「仕事が理解できない…」無能でつらい原因と対処法を完全解説

仕事の悩み


  • 仕事が理解できない・つらい
  • 仕事をしていると無能すぎてつらい
  • 仕事が理解できない時の対処法について知りたい

こんな疑問に答えます。

社会人になって仕事をしているものの「内容が理解できない」「無能でつらい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

私自身も昔そのように感じておりましたが、行動心理学や自己啓発の本を読み込むことで、つらいと感じる原因や対処法を明確に知ることができました。

本記事では「仕事が理解できない」「無能でつらい」時の原因と、対処法について完全解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次起こすべき行動を明確にすることができますよ。

\こちらのカテゴリもおすすめ/

仕事が理解できない・無能でつらいと感じるのはどんな時?

仕事が理解できない・無能でつらいと感じるのはどんな時?

まず「仕事ができない」「無能でつらい」と感じる時はどんな時なのでしょうか?

具体的に3つ洗い出してみたので、1つ1つ確認していきましょう。

周りができるのに自分はできない時

1点目は「周りができるのに自分はできない時」です。
自分が仕事をできていない時に周囲がテキパキ働いていると、「あれ、俺(私)ってもしかして仕事できてない…?」と不安になってしまいますよね。

周囲と比較してみてみた時に、自分が仕事をできていないことを痛感しやすいでしょう。

純粋に仕事の内容が理解できない時

2点目は「純粋に仕事の内容が理解できない時」です。
仕事をしていて、「純粋に仕事の内容が理解できない」「上司の言っていることについていけない」という場合も、自身のことが無能と感じやすい傾向にあります。

分からないことを分からないと言うのにも勇気が必要なので、質問が苦手だった人はこの状態になりやすいでしょう。

仕事の速度が非常に遅いと感じた時

3点目は「仕事の速度が非常に遅いと感じた時」です。

  • 他の人がいつも早く帰っているのに、自分はいつまで経っても帰れない
  • 朝早く出社しないと、業務が終わらない

日々の業務に追われ、他の人と比べて業務に時間を取られている時に、「仕事の速度が遅い・無能だ」と実感することもあるでしょう。

完璧主義の人は、この状態になりやすい傾向があります。

仕事が理解できない・無能でつらいと感じてしまう6つの原因

仕事が理解できない・無能でつらいと感じてしまう6つの原因

次になぜ「仕事が理解できない」「無能でつらい」と感じてしまうのか理由を説明していきます。

原因は全部で6つほどありますが、自分の問題である場合(内的な原因)と、自分の問題ではない場合(外的な原因)とに分けることが可能です。
自分の原因に当てはまる部分を探していきましょう。

「仕事が理解できない…」内的な3つの原因

仕事が理解できないのが自分の問題である場合は、以下の原因があります。

  • 仕事の進め方を理解できていない
  • 仕事の優先順位を理解できていない
  • 仕事でできる人の特徴を理解していない

基本的に仕事の基本知識や、仕事の進め方、効率的に仕事を進めていく方法について分かっていない人が該当する感じですね。

何事も基礎的な部分を抑えていくことで次のステップに進むことができるので、後に対処法について図解して解説していきます。

「仕事が理解できない…」外的な3つの原因

次に仕事が理解できないのが自分の問題ではない場合が、以下の通りです。

  • 長時間労働が激しい
  • 職場の環境が合っていない
  • 成長に繋がるメンターがいない

長時間労働が激しいと、仕事に対してフィートバックを貰うことができない為、自身の成長に繋がりにくい状態になります。

また職場環境が合っていないと、いくら優秀でもパフォーマンスを発揮できないと心理学的にも明らかになっており、環境が悪い場合も考慮しておきましょう。

そして成長に繋がる上司、先輩がいないと、自身のキャリアアップの大きな足かせになるので注意が必要です。

仕事が理解できない・無能でつらいと感じてしまう時の6つの対処法

仕事が理解できない・無能でつらいと感じてしまう時の6つの対処法

仕事が理解できない・無能でつらいについて軽く説明したので、対処法について時間をかけて解説していきます。

全部で6つあるので、しっかり確認していきましょう。

内的な要因の場合の4つの対処法

まずは自分に問題のある、内的な要因の場合の4つの対処法について記載していきます。

仕事の進め方を理解する

仕事の進め方を理解する
1点目は「仕事の進め方を理解する」ことです。

基本的に仕事は全て、「PDCA」で回っています。

  • Plan(計画)
  • Do(行動)
  • Check(確認)
  • Action(改善)

上記のサイクルで進んでいくのですが、特に目的の部分を疎かにして行動に移してしまう人は、仕事ができない傾向にあります。

例えば売上10万円を達成したいと目標にしている人は、何人に営業をかけて、その内何件制約させれば良いのかを考えて、行動に移っていきますよね。

しかし「とりあえず売ればいい」という漠然な目標で行動している人は、その後の行動も曖昧になることから、中々成果を出すことができません。
目標設定をすることは、簡単なようで超重要ですので、今一度しっかりできているのか確認するようにしましょう。

仕事の優先順位を理解する

2点目は「仕事の優先順位を理解する」ことです。
仕事の優先順位を理解する

上記の画像を見て、仕事の優先順位をつけるとしたらあなたはどのようにつけますか?

「A→C→B→D」と回答してしまった人は、仕事ができない傾向にあるので注意しましょう。正解は「A→B→C→D」です。

仕事の優先順位を理解できていないと、スピード感を持って仕事をしている人とズレが生じ、全体的に業務スピードが低下してしまいます。

時間をかけても良いので少し自分の仕事の優先順位について考えて、効率的に仕事を進めるようにしましょうね。

仕事ができる人の特徴を理解する

3点目は「仕事ができる人の特徴を理解する」ことです。
仕事ができる人の特徴を理解する

またまたクイズですが、上記の番号で仕事ができる人はどのような順番になると思いますか?

結論から言うと、仕事のできる人の特徴としては「1→2→3→4」という順番になります。「1→3→2→4」ではありません。

自分が仕事をできなかったとしても、周りと会話して業務を進めていける人の方が、実は単独で仕事ができる人よりも会社として重宝されます。

話さない人よりも、話しやすい人の方が情報共有しやすいですし仕事も回りやすいですからね。是非会話することを心掛けてみると良いでしょう。

読書でインプットして仕事に活かす

4点目は「読書でインプットして仕事に活かす」ことです。
実は社会人の勉強の平均時間は「6分」と言われており、勉強しない人が多いので自分次第で大きく成長することができます。

社会人で勉強しない人はマジで人生詰みます【超簡単勉強法紹介】

2019-12-02
読書でインプットして仕事に活かす

上記の画像のように勉強している人は、インプットしたことを仕事に活かし、それを継続することで成長していきます。一方勉強しない人はいつまで経ってもそのままです。

高速でインプットするには「読書」が最も効果的ですが、毎日本を読むのは時間がかかるので、「flier(フライヤー)」というサービスをおすすめします。

有名著書の要約を読むことができるサービスで、これを活用すると1冊の本を10分程度で読むことが可能です。

ステマなしでおすすめなので、是非利用してみましょう。

\本が5-10分で読める/

有名ビジネス書が多く存在🙌

外的な要因の場合の2つの対処法

次に自分に問題がない、外的な要因の場合の対処法について記載していきます。

異動して新しい環境で仕事をする

1点目は「異動して新しい環境で仕事をする」ことです。
現状仕事が理解できなくてつらい・無能でつらいと感じている人でも、環境が変わることで解決することがあります。

私自身、仕事で無能無能と言われて転職したものの、次の職場では有能扱いされていたので、やはり環境によって状況が一変することは間違いなしです。

とは言っても転職する前に、まずは異動することを検討した方が無難ですね。

転職して新しい環境で仕事をする

2点目は「転職して新しい環境で仕事をする」ことです。
「異動してもやりたい仕事がない」「会社全体として環境が悪い」と感じている方は、もう転職して環境をガラリと変えてしまいましょう。

転職は一見ハードルが高いように感じますが、実は転職エージェントを利用することで効率的、且つ工数を少なくして転職することが可能です。

転職エージェントは、求人紹介から書類の添削、年収交渉や面接日程調整まで行ってくれるので、自分でする部分を担当がやってくれることで大きな時短ができます。
下記におすすめの転職エージェントを2つ紹介しておきますね。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

仕事が理解できない時の

まとめ

仕事が理解できない・無能でつらい原因と対処法に関する記事は以上になります。

基本的に仕事が理解できない時の問題が自分にあると感じているのであれば、まずは自分の仕事力を高める努力から始めていきましょう。

しかしそれでも「無能でつらい…」という方は環境が合っていないので、異動や転職を検討すると良いですね。

転職に関しては今回大手のエージェントを2つ紹介しましたが、更に知りたい方は下記を参考にどうぞ。

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27