「仕事が能力不足で辛い…」→能力が低い理由と年代別の対処法を解説

仕事の悩み


  • 仕事が能力不足で辛い
  • 仕事のスキルが不足していてついていけない
  • 仕事が能力不足の時の対処法について知りたい

こんな疑問に答えます。

社会人になって仕事を続けているものの、「仕事の能力が不足している」「スキル不足でついていけない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
本記事では、「仕事の能力が低い理由から、年代別の対処法」を纏めて説明していきます。

この記事を読むことで、スキル不足である現状を変えることが可能ですよ。

\関連記事/

スポンサードサーチ

仕事が能力不足で辛いと感じる時は?

仕事が能力不足で辛いと感じる時は?

まず仕事が能力不足で辛いと感じる時はどのような状態なのでしょうか?

主な状態を4つ洗い出したので、1つ1つ見ていきましょう。

周囲がてきていることが自分にはできない

まず「周囲がてきていることが自分にはできない」時です。

周りが当たり前にできているのにも関わらず、自分だけ仕事が上手くできていないと急に焦りが出てきますよね。

特に20代の後半~30代の前半に差し掛かると仕事の能力の差が顕著に出てくるので、スキル不足・能力不足で辛いと感じてくるでしょう。
原因を特定し、至急改善していく必要があります。

仕事内容がわからないことだらけでついていけない

次に「仕事内容がわからないことだらけでついていけない」時です。
俗に言う「わからないことがわからない」という状態で、仕事の内容から進め方まで理解できていないことから、自分で何をすれば良いのか分からない状態になります。
20代前半はこの状態で悩む人が多いですね。

ミスを繰り返して何度も怒られる

次に「ミスを繰り返して何度も怒られる」時です。

一生懸命仕事を頑張っているにも関わらず、ミスを繰り返して怒られてしまうと歯痒い気持ちになりますよね。

自分だけ何度も怒られていると「自分の能力が足りていないのでは?」と感じてしまうことも少なくありません。
しかし原因が明確な分、対策を施すことで改善できる可能性は非常に高いです。

上司に能力不足と言われた

最後に「上司に能力不足と言われた」時です。

仕事ができていないが故に上司に「能力が足りていない」と言われてしまう場合もあります。

上司にスキル不足を指摘された場合は、大人しく認めて「どうすれば良いのか」という指示を仰いでいくことが1番の近道です。
指摘されてしまった以上、ここは恥を忍んで相談するしかないでしょう。

仕事で能力不足・スキル不足になってしまう原因

仕事で能力不足・スキル不足になってしまう原因

さて、仕事が能力不足で辛い状況について話してきましたが、能力不足になってしまうのはそれぞれ原因があります。

スキルが足りない原因について、1つずつ当てはまる項目がないか洗い出していきましょう。

周囲に優秀な人が多い

1点目は「周囲に優秀な人が多い」という理由です。
あなたの能力が不足しているのではなく、単純に「周囲の人が優秀すぎるだけ」という場合は、能力に差が出てスキル不足を痛感しやすいでしょう。

しかし「スキルが高い人の近くにいると、自分も効率的に作業できるようになる」という心理学的な研究結果もありますので、少し粘って続けてみるのも得策です。

ですが自分のスキルに見合った職場に行くのもまた得策だと言えるでしょう。

仕事でメモを全く取らない

2点目は「仕事でメモを全く取らない」という理由です。

仕事をしていてメモを全く取らないと、重要なことも覚えられないですし、ミスする可能性が非常に高くなります。

最初の内は良いのかもしれないですが、仕事を長く続けていく内に徐々に知識量に差が生まれ、それが能力不足に繋がっている可能性も否めません。
ミスを多くしてしまう」「重要なことをすぐ忘れる」という方は、メモする癖をつけるようにしましょう。

職場に指導してくれる先輩・上司がいない

3点目は「職場に指導してくれる先輩・上司がいない」という理由です。
職場で指導してくれる上司がいないと、他の同僚と比較してに自分が全く仕事ができていないことに気づいた時、後悔するかもしれません。

基本的に「仕事は教えてもらうものではない」ですが、あまりにも指導してくれない上司の下にいて、自身の成長に繋がらない可能性もあります。

自分のスキル・能力が「これ以上上がらない」と感じた時点で行動に移さないと、後々後悔する羽目になるので注意しましょう。

\こちらもおすすめ/

新人を放置する会社→結論から言うとリスク大です【対象法解説】

2020-01-28

単純に能力がない・実力不足

4点目は「単純に能力がない・実力不足」という理由です。
これはもう悲しい話なのですが、純粋に「自分の能力が不足している」という理由も考えておかなければなりません。
後に対処法について記述するので、自分に該当する項目を今一度洗い直してみましょう。

仕事で能力不足・スキル不足を改善する年代別対処法

仕事で能力不足・スキル不足を改善する年代別対処法

仕事に能力が追いつかない理由については述べたので、次にスキル不足を改善する対処法を年代別に紹介します。

仕事で能力不足な20代の対処法

仕事で能力不足を感じている20代の対処法は、下記の通りです。

仕事の優先順位をしっかりつける

1点目は「仕事の優先順位をしっかりつける」という点です。
仕事の優先順位をしっかりつける

上記の画像を参考にして欲しいのですが、「緊急性」と「重要性」をマトリクスにした際、どのような順番で仕事を進めていくのが正解だと思いますか?

実は正解としては「A→B→C→D」という順番で進めていくのが正解で、「A→C→B→D」と進めている人は仕事ができない人の典型的な特徴です。

緊急性と重要性が高いのから進めていくのはセオリーですが、その次に優先して行うのは、「重要性が高くて緊急性が低いもの」ということを覚えておきましょう。

メモを取る癖をつける

2点目は「メモを取る癖をつける」という点です。

メモを取らなくても覚えられる」という方なら問題ありませんが、大半の人達はメモを取らないとすぐ忘れてしまいます。

インプットした内容を忘れてしまい、次に繋がらない行動を取り続けていると、いつまで経っても成長できません。
分からない用語、上司に指摘された点、会議の内容などは的確にメモを取る癖を付けましょう。

恥を忍んで先輩・上司に聞き込む

3点目は「恥を忍んで先輩・上司に聞き込む」という点です。
「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」という言葉があるように、自分の分からないことをそのままにしていても一生分からないままで終わります。

もしかしたら自分ができていないことを上司が把握していない可能性もあるので、積極的に聞き込みにいくようにしましょう。

自分が「この部分が分かっていない」ということを周囲に伝えておくと、親切心から教えてくれる人が増え、結果改善に繋がることもあります。

仕事で能力不足な30代・40代の対処法

仕事で能力不足を感じている30代~40代の対処法は、下記の通りです。

PDCAサイクルを回して考える

1点目は「PDCAサイクルを回して考える」という点です。
  • P:計画(plan)
  • D:行動(do)
  • C:確認(check)
  • A:改善(action)

上記のように、基本的に目的を考えてから計画を立てて実行。その後確認と改善をした後、次の計画に移るというサイクルを繰り返していくのが基本になります。

特に目的の部分が重要で、仕事の能力がない人は大抵目的をしっかり把握おらず、何がしたいのか分からない状態になっていることが多いです。
自分が何の為にその行動を行っているのか、今一度考えて行動に移すようにしましょうね。

インプットして高速でアウトプットする

2点目は「インプットして高速でアウトプットする」という点です。
PDCAサイクルを回して考える
上記の画像のように、勉強が足りていない人は新しい知識が入ってこないので、自分の行動に活かすことができません。

しかし社会人の平均勉強時間は「6分」と言われているので、しっかり勉強すれば能力不足を改善できる可能性は高いです。

社会人で勉強しない人はマジで人生詰みます【超簡単勉強法紹介】

2019-12-02

高速でインプットするには「読書」が最も効果的ですが、毎日本を読むのは時間がかかるので、「flier(フライヤー)」というサービスをおすすめします。

本の要約をしてくれるサービスで、読むのに1日かかるものでも5~10分で読むことができるので大変おすすめです。

ステマなしでおすすめなので、是非利用してみましょう。

\本が5-10分で読める/

有名ビジネス書が多く存在🙌

仕事で能力不足で追いつかないのは環境による要因もある

仕事で能力が不足している時の対処法について書いてきましたが、実は環境起因で仕事が上手くいかない場合も存在します。

ソースは上記メンタリストDaiGoさんの動画ですが、アイオワ大学の心理学の研究結果です。

研究結果によると、「仕事でパフォーマンスを発揮できるかどうかはやってみないと分からない」という研究結果になります。

つまりあなたが能力不足だと感じているのは、「職場の環境が合っていない」という要因もあるということです。

もし環境起因で仕事が合わないという方は、次の章で説明する方法について実践してみると良いでしょう。

仕事が能力不足で限界が来た時の対処法

仕事が能力不足で限界が来た時の対処法

さて、仕事が能力不足で限界が来た時、もしくは環境が合っていない時の対象方法について説明していきます。

異動を検討する

1点目は「異動を検討する」という方法です。
もし現状「仕事の能力が足りていない」「環境が悪い」と感じているのなら、異動を検討してみると良いでしょう。

仕事は人間関係、職場の雰囲気、職種など様々な要因が絡んできますので、案外異動によって簡単に解決する場合があります。

転職するのも良いですが、まずは「異動」ですね。

自主退職・会社を辞める

2点目は「自主退職・会社を辞める」という方法です。

能力が足りないから辞めるのはどうなの?と感じるかもしれませんが、退職して次の職場を探すのは俄然ありだと感じています。

なぜなら、「今の職場の常識=社会全体の常識」ではないからです。

僕自身転職した経験がありますが、自分の社会に対して持っていた価値観が全く違うものであると感じ、視野が広がった感覚がありました。
先に述べたように環境起因でパフォーマンスを発揮できない場合もあるので、もし限界なら転職を検討していきましょう。

転職を検討する時は転職エージェントを活用していこう

転職を検討する時は転職エージェントを活用していこう

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

また併用で「DYM就職」の利用もおすすめです。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

仕事の能力が低い理由から、年代別の対処法に関する記事は以上になります。

基本的に自分の能力が足りていない場合は、補う為に会社で行動に移したり、読書をしてインプットしていくように心掛けましょう。

\本が5-10分で読める/

有名ビジネス書が多く存在🙌

一方環境起因で仕事で活躍できていないと感じた場合は、異動・もしくは転職を検討していくと良いでしょう。

双方言えることは「行動に移さないと何も変わらない」という点なので、是非自身の未来を変えることができるような行動ができると良いですね。

おすすめの転職エージェント
  1. doda
    求人数業界No.2 / サポートが手厚く満足度No.1
    【公式】https://doda.jp/
  2. リクルートエージェント
    求人数業界No.1 / 転職ならリクルート
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. DYM就職
    書類選考なし / 求人数2000社
    【公式】https://www.dshu.jp/