仕事辞めたいなら転職経験者に相談した方が良い4つの理由【超重要】

仕事の悩み


  • 仕事辛いから毎日辞めたい気持ちで働いている
  • 誰かに一度仕事についての話を相談したい
  • だけど誰に相談すれば良いのか分からない

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ニトです。

仕事って大変ですよね。親・友人・上司とか「辛いなら相談のるよ」って言ってくるけど、大抵「仕事辞めたい」って話ししても「辛いのはみんな同じ」「3年は働くべき」とか言ってくるじゃないですか。

それは世間一般的には正しいのかもしれないけど、その視点からしか話せないのなら、ぶっちゃけ相談するだけ無駄なので相手を間違えています。

結論としては、「仕事を辞めたい辛い」「誰かに相談したい」と感じるのであれば「転職経験者」に相談するようにしましょう。

この記事では「仕事辞めたいなら転職者に相談した方が良い4つの理由」について記事にしています。

スポンサードサーチ

仕事辞めたいなら転職者に相談した方が良い4つの理由って?

仕事辞めたいなら転職者に相談した方が良い4つの理由って?

さて、それでは仕事辞めたいなら転職者に相談した方が良い4つの理由について説明していきます。

辞める時の経緯や葛藤を踏まえた体験談を聞くことができる

まず1つ目ですが、転職経験者に相談することで、その人が「仕事を辞めて転職するに至った経緯も含めて体験談を知ることができる」からです。

具体的には「なぜその会社を辞めたのか」とか「その時にどんな葛藤があったのか」とか「実際辞めて転職してみてどうだったか」とかですね。

インターネットだとどうしても「それ本当なの?」「ちょっと盛ってるよね」みたいな情報が多いですよね。ですのでそれが全くないリアルな転職についての体験談を聞くことができるのはかなり貴重です。

転職する気がなくてもかなり参考になるお話ですので、積極的に誰か捕まえて、相談してみると良いでしょう。

転職のノウハウを生で直接聞くことができる

2点目は、もし自分が転職経験者に相談して「よし、転職しよう!」となった場合、その転職ノウハウを生で直接聞くことができる点です。

転職についての情報なら、このサイトでも書いていますし、そのようなサイトなら五万とあります。

ですが、転職経験者にノウハウを教えてもらうと、インターネットサイトには書いていないような「かゆい情報」まで教えて貰うことが可能です。

例えば「〇〇転職エージェント担当はあんまり連絡してこないけど、〇〇の転職エージェント担当は面倒見が良い」とか「〇〇の企業はずっと募集かけててブラックぽい」とか…
あとは「大企業も結構募集している」とか「部署毎の募集かけてるから同じ企業でも複数応募できる」とか「〇〇のサイトで口コミ見るのがオススメ」とかこんな感じですかね。

僕もできるだけかゆいところまで書くように心掛けてはいますが万人に当てはまることしか言えないので、自分と関係の近い相手からの情報の方が有力な情報が得られると思います。

転職者の体験談も聞けることに加えて、かゆい情報まで手が届くのはかなりの利点と言えるでしょう。

在職中にやっておけば良かった話も聞ける

3点目ですが、転職経験者に相談することで「在職中にやっておけば良かったこと」「後悔していること」などを聞くことができます。

かくいう僕も新卒の企業を10ヶ月で退職して、第二新卒枠で転職をした者ですが、「異動を検討してみても良かったな」とか「この研修受けとけば良かったな」とか思うことはあります。

僕の場合はそんな大した情報はないですが、転職経験者に聞いてみると自分では気づいていないようなハッとすることが聞けるかもしれません。

ですのでもし機会があるのなら、忘れずに聞いておくと良いでしょう。

転職における理想と現実を知ることができる

最後に4点目ですが、「転職における理想と現実を知ることができる」という点です。

もう少し噛み砕いて言うと、転職して前職よりも「良くなったこと」と「悪くなったこと」を聞くことができるということですね。

仕事が辞めたいという感情が強くなると、つい転職して新しい職場への理想が高くなります。それ故に転職活動における「良い部分にのみ目が行きがち」です。

ですが転職活動を行なって、職場が変わるということは良い点もありますが、当然悪い点もあります。

  • 給料上がったけど、通勤時間が長くなった
  • 上司は良い人だけど、残業がちょっぴり多め
  • 休みは多いんだけど、あんまり有給取れない

とかこんな感じですかね。

何事においても、得た分失うことがあることは覚えておきましょう。

転職後、新しい仕事で力を発揮できるのかは誰も予想できない

転職後、新しい仕事で力を発揮できるのかは誰も予想できない

以上が転職経験者に相談した方が良い理由ですが、まぁ話を聞くことができても返って大変そうで、転職に対して萎縮してしまう場合もあると思います。

そんな方達に向けて、少し勇気の出るようなことを書いておきます。

これはメンタリストのDaiGoさんが言っていたんですが「新しい職場で働く時、自分がパフォーマンスを発揮できるかどうかは誰も予想することができない」という研究結果があるそうです。

つまり今の職場が「自分に合っていない」というだけで、職場を変えれば存分に発揮できる可能性はあるということですね。

もう少し細かい記事は下記の記事内にて触れています。社会人1年目に該当する方じゃないのかもしれませんが、参考になると思います。

天職と呼ばれる仕事には条件があるらしい

次にこれも過去記事の内容ですが、自分の仕事を天職だという人向けに調査を行ったところ、下記のような4つの傾向にあったそうです。

  • あまり制限がなく、自分の思うように仕事を進めていくことができる
  • 自分の仕事が社会の役に立っている実感がある
  • 職場において有効なコミュニケーションを取れる人がいる
  • 仕事を通じて、自分のスキルが向上する実感が得られている

ですので現状仕事が辛い・辞めたいと言うのであれば、自分がどの部分が足りていないのかを当てはめて考えてみると良いでしょう。

まとめ

というわけで内容は以上です。

とりあえず3年」「辛いのはみんな同じ」と言うのは思考停止している証です。転職経験者に聞くことでより良い情報を得ることができるので、是非実践してみることをオススメします。

転職することで現状を打破することも可能ですが、勿論自分の仕事に対する考え方とか人間関係のやり方とか、転職以外の方法でも打破することは可能です。

みんな同じなんだから、自分も頑張ろう」なんて気持ちでやっていると本当に体調を崩してしまいますので、自分がどうやったら一番幸福になれるのかを、思考停止しないで追求していけるようになってください。

もちろん辛い中続けて初めて得られることもあるので、それを全否定するつもりはありません。

多くの可能性を知っておくようにして、自分に最適な方法を選んでいきましょうというのが本当に僕が言いたいことです。

このように基本的にこのブログでは「20代の働き方・悩み」「転職のノウハウ」について記事にしています。

加えて転職に興味があるという方は、入社3年以内でも確実に転職する確率を上げる「第二新卒トライアル」という一種の転職ロードマップを紹介していますので、重ねて興味があれば、ご覧いただけると嬉しいです。

第二新卒トライアルはこちら

第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

2020-05-06

それでは。