仕事が暇すぎて辛い?暇すぎる原因と対処法まとめ【若手必見】

仕事の悩み


  • 仕事が暇すぎて辛い
  • 仕事が暇すぎると将来危ない?
  • 仕事が暇な時の対処法について知りたい

こんな疑問に答えます。

社会人になったものの、「仕事が暇すぎて辛い」「やることがなくて辛い」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、仕事が暇すぎる状態を継続していると将来的に大きなリスクになる可能性があります。

本記事では、「仕事が暇すぎて辛い時の原因やリスク、対処法」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

スポンサードサーチ

仕事が暇すぎて辛い?暇すぎる4つの原因

仕事が暇すぎて辛い?暇すぎる4つの原因

まずは仕事が暇すぎて辛いと感じる原因について深掘りしていきます。

代表的なものを4つ挙げるので、当てはまる部分がないか確認していきましょう。

入社したばかりで仕事が少ない

1点目は「入社したばかりで仕事が少ない」という点です。
入社したての新入社員の場合はできる業務がそもそも少ないですし、職場に慣れてほしいという想いから仕事を多く振らない場合があります。

時間をかけてゆっくり指導してくれる状況である場合、下手に焦らずゆっくり学んでいければ問題ないでしょう。

しかしあまりにも放置されすぎている場合は注意が必要です。

先輩や上司が忙しく部下に時間を割けない

2点目は「先輩や上司が忙しく部下に時間を割けない」という点です。
日々の業務量が多い会社だと、先輩や上司が部下の指導に時間を割けない場合が多く、毎日放置されてしまう可能性があります。

加えて「分からないことは聞け」と先輩や上司は言うものの、いざ質問しても「自分で考えろ」と言われ、八方塞がりの状況になりやすいです。

あまりにも放置されている場合は、下記の記事も参考下さいね。

新人を放置する会社→結論から言うとリスク大です【対象法解説】

2020-01-28

そもそも業務量が多い会社ではない

3点目は「そもそも業務量が多い会社ではない」という点です。

業務量がそもそも多くない会社で、「仕事に対して張り合いがない」「毎日やることが少ない」という可能性もあります。

ずっとその会社で働き続けるのであれば問題ないですが、将来的に転職したいと感じている人であれば、年齢に対してスキルが伴ってこない場合があるので注意しましょう。

会社が仕事を取れていない

4点目は「会社が仕事を取れていない」という点です。
会社が経営的に厳しい状況で、仕事自体取れていないのだとしたら、早急に転職を視野に入れていく必要があります。

会社が潰れてからでは遅いので、早めの対応を心掛けると良いでしょう。

仕事が暇すぎるとストレスになる4つの理由

仕事が暇すぎるとストレスになる4つの理由

仕事が暇すぎる原因について話しましたが、そもそも仕事が暇すぎると一定のストレス負荷がかかり、精神的にもよくありません。

仕事が暇すぎるとストレスになる理由を4つ解説していきます。

自分の仕事にやりがいを感じないから

1点目は「自分の仕事にやりがいを感じないから」という理由です。
仕事は人生においてかなり多くの時間を費やすものなので、その仕事が暇すぎてやりがいを感じていないと大きなストレスになる可能性があります。

ストレスを解消する為には、少しレベルの高い仕事や、新しい職種に挑戦することが重要です。

仕事で成長を実感することができないから

2点目は「仕事で成長を実感することができないから」という理由です。
仕事が暇すぎると自分の成長に繋がることが全くないので、成長を実感できないことから苛立ち・焦りを覚えてストレスになる場合があります。

こちらも同様簡単すぎる仕事ではなく、自分がギリギリできそうな上のレベルの仕事に挑戦していくことが大切です。

社会に貢献している実感がないから

3点目は「社会に貢献している実感がないから」という理由です。
他の人が立派な仕事をやっているのに対して自分が暇すぎる仕事をやっていると、「自分は何をやっているだろう」という感覚に陥りストレスが溜まってしまいます。

社会貢献できる仕事をしているとやりがいにも直結しやすいので、是非指標の1つとして覚えておきましょう。

周囲がバリバリ働いて成長していることに焦るから

4点目は「周囲がバリバリ働いて成長していることに焦るから」という理由です。

自分が暇なのに対して、同期や同僚がバリバリ働いていると、将来大きな差をつけられるんじゃないかと焦りますよね。

基本的に周囲と比較する必要はないものの、自分が周囲と比較して劣等であることは大きなストレス要因になってしまうので、覚えておきましょう。

仕事が暇すぎる状態は社会人にとって非常にリスク

仕事が暇すぎる状態は社会人にとって非常にリスク

さて仕事が暇なのはストレスになると言いましたが、暇すぎる状態が続くのはリスクがあると考えるべきです。

仕事が暇すぎる時の3つのリスクについて解説します。

自分が成長できる時間を圧倒的に逃している

まず仕事が暇すぎると、自分の成長できる時間を圧倒的に逃しています。

基本的に仕事で失敗して学ぶことができる・許されるのは若い内だけです。歳をとっても成長はできますが、周囲の視線・期待・他の人との比較から辛い思いをすることになります。
将来何もできない人間にならないように、暇すぎることは危険なことだと自覚しておきましょう。

将来的に無能な管理職になる可能性がある

また将来的に管理職になる正社員の場合だと、無能な管理職になってしまう可能性が高いです。

正社員で働いていると「あの人いつも何やっているんだろう」みたいな管理職は必ずいますよね。現状仕事で成長できないと、将来あなたがそんな無能な管理職になってしまいます。
危機感を持って、早急に対策を取っていく必要があるでしょう。

将来的に転職しても雇ってもらえない

また仕事が暇で成長する機会を逃すと、転職活動を行っても雇ってもらえません。

入社3年以内の第二新卒枠なら問題ないですが、それ以降は経験やスキルが求められるので、何もアピールできずにどこの会社にも転職できない場合があります。
次の章から仕事が暇すぎる時の対処法について記載していくので、しっかり確認していきましょう。

仕事が暇すぎて辛い時の4つの対処法

仕事が暇すぎて辛い時の4つの対処法

長くなりましたが、仕事が暇すぎて辛い時の対処法について解説していきます。

上司や先輩に仕事を振ってもらえるよう相談する

1点目は「上司や先輩に仕事を振ってもらえるよう相談する」という方法です。
現状仕事が暇すぎて辛いと言うのであれば、まずは上司や先輩に相談し、仕事を振ってもらえるように相談しましょう。やりがいがない緩い仕事なら、1歩上の仕事に挑戦できるようにするもの1つの手です。

上司や先輩の管理が届いていないだけであって、案外簡単に解決できるかもしれません。

雑用を率先的に行い社内の人脈作りに全力を注ぐ

2点目は「雑用を率先的に行い社内の人脈作りに全力を注ぐ」という方法です。

仕事が暇なのであれば、率先的に雑用をこなし、周囲の信頼や社内の人脈を作りにいきましょう。

心理学では「返報性の原理」というものがあり、相手に対してgiveすると、相手も何か返したくなるという法則があります。
率先的に周囲のお手伝いをすることで、あなたの困り事に対しても周囲が助けてくれるようになるでしょう。

仕事に為になる勉強の時間に充てる

3点目は「仕事に為になる勉強の時間に充てる」という方法です。

社会人の勉強時間は6分だと言われており、日本における社会人は実はほとんど勉強の時間をとっていません。

逆に言えば、勉強をしっかり行うことで他の社会人の人達よりも優位な状況に立てるので、時間があるのであれば積極的に勉強をしていくと良いでしょう。
詳細は下記の記事に纏めているので、興味がある方は是非ご覧ください。

社会人で勉強しない人はマジで人生詰みます【超簡単勉強法紹介】

2019-12-02

自分が成長できる会社に転職する

4点目は「自分が成長できる会社に転職する」という方法です。
仕事が暇すぎる状態は将来的にリスクがあるので、自分の成長できる業界・職種に転職するのも有効な方法だと言えます。

僕自身1社目は仕事が暇すぎて辛い状況でしたが、転職することによって「こんな考え方もあるんだな」という会社間の違いを理解し、視野が非常に広がりました。

確実に自分の成長に繋がるので、もし暇で辛いのであれば転職も視野に入れると良いですよ。

仕事が暇すぎて限界ならば早急に転職を視野にいれよう

仕事が暇すぎて限界ならば早急に転職を視野にいれよう

さて仕事が暇すぎて辛い場合の対処法について記載しましたが、現状会社内で対策を施しても無駄な場合は転職を検討していきましょう。

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

仕事が暇すぎて辛い時の原因やリスク、対処法に関する記事は以上になります。

同じ会社でずっと緩く働いていける保証があるなら良いですが、もし将来的に無能になる可能性がある、他の同期や友人に比べて劣っていると焦りがある場合は行動に移していきましょう。
仕事が暇で辛い、仕事が暇すぎる場合は是非参考にして下さいね。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1