ストレスの少ない仕事は人それぞれ。自分の適性が見つかる3つの診断

仕事の悩み


  • 仕事で毎日疲弊する。疲れた
  • ストレスが少ない仕事をしたい
  • 自分の適性を探す方法ってないの?

こんな悩みに答えます。

こんにちは、ニトです。

仕事って大変ですよね。「疲れる人間関係」「低い給料なのに劣悪な労働環境」、理由は人によって様々あると思います。

超ストレス社会の近年、仕事に疲れてくると「ストレスの少ない仕事がいいなぁ」なんて思いますよね。

そこで今回は、「ストレスの少ない仕事は人それぞれ。自分の適性が見つかる3つの診断」というタイトルで記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

ストレスの少ない仕事は人それぞれ

ストレスの少ない仕事

まずタイトルの通り当たり前かもしれませんが、「ストレスの少ない仕事は人それぞれ」です。

ストレスは「精神的なストレス」と「肉体的なストレス」に分けることができて、

    精神的なストレスが少ない

  • 人との会話が極力少ない
  • 営業ノルマが存在しない、もしくは緩い
  • 責任が少ない
  • 激務じゃない
    肉体的なストレスが少ない

  • デスクワークで業務ができる
  • 残業がなく定時で帰ることができる
  • 働いている現場が危険な場所ではない

こんな感じで分けることができます。

まぁこれは分かりやすいよう区分けしましたが、「ルーチンワークが嫌だ」とか「電話が多い仕事が嫌だ」「会議が少ない仕事が良い」とか自分なりのこだわりもあるでしょう。

とにもかくにも「ストレスの少ない仕事」は人によって異なるのです。

ですので、「ストレスのない仕事」と検索をかけると、「ストレスの少ない 〇〇選!!」というような記事が沢山出てきますが、「やはり人それぞれ」なので、あんまり参考になりません。

その為、自分の性格や考え方を理解し、適性のある職種を選んでいく必要があります。

そこで自分の適性や考え方を深層心理から引き出してくれる「適性診断」を3種類紹介しますので、自分に合った職種をこれで見つけて行きましょう。

それでは次の項へ移ります。

ストレスの少ない仕事を見つける!適性診断を3つ紹介

ストレスの少ない仕事

それでは自分の適性や考え方が分かる「適性診断」を紹介していきます。

グッドポイント診断【これは無料】

まず王道なのが、「リクナビNEXT」に登録するだけで無料で受けることのできる「グッドポイント診断」です。

この「グッドポイント診断」の自己分析ツールを使い、選択形式の質問に答えていくと、自分では気づかない特徴や言語化できていない強みを見つけることが可能です。

こんな感じで。

またこの結果に伴って、自分の適性にあった職種・企業を紹介してくれるので、自分の性格に合った適職→ストレスの少ない仕事へと繋がります。

実はこれ「8568通り」という凄まじいパターンの中から自分の性格や強みを分析してくれるので、無料でやれる中では最強のサービスだと言えます。

ただ実はこれ注意点がありまして、1回きりしか使うことができません。

僕は新卒で入社してすぐ爆速で登録してこの「グッドポイント診断」を使ったのですが、その頃は自分の転職への意識が若干高めで、「責任のある仕事がしたい」とか「人と巻き込んでいく仕事がしたい」とか、今とは真逆の考えで診断してしまいました。

これによってやり直したいもののそれができず断念するしかありませんでした笑

ですので、使う際は1回しか使えないんだよということを肝に命じて、使うと良いかと思います。

詳細は下記のボタンからHPに飛ぶことができますので、そこのボタンから確認していくと良いでしょう。

▼グッドポイント診断はこちらから▼

Miidas(ミイダス)【これも無料】

次はMIIDAS(ミイダス)です。これは一般的に自分の「年収診断」として使うことで結構有名だったんですが、実は適性診断が結構色々なことができて、僕的にはリクナビNEXTよりも一押しです。

MIIDAS(ミイダス)は年収診断は微妙だけど、適性診断にはオススメ

2020-05-06

詳細は上の記事で事細かく全て説明しているので是非見て頂きたいんですが簡単に言うと、

  • 仕事をする上でのパーソナリティの診断(個性・コンディション状態の確認)
  • 職務適性(147の職種を対象とした適正検査)
  • 上下関係適性(どんな上司もしくは部下と相性が良いのか?悪いのか?)
  • ストレス要因(仕事をする上でどんな状況や環境でストレスを感じやすいのか?)

を知ることが可能です。

ここでは職務適性とストレス要因のところを抜き出して少し載せておきますね。

miidas ミイダス

これは自分がこの適性診断をやった時の「適性が高い職種」の結果ですね。

自分の場合は人と一緒に進めていく職種ではなく、一人でコツコツと進めていくような「設計」「測定系」などが主な職種として出てきました。

miidas ミイダス

またこっちは適性が低い職種の結果となっています。さっきの結果とは反対で、「企画」や「営業」などの仕事は向いてないという風に出ています。これは自分的にマジで当たってるのでめちゃくちゃ良かったです。

miidas ミイダス

またこちらはストレス要因を確認してくれるものですが、この結果を見ると「常に変化が求められる仕事」であったり、「常に過密スケジュール」であることに大変ストレスを感じてしまう結果となっています。

この結果も、リアルで当たり過ぎている結果になりました。

所要時間も10~15分程度、全てスマホから無料で診断可能です。

▼MIIDAS(ミイダス)はこちら▼

適性検査LP

グッドポイント診断と併用して行うと、自分の適性を短時間で知ることができて最強ですので、是非実践してみて下さい。

ストレングスファインダー【これは有料】

最後にストレングスファインダーを一応紹介しておきます。【これは有料】

ストレングスファインダーって一言で言うと、「グッドポイント診断の強化版」的な感じです。

ここで詳しくは書くつもりはないですが、グッドポイント診断は「全18種類の【強み】から上位5種を判定する」のに対して、ストレングスファインダーは、「全34種類の【強み】から上位5種を判定」してくれます。
しかしリクナビNEXTのグッドポイント診断と比較すると、判定結果に対して「適正な職種や会社の紹介をしてくれない」という欠点があり、文脈から自分で判断するしかありません。

僕はグッドポイント診断を過去に1回やってしまったので、ストレングスファインダーを実践してみましたが、まぁ分析結果はグッドポイント診断とどっこいどっこいと言った感じですね。

ですので僕個人としてはこっちはあまりオススメできません。(有料だし…)

もし「グッドポイント診断をもうやってしまったけどもう一度分析したい」とか「さらに自分の適性を知ってみたい」という方がいるのであればやる価値はると言えるでしょう。

適性の職種は分かるけど、人間関係は運ゲー

ストレスの少ない仕事

上記で自分の適性が見つかる手法について紹介してきました。しかしながら悲報がありまして、どんなに適性の職種につけたとしても、「人間関係は運ゲー」です。ここだけは揺るぎません。

どんな職種についたとしても、最低限は人と関わりますよね。その人が本当にどうしようもないパワハラ上司だった場合、ストレスが少ない仕事とは言えなくなってしまいます。

この他にも、「定時で帰れると思ったのに、全然帰れない」とか「ホワイト企業だと思ってたけど入ってみたら違かった」とか企業の外面だけ良い「隠れブラック企業」というものも存在しています。

優良企業の裏に潜む、隠れブラック企業の見分け方を解説

2020-05-06

こちらの記事にまとめていますので、求人を探す際には注意が必要です。

また話の根本を覆すようで悪いですが、「やりたくない事から仕事を選ぶ」という手法もあります。

やりたくない仕事は続けるべき?【幸福度を上げるたった1つの方法】

2020-05-06

これも興味があれば是非。人間関係は運ゲーですが、色々な考え方・手法がありますので、自分に合った方法で探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

というわけで、内容は以上になります。

仕事の為に生きているわけではない」とよく言いますが、社会人生活を続けていくならば自分が生きている中の70%程度が仕事になってきます。

きちんとストレスの少ない仕事を選んで、快適な生活を過ごして行きたいですね。

このように基本的にこのブログでは「20代の働き方・悩み」「転職のノウハウ」について記事にしています。

加えて転職に興味があるという方は、入社3年以内でも確実に転職する確率を上げる「第二新卒トライアル」という一種の転職ロードマップを紹介していますので、重ねて興味があれば、ご覧いただけると嬉しいです。

第二新卒トライアルはこちら

第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

2020-05-06

それでは。