありません。

飲み会に行かないキャラのSTEP
  1. STEP1. 他の部署と関われる大きい飲み会だけ参加する
  2. STEP2. 人脈が出来てきたら、若者の飲み会離れに乗っかる
  3. STEP3. 最終的に、飲み会に参加しないキャラになる

ざっくり纏めるとこのような手順で飲み会に行かないキャラを確立することができ、ここまで持っていけば飲み会はつまらないと感じることすら無くなります。

飲み会に行かないキャラを確立させる為の全知識【幸福度向上】

2019-07-17

この記事で詳細を書いていますので、是非確認してみて下さいね。

飲み会がつまらない会社は辞めた方が良い

飲み会がつまらない会社は辞めた方が良い

最後にですが会社の本性が現れる時って実は2パターンあって「会社を辞める時」と「飲み会の時」なんですね。

会社を辞めるときに「そうか…頑張れよ」と言ってくる会社は良い会社ですが、「ふざけるな!甘えるんじゃない!」と言ってくる会社は迷うことなきクソ会社となります。

これと同じで、飲み会の時に「部下の為になる話をしてくれる」のか「自分の為にことを強要させる」のかで実は会社の本性を暴くことが可能です。

そんな会社に勤めていても何の得にもならないですよね。長く浸かって学びの機会を失う前に早めに舵を切っておくことをおすすめします。

まっつん
僕自身毎回飲み会で説教され、新人報告会も「やっていないことを発表させる」というクソみたいな会社だったので、新卒の企業を10ヶ月で退職して転職しました。

その時の体験談やノウハウは「第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】」に纏めております。

転職活動は「転職サイトと転職エージェントを登録すること」から始まります。下記におすすめの転職エージェントについて纏めましたので、興味のある方はご覧ください。

20代におすすめの転職サイトと転職エージェント12選【+経験者から13個の注意点】

2019-11-29

まとめ

というわけで内容は以上となります。

ぶっちゃけある程度人脈も形成されてきたのであれば、飲み会に参加する意味なんてほとんどありません。

1ヶ月1回開催されている飲み会を断り続けたとしたら、1年で5万円程貯めることができますし、且つその分自由時間も増やすことができますよね。
まっつん
何か目的にある飲み会なら良いですが、自分にメリットのない、目的のない飲み会に行くのであれば辞めておきましょう。お金を貯めておいて、好きな友達と行った方が絶対良いです。

社会人の時間は有限ですので、是非効率的に活用できるようにしましょうね。

それでは。