【高学歴は無能?】仕事において学歴は関係ないという3つの事実

仕事の悩み


  • 高学歴なのに仕事で使えない人が多い
  • 高学歴でマウントとってくる人ってなんなの?
  • 仕事に学歴って関係ないよね?

こんな疑問に答えます。

仕事って色んな人と関わるので苦労しますよね。僕が新卒で入った会社、そして転職して入った会社は一応世間一般に「大企業」と言われる部類だったのですが、そこで常日頃働いていると、

大切なのは自分のスキルを上げて、付加価値を上げていくことであって、社会人になってしまったら学歴なんて全くの意味のないものだな。

と強く思うようになりました。僕は底辺国公立大の修士卒とそんな有能なわけではないので、学歴でマウントとられたりすると「???」という気持ちになります。

皆さんも仕事において学歴でマウント取られた経験はないでしょうか?イラッとはしなくとも少しもやもやした気持ちになりますよね。

まっつん
そこでこの記事では「仕事において学歴は関係ないという3つの事実」というタイトルで自分の経験談から思うことを記事にまとめていこうと思います。

スポンサードサーチ

仕事において学歴は関係ない

仕事において学歴は関係ない

いきなり話の根幹の部分を話しますが仕事において学歴は一切関係ありません

皆さんに質問なんですがアルバイトをしていて高学歴でも使えない人がいた経験はありませんか?

絶対「こいつ使えねえな」って思う人は一人はいたと思います。

まっつん
いや、アルバイトと仕事は違うでしょ」って思うかもしれませんが意外とそんなことはありません。

学生から社会人になって、変わってくるものと言えば個人からチームで仕事をしていくようになるということです。

学生の頃は個人の成績も良くて、ゼミでも優秀な結果を出していたかもしれません。理系においても研究において個人で優秀な結果を残して、周囲に評価されていたのかもしれません。

しかしいくら個人で優れていようとも、社会になったらチームで動いていく必要があります。

周りに相談できずに1人で進めていく人が使えると思いますか?

周囲を巻き込めず、情報共有をできない人が使えると思いますか?

その時々なら良い時もあるかもしれませんが、長期的な視点で見れば効率が悪い人材であると言えます。

つまりはコミュニケーション能力が不足していると、いくら高学歴であっても無能だということですね。

その話をもう少し噛み砕いて、次の項で詳しく説明していきたいと思います。

仕事において学歴は関係ないという3つの事実

仕事において学歴は関係ないという3つの事実

前項で高学歴でも仕事ができない人の特徴として最たるものは「圧倒的なコミュニケーション不足」だという話をしましたね。

少し僕の体験談を交えて、その説明をしていきたいと思います。

大企業 高学歴でも無能は多いという事実

僕は大企業で通算2年ほど働いていたんですが、やはり大企業だけあって高学歴な人は沢山いました。

そんな高学歴の人達が沢山いますので、当然最初は少し萎縮してしまいましたね。しかし一緒に仕事を続けていく内にこんなことを強く思うようになりました。

まっつん
それは、大企業で高学歴でも無能って意外といるんだなということです。

やっぱり大企業に勤めていても一定数の無能はいます。学歴が優秀でも、話は噛み合わないし・次やることも何も理解していない、なんでこんな奴がいるんだ??って凄く思いました。

それに加えてなんかやけに偉そうだったりしたので、不満がとても募っていく訳です。

そんなわけで皆さんに1つクイズです。昔上司に教えてもらったんですが、下記のマトリクスで「会社に必要とされる人材」ってどういう順番だと思いますか?

これの正解は「1>2>3>4」という順番になります。「1>3>2>4」じゃないですよ?

3番のようにいくら個人で頭が良くて仕事ができたとしても、会話ができない人は結局会社にとってはそんな必要な人材じゃないんです。

大切なのは複数人で仕事を進めていくコミュニケーションスキルですからね。

逆に2番のように個人で仕事ができなかったとしても周りと会話ができる人というのは会社に必要とされます。

先も言ったように仕事は複数人で進んでいくものなので、情報共有・優先順位もしっかり全員でできる人がいないと仕事が効率的に進むことはありません。

ここで冒頭の話に戻りますが、以上の内容によって高学歴=有能な人ではないってことです。

学校ではは有能=成績の良い人ですが、仕事においては有能=安定した結果を出すことができる人のことです。

体育会系は就活において結構無双しますよね。そして良い内的先に決まったりして、それに対して気に食わない人も多いかもしれません。

まっつん
ですけど、そういうことなんです。体育会系が持っている圧倒的なコミュニケーションスキルが社会では「1つのスキルであること」を表しています。

大企業 低学歴でも有能が多いと言う事実

前項とは逆に、大企業でも低学歴の人なんて沢山います。そしてそのような低学歴の人って結構「会話上手」な人が多い2番のイメージなんですよね。

しかも低学歴であることがバレているので小さなプライドもないですし、わからないことはすぐ聞くし、それを恥だとも思っていません。そして周囲よりも一生懸命やっているように見えるので周りからの信頼も厚いです。

もちろん入社してから死ぬ程努力したのかわからないですが、頭が凄く切れる1番のような人もいます。

よくよく考えてみると大学で学んできたことって1ミリも社会人になって使っていません。よくてPCスキルくらいです。結局のところ仕事の知識ってやっぱり会社に入らないとわからないわけですよ。
まっつん
ですので学歴で仕事のできるできないを判別するのは無駄なんじゃないか?と強く思います。

高学歴でも派遣の奴は大勢いるという事実

一方高学歴なのに派遣の人っていうのもかなりいます。僕の会社は派遣の人を多く使う形態をとっていたのですが、普通に東北大学・名古屋大学・東京理科大の人とかいましたからね。

でも残念ですが、

  • 30分で終わるデータに3時間
  • 指示出してもいざやる時になってわからないと言い出す
  • 毎日ワードでブログ並みのメモとるくせに一向に活かされない
  • 気が弱く、自分から話せない
まっつん
端的に言うとバカ真面目、一生懸命やるけど非効率みたいなタイプが多いです。

凄く一生懸命で好感持てるんですけどね。残念ですが評価するとしたらこんな感じになってしまいます。

このような高学歴でも派遣のタイプの人もいるのでやはり高学歴とか低学歴とかの議論は無駄だなと思っています。

仕事に学歴は関係ないけど3点メリットはある

仕事に学歴は関係ないけど3点メリットはある

仕事において高学歴とか低学歴なんて関係してこない。学歴なんて必要ない!という話をしてきました。

しかし完全に無駄だと言っている訳ではありません。あくまで「仕事においては」ですのでそこの部分を間違えないようにして下さい。

仕事においては高学歴も低学歴もないですが、高学歴の学校を目指すことにはそれ相応のメリットがあります。

学歴が良いと同学年の人達から学べることが多くなる

学歴が良いと同年代の人達から学べることが多く、様々なことを吸収することができます。

高学歴だと必然的に同年代の友達も高学歴になりますよね。よく起業家が言うセリフの中で「あなたの周囲の5人の友達の平均があなたである」という言葉があります。

これは「類は友を呼ぶ」と同じような意味合いで、良質な人と関わっているとその人達の考え方や思考が身について「あなたも良質な人材に近づくことができますよ」という意味です。

馬鹿な学校に通っていて馬鹿とつるんでいても、自分の成長には繋がりにくいですよね。

まっつん
ですので高学歴の学校に行くと、このような良質な人間関係を構築できる可能性はグッと上がるので、これはメリットと言うことができるでしょう。

学歴が良いと周囲の評価ががわりと変わる

次は高学歴だと「周囲の評価ががらりと変わってくる」ということです。

これは皆さんイメージがつきやすいと思います。「東京大学卒業です」って言われたら「すげぇ…」ってなりますよね。

このように学歴が良いだけで周囲の評価が変わり、友人関係や恋愛関係などを含めた実生活において様々な恩恵を受けることができます。

僕は国公立大学卒だったので高学歴とも言えない立ち位置ですが、それでも周囲からちやほやされることはありました。

まっつん
僕ですらそうだったので、きっと高学歴の人達はかなり優遇されます。これは高学歴におけるメリットと言えるでしょう。

学歴が良いと新卒時に大企業に入社できる確率が上がる

学歴は無駄無駄言いましたが、仕事において1回だけ有効に使える時があります。それは「新卒就活時の選考通過率を上げる」これだけです。

同じような条件の人がいた場合、やはり学歴のある人が採用されるのは事実です。

ですので必然的に大企業に就職できる可能性が上がることになります。

しかし覚えておいてほしいのは、学歴が有効なのは新卒時の就活時のみです。転職活動だともう入った企業の職歴で評価されるので、学歴で評価されるなんてことはほぼありません。話のネタになるだけです。

逆に早期退職なんてしてみると、優秀なのになんでやめちゃったの?なんて不信感を抱かれてしまう場合もなくはありません。

まっつん
そういったデメリットもありますが、大企業に入りやすいのは高学歴のメリットと言えるでしょう。

学歴は仕事に関係ないので仕事ができないのは別の原因がある

学歴は仕事に関係ないので仕事ができないのは別の原因がある

最後にですが、学齢は仕事において全く関係ありません。しかし仕事の出来栄えの違いから「高学歴だから」「低学歴だから」と何かと学歴で言われてしまうことは事実です。

ここで心理学的な話も踏まえて「仕事ができないのは別の原因がありますよ」というお話をしようと思います。

まず心理学の研究で「職場において自分の能力が発揮できるかどうかは誰も予想不可能」という研究結果があります。

人事が社員を採用する為に「書類選考」だったり「面接」をしていく訳ですよね。

これらの採用活動を行って「その人が活躍できそうかどうか」を判断していく訳ですが、科学的にはそんなことを行っても「職場でパフォーマンスを発揮できる人材を発掘するのは困難」ということです。

つまり環境や働き方によって活躍できるかどうか左右される為「やってみないとわからない」という結果です。凄く面白いですよね。

まっつん
ですのであなたが今職場で上手く働けていないのだとすると学歴が原因でそうなっているのではなく「単純に職場が合っていないだけ」という結果に繋がります。

現状あなたがあまりにも仕事が上手くいっていないのであれば「転職」という選択肢も一つ頭の中に入れてみて下さい。

このサイトでは転職についても記事も多く書いており、転職のノウハウについても記事に纏めております。

20代におすすめの転職サイトと転職エージェント12選【+経験者から13個の注意点】

2019-11-29

20代の転職サイトと転職エージェントを纏めた記事もありますので、転職に興味のある方は必見です。

まとめ

というわけで内容は以上となります。あくまでも僕の意見ですので、反論・批判あればいつでもお待ちしております。

Point
  1. 仕事において高学歴は全く関係ない
  2. 高学歴でも無能はいるし、低学歴でも有能は沢山いる
  3. 仕事において関係ないだけで高学歴にメリットは多い
  4. 職場で活躍できるかどうかはやってみないと分からない

という内容です。

高学歴ってちやほやされることは多いけど、仕事においては別のスキルが必要だし、そんな意味のあるものじゃないですよ?有能なやつばっかりじゃないですよ?ということが言いたかっただけです。

学歴が高い場所に行くことには大きな意義があると思っています。レベルの低いバカと話す機会は少なくなるので自分の勉強になる、優越感に浸れるので自分の自信に繋がっている、とかメリットは十分あると思います。ただ仕事においてそれが活かされるというわけでは決してない!というだけです。

大学のスキルなんて社会でこれっぽっちも役に立たないんですから、社会で必要になってくるスキルを率先的に学んで行くことが大切ですね。

それでは以上!