社会人で成長するコツは「根拠のない自信」を持つこと【馬鹿最強説】

仕事の悩み


  • 社会人で無能で辛い
  • 成長する為のコツが知りたい
  • 自分の能力が低くて自信が持てない

こんな悩みに答えます。

こんにちは、ニトです。

社会人で働き始めたのはいいけど、「毎日無能で辛い」「成長している実感がなくて辛い」「早く成長したい」なんて方は多いと思います。

結論から言うと、「根拠のない自信を持つこと」がとても大切になってきます。

この記事では「社会人で成長する為のコツは根拠のない自信を持つこと」という内容で記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

成長する為のコツは根拠のない自信を持つ事

成長する為のコツは根拠のない自信を持つ事

社会人として成長する為のコツは「根拠のない自信を持つこと」だと言いました。なぜそれが大切なのか?について説明していきますね。

バカは自分に自信を持つ。ダニング クルーガー効果とは?

心理学では「能力の低いもの程無駄に自信を持つ傾向にある。なぜなら能力の低さ故に周りが見えていないから」というダニング・クルーガー効果というものがあります。

よく高校のクラスの時に、馬鹿なくせに自信だけはある奴がいたと思います。もしくは「なるほど理解した」とか言っておいて全然分かっていないタイプ、そんな感じです。

そして能力が上がっていくに連れて周りが見えるようになって、謙虚な姿勢になります。

要するに、

  • 無能は自分を過大評価する
  • 有能は自分を過小評価する

というバイアスのことですね。

過大評価して自信を持つことは悪いことではない

でも自信を持っているのは出来る奴からすればウザいかもしれませんが、悪いことではありません。

能力が低くても、自信を持って仕事に率先的に取り組むと、失敗こそするものの成長することができますよね。

そういった挑戦を繰り返していくことで、自分の能力が向上して周囲が見えてくるようになります。

1番ダメなのは能力がないのにも関わらず、自信も持っていない状態です。

この状態が続くと、挑戦しないから成長もできない。ずっと能力が低いままになってしまいます。

自分が成長する為には根拠のない自信が大切

上記のような理由から、必要なのが「根拠のない自信」になってきます。

根拠がなくても自信を持ち続けることが大切です。できない事でもできると言って挑戦するしか残念ながら成長への道はありません。

アルバイトでも、いきなり全てができたかといったらできなかったですよね?

アルバイトと違って責任も伴ってくる社会人生活においては、萎縮して根拠もなく挑戦するのは怖いかもしれません。

ですが挑戦して失敗を重ねないと、何も得る事はできないでしょう。

そしてその挑戦がしやすいのは若い内だけです。歳を取れば取るほど、挑戦しづらい空気は増していくばかりですよね。

日本人は周囲を過剰に気にして行動に移せない人が多いですが、自分が一皮向ける為には実際にやってみて、行動するしかないでしょう。

根拠のない自信が大切。じゃあ自信をつけれる方法ってないの?

根拠のない自信が大切。じゃあ自信をつけれる方法ってないの?

根拠のない自信が大切なことは理解できました。でもいきなり言われてもそんなことできないよ…という方の為に、自信をつけれるような方法を少し紹介します。

目標を細分化して考える

一つ目は目標を細分化して考えることです。ようは考え方の問題ですね。

いきなりデカイことをやれと言われても「えっ無理…」ってなると思います。ですので大きい目標を細分化して考えてみましょう。

そうすると、大きな目標の中には小さな目標が沢山あるだけに気づきます。そしてそれを一つ一つこなしていけば、気づいたら大きな目標を達成しているかもしれません。

また細分化することで、自分が達成したことが一つ一つ自身に繋がるのでかなり有効的な方法です。

頭の中でもう一人の自分と会話をする

ちょっと何言ってるのか分からないと思いますが、「頭の中で自分と会話する人ほど自信が持てるようになる」という研究があるようです。

  • このプレゼンなんて人生における10分しかないよ!頑張っていこう!
  • 今日の会議が終わったら焼肉だよ!もう少しだ!!

まぁこんな感じで自分の中でもう一人の自分を作って会話するという方法です笑

これはメタ認知という方法らしいのですが、かの有名なイチロー選手も活用していたそうです。

ですので側から見たら面白いですが、皆さんも是非活用してみてはいかがでしょうか?

自己肯定感を高める

最後は自己肯定感を高めることです。「そんなことできたら苦労しねえよ」って感じると思いますがまぁ聞いてください。

他の記事でも何回も書いていますが、大切なのは感情ではなく思考をコントロールすることです。

ネガティブな気持ちになってもかまいません。それはあなたの感情なので、それをコントロールするのは困難と言えます。

ですので、思考をコントロールできるように心掛けてみましょう。

  • プレッシャーという恐怖の感情に対して、失敗したらどうしよう…という思考
  • プレッシャーという恐怖の感情に対して、こんな機会はないからやってみよう!という思考

どちらも感情は同じですが、思考は変えることができますよね。

これをプレッシャーを感じてはいけない!と感情を変えようとしても、変えることはできないでしょう。

自分の感情を受け入れて、そこから一歩どんな思考を持つのかを大切にしてみて下さい。

失敗したことを毎日振り返ることも大事

失敗したことを毎日振り返ることも大事

最後にですが、失敗したことを毎日振り返ることも大切です。

ある起業家の話で、娘に「今日はどんな失敗をしたの?」と毎日質問し、何か失敗を告白するたびに、挑戦したことに対して褒め、根拠のない自信を育てていたという話があります。

ですので、自分の1日を振り返って、「何に失敗したのか」を思い出し、挑戦したことに対して振り返るようにしましょう。

意外と「あの時は無理だと思ってたけど、何とかできてたなぁ」なんて思い出して、自分が成長していることを実感できるかもしれません。

まとめ

という訳で内容は以上となります。

意外と考え方を知らないだけで、ハマると成果を発揮できるかもしれません。

その一方どうしても自分がパフォーマンスを発揮できない職場というのは存在します。そういった場合はもう転職するか上司をコントロールするしか手段はないことを覚えておきましょう。

このように基本的にこのブログでは「20代の働き方・悩み」「転職のノウハウ」について記事にしています。

加えて転職に興味があるという方は、入社3年以内でも確実に転職する確率を上げる「第二新卒トライアル」という一種の転職ロードマップを紹介していますので、重ねて興味があれば、ご覧いただけると嬉しいです。

第二新卒トライアルはこちら

第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

2020-05-06

それでは。