仕事で体調不良になる前にストレスチェック!【早死に職場判別テスト】

仕事の悩み


  • 仕事でストレスが溜まっていてヤバい
  • もう仕事やっていける気がしないけど甘え?
  • 客観的に自分の職場がヤバいのか分かる方法ってないの?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ニトです。

仕事って大変ですよね。基本的にサラリーマンにストレスはつきもの、上手く関わっていかないと、ストレスによる体調不良や、最悪うつ病になってしまうなんてことも…。

出来るだけそうなることだけは避けていきたいですよね。

ここで、スタンフォード大学の教授の「ジェフリー・フェファー」氏の研究で明らかになった、「早死にする職場の10個の特徴」というものをご紹介します。

これによって自分の今勤めている職場が「早死にするヤバい職場かどうか」というのを判別することが可能です。

自分が仕事のストレスで体調不良になる前に、これをやって自分の早死に度を確認しておきましょう。

スポンサードサーチ

早死に職場判別テストで分かること【仕事のストレスで体調を崩す前に】

仕事 ストレスチェック 体調不良

まずはこの早死に職場判別テストで分かることを説明していきます。

早死にする職場の10個の特徴があるとお話ししましたよね。とはいってもブラック企業であっても条件は人それぞれです。

労働時間が長いとブラックかというと、そういうわけではありません。楽しい仕事だったらいくら働いてもいいと思うし、もっと仕事したいと思う仕事も存在するでしょう。

しかし、実際に身体をぶっ壊す特徴があるものが幾つかあって、それを満たしているとヤバいというものがあります。

ジェフリー・フェファー氏の研究で、これから問う質問に対して「イエス」が当てはまるほど、

  • 早期死亡率が上がる(死亡に繋がる病気になる確率が上がる)
  • 精神病の確率も上がる(メンタルを病む、うつ病など)
  • 通院する確率も上がる(何らかの病気で病院に通う確率が上がる)

という結果に繋がり、これが「早死に」に繋がっていきます。

それではさっそく見ていきましょう。

早死にしやすい職場かを判別する10個の質問【ストレスチェック】

仕事 ストレスチェック 体調不良

それでは以下の10個の質問に「イエス」か「ノー」で答えていきましょう。これによってあなたの職場が早死にしやすい職場かどうかを判定することは可能になります。

  • 会社に保険がない
  • シフトワークである
  • 長時間労働である
  • 業績が不安定である
  • 仕事のせいで家庭・プライベートに不和が起きる
  • 権限が少ない、自分が決められることが少ない
  • 仕事の責任が重すぎる
  • 逆に仕事がなさすぎる
  • 社会的なサポートが少ない
  • 組織内の不公平がある

こんな感じです。少し判定に困るところもあると思うので解説を入れていきます。

まず1個目「会社に保険がないか」という部分はそのままの意味です。社会保障があるかどうかという意味ですね。

次に2つ目「シフトワークである」かという部分は、朝シフト、夜シフトがあるのかどうか?という意味です。

次に3つ目「長時間労働である」の項目は「どこからが長時間?」と感じるかと思います。日本で一般的には8時間以上ですが、「自分が疲労感を感じたら該当」でOKだそうです。

次に4つ目「業績が不安定」という内容ですが、まぁこれは当然そうで、従業員を不安にさせるような会社はプレッシャーもかかるし、経営陣のパワハラまがいな対応も増えるという結果に繋がるんだと思います。

次に5つ目「仕事のせいで家庭・プライベートに不和が起きる」ですが、やはり自分が安心していられる環境というのはとても大事で、良質の人間関係が幸福度に繋がるということですね。

次に6つ目「権限が少ない、自分で決められることが少ない」ですが、確かに自分で自由に働くことができずに「あれやれ、これやれ」って言われたら、仕事も楽しくないしストレス負荷に繋がりますよね。

次に7つ目「仕事の責任が重すぎる」ですが、これは「権限があるのもいいけど、重すぎるものダメ」という意味です。「これができなかったら責任取れよ?」なんて言われたら、仕事に凄くストレスがかかりそうですよね。

反対に「困ったら相談して、責任は俺が持つから伸び伸びやれよ!」なんて言われたら、思いっきりパフォーマンスを発揮できそうです。こういう上司であって欲しいですね。

次に8つ目「逆に仕事がなさすぎる」という内容ですが、「仕事がない窓際社員ならいいじゃん」と思うかもしれませんが、「何もすることがない」「自分は何の役にも立っていない」ということが分かるととてもストレスがかかります。

これは「ニートになったらさらに病んだ」というのも同じような理由です。なんのために生きているのかわからないと感じると人はとてもストレスを感じてしまうようです。

次に9つ目「社会的なサポートが少ない」ですが、これは「職場サポートが少ない」「自分の仕事を手伝ってもらえない」というような意味合いです。

また仕事の相談相手がいないというのもポイントになってくるかと思います。

最後に10個目「組織内の不公平がある」という部分ですが、これは「上下関係が強いと足腰が重くなる」といった感じで、相手の地位が高いと反論してはいけないというような職場だとストレス度は高くなるということです。

これは当てはまる人は多いのではないでしょうか?基本的に日本は「役職=地位」で海外だと「役職=役割」といった風潮が強いですからね。

と言うわけで10この質問が終了しました皆さんどのような結果になったでしょうか?

もし5つ以上当てはまってしまったら転職などの検討が必要

仕事 ストレスチェック 体調不良

もう一回確認ですが、上記の質問に「イエス」が当てはまれば当てはまるほど、

  • 早期死亡率が上がる(死亡に繋がる病気になる確率が上がる)
  • 精神病の確率も上がる(メンタルを病む、うつ病など)
  • 通院する確率も上がる(何らかの病気で病院に通う確率が上がる)

ということになります。

そして、もしこの質問に3つ以上あてはまる職場であったなら、あなたの「早死に」する確率は相当に高い状態で、もし半分(5つ)以上当てはまっていると、かなり危険な状態で、転職を検討した方が良いと思われます。

ちなみに僕は前職の仕事では5個、転職して今の仕事では7個の結果でした。(人生\(^o^)/オワタ)

というわけで皆さんも自分の状況をしっかり認識した上で、次どのような行動を取っていけば良いのかを考えていくようにしましょう。

もし退職が言い出しにくい、辞めれるような環境じゃないと言う方は最悪「退職代行サービス」を使用するという手法もあります。苦肉の策ですが。。

【退職代行ニコイチの体験談】入社10ヶ月で失敗せずに会社を辞めた話

2020-04-01

僕の体験談を貼っておくので参考程度に。

また転職に興味があると言う方は、僕が第二新卒向けに書いた「第二新卒トライアル」という記事がありますので、こちらも伏せて確認頂けると嬉しいです。

第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

2020-05-06

一応第二新卒向けに書いていますが、ぶっちゃけ大まかな部分は同じですので参考になると思います。

まとめ

というわけで内容は以上になります。

実はこの10個の質問を提唱した「ジェフリー・フェファー」さんはとても有名な方で、下記のような本も書いています。

興味があったら読んでみるのも面白いかもしれませんね。

またこの他にも仕事に関する記事を少しまとめてあるので、興味がある方は下の関連記事から確認頂けると嬉しいです。

仕事のストレスでの過食はなぜ起きる?【ストレスで太ったの真理】

2020-05-06

ストレスの少ない仕事は人それぞれ。自分の適性が見つかる3つの診断

2020-05-06

それでは。