仕事を辞める勇気が出ない→結論「お試し転職活動」が有効です

仕事の悩み


  • 仕事を辞めたいけど、転職する勇気が出ない
  • 仕事を辞めたいけど上司に言い出す勇気が出ない
  • 仕事を辞めたいけど、周囲と違うことをする勇気が持てない

こんな悩みに答えます。

こんにちは、まっつんです。

仕事をやっていると業務のミスマッチや人間関係、もしは長時間労働など、仕事を辞めたいと感じる時はあると思います。

そんな時に「いざ辞めよう!」って思っていても辞める勇気が出ない人が多いです。結局辞めるに辞めれずにずっと働き続けている人が大半だと思います。
まっつん
結論から言ってしまうと、辞めたいのに辞められない…と言っていつまでも辞められない人に未来はありません。

この記事では、仕事を辞めるのに勇気が出ない理由や、その対象法について、様々な視点で記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

仕事を辞める勇気が出ない人はとても多い

仕事を辞める勇気が出ない人はとても多い

冒頭でもお話ししたように、仕事を辞めようと思って勇気が出ない人はとても多いのではないでしょうか?

  • 新卒で入社したばかりで、辞めたいけどまだ辞められない
  • 上司からの期待もされてきて、辞めるに辞めれない
  • 単純に呆れられたり、怒られそうで辞められない

他にもあるかと思いますが、例を挙げるとこんな感じですよね。

辞めるタイミングを間違えると確かに転職で苦労することになりますが、必要以上にみんなビビりすぎなんじゃないの?と僕は思っています。

ですのでもう少し深掘りして、仕事を辞める勇気が出ないのはどこからくるのかを考えていきましょう。

仕事を辞める勇気が出ない4つの理由

仕事を辞める勇気が出ない4つの理由

仕事を辞める勇気が出ないのは様々要因がありますので、少し掘り下げていきます。

勇気が出ない理由①:良い会社に転職できるのか不安

まっつん
1点目は「良い会社に転職できるのか不安」という理由です。

やはり会社を辞めて次の会社に行く時に思うのは「給料が下がったらどうしよう」とか「福利厚生は大丈夫?」とかそんな内容でしょう。

あとは自分なんかじゃスキルがないから転職できなさそう…とかですかね。いずれにしても「現状より悪い結果になるんじゃないか」という思いが強いという理由です。

これはシンプルに在職しながら転職活動を行えば問題ないと思います。辞めてからだと次第に焦りも出てきますが、在職中だったら吟味できますからね。

まずは実際に行動に移してみて、「ここだったら転職してもいいかな」と思った時に転職するようにすれば良いでしょう。

勇気が出ない理由②:転職した後に後悔しそうで怖い

まっつん
2点目は「転職した後に後悔しそうで怖い」という理由です。

やはり転職って人生における一大イベントです。「ここで判断を誤って後悔することになるんじゃないのか」という疑念は常にありますよね。

結論から言ってしまうと、転職活動を行うと得られるものもありますし、もちろん失うものもありますので、注意が必要です。

過去に「【動き出す前に!】転職に伴うメリットとデメリットを知っておこう」という記事を書いていますので、この記事を読んでいただけると転職のリスクについて理解してもらえると思います。

勇気が出ない理由③:単純に上司に言い出すことができない

まっつん
3点目は「単純に上司に言い出すことができない」という理由です。

単純に怒られるのが怖いとか、呆れられそうとか、ブラックだけど人間関係が良いとか、理由は様々ありますよね。

しかしその理由で会社に残っているのであれば、早く考え方を改めた方が良いと思います。

怒られるのが怖いとか、呆れられそうというのは本当にその時限りです。1年経ったらマジでそんなこと普通に忘れていますよ。

また本当にブラックの会社だと、即決力のある人はすぐ辞めていって、お人好しだけ残るから「人間関係が良好は罠になる場合がある」ということに注意が必要です。

ですので上記の理由で辞める勇気が出ないと思っている人は、ぶっちゃけ自分が損をするだけですので、早い段階で行動に移していくことを推奨します。

勇気が出ない理由④:周囲と違うことをするのが怖い

まっつん
4点目は「周囲と違うことをするのが怖い」という理由です。

やはり日本はまだ終身雇用の文化が根強いので、退職することに関して否定的に見られがちです。

海外だと転職を重ねてきた人ほど「様々なキャリアを持っている」と称賛されますが、日本だと「途中で辞めた根性のない奴」と思われてしまいます。

こういった風潮があることから「周囲と違うことをするのが怖い」という考えになっているのではないでしょうか?

他にも日本人全体として和を好むので、それが原因というのもありますね。いずれにしても現場を変える為には、この考えを改める必要があります。

そもそも仕事を辞めるのに勇気なんて必要ない【主張】

そもそも仕事を辞めるのに勇気なんて必要ない

さて仕事を辞めるのに勇気が出ない理由を述べましたが、「そもそも仕事を辞めるのに勇気はいらないんじゃないか?」という持論を少し展開していこいうと思います。

どうせ辞めたら2度と会わない人間

まず言えることは、会社を辞めたら「その会社の人にはぶっちゃけ2度と会わない」ということです。

仕事を辞める宣言をして1ヶ月くらいは上司と働かないといけないので確かに辛いと思います。しかしそれが過ぎてしまえばぶっちゃけ2度と会いません。
まっつん
人生におけるたった1ヶ月程度なのでそれを理由に行動に移せないのは勿体ないですよね。先ほどお人好しの話をしましたが、勇気とかなんとか言ってる暇に決断した方が良いと思います。

1年経つと、悩んでいたことが馬鹿らしくなる

また僕は過去退職した経験がありますが、確かに言い出すのに怯えてたりしてました。でも辞めて1年経って思うことは、

  • なんでもっと早く決断しなかったんだろう
  • あの時なんであんなビビってたか分からない
  • 上司の顔なんてもう忘れてしまった

こんな状態になり、悩んでいたことが馬鹿らしくなります。

基本的に不安に思っていることの97%は起こらないと言われているんですよね。

そしてその内の12%は自分の行動によって解決できるらしいので、行動>勇気となり、勇気は必要ありません。

仕事を辞める勇気が出る3つの言葉

仕事を辞める勇気が出る3つの言葉

少し持論を展開しましたが、まぁあくまでも体験から言えることなので頭の片隅においとくくらいで大丈夫です。

次に仕事を辞めるハードルが下がる3つの言葉をピックアップしましたので、それぞれ紹介します。

転職=人事異動と同じ

転職=リスクが高い」と思っている人もいるかと思いますが、ぶっちゃけ「面接のある人事異動」だと思えば気が少し楽になります。

自分の希望職への「人事異動」なので、会社で異動希望を通すよりもメリットがありますし、結局最終判断は自分で下すことが可能です。
まっつん
このような考えを持っていると、転職のハードルが少し下がる感じがしますね。

明日やろうは馬鹿野郎。いつか転職しようもそれと同じ

わざわざ説明しなくてもいいかもしれないですが、言葉の通りです。

基本的に明日やろうと思っている人はやらないことが多いですよね。それと同じで「いつか転職したい」と言っている人は一生転職できません。
まっつん
林先生の言葉を思い出して「いつやるの?」を唱えるようにすると、転職のハードルが下がります。

つまらない見栄やプライドがあると、退職も転職もできない

これも正にその通りだと思います。

新卒で会社に入るときは「大手企業に入ったからあいつは凄い」とか「公務員受かったから有能」とか周囲からちやほやされますよね。

この時の優越感をいつまでも持っていて、自分が仕事を合わないと思っているのにそのプライドから辞められない人は、いつまでも苦労することになります。

退職=負け」では決してありません。その会社で活躍できるかどうかは結論やってみないとわからないので、自分の適性ではなかっただけです。これは心理学的にも明らかになっています。
まっつん
個人的には「やりたくない仕事以外から仕事を選択する」ことが幸福度の向上に繋がると思っていて、過去記事にしていますので興味のある方は一読どうぞ。


やりたくない仕事は続けるべき?【幸福度を上げるたった1つの方法】

2020-05-06

仕事を辞める勇気を語らずとも退職できる方法

仕事を辞める勇気を語らずとも退職できる方法

さて、ここまで仕事を辞める勇気を出す方法を紹介してきましたが、そもそも「仕事を辞める勇気を出さずとも退職できる方法」を紹介します。

まっつん
結論から言ってしまうと「退職代行サービス」を利用することでそれは実現可能です。
退職代行サービスとは、その会社の人が代行で会社に電話をかけてくれて、退職の交渉を行ってくれるという超画期的なサービスとなります。

法律的に「口頭でも辞めると言ってから2週間で退職は可能」と定められているので、何の問題もなく自分は何もせずに退職することが可能です。

僕の体験談がありますので、興味のある方は読んでみて下さい。

【退職代行ニコイチの体験談】入社10ヶ月で失敗せずに会社を辞めた話

2020-04-01

もし「本当に勇気が出ない」「辞めさせてもらえない」という人がいるのであれば、利用してみることをオススメします。

仕事を辞める勇気が出ない人の対処法は「お試し転職活動」

仕事を辞める勇気が出ない人の対処法は「お試し転職活動」

ここまで書いてもまぁ仕事を辞める勇気が出ない人はいるでしょう。

まっつん
そんな時にオススメなのがさっきも少し触れましたが「先に転職活動を始める」ということです。

というよりもこれがセオリーなのかもしれません。考えがまとまっていなくても「とりあえずお試し転職活動」で得られるものは数多くあります。

自社と他社の違いがハッキリと見える

まずは自社と他社の違いをハッキリ判別できるということです。

お試しでも転職活動することで、他の会社の実態を知ることができますよね。そして面接を通してさらにその会社についての理解を深めることが可能です。
まっつん
この時に「自分の会社って結構良かったのかもな」とか「自分の会社全然ダメじゃん!」とか他社との比較によって初めて気づくことができるんですよね。

何事も他社との比較がなければ違いが見えません。僕の前職の同期は一時期転職活動していましたが、結局自社に留まって働いています。

現状勇気が出ない人は、まず他社との比較をして判断すると、すんなり勇気が出るのかもしれません。

辞めざるを得ない状況を作ることができる

また転職先が決まった場合、辞めざるを得ない状況を作ることができるのもポイントです。

転職活動を始める前から辞めることを考えていると、結局疲れて行動に移せないですよね。ですのでもう忘れてしまって、転職活動を進めてしまいましょう。
まっつん
最後の最後、言わなければならない時が来たら、その時やっと考えればいいんです。どうせ避けれらない道ですので、最後まで後回しにするのもアリです。

在職中だと忙しいので、転職エージェントを有効活用すること

在職中だと忙しいので、転職エージェントを有効活用すること

さて在職中に転職活動を進めるのが1番オススメの方法なのですが、ぶっちゃけ時間がなくて進捗が遅くなってしまいますよね。

結論から言うと「転職がめんどくさいのは全て自分でやろうとしてるから【他人を使え】」に記載している通り、他人を利用することで効率的に転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントを利用すれば、担当官が「求人紹介、検索」をしてくれるし「面接する会社との日程調整」も行ってくれます。

時間がなくて個人で動けないからこそ、他人を使って効率的に転職活動を進めていきましょう。

僕の推奨する転職エージェントを2点紹介して終わろうと思います。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断やサポート機能が充実している

dodaは大手転職エージェントサイトの中でも圧倒的なの求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」を無料で受けることができますので、ユーザー満足度はかなり高いです。

まっつん
無料でこれ程の手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

▼\dodaは5分で登録可能!/

転職エージェントdodaの評判ってどうなの?【利点と欠点まとめ】

2020-05-06

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 同様に10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 圧倒的な成功実績【受かる人のタイプが分かる】
  3. 面接サポートや対応が充実

dodaと合わせてリクルートエージェントにも一緒に登録しておくことをオススメします。

僕が第二新卒の転職の際に利用した体感としては、被っている求人もあったものの、どちらかにしか存在しない求人が双方にありました。

ですので、ぶっちゃけこの2つを登録しておくだけで、他社とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です。

まっつん
どうせ無料で利用できるのですから、使えるものは全て使っておいたほうが良いでしょう。

▼\RAは5分で登録可能!/

リクルートエージェントの評判は?悪い?【使い方も含めて答えます】

2020-05-06

最後に 仕事を辞めない勇気も時には必要

さて、内容はこれで以上になります。

最後にですが、これだけ言ってきておいて「仕事を辞めないという選択」も時には重要です。

何が言いたいかと言うと、「辞めるか辞めないかずっと悩んでいる状態」が1番良くないと思っていて、早い段階で「辞める!」「続ける!」を決めた方が良いということです。

辞めないで踏ん張り続けた結果、「今は全く苦じゃなくなった」ということもあるでしょう。いずれにしても「お試し転職活動」のような何かしらの行動を起こすことでその決断ができるものだと思っています。

まっつん
ですので、ずっと悩んでいる状態が続いているのなら何か行動を起こしてみましょう。その結果新しい情報が自分の中に入り、それが決断する材料になるのかもしれませんよ?

皆さんが最良の決断をできることを心から願っています。

それでは。