【仕事が辛い・泣きたい】職場が泣くほどしんどい時の対処法

仕事の悩み
  • 仕事が泣くほど辛い・しんどい
  • 仕事が泣くほど辛い人の体験談を聞きたい
  • 仕事が泣くほど辛い時の対処法について知りたい

こんな疑問に答えます。

社会人になって仕事を始めたものの、「仕事が辛すぎる」「泣きながら働いていて辛い」と感じている人は一定層いるのではないでしょうか?

結論から言うと、泣きたいほど辛い状態を無理して続けていると、体調に影響する可能性があるので注意が必要です。

そこで本記事では「仕事が泣くほど辛い時の原因や対処法、僕の経験談」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

仕事が泣くほど辛いのは普通?

仕事が泣くほど辛いのは普通?

まず仕事が泣くほど辛いのは普通なのでしょうか?

結論から言うと、泣くほど辛い職場にいるあなたは、環境自体合っていない可能性が非常に高いです。

上記はメンタリストDaiGoさんの動画ですが、どんなに優秀な人材であっても、「仕事でパフォーマンスを発揮できるかどうかは誰も予想できない」と説明しています。

つまり人事部がどんなに採用面接を繰り返しても、その人が活躍できるかどうかは「やってみないと分からない」ということです。
仕事が泣くほど辛いという状況は「異常であり、合っていない」ということを理解しておきましょう。

仕事が泣くほど辛い3つの理由

仕事が泣くほど辛い3つの理由

次に仕事が泣くほど辛いと感じてしまう原因について掘り下げていきましょう。

全部で3種類ありますので、1つずつ解説していきます。

人間関係が異常に悪い

1点目は「人間関係が異常に悪い」という理由です。
  • 上司のパワハラやセクハラが酷い
  • 上司にとにかく怒られる
  • 先輩や上司から放置されている
  • 取引先の圧力が強い

上記に当てはまっている方は、人間関係において非常に過酷な環境にいるので、ストレスを強く感じてしまう可能性があります

また人間関係は仕事のモチベーションにも大きく関わってくるので、異常に人間関係が悪い職場にいると自分の成長にも繋がりません。

あまりにも酷い職場の場合は、職場環境を変える行動を起こしていく必要があるでしょう。

労働環境が異常に悪い

2点目は「労働環境が異常に悪い」という理由です。
分かりやすい例で言うと「長時間残業」ですが、その他にもシフト勤務や衛生環境が悪い職場にいると、仕事が辛くて泣きたい気持ちになることがあります。

特に残業のしすぎだと、健康にもよくないですし、上司からフィードバックを貰えずスキルが上がっていかないので、注意しておきましょう。

給料や待遇が異常に悪い

3点目は「給料や待遇が異常に悪い」という理由です。
低賃金でずっと働かされていたり、一生懸命仕事をしているのに上司に全く評価されない職場にいる場合も、辛いと感じやすいでしょう。

自分の頑張りが正当に評価されないと給料アップにも繋がらないので、辛い場合は転職を考えた方が無難です。

仕事が辛いのに泣きながら働く3つのリスク

仕事が辛いのに泣きながら働く3つのリスク

仕事が泣くほど辛い原因について説明しましたが、できることなら早めに職場環境を変える努力が必要です。

仕事が辛いのに泣きながら働き続けると、一定のリスクが伴うので、以下説明する3つのリスクについて理解しておきましょう。

ストレスで病気になってしまう

1点目は「ストレスで病気になってしまう」という点です。
仕事が辛いのに泣きながら働いていると、日々感じるストレスの強さから、蕁麻疹・難聴などの病気になってしまう可能性があります。

よく「みんなが頑張っているから自分も頑張ろう」と無理して働いてしまう人がいますが、人によってストレスの度合いは変わるので比較することは辞めましょう。

ストレスに関しては下記の記事で症状・病気について触れているので、自分の体調を守る為にも確認しておいて下さいね。

【もう無理】仕事でストレスが限界な時に必要な全知識と事前予防策

2020-08-17

抑うつ気味になってうつ病になってしまう

2点目は「抑うつ気味になってうつ病になってしまう」という点です。
1つ前にストレスで病気になってしまう可能性について触れましたが、抑うつ気味になってうつ病になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

不安や焦り、睡眠障害や疲労感・倦怠感などがうつ病のサインなので、下記の記事でさらに確認してみて下さいね。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21

萎縮して成長の機会を逃してしまう

3点目は「萎縮して成長の機会を逃してしまう」という点です。
仕事で泣きたいほど辛い思いをすると、上司や先輩に対して萎縮してしまい、仕事で成長する機会を失ってしまう可能性があります。

この部分、冒頭で述べたように環境が合っていないことが理由として挙げられるので、速やかに職場環境を変える努力が必要になってくるでしょう。

仕事が泣くほど辛い時の4つの対処法

仕事が泣くほど辛い時の4つの対処法

仕事が辛いのに泣きながら働くリスクについて説明したので、次にその対処方法について解説していきます。

感情ではなく思考をコントロールする

1点目は「感情ではなく思考をコントロールする」という方法です。

仕事で辛い思いをした時に、「自分なんかじゃどうせダメだ…できる訳がない」と考えてしまうと、いつまでも仕事が辛いままで、成長に繋がることはありません。

しかし「自分なんかじゃどうせダメだ…でもどうせ失敗するならもっと挑戦していこう」とその後の思考をコントロールすることができれば、成長に繋げることが可能です。

よくある失敗が感情の部分を変えようとすることで、人間どんなに頑張っても感情の部分を変えることはできません。

どんなにネガティブな気持ちになったとしても、その後の思考を改善することで、段々仕事で力を発揮できるようになるかもしれませんよ。

心療内科で診断してもらう

2点目は「心療内科で診断してもらう」という方法です。

本当に仕事で泣くほど辛いと言うのであれば、心療内科で診断してもらうほかないでしょう。

心療内科=敷居が高いと感じるかもですが、過去僕が通った時は20代の明るそうな子から、40代の会社員のおじさんまでいたので、「普通の病院」というイメージが強かったです。
下記の記事にて体験談を綴っていますので、興味がある方はこちらも確認してみて下さいね。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21

異動や休職を検討する

3点目は「異動や休職を検討する」という方法です。

冒頭で説明したように、自身の仕事が環境に合っていない場合は、速やかに職場を変えた方が良いでしょう。

しかし転職を検討する前に「異動か休職」を検討した方が、後々自分が取れる選択肢が広がります。

しかし「やりたい部署が他にない」「この会社に居続けてもしょうがない」と感じている方は、転職活動に進んでいきましょう。

転職を検討する

4点目は「転職を検討する」という方法です。

最後に、仕事がどうしても辛い・環境が合わないと感じている人は、転職を視野に入れて行動していきましょう。

転職を検討する場合、転職サイトを利用するよりも転職エージェントを活用した方が、求人数やサポートの観点から遥かに効率的です。
後におすすめの転職エージェントについて、詳細に解説していきますね。

仕事が泣くほど辛くて退職した体験談

仕事が泣くほど辛くて退職した体験談

さて、仕事が辛い時の対処法について述べたので、最後に僕の仕事が泣くほど辛くて退職した体験談について話していきます。

現状仕事が辛いと感じている方は、是非参考にして下さい。

新卒で入社した大手企業を10ヶ月で退職

まず僕は新卒で某大手企業に入社したのですが、仕事が泣きたいほど辛かったことから10ヶ月で退職に至りました

仕事が泣くほど辛かった理由としては、「上司に毎日怒られる」「放置されていて仕事がほとんどない」「自分の成長を実感できない」という気持ちが膨れ上がってしまったからです。
結論勢いで辞めてしまったものの、辞めた日の空は格別青く感じ、清々しい気分になりましたね。

出社が辛かったので退職代行を利用

そして泣きたいくらい辛い職場だったので、当然会社の上司に退職を言い出すことができず、退職代行というサービスを利用しました。

退職代行とは、依頼者の代わりに代行業者が会社に退職の電話をかけてくれて、会社に出社せずとも退職まで進める夢のようなサービスです。

常識外れと言われるかもしれませんが、当時はそのくらい追い込まれていたので、正直かなりありがたいサービスでした。

詳細な体験談については下記の記事で触れているので、良かったら参考にしてみて下さいね。

退職代行のおすすめランキング13選!弁護士の有無によるリスクも解説

2020-09-03

転職したら視野が広がる!辛かったら逃げてもOK

勢いで退職したものの、最終的には無事大手企業に再度転職することができました。

実際に転職した感じたのは、「会社によって価値観が変わるので、働き方も違ければ考え方もまるで異なる」という点です。

前職では無能扱いを受けていたものの、次の職場では有能扱いされていたので、やはり職場によってかなり自分のパフォーマンスが変わることを実感できました。

また会社間を渡り歩くことで視野も広がったので、もし辛いのであれば、「逃げの転職は全然問題ない」ということを覚えておいて下さいね。

本気で仕事が泣くほど辛いなら転職活動を行っていこう

本気で仕事が泣くほど辛いなら転職活動を行っていこう

逃げの転職は全く問題ないので、もし本気で仕事が辛いと感じているのなら、転職エージェントに登録するようにしましょう。

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

仕事が泣くほど辛い時の原因や対処法、僕の経験談に関する記事は異常になります。

基本的に仕事が泣くほど辛いのであれば、自分の現状やリスクを確認し、適切な対応を段階的に取っていくのが得策です。

簡単な対策で解決できれば良いですが、もし転職を検討していく場合は、転職する目的を明確にし、効率的に転職エージェントを活用していきましょう。

今回は大手を2社紹介しましたが、さらに厳選したい場合は下記の記事も参考くださいね。

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27