仕事が決まらない20代に向けた対処法マニュアル【完全版】

仕事の悩み


  • 仕事が決まらないので不安…
  • 転職活動しているけど中々上手くいかない…
  • 仕事が決まらない時の原因や対処方法が知りたい

こんな悩みに答えます。

こんにちは、まっつんです。

現状働いている職場に嫌気が指し、転職を検討しようとしているものの、仕事が一向に決まらなくて不安になる方も多いと思います。

まっつん
結論から言うと仕事が決まらないのはある程度の原因があり、あなたの立ち回り方によって改善することが可能です。

僕自身新卒の企業を10ヶ月で退職し、平均年収1000万を超える企業の転職に成功しました。

この記事ではそんな僕が転職活動した時を振り返り、「仕事が決まらない20代に向けた完全対処法」について記事にしていきたいと思います。

この記事を読んで分かること
  1. 仕事が決まらない20代の原因
  2. 仕事が決まらない場合の対処法【危険度小】
  3. 仕事が決まらない場合の対処法【危険度大】

スポンサードサーチ

20代で仕事が決まらない一般的な原因

20代で仕事が決まらない一般的な原因

まずは20代で仕事が中々決まらない時の一般的な原因について知っていきましょう。

大体は以下に挙げる4つの項目の中に原因がある場合が多いです。

理想が高い企業ばかり受けている

まっつん
1点目は「理想が高い企業ばかり受けている」という点です。

大企業ばかり受けていると、必然的に書類通過率は落ちていきます。

そもそも転職面接において書類通過率は30%程度で、新卒とは大きく違うんですよね。

加えて大手企業だと応募が来る母数も多いので、大手だけを応募している人は少し応募する企業の幅を増やした方が良いでしょう。

僕自身も第二新卒で転職活動をやっていた時は、50社応募して7社しか通りませんでした。

やはり体感的には中小企業の方が書類は通るし、大手は通りにくいです。しかし大手企業にも書類通過したことはあったので、そこの希望は捨てないで応募はし続けた方が良いですね。

応募する求人数が足りていない

まっつん
2点目は「応募する求人数が足りていない」という点です。

在職しながらの転職活動であれば1社ずつ進めていくのが無難ですが、フリーター既卒、辞めてからの就業活動の場合、応募する求人が足りていない可能性は大いにあります。

基本的にやっぱりこの企業ダメだなって思ったら辞退すればいいのですから、興味があったらどんどん応募していくべきです。

新卒以外の就職活動は基本的に「早い者勝ち」なので、少しの遅れで希望の会社を逃している可能性は十分にあります。

面接で前職の不満ばかり言ってしまう

まっつん
3点目は「面接で前職の不満ばかり言ってしまう」という点です。

転職の面接において「なんで会社辞めたの?」という質問は必ず聞かれることになりますが、ここで前職の不満だけを言ってしまう人はかなりの数います。

ここで面接官が知りたいのは「この時言った退職理由でまた辞めないか」という点です。

納得感のある退職理由を言って、「この人はウチに入っても辞めないで続けてくれそうだな」と思わせることができれば、面接では好印象を持たれるでしょう。

第一印象が悪い・清潔感がない

まっつん
4点目は「第一印象が悪い・清潔感がない」という点です。

メラビアンの法則というものがあって人の「第一印象は3〜5秒で7~8割決まる」と言われています。

つまり面接官と対峙した最初の瞬間で面接が決まると言っても過言ではなく、表情・姿勢・立ち振る舞いはいつもの倍以上気をつけた方が良いです。

ちょっと面倒ですが科学的な根拠がある話なので、ここは騙されたと思ってやっていきましょう。

20代でハローワークを使うと仕事が決まらない?【意外な落とし穴】

意外な落とし穴?20代でハローワークを使うと仕事が決まらない

20代で仕事が決まらない一般的な原因について挙げてみましたが、ここで意外にも意外な落とし穴を紹介しようと思います。

サブタイトルの通り「20代でハローワークは使用するべきではない」というのが僕の意見です。

仕事を辞めたらハローワークに行きますよね。就業相談もできるし、仕事を探すことだって可能です。

就業相談ならいいですが、求人においてはハローワークの質は低いものだと覚えていてください。

まっつん
なぜならハローワークに出せる求人は広告代が無料なので、採用意欲が低い企業も沢山応募をかけているからです。

ですので求人を探す効率も悪くなりますし、企業側も本当に欲しい人材が来ないことには選考まで通しません。

20代ですと転職エージェントや就職エージェントが近年かなり充実しているので、そちらを利用した方がかなり効率的です。

次の項以降それについて書いていこうと思います。

20代で仕事が決まらない場合の対処方法【まだ妥協したくない人編】

20代で仕事が決まらない場合の対処方法【まだ妥協したくない人編】

仕事が決まらない原因や落とし穴について書いてきたので、いよいよ対処方法について書いていきたいと思います。

基本的に仕事が決まらないのにも「緊急度」があると思っていて「まだ妥協したくなくてもう少し頑張っていきたい人」はここの項を読んでいきましょう。

少し妥協しないと金銭的にも環境的にもマズい…という方は、次の項で少し妥協を取り入れた就職方法について解説していきます。

20代が仕事を決めるのに大切なのは求人数を稼いでいくこと

妥協したくない人は兎にも角にも求人を早いスパンで送りつけていくことが大切です。

現状就職サイト・転職サイトに登録しているものの、1社1社封筒に入れて履歴書を手書きして…なんてやり方で就業活動を進めている方はいますか?

まっつん
結論その方法だと手遅れになる可能性がありますので、インターネット経由で履歴書も職務経歴書もバンバン企業に送りつけていく必要があります。

その方法として最も最適な方法が大手転職エージェントに登録することです。

仕事が決まらないなら大手転職エージェントに登録する

大手転職エージェントに登録することによる利点を結論から2点述べますね。

まっつん
1点目は「何よりも圧倒的な求人数」です。

転職サイトといえば「リクナビNEXT」がかなり有名かと思いますが、性格診断もできますし、27000件の求人もあることから、ここも登録しておくことは必須です。

しかし大手の転職エージェントだと求人数は訳15万件程保有しており、その数と言ったら圧倒的です。

この画像の通り、大手転職エージェントの上位2社は「リクルートエージェント」と「doda」になっており、ほぼ独占のような状態となっています。

単純に5倍の差があるわけですから、効率も5倍になりますよね。

まずは大手転職エージェントに登録するしないで求人数にかなりの差が出ていることを理解しておきましょう。

まっつん
そして2点目は「インターネット経由でサクサク応募できる」という点です。

転職エージェントに応募すると履歴書も職務経歴書もインターネット経由で応募することができます。

しかも職務経歴書は「どこの企業にも使い回し可能」なように作成していくので、興味のある企業にボタン1つでサクサク応募できるようになるのです。

どうですか?効率よく進めていけそうな気がしませんか?

沢山応募する分一気に落選結果がメールで送られてくるので萎える部分は強いですが、効率化して求人を応募していけば、必ずあなたの希望する企業に入れる確率は上がると思います。

まっつん
利用するのは無料なので、この2社は鉄板で登録しておいた方が良いでしょう。

▼\ リクルートエージェント はこちら /

▼\ doda はこちら /

20代で仕事が決まらない場合の対処方法【妥協しないとヤバい人編】

20代で仕事が決まらない場合の対処方法【妥協しないとヤバい人編】

次に「さすがにもう就職しないとマズい…」というように、少し妥協をしないとヤバい人の為の就職方法について解説していきます。

完璧な企業を求めないことも大事


  • 給料は23万以上が良い
  • 完全週休二日の企業が良い
  • 人間関係が良くてノルマが少ない仕事がしたい

人によって意見は様々ですが、企業を選ぶ基準というものは誰にでもあるものです。

できれば自分の希望を全て満たすような企業に入りたいものですが、そんな企業というものは中々ありません。ある程度の妥協を入れていくことが重要です。

ですので自分が最も就職する時に譲れないものに対して、優先順位をつけていきましょう。

まっつん
給料>人間関係>仕事内容という順で考えて、ここの企業は仕事内容はちょっとズレてるけど給料は満たしているからここの企業を受けてみようかな…

こんな選び方をしていくことが重要です。妥協といえば聞こえは悪いですが、完璧を求めすぎない柔軟な選択も時には重要ということを知っておきましょう。

書類選考が必ず通る転職エージェントに登録する

さて、完璧を求めないことも重要ですが何よりここの項を読んでいる人は極力自分の希望を通した状態で最速で就職していく必要がありますよね。

まっつん
そんな時は「書類選考が必ず通過する就職エージェントへの登録」を僕は推奨したいと思っています。

書類選考が必ず通過する就職エージェントは、企業間と深い関わりを持っていて厳選された企業が集まっているので優良求人が多いです

しかも就職してからの企業定着率も知ることができるので、ブラック企業に当選する確率も極力下げることができます。

中小企業の割合が多くなってしまうのは事実としてありますが、大企業の求人を一部ありますので、是非使ってみて欲しいと思います。

僕の中で何個が厳選しましたので下記の表をご覧ください。

会社名書類選考求人数オススメ度
就職Shop無し約8500社★★★★★
DYM就職無し約2000社★★★★★
ハタラクティブ有り約2300社★★★
ウズキャリ(UZUZ)有り約1000社★★★
JAIC有り約5000社★★★
まっつん
就職ShopとDYM就職に登録すると、そこで紹介される求人は「書類選考無しで面接まで行くことが可能」です。

しかし問題点として総じて求人数が少ないかな?という印象を受けるので、他の就職エージェントを網羅的に使用することで求人数を埋めていく必要があることは覚えておいて下さいね。

仕事が決まらない時に重要なのは自分を客観視すること

仕事が決まらない時に重要なのは自分を客観視すること
まっつん
最後に就職する為のアドバイスですが、自分を客観的に見て理解することがとても重要です。

自分の長所を分かっているつもりでも、本人の認識とズレていては企業に入った時にお互いギャップが出てしまいますよね。

自分の適性・適職を分かっていないと、いざ会社に入った時に「あれ、思ったのと違うな?」と感じる確率は高くなります。

このように自分のことについて客観機に知ることは将来的にかなり重要です。心理学で「認知バイアス」という言葉があるように、人のことはわかっても自分のことはわかりにくいものです。

ここで自分についての理解を深めておくと、書類審査や面接においてかなり有効な結果を出せるでしょう。

自分の長所をしっかり分析できるグッドポイント診断

自分の長所をしっかり分析できるグッドポイント診断

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使うことで、約8568通りの中から自分の性格を無料で診断することが可能です。

このように自分の性格を5種類に分割して出してくれますし、各項目において300文字程度の補足情報も入れてくれています。

長所や短所の理解にかなり優良ですし、無料で利用可能なので、サクッとやってみることを推奨します。

▼\ グッドポイント診断はこちら /

適正職種をしっかり理解する為にMiidasを利用しよう

適正職種をしっかり理解する為にMiidasを利用しよう

MIIDAS(ミイダス)の適正診断を使うことで自分の適正について様々な情報を知ることが可能です。

パーソナリティ診断」で自分の個性を知ることができたり、

自分の適性の高い職種を知ることができたり、

逆に適正の低い職種についても知ることが可能です。

自分の長所を効果的にアピールすることに繋がりますので、1度やってみることを推奨します【無料で診断可能】

MIIDAS(ミイダス)は年収診断は微妙だけど、適性診断にはオススメ

2020-05-06

▼\ MIIDAS(ミイダス) /

客観的に自分の性格を知ることのできるエムグラム診断

客観的に自分の性格を知ることのできるエムグラム診断

最後に客観的な自分の性格を知る為に「エムグラム診断」というものがありますのでこれも紹介しておきます。

エムグラム診断とは、高精度な分析アルゴリズムによってあなたの性格を診断できる無料性格診断テストのことを指します。

上記の画像のように自分の性格を8種類に分割して知ることが可能です。

105個の質問に答えていくことで、自分の性格について客観的に理解することができます。是非こちらも合わせてやってみても良いかもしれませんね。

エムグラム診断(m-gram)が無料で相性を判別できて面白い

2020-01-28

焦るからこそ一旦立ち止まって!今後の行動を考えていこう

仕事が決まらなくて焦る気持ちも分かりますが、闇雲に行動しても結果には繋がりません。

焦っているからこそ一旦立ち止まって、今後の行動についてしっかり考えていきましょう。

まっつん
僕は大学の研究で忙しい時、尊敬していた教授に「忙しい時ほど、ゆっくり行動しろ」と言われたことがあります。ですので自分にできることを1つ1つこなしていきましょう。

まとめ

という訳で内容は以上となります。

まっつん
僕が新卒の頃に転職活動を行っていた時は転職エージェントに5-6社登録して、全部の人と面談して、ノウハウを掴みながら転職活動を進めていきました。
結局使いやすい転職エージェント1社に絞って活動していくんですけども、そのエージェントにない求人を他のエージェントでカバーしていくことができますので、やはり複数利用が1番効果的です。

使えるものは全て使用して、自分の理想の就職を目指せることを祈っています。

それでは。