月曜日に仕事に行きたくない理由は?乗り切る為の方法や秘訣を紹介

働き方 / 自己啓発


  • 月曜日に仕事に行きたくない・辛い
  • 月曜日は何もしたくない・休みたい
  • 月曜日に仕事に行きたくない場合の対処法について知りたい

こんな疑問に答えます。

仕事を漠然と続けているものの「月曜日になると憂鬱になる」「月曜日は何もしたくない」と週初めに感じてしまう社会人は多いのではないでしょうか?
本記事では、「月曜日に仕事に行きたくない原因から、乗り切る為の対処法・秘訣」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの社会人としての立ち回り方を増やすことが可能ですよ。

スポンサードサーチ

月曜日に仕事に行きたくないのは「正常」

月曜日に仕事に行きたくないのは「正常」

まず「月曜日に仕事が行きたくない」という感情ですが、結論言ってしまうと誰にでもある「正常」な気持ちです。

しかし仕事に行きたくない気持ちは人それぞれなので、人によっては「耐えられるもの」であり、逆に「耐えられないもの」である可能性もあります。
月曜日に仕事に行きたくない時の症状しては下記のような事例やデータがあります。

月曜日に仕事に行きたくない「サザエさん症候群」

月曜日に仕事に行きたくない時の症状として最も有名なのが「サザエさん症候群」です。

サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日(月曜日)からまた通学や仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の、日本における俗称である。

(参考:「Wikipedia」)

日本では日曜日の夕方にサザエさんが放送されていることから「サザエさん症候群」と呼ばれているものの、世界的には「ブルーマンデー症候群」と呼ばれています。

日曜日に「明日仕事に行きたくない」と感じてしまうのは、世界的に見ても同じようですね。

アンケート調査だと最も憂鬱な曜日は「月曜日」

またアンケートの調査でも最も憂鬱な曜日は「月曜日」と結果が出ています。

日本の江崎グリコによるアンケート調査(2018年2月に働く男女と専業主婦の各400人に実施)では、「憂鬱に感じる曜日」は月曜日が各層とも最多だった。

(参考:「Wikipedia」)

休みを取った後に日常に戻ると、エネルギーを大きく使ってしまう・疲れてしまう人は多く、珍しいことではありません。

月曜日は心臓の負荷が高く、自殺率も高い

また月曜日は心臓の負荷が最もかかり、且つ自殺率が高いというデータも出ています。

労働者健康安全機構の旭労災病院(愛知県尾張旭市)の研究によると、心臓への負荷(収縮期血圧×脈拍数)は月曜午前が他の曜日・時間帯より高い。早稲田大学准教授の上田路子らによる人口動態調査票の分析では、男性の自殺が最多なのは月曜午前であった。

(参考:「Wikipedia」)

つまり月曜日に仕事に行きたくない気持ちは誰にでもあるものの、その気持ちをコントロールする必要があるということです。

次の章から、仕事に行きたくない原因や対処法について理解を深めていきましょう。

月曜日に仕事へ行きたくない3つの理由

月曜日に仕事へ行きたくない3つの理由

月曜日に仕事に行きたくないという気持ちになるのは正常だということを理解したところで、一般的に月曜日に仕事に行きたくないと感じる理由について述べていきます。

全部で3つあるので、1つ1つ確認していきましょう。

平日と休日のギャップが大きい

1点目は「平日と休日のギャップが大きい」という理由です。

平日と休日のギャップが激しいと、月曜日に現実に引き戻された時に、非常に大きな憂鬱感として戻ってきます。

特に仕事において自分の感情や気持ちを抑えている人ほど、月曜日のテンションが上がらなくなる傾向にあるので注意が必要です。
平日と休日の間で自分の振る舞いや行動が大きく変わらないように振る舞う、立ち回ることを覚えておきましょう。

やりたくない仕事が溜まっている

2点目は「やりたくない仕事が溜まっている」という理由です。
やりたくない仕事が溜まっていると、月曜日の仕事のモチベーションに関わってくるので、極力月曜日は早く帰れるように立ち回っていく必要があります。
金曜日に早く帰りたくなる気持ちも分かりますが、先を見据えた上で行動できると良いですね。

仕事自体が嫌で行きたくない

3点目は「仕事自体が嫌で行きたくない」という理由です。
根本的に今の仕事が嫌で行きたくないと感じている人は、月曜日以外にも行きたくない気持ちが強いので「転職」を視野に入れていきましょう。

転職については後の章である「仕事に行きたくない気持ちが強いなら転職も視野に入れよう」を参照ください。

また「月曜日に仕事に行けない」「怖い」「辛い」と感じている人はうつ病になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21

月曜日に仕事へ行きたくない時の3つの対処法

月曜日に仕事へ行きたくない時の3つの対処法

月曜日に仕事へ行きたくない理由について解説したので、次に仕事へ行きたくない時の3つの対処方法について解説します。

週末の生活リズムを大きくズラさない

1点目は「週末の生活リズムを大きくズラさない」という方法です。
休日に夜更かししてしまいたい気持ちや土曜日の午前中寝ていたい気持ちはありますが、できるだけ普段の生活リズムを崩さないように心掛けると良いでしょう。

休日も普段の生活リズムで過ごしていれば、平日になっても休日の特別感が薄れ、月曜日の憂鬱を極力解消することが可能です。

早起きで自由に活動できる幅も広がりますし、夜更かしによる月曜日の集中低下も防ぐことができます。メリットが大きいので非常におすすめですね。

月曜日に仕事を後回しにしない

2点目は「月曜日に仕事を後回しにしない」という方法です。
先ほども軽く述べましたが、金曜日に仕事を後回しにしてしまうと、月曜日に負荷がかかってしまうので、精神的にかなり大きいダメージを受けることになります。

サザエさん症候群の対処法としても「月曜日の仕事を減らす」という対策が挙げられているので、是非意識して実践してみると良いでしょう。

その他にも「月曜日に午前休をとる」という方法もあり、いずれにしても月曜日の仕事を調整する能力が必要です。

定時ダッシュをのポイントや注意点を解説【定時帰りは正義】

2019-11-18

月曜日の仕事終わりに予定を入れる

3点目は「月曜日の仕事終わりに予定を入れる」という方法です。

休日ではなく「敢えて月曜日に予定を入れる」ことで、仕事初めのモチベーションを向上させることができます。

毎回使える方法ではないですが、気分転換にもなり、憂鬱な気分にならずに仕事の初日を終えることができるのでおすすめです。

しかし前提として「月曜日に仕事を後回しにしない必要がある」ので、併用して利用できると良いでしょう。

集中できない月曜日に効率よく仕事を進める秘訣

集中できない月曜日に効率よく仕事を進める秘訣

月曜日に仕事へ行きたくない時の3つの対処法について説明しましたが、「月曜日の仕事がはかどらない」という方も多いのではないでしょうか?

そんな方の為に、月曜日に効率良く仕事を進める秘訣を伝授していきます。

結論上記メンタリストDaiGoさんの動画内にて解説しているのですが、「退屈な作業には落書きしながら仕事をすることが有効」です。

衝撃的な研究結果ですが、プリマス大学の研究で「単純作業において」落書きしながら作業することにより集中力が高まり、脳がシャットアウトしないで作業できるとの内容でした。
脳がオフ状態にならずに集中が持続できるとのことなので、騙されたと思って一度実践してみてはいかがでしょうか?

月曜日に仕事へ行きたくない人とそうでない人との違いとは?

月曜日に仕事へ行きたくない人とそうでない人との違いとは?

月曜日に仕事へ行きたくない人の原因や対処法について解説してきましたが、別に月曜日に何ともない気持ちで出社している人もいます。

その違いは「仕事を楽しめるかどうか」という違いによるものだと言えるでしょう。

「仕事が楽しくないのは当たり前」と言ってくる人が存在しますが、それは終身雇用に捕われた過去の考えてあり、参考になりません。

仕事が楽しくないのは当たり前ではない!辞めたい時の思考法

2020-02-11

上記の記事を参考にして欲しいのですが、本来仕事が楽しくないという固定観念は幻想であり、仕事を楽しんでいる人の割合の方が多いです。

仕事に行きたくないという気持ちが過度に強い人は、職場が適していないだけなので、転職を視野に入れて行動していくことをおすすめします。

仕事に行きたくない気持ちが強いなら転職も視野に入れよう

仕事に行きたくない気持ちが強いなら転職も視野に入れよう

さて、仕事に行きたくない気持ちが強いのであれば「転職」を視野に入れていきましょう。

転職するなら「転職エージェント」の利用がおすすめで、求人紹介から履歴書の添削、面接サポートまで全て無料で行ってくれます。

20代におすすめの転職サイトと転職エージェントを下記の記事で紹介していますので、是非活用してみて下さいね。

20代におすすめの転職サイトと転職エージェント12選【+経験者から13個の注意点】

2019-11-29
念の為おすすめの転職エージェントを厳選して3つ紹介します。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断や担当のサポートが手厚い

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

また併用で「DYM就職」の利用もおすすめです。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

月曜日に仕事に行きたくない原因や対処法に関する記事は以上になります。

本記事のまとめ
  1. 月曜日に仕事に行きたくない気持ちは正常
  2. 月曜日に大きな負荷がかからないような対策が必要
  3. 仕事の根本が嫌なら転職を視野に入れて行こう
自分のメンタルをコントロールしつつ毎週仕事に臨むことは大変ですが、極力負荷がかからない仕事選び、日々の生活を心掛けるようにしましょうね。

\関連記事/

定時ダッシュをのポイントや注意点を解説【定時帰りは正義】

2019-11-18

仕事が楽しくないのは当たり前ではない!辞めたい時の思考法

2020-02-11

20代におすすめの転職サイトと転職エージェント12選【+経験者から13個の注意点】

2019-11-29