高学歴は無能で使えない?仕事ができなくてつらい時の対処法

仕事の悩み
  • 高学歴なのに仕事で使えない人が多い
  • 高学歴でマウントとってくる人ってなんなの?
  • 仕事に学歴って関係ないよね?

こんな疑問に答えます。

社会人として働いているものの「高学歴なのに仕事使えない無能が多いな... 」と感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では、「仕事に学歴は関係ないという3つの事実とその要因」について解説していきます。

高学歴は無能で使えない?仕事で学歴が関係ない理由

高学歴は無能で使えない?仕事で学歴が関係ない理由

冒頭でも話をした通り、仕事において学歴は一切関係ありません。なぜなら、「仕事は個人ではなくチームで進めていくもの」だからです。

学生の頃は個人の成績も良くて、ゼミでも優秀な結果を出していたかもしれません。理系においても研究において個人で優秀な結果を残して、周囲に評価されていたのかもしれません。

しかしいくら個人で優れていようとも、社会になったらチームで動いていく必要があります。

周りに相談できずに1人で進めていく人や、周囲を巻き込めず情報共有をできない人は、結果的に仕事が遅くなってしまいますよね。

つまりはコミュニケーション能力が不足していると、いくら高学歴であっても無能と判断されてしまいます。

次に仕事において学歴が関係ないという3つの事実について解説していきますね。

仕事で学歴は関係ないという3つの事実

仕事において学歴は関係ないという3つの事実

次に「仕事において学歴は関係ない」という3つの事実をお話しします。

大企業で高学歴でも無能は多い

まず1つ目の事実として「大企業で高学歴でも無能は多い」という点です。

やはり大企業に勤めていて学歴が優秀でも、話は噛み合わないし・次やることも何も理解していない、そういった層は必ず一定数存在します。

上記の画像は「会社に必要とされる人材」をマトリクスにしたものですが、この順番は実は「1>2>3>4」という順番が正解です。

つまり3番のように個人で頭が良くて仕事ができたとしても、会話ができない人は結局会社にとってはそんな必要な人材ではないということになります。

先ほども書いた通り、コミュニケーションスキルは会社では「1つのスキルであること」を表しています。

大企業で低学歴でも有能は多い

次に「大企業で低学歴でも有能は多い」という点です。

前項とは逆に、大企業でも低学歴の人は沢山います。そしてそのような低学歴の人は「会話上手」な2番のイメージなんですよね。

低学歴であることがバレているので小さなプライドもないですし、分からないことはすぐ聞き、それを恥だとも思っていません。そして誰よりも一生懸命やるので周りからの信頼も厚いです。
そのため、学歴で仕事のできるできないを判別するのはあまり意味のないことだと言えるでしょう。

高学歴でも派遣で働いている人は多い

最後に「高学歴でも派遣で働いている人は多い」という点です。

これは単純にコミュニケーションを取るのが苦手な故に「就職活動で上手くいかなかった」ということが予想されます。大手に受からなかったんですね。
このような人材は毎年多く存在しているので、学歴が高いからといって優秀と判断するのは止めておきましょう。

高学歴なのに仕事ができなくてつらい時の対処法

高学歴なのに仕事ができなくてつらい時の対処法

コミュニケーションスキルが低いと、高学歴でも仕事が上手く進まないという話をしてきました。

最後に、高学歴なのに関わらず仕事ができない・辛いと感じている人の為に、対処法について解説していきます。

プライドを捨てる

1点目は「プライドを捨てる」という点です。

学歴が高いと「こんなことで人に聞く訳にはいかない」とか「こいつが評価されているなんておかしい」など、変にプライドを持っている場合が多いので、それを捨てましょう。

これができれば苦労しないと感じるかもしれないですが、実際問題かっこつけて仕事ができないより、泥臭く人に聞いて頑張った方が成長に繋がり、人脈も生まれます。

学歴が仕事に関係ないことは理解いただけていると思うので、初心に帰ったつもりで仕事に取り組んでみると良いでしょう。

完璧主義で仕事をしない

2点目は「完璧主義で仕事をしない」という点です。

高学歴の人は周囲からも「優秀な人」と思われることが多いので、それに応えて仕事をしようと完璧主義になって仕事をする人が非常に多く存在します。

しかし冒頭部分で説明したように「仕事はチームで行うもの」なので、一人で完璧に仕事をこなそうとすると、業務の効率は落ちていくでしょう。

加えて全てを完璧にやろうとするとストレスからうつ病になる可能性もあるので、働き方として負荷がかかりやすいです。

7割程度に留めておいて、すぐに上司に確認してもらう方が賢明だと言えるでしょう。

転職サイト・エージェントに登録する

3点目は「転職サイト・エージェントに登録する」という点です。

どんなに優秀な人材でも、その会社でパフォーマンスを発揮できるのかどうかは「やってみないと分からない」と心理学的にも言われています。

そのため、「どうしても合わない」と感じている人は、転職に移っていった方が賢明だと言えるでしょう。

最後におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。

高学歴で仕事ができない人におすすめの転職サイト・エージェント

最後に高学歴で仕事ができない人におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

基本的に「環境によって仕事のパフォーマンスは大きく左右される」ので、様々な可能性を駆使して準備をしておくことは非常に大切です。
将来的に転職を考えている人は転職サイト、今すぐにでも転職したい人は転職エージェントを活用するようにしましょう。

【おすすめ大手転職サイト・エージェント】

サイト名特徴
リクナビNEXT
リクナビNEXT
  • 求人サイトの中で求人数が最も多い
  • 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1

大手転職サイトの「リクナビNEXT」

大手転職サイトの「リクナビNEXT」
リクナビNEXTの強み
  1. 求人サイトとしては約30000件の求人と多い
  2. その求人の内85%はリクナビNEXTだけの独占求人
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

転職サイトであれば「リクナビNEXT」が最もおすすめです。

上述した通り求人サイトとしてトップクラスの求人数で、且つ大半が独占求人なので、登録しておかないと優良求人をとりこぼしてしまう可能性があります。

また暇なときに求人をスマホで見ておくだけで、「人の出入りが激しい年中募集しているブラック企業」を避けることも可能です。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておいて下さいね。


\簡単5分で登録/

リクナビNEXTの評判や口コミを調べてみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

高学歴と仕事に関連する記事は以上です。

最後になりましたが、本メディアでは仕事や転職に関連する情報から、フリーランスに関連する情報まで幅広く発信しています。

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27
転職について興味を持っている方は、是非上記の記事も検討してみて下さいね。