仕事が辛いと感じる時の全知識【10個の対処法を状況別に解説】

就職|転職


  • 仕事が泣くほど辛い・辞めたい
  • 仕事を辛いと感じてしまうのは甘え?
  • 仕事が辛い時の対処法を知りたい

こんな疑問に答えます。

社会人になって仕事を始めたものの「仕事を続けるのがしんどい」「朝起きるのが憂鬱」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、仕事が辛いと感じてしまうのには明確な原因があり、改善することが可能です。

本記事では「仕事が辛い時の原因やリスク、10個の対処法」について紹介します。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

仕事が辛いと感じてしまうのは甘え?

仕事が辛いと感じてしまうのは甘え?

仕事が辛い・辞めたいという話を友人・家族・先輩などに言うと、「仕事が辛いなんて甘え」「みんな頑張っているんだからお前も頑張れ」という思考停止の意見を見かけます。

しかし結論を言うと、仕事が辛いと感じてしまうのは甘えなんかではありません。

この部分を少し解説していきますね。

仕事で活躍できるかどうかは環境次第

下記の動画はメンタリストDaiGoさんがあげた動画ですが、心理学的な研究を発表しています。

研究内容はアイオワ大学の研究結果で、「仕事でパフォーマンスを発揮できるかどうかは、誰も予想できない」とのことで、つまり環境が適していないと仕事で活躍できないという結論です。

そのため、あなたが仕事を辛いと感じているのは「環境が適していない」可能性があり、甘えなんかではありません。

周囲は過敏に「頑張りが足りない」「甘えだ」などと言いますが一旦それはスルーして、自分の現状を今一度確認してみましょう。

「仕事は辛いもの」という言葉は語弊がある

また「仕事は辛いもの」と言ってくる上司や先輩がいますが、結論これも語弊があります。

就職ジャーナルが1000人にアンケートを取ったところ、「仕事が楽しくない」と感じている人の割合は4人に1人ということが分かっており、基本的に辛い人は少数派です。

(参考:「就職ジャーナルより参照」)

「仕事が辛いもの」という言葉には語弊があることを覚えておきましょう。

辛い時期もあるが楽しいのが仕事

纏めると、基本的に仕事は楽しいものなので、辛い状況は異常な状態です。

勿論仕事にも繁忙期があるので辛い時期もあるものの、継続的に辛い状態が続いているということは、環境が合っていない可能性があることを視野に入れておきましょう。
次の章から、仕事が辛いと感じてしまう原因について深掘りしていきます。

なぜ仕事が辛いと感じる?8つの原因を調査

なぜ仕事が辛いと感じる?8つの原因を調査

さてそれでは「なぜ仕事が辛いと感じてしまうのか」というのを8つの原因で説明していきます。

仕事の人間関係が辛い

1点目は「仕事の人間関係が辛い」という理由です。
人間関係は仕事において最もモチベーションに関わってくる部分なので、「上司や先輩と合わない」「嫌いな人がいる」という内容でも十分辛い理由になり得ます。

基本的に「こんな人もいるんだな」と諦めて関わっている人が多く、対応法を間違えると大きなストレスになるので注意が必要です。

下記の記事も参考になるので、人間関係で悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

仕事ができない・能力不足だから辛い

2点目は「仕事ができない・能力不足だから辛い」という理由です。
単純に仕事の能力が足りていない場合でも「役に立っていない」「貢献できていない」と強く感じてしまい、焦りの気持ちから辛いと感じやすい傾向にあります。
極論慣れていくしかないですが、もし仕事の能力をブーストしていきたいなら下記の記事をご覧下さい。

「仕事が能力不足で辛い…」→能力が低い理由と年代別の対処法を解説

2020-08-17

「仕事が理解できない…」無能でつらい原因と対処法を完全解説

2020-08-17

仕事が覚えられないから辛い

3点目は「仕事が覚えられないから辛い」という理由です。
1つ前と似ていますが、「仕事でミスが多い」「仕事が覚えられない」という方も上司や先輩から怒られる原因になるので、仕事に対して自信を失ってしまい辛いと感じてしまいます。
仕事が覚えられないのは明確な要因があるので、下記の記事も参考にしてみましょう。

仕事が暇で辛い

4点目は「仕事が暇で辛い」という理由です。
人によっては羨ましいと感じるのかもしれませんが、仕事が暇すぎる状態が継続していると、責任感の強い人は「暇で辛い」という感情を抱きます。

また辛いという感情以外にも、せっかく成長できるチャンスをドブに捨てているとも言えるので、早急な対策が必要だと言えるでしょう。

仕事に興味を持っていない

5点目は「仕事に興味を持っていない」という理由です。
仕事を始めたみたものの「思ったのと違った」「ミスマッチだった」という人も、仕事に対してモチベーションを失っているので辛いという感情を持ってしまいます。

将来的に自分のやりたい仕事に関連するスキルが身につくのであれば続ける価値はありますが、そうでなければ早めに転職した方が賢明です。

仕事が楽しくないのは当たり前ではない!辞めたい時の思考法

2020-08-17

仕事のプレッシャーが強い

6点目は「仕事のプレッシャーが強い」という理由です。
上司がパワハラ気味で仕事が辛い場合も当然ストレスになるので「仕事が辛い」「もう逃げ出したい」という気持ちを持ちやすい傾向にあります。

ちょうど良いくらいのプレッシャーだと成長に繋げることができますが、過度にプレッシャーを感じると辛いだけなので注意しましょう。

プレッシャーが少ない、人と関わらない仕事がしたいと感じている人は下記の記事を参考下さい。

社会不適合者の生き方とおすすめの仕事11選【社会に適応できない理由も解説】

2020-08-17

仕事の労働時間が長い・残業が辛い

7点目は「仕事の労働時間が長い・残業が辛い」という理由です。
職場環境の話になりますが、拘束時間が多いと当然体力的に疲弊してしまうので、「毎日が辛い」「何でこんな頑張っているんだ」という感情になってしまいます。

仕事の辛さは人と比較することができないので、自分に合った仕事の時間を徐々に模索していき、適した職場に行くことが重要です。

仕事の給料が安くて辛い

8点目は「仕事の給料が安くて辛い」という理由です。
仕事の給料が低いほど、単純に「なんでこんなに頑張っているのか」と考えてしまい、必然的に辛い気持ちになりやすい傾向にあります。

結論給料が低いという理由で仕事が辛い場合はすぐに転職した方が無難なので、下記の記事を参考にしていきましょう。

初任給20万で手取り16万はどう考えても安すぎる件【転職しろ】

2020-06-15

仕事が辛い状態で働き続ける3つのリスク

仕事が辛い状態で働き続ける3つのリスク

仕事が辛いと感じる原因について触れましたが、仕事が辛い状態が継続するとどのようなリスクが伴うのでしょうか?

代表的なものを3つ挙げましたので、それぞれ確認していきましょう。

ストレスから病気になってしまう

まずは「ストレスから病気になってしまう」というリスクです。

適度なストレスであれば良い緊張感を持って仕事を進めることができるものの、過度にストレスがかかってしまうと体に異変を感じたり、病気になってしまいます。

場合によっては蕁麻疹が酷くなってしまったり、難聴などになってしまう恐れもあるので、しっかり自分のストレスと向き合っていくことが大切です。

仕事のストレスに関しては下記の記事も参考になるので、是非確認してみて下さいね。

【もう無理】仕事でストレスが限界な時に必要な全知識と事前予防策

2020-08-17

うつ(鬱)病を発症してしまう

次に「うつ(鬱)病を発症してしまう」というリスクです。

上記と同様に過度にストレスを感じてしまうと、ストレスからうつ病になってしまうので気をつけましょう。

うつ病になる人の大半は「自分がなるとは思いもしなかった」と感じている人が多いので、集中力の低下・倦怠感・抑うつ症状などが出た場合は注意していく必要があります。

仕事が泣くほど辛い人は注意

特に泣くほど仕事が辛いと感じている人はかなり危ないところまで来ていますので、注意が必要です。

仕事が泣くほど辛い場合は、下記の記事を参考にしていきましょう。

【仕事が辛い・泣きたい】職場が泣くほどしんどい時の対処法

2020-09-24

仕事が辛くて死にたい人は病院へ

また仕事が辛くて死にたい場合は、既に赤信号ですので病院に行きましょう。

詳細は下記の記事に纏めてあります。

「仕事が辛い死にたい」時に知っておきたい全知識【若手必見】

2020-08-17

萎縮して成長できなくなってしまう

最後に、「萎縮して成長できなくなってしまう」というリスクです。

仕事で辛いという感情が継続して続いてしまうと、「上司に質問するのが怖い」「自分の意見を発信するのが怖い」という感情になり、自身の成長が止まってしまいます。
環境が適していないと上記のような事態になり悪循環なので、自分が働きやすい職場を選択していくことが重要です。

仕事が辛くてストレスを抱えてしまう人の5つの特徴

仕事が辛くてストレスを抱えてしまう人の5つの特徴

辛い状態で仕事を続けるリスクについて説明しましたが、ストレスを抱えてしまう人に共通した特徴があります。

自分が当てはまっていないかどうか、今一度確認しておきましょう。

完璧主義で仕事を遂行しようとする

1点目は「完璧主義で仕事を遂行しようとする」という点です。
全ての仕事に対して100%完璧に遂行しようとすると、プレッシャーから精神的に安定しないですし、業務スピードも落ちてしまいます。

責任感が強い人や真面目な人が上記の傾向になりやすいので、少しゆとりを持って働いていくことが大切です。

他人に気を使いすぎている

2点目は「他人に気を使いすぎている」という点です。
他人に対して気を使いすぎる人も気疲れしやすいので、仕事に対して「辛い」という感情を持ちやすい傾向にあります。

プライベートと会社のキャラが違う人ほどストレスを抱えやすいので、無理に気配りしないように心掛けて下さいね。

全てのことに「イエス」と答えてしまう

3点目は「全てのことに「イエス」と答えてしまう」という点です。
上司や先輩の言われたことに対して全て「はい」と答えていると、しょうもない雑務や業務を押し付けられることから業務効率が下がり、焦りやストレスを感じてしまいます。

それは私の仕事ではありません」と断る勇気をしっかりと持ち、便利屋さんにならないように気をつけましょう。

仕事を全部一人でやろうとする

4点目は「仕事を全部一人でやろうとする」という点です。
仕事は個人ではなくチームで進めるものなので、全部1人で進めようとすると詰まってしまう部分もありますし、何よりスピード感に欠けてしまいます。

1人で抱えるとストレス負荷も自分だけにかかるので、誰かに頼りましょう。それだけで案外ストレスはなくなるものです。

悲観的で自分に自信がない

5点目は「悲観的で自分に自信がない」という点です。
「自分に能力がない」「仕事ができない自分が悪い」と悲観的になってしまうと、萎縮して成長にも繋がらないですし、自身の成長に繋げることができません。
感情をコントロールするのは不可能なので、思考をコントロールするようにしましょう。

悲観的な感情全てが悪いわけではなく、問題なのは次の行動に移せないことです。

もし「現状ダメだ…」とネガティブな感情を持ったとしても、「でも良い機会だから全力で頑張ろう」という思考を持つことで、その後の行動は良いものに変わってきます。
成長は小さな行動の積み重ねで、行動は思考によって伴うものです。是非小さな意識から始めてみてはいかがでしょうか?

仕事が辛いと感じた時の10個の対処方法

仕事が辛いと感じた時の10個の対処方法

ストレスを抱えやすい人の特徴について説明したところで、いよいよ仕事が辛いと感じた時の対処法について触れていきますね。

全部で10個あるので、「自分でもできそう」「こんな考え方もあるのか」と思える部分を参考にして下さい。

仕事のストレスを効果的に発散する

1点目は「仕事のストレスを効果的に発散する」という方法です。

具体的には、「好きなことをする」+「リラクゼーションをする」の2つを組み合わせると良いでしょう。

好きなことに関しては何でも問題ありません。「友人に愚痴を言う」「大声で歌う」など、自分が発散できることを積極的に行っていきましょう。

リラクゼーションに関しては「緊張をほぐす」ことが重要で、「マッサージをする」「睡眠の質を上げる」「お風呂にゆっくり入る」などの自律神経を整えるものがおすすめです。

この2つを組み合わせることで、効果的にストレスを解消し、仕事が辛いという感情を減らすことができますよ。

休日全力で熱中できる趣味を探す

2点目は「休日全力で熱中できる趣味を探す」という方法です。
現状熱中できる趣味がない人に限られますが、休日に全直で熱中できる趣味があるかどうかは、仕事のモチベーションに大きく関わってきます。

例えば音楽ライブが大好きだとして、「今週はライブに行けるから全力で頑張ろう」という思いから、仕事が辛くても乗り切ることができますよね。

大好きな趣味の為に仕事を頑張ることができるので、「自分は何が好きなのか」から考えてみると良いかもしれません。

心療内科に通って相談する

3点目は「心療内科に通って相談する」という方法です。

仕事が辛い時に相談相手になってくれる人は少ないので、心療内科に通って的確な意見を頂くのも良いでしょう。

心療内科=敷居が高いと感じるかもですが、過去僕が通った時は20代の友達が多そうな女性から元気そうな40代のおじさんまでいて、「普通の病院」というイメージを持ちました。
そのため、一般的な病院感覚で利用してみて下さい。体験談は下記の記事に載せておきます。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21

仕事を計画的にサボる

4点目は「仕事を計画的にサボる」という方法です。

大きな声では言えないですが、仕事が辛いなら「計画的にサボってしまう」という方法もあります。

  1. 仕事をサボるターゲット日を明確にする
  2. サボる為のキャラ作り・種まきを行う
  3. 体調不良で休む

こんな感じで、いきなり休むと疑われますし迷惑もかかるので、しっかり計画して本気でサボることが重要です。

下記の記事にて細かく説明していますので、興味がある方は是非実践してみましょう。

仕事に対する考え方を変える

5点目は「仕事に対する考え方を変える」という方法です。
  • 日本だと効率的に仕事をしても早く帰れない
  • 月給制なので頑張っても給料は同じ
  • 生きる為に働いていて働く為に生きている訳じゃない
  • 給料の為だと割り切っている人はたくさんいる

こんな感じで、仕事を本気でやっても真面目な人は馬鹿を見るだけなので、「仕事なんてある程度適当でいいな」という気持ちで働いてみましょう。

仕事なんて適当で良い9個の理由と不真面目が評価される理由

2020-09-22

また「仕事なんて適当でいい」とまではいかずとも、「仕事に対して真面目すぎると不幸になる」とのことなので、真面目すぎるのは考えものです。

仕事に対する考え方を、今一度改めてみてはいかがでしょうか?

7割程度の力で仕事を進める

6点目は「7割程度の力で仕事を進める」という方法です。
完璧主義はストレスを抱えやすいので、仕事を常に7割程度の力で進めることができると、業務全体としてスピードも上がりますし、ストレスも感じにくいです。

上司としても「まずは完璧じゃなくていいから早く一度見たい」という人が大半なので、是非7割業務は意識するようにしましょう。

異動や休職を検討する

7点目は「異動や休職を検討する」という方法です。
仕事が限界で辛い方は、環境要因の可能性が強いので異動希望を出して現状を変えたり、一度休職することで体調を整えていきましょう。

幸福度を比較することはできないので、自分が辛いと感じることは素直に辛いと言いましょう、他の人が大丈夫だからと自分も頑張る必要はありません。

転職も良いですが、まずは異動や休職を実践した後でも良いでしょう。

会社や特定の上司に復讐する

8点目は「会社や特定の上司に復習する」という方法です。
少し過激ですが、「辛い仕事をやっているので残業代が貰えない」「パワハラでうつ病寸前で辛い」などの理由がある方は、会社や上司に復讐して発散していきましょう。
と言ってもあくまで合法的な方法で、上司や会社を追い詰める方法を下記にご紹介します。

嫌いな上司(奴)を合法的に潰す方法は?パワハラ上司の潰し方・復讐マニュアル

2020-08-17

【復讐】むかつく会社を徹底的に潰す方法とは?【条件と方法を解説】

2020-08-17

仕事のストレス度や適正を確認する

9点目は「仕事のストレス度や適正を確認する」という方法です。

仕事のストレス状態は人によって違うので、ストレス度と適正な仕事を確認しておきましょう。

MIIDAS(ミイダス)」のコンピテンシー診断を上手く活用すれば、自分のストレス要因を無料で明確に推し量ることができます。

自分のストレス度を確認しておこう1
例えば上記は僕の結果ですが、急な仕事やプレッシャーの高い仕事は非常に向いてない!と言われてます。確かに言われた通り苦手でした。

その他にも自分の適正職種を確認することができたり、

自分のストレス度を確認しておこう2

逆に自分には向いていない仕事を確認することも可能です。

自分のストレス度を確認しておこう3
ストレス度だけでなく、向いている職業についても知ることができますので、もし現状の仕事にストレスを抱えているなら無料診断してみると良いでしょう。

\簡単5分で診断可能/

自分のストレス度や適正職種を確認!

転職活動を行い環境を変える

10点目は「転職活動を行い環境を変える」という方法です。
やりたくない仕事に対して「転職」という選択肢を取る場合

辛い仕事に対して「転職」という選択を取る場合は、転職サイトに登録しておきましょう。

辛い仕事を続けてストレスが溜まっていってしまうと、思考が鈍ってしまい行動に移すことができません。

転職における求人サイトは「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTの特徴
  1. 求人サイトの中で約30000万件と、最も求人数が多い
  2. 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

上記の3つ理由があり、大手転職サイトの中で断トツのサイトだからです。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

満足度・使いやすさNo.1!!

仕事が泣くほど辛くて死にたいと感じた体験談

仕事が泣くほど辛くて死にたいと感じた体験談

仕事が辛い時の対処法について説明したので、次の実際に仕事が辛くて退職した僕の体験談を書いていきます。

こんな生き方があるんだな」という1つの参考にしてみて下さいね。

新卒の企業を10ヶ月で退職

まずこの記事を書いている著者は、新卒で入社した某財閥系企業を10ヶ月で退職しました。

仕事を辞めるに至った理由は、「パワハラが酷い」「放置されていて成長できない」「業務内容のミスマッチ」という理由があったからです。

またストレスも溜まっていて限界が近かったので、体調が悪化して酷くならない前に退職を決意しました。

転職する前に退職したのは非常にリスクが高い行為でしたが、先に辞めたことで自由に転職活動できたので結果良かったと思っています。

上司に言い出せずに退職代行を利用

そして上司に退職を言い出すことができなかったので、退職代行を利用して即日退職を成功させました。

退職代行とは、代行の会社が代わりに退職の意向を伝える電話をかけてくれて、自分が明日から出社しなくても即日退職できる画期的なサービスです。

利用する時に怪しさはあったものの、実際使ってみたらあっさり辞めることができ、有給を取った2週間分全て転職活動の充てることができました。

基本的に退職の意向は自分で伝えるものですが、うつ病寸前で言い出すことができなかったので、そんな方には非常におすすめです。

体験談などの記事は下記に纏めておりますので、興味があれば読んでみて下さい。

【退職代行の体験談】入社10ヶ月で即日退職した方法と手順を解説

2020-09-08

転職することで視野が広がった

退職後は淡々と転職活動を行っていましたが、退職した後でも無事転職することができました。

基本的に多少の空白期間であれば面接で全く問題にならないですし、企業側も若手の人材確保に力を入れていて、全然転職自体は可能です。

また実際に転職して働いてみた結果、「働き方から社会の常識まで全く違う」ので、無駄に歳を取った大人達の意見は全く筋違いであることを実感することができました。

前職無能扱いだったのに転職して有能扱いを受けることもあるので、是非積極的に挑戦してみて下さいね。

仕事が辛くて限界なら転職エージェントに登録しよう

仕事が辛くて限界なら転職エージェントに登録しよう

さて、仕事が辛くて今すぐ転職したいのであれば転職エージェントを活用しましょう。

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントも活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

仕事が辛い時の原因やリスク、10個の対処法に関する記事は以上になります。

仕事を辞めずに解決できることが1番なのですが、現実的に厳しい場合もあるので、積極的に転職サイトの情報収集や事前準備をやっておくと、いざという時スムーズです。
基本的に仕事が辛いのは甘えではありませんので、自分の現状と照らし合わせ、最善の方法をとっていきましょう。

\こちらもおすすめ/

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27