仕事ができない人は何が原因?つらい状況を打破する為の全知識

仕事の悩み


  • 仕事ができなくてつらい…
  • 仕事ができなくてつらい原因は?
  • 仕事ができなくて辛い時の対処法を知りたい

こんな疑問に答えます。

社会人になって仕事を始めたものの、仕事ができなくて辛い・辞めたいと感じている人は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、仕事ができなくて辛いのは、あなたの仕事に対する考え方・行動の仕方が間違っているからです。

本記事では、「仕事ができなくて辛い時の原因やその対処法」について解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの仕事に関する問題を解決することができますよ。

\関連記事/

「仕事が理解できない…」無能でつらい原因と対処法を完全解説

2020-05-06

スポンサードサーチ

「仕事ができない・つらい…」その原因は?

「仕事ができない・つらい…」その原因は?

仕事ができない・つらいと感じるのは、明確な原因があるからこそ感じるものです。

そこで、まずは「仕事ができない・つらい」と感じてしまう理由・原因について深掘りしていきます。

全部で5つありますので、1つ1つ確認していきましょう。

仕事の目的を明確に理解していない

1点目は「仕事の目的を明確に理解していない」という点です。
仕事で業務を進めていく時はまず目的を立ててから行動するものですが、この「目的意識」が曖昧な人だと、次の行動も曖昧になってしまいます。

少し例を挙げて、例えば月20万円のノルマが課されている部署にいたとしましょう。

この時に、以下2人の行動の仕方だとどちらが仕事ができる人だと思いますか?
二人の行動はどちらが正しい…?
  1. A君「ノルマが20万か。つまり1万円の商品を20個売ればいいから、1日1件売ろう」
  2. B君「ノルマが20万か。とりあえず達成できるように今日も頑張ろう」

恐らくB君よりA君の方が圧倒的に仕事ができる人に成長します。

曖昧に仕事をしていると、その結果を深掘りして次に繋げることができないので、注意しましょう。

仕事の進め方を理解できていない

2点目は「仕事の進め方を理解できていない」という点です。
新人の場合は徐々にペースを掴んでいくしかありませんが、仕事の進め方を理解できていないといつまでも業務に時間を取られてしまい、全体としても仕事が遅くなってしまいます。

仕事はチームで進んでいくものなので、どの仕事をいつまでに、どのくらいの割合で進めるのかをしっかり考えておきましょう。

仕事の優先順位を理解できていない

3点目は「仕事の優先順位を理解できていない」という点です。
仕事の優先順位を理解できていないと、必要な時にその仕事が終わっていない、他の人とスピードが噛み合わないなどの弊害が起きて、業務スピードに大きく影響してきます。

後に紹介しますが、仕事の優先順位について理解できていない人が多いので、しっかりこの記事で叩き込むようにしておきましょう。

仕事ができる人の特徴を理解していない

4点目は「仕事ができる人の特徴を理解していない」という点です。
仕事ができない人は仕事ができる人の特徴や共通点を理解しておくことが非常に重要ですが、実はこの仕事ができる人の特徴を理解できている人は多くありません。

こちらも後に対処法について解説しますので、しっかり理解を深めていきましょう。

仕事に対する基礎知識・一般教養が足りていない

5点目は「仕事に対する基礎知識・一般教養が足りていない」という点です。
会社の考え方に染まれと言いたい訳ではないですが、一般的な教養・物の考え方ができないと、仕事をいざ始めても考え方の違いが多く出てきますよね。

心理学では「周囲の5人の平均があなた」という5人の法則というものがあり、優秀になるには優秀な人の側にいくか、読書をすることが効率的です。

読書の効率的な方法については後にご紹介しますが、下記の記事もご参考下さいね。

社会人で勉強しない人はマジで人生詰みます【超簡単勉強法紹介】

2019-12-02

仕事ができなくて辛い時の5つの対処法

仕事ができなくて辛い時の5つの対処法

仕事ができなくてつらい時の原因について説明したので、次に仕事ができなくて辛い時の対処法について解説していきます。

自分はこれ当てはまっているかもな…」と感じる部分を洗い出し、修正していくようにしましょうね。

目的意識を持ってスケジュールを立てる

目的意識を持ってスケジュールを立てる
1点目は「目的意識を持ってスケジュールを立てる」という方法です。

仕事においてはPDCAで業務を進めていくことが必須条件で、まず目的を明確にし、それを軸にスケジュールを立てていくことで、スムーズに仕事を進めることができます。

  1. P(Plan): 計画
  2. D(Do): 行動
  3. C(Check): 確認
  4. A(Action): 改善

特に改善の部分が次に繋がるポイントで、上司や先輩から明確なフィードバックを貰えないと次の成長に繋げることができません

曖昧に行動するとフィードバックも微妙な感じになってしまうので、「明確な目的」「綿密なスケジュール」を心掛けて行動すると良いでしょう。

業務を何事も完璧に進めようとしない

2点目は「業務を何事も完璧に進めようとしない」という点です。
任された業務を完璧にこなしたい気持ちも分かりますが、自分の行った仕事はどうせ上司の修正が入るので、毎回100%で進めているといつまで経っても業務が進むことはありません。

そのため、「7割で全ての業務を進める」という気持ちでやると、効率的に業務を進めることができるでしょう。

また完璧主義だと過度にプレッシャーやストレスがかかってしまい、「うつ病」の原因にもなってしまいます。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21
自分の仕事1つ1つで見るのではなくて、業務全体のスピードを意識して仕事をすると良いですよ。

仕事の優先順位を理解する

3点目は「仕事の優先順位を理解する」という方法です。
仕事の優先順位を理解する
仕事の「重要性」と「緊急性」でマトリクスを組みましたが、この仕事の優先順位をしっかりできていないとチームとしてスピード感が合わなくなってしまいます。

最も正しい優先順位の付け方は、「A→B→C→D」で、「A→C→B→D」ではないのでご注意ください。

意外とミスしがちな部分ですので、画像を保存するなりして思い出せるようにしておきましょう。

仕事ができる人の特徴を理解する

4点目は「仕事ができる人の特徴を理解する」という方法です。
仕事ができる人の特徴を理解する

こちらもマトリクスですが、仕事ができる人の順番はどのようになるかご存知でしょうか?

答えを言ってしまうと、「1→2→3→4」という順番で会社から重宝され、「1→3→2→4」という順番ではないので注意するようにしましょう。

結論仕事はチームで行っていくものなので、1人で仕事ができたとしても情報共有やコミュニケーションの観点からどうしても仕事のパフォーマンスが上がりません

逆に言えば仕事ができなくても円滑なコミュニケーションを取ることで仕事を回すことができるので、積極的に交流を取るようにしていきましょう。

超効率的に読書してインプットする

5点目は「超効率的に読書してインプットする」という方法です。
超効率的に読書してインプットする
できる人とできない人の違いはずばり「インプットして行動できるか」という点で、学んだことを実践→改善を繰り返して成果に繋げていきます。

実はこれもPDCAサイクルがしっかり完成していて、明確な目的を立てて行動することで成長することができるんですよね。

そのため、高速でインプットして行動に移せるように読書をしていきましょう。

高速でインプットするには「読書」が効果的ですが、本を読むのは時間がかかるので、「flier(フライヤー)」というサービスを使いましょう。

flier(フライヤー)を利用すれば本の要約を読むことができ、重要な要点を掴んで1冊10分で読破することが可能です。

僕も使っていますが非常に有用ですので、是非利用してみて下さいね。

仕事ができない・つらいのは環境が適していない場合もある

仕事ができない・つらいのは環境が適していない場合もある

仕事ができない・つらい時の対処法について解説しましたが、そもそも環境が適していない場合も勿論あります。

上記メンタリストDaiGoさんの動画ですが、心理学の研究において、「仕事で自分の力を発揮できるかどうかは、環境に大きく左右される」という内容の話をしています。

つまり学歴や能力に関係なく、「やってみないと分からない」という場合が多く、あなたは職場の環境起因で力を発揮できていないかもしれません。

その場合は職場を変える必要が出てきますので、「転職」という選択も1つの選択肢として考えておきましょう。

仕事ができなくて辛い時の体験談

仕事ができなくて辛い時の体験談

ここで筆者が仕事ができなくて辛かった時の体験談を紹介します。

新卒大手企業を10ヶ月で退職した

僕は新卒で入社した大手企業を10ヶ月で退職しました。

退職した理由としては「人間関係が辛かった」「残業がしんどかった」「放置されて成長がなかった」などの複合的な理由です。

仕事をすぐ辞めるなんて甘えだ!という上司や先輩もいましたが、結論「やってみないと分からない」ので、そんな言葉は無視して退職しました。

自分が合わないと感じた人は、周囲の言葉に惑わされずに自分の意思で行動できる強さを持って欲しいですね。

第二新卒枠で転職し無事成功

そして第二新卒枠で転職活動を行い、無事平均年収1000万の企業に転職成功。

転職活動に関して「ハードルが高い…」「キツそう…」と感じている方も多いですが、結論転職エージェントを効果的に活用することでなんなく転職することができました。
おすすめの転職エージェントについては後に紹介します。

転職前は「無能」転職後は「有能」扱いに

そして驚くべきことに、転職前は無能扱いされていたものの、転職後は有能扱いされることが多かったです。

「そんなの社会の常識だ!」と言ってくる上司がたまにいますが、転職した感想としては「価値観や働き方が会社によってガラリと変わる」ので、全く当てにならない言葉だと感じました。
転職して環境が変わることもあるので、本当に無理だと感じたら転職するのがおすすめです。

仕事ができなくて辛いなら転職エージェントに登録しよう

仕事ができなくて辛いなら転職エージェントに登録しよう

さて、仕事ができなくて辛いのであれば転職エージェントを活用することが最も効果的だと言えます。

転職エージェントとは、求人の紹介から履歴書の添削、面接サポートや日程交渉まで全て無料で行ってくれるエージェントサービスです。

転職サイトだけを利用していると、求人数が圧倒的に足りずに希望の企業を逃してしまう可能性があるので注意しましょう。

最後におすすめの転職エージェントを2社紹介して終わります。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

仕事ができない・つらい人の原因や対処法に関する記事は以上になります。

基本的に自分の努力次第で解決できる場合は、本記事で説明したことを実践し、自分の糧にしていきましょう。

しかしどうしても人間関係や労働環境、社風や雰囲気、業界によって自分に合う・合わないが必ず存在するので、その場合は職場を変えることも1つの選択してとして考えておくことが重要です。
行動に移すことでしか現状は変わらないので、是非積極的に挑戦してみて下さいね。
おすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント
    求人数業界No.1 / 転職ならリクルート
    【公式】https://www.r-agent.com/
  2. doda
    求人数業界No.2 / サポートが手厚く満足度No.1
    【公式】https://doda.jp/