職場で怒られるのが怖い人に聞いてほしい「鈍感力」の重要性

仕事の悩み


  • 職場で怒られるのが怖い
  • 上司に怒られてばかりでもうしんどい
  • 怒られすぎて萎縮してしまう

こんな悩みに答えます。

企業に入社していざ社会人になったものの「何をするにもミスばかりして怒られる」「自分で考えろと言われて困る」など、怒られすぎて辛いという方は多いのではないでしょうか?

結論から言うとこういった時に最も大事なのは、「鈍感力を鍛えること」です。

本記事では「職場で怒られるのが怖い人に聞いてほしい鈍感力の重要性」について記事にしていきます。

この鈍感力を鍛えると、効率的且つスムーズに現状を打破することができますよ。

スポンサードサーチ

職場で怒られるのが怖いと感じる4つの理由

職場で怒られるのが怖いと感じる4つの理由

まずそもそもの話なんですが、職場で上司に怒られる・説教される状態になって「怖い」という感じてしまうのには、どのような原因があるのでしょうか?

4つ洗い出してみましたので、まずは軽く原因から知っていきましょう。

過去怒られた時のトラウマから恐怖心を感じてしまう

1点目は「過去怒られた時のトラウマから恐怖心を感じてしまう」という理由です。

人間必ずしも怒られたことはありますよね。そしてその時の感情が残っていて、無意識的に「怒られる=怖い」という恐怖心に変わってしまいます。

日本人に不安症の人が多いのも似たような理由です。「勉強しないと将来ろくな大人にならないぞ」とか良い成績をとっても「継続できないと意味ないぞ」とか、とにかく不安にさせてきます。

そういった過去の洗脳による潜在的な場合があるので「自分は大人に洗脳されていただけ」と人のせいにすることは時に重要です。

単純にあなたが「恐怖を感じやすい体質」だとか「不安症」だとかそんなのではなく、純粋に「恐怖や不安を煽られる回数が多かった」これだけです。

この意識を持つことによって、少しでも心が軽くなると良いですね。

怒られて見捨てられた、嫌われたと感じてしまう

2点目は「怒られて見捨てられた、嫌われたと感じてしまう」という理由です。
外国だと「みんな違っていて当たりまえ。俺が人生の主役」といった考え方が主流ですが、日本だと「みんな同じじゃないとダメ。集団の和は乱さない」という思考を持っています。

つまり「みんなと違うことをやったら変な人」という扱いを受けるので集団を乱すことを強く嫌うということです。

そのため、これを怒られた時の心理状態に当てはめると、下記のようなサイクルに陥ります。

上司に怒られる

集団の和を乱してしまった

チームから嫌われる・変な人だと思われる

恐怖心

しかし冷静になって考えてみると、そういった集団の和を乱してとやかく言われるのは学生生活だけです。

上司はあなたの間違いについて指摘しただけなのであって、嫌われたとか見捨てたとかの感情は持っていないので、これも「洗脳されていただけ」と思うようにしましょう。

自己肯定感が低くネガティブ思考

3点目は「自己肯定感が低くネガティブ思考」という理由です。

これはぶっちゃけ1番理由としてはヤバイです。何がヤバイかと言うと、自己肯定感が低いとまず自信を持つことができません。

自分に自信がないわけですから、人の目が凄く気になるようになります。

また自分の価値を自分で認められない状態になってしまうので「人からの評価=自分の価値」という思考になってしまうんですね。

そのため、とにかく良い評価を貰う為に必死になります。全て完璧に、期待に応えるように、今よりもさらに良く…とやっていると、怒られた時に全てを否定された気分になってしまうんですね。

一生懸命やっているのに対して全否定された気分になることから、それが恐怖心に変わってしまうのでしょう。ぶっちゃけこれが1番の問題なので、あとで対処法について解説しますね。

そもそも隠れHSP気質の可能性がある

4点目は「そもそも隠れHSP気質の可能性がある」という理由です。
HSPとは「ハイリーセンシティブパーソン」の略のことで、簡単に言うと「生まれつき高い繊細さや敏感さを持った気質の人」のことを言います。

ちなみにエレイン・N・アーロン博士による研究によると、人口の20%はHSPであり、あくまでも「人よりも繊細なだけ」なので、病気や障害ではありません。

自分がHSPかを判別する方法はないとされているので、もし自分が「HSP気味かも…」と感じたら、他の人よりも多くリラックス効果のある行動を行ってみたり、1人になる時間を増やしてみると良いでしょう。

怒られるのが怖い時に知ってほしい上司が怒る4つの理由

怒られるのが怖い時に知ってほしい上司が怒る4つの理由

さて、職場で怒られるのが怖い理由について述べてきましたが、上司が怒る理由を理解しておくことも大切です。

基本的に4パターンしかありませんので、1つ1つ解説していきますね。

上司があなたのことを嫌っているので怒る

1点目は「上司があなたのことを嫌っているので怒る」というパターンです。
ぶっちゃけこの場合はどうしようもない上司なので、対策のしようがありません。上司の1つ上の上司に相談してみる他ないでしょう。

それでもダメな場合は、異動か転職の2択となりますね。人間関係による転職は一番多いので、割とありがちな話です。

上司があなたのためを想って怒る

2点目は「上司があなたのためを想って怒る」というパターンです。
これは僕の前の会社の話ですが、仕事を他の人に降ってばかりいる先輩がいたんですけど、その先輩に上司が「そんな仕事のやり方をしていては何も身につかない。自分である程度はやれ」と怒られていました。

怒られたものの、これは上司がその先輩を想って言ってくれたわけですよね。

こういった「あなたのためを想って怒っている」というパターンもあるので、一概に怒られるのが悪いわけではない認識を持っておきましょう。

純粋に上司がストレスを感じていて怒る

3点目は「純粋に上司がストレスを感じていて怒る」というパターンです。

あなたが仕事でストレスを感じているように、上司もストレスを抱えています。それによって、理不尽な要求をされたり、理不尽に怒られることもあるでしょう。

こういった場合だと、あなたは「ストレス発散の為だけに怒られているだけ」ということになります。そのため、特段あなたに落ち度があるわけではありません。

このタイプの上司は、怒られた時に「すみません…」と部下が返すことで「屈服させた」とストレスを解消する仕組みになっています。そのため、相手が思ったことと逆のことを言えば大丈夫です。

  • 新しい自分の欠点を見つけてくれてありがとうございます。これからも精進します。
  • ご指摘ありがとうございます。流石〇〇さんです。これで一歩成長できそうです。

こんな感じでネガティブな返しよりもポジティブ強めに返せば、このタイプの上司は寄り付かなくなります。

純粋にあなたがミスをしたので怒る

4点目は「純粋にあなたがミスをしたので怒る」というパターンです。

これは純粋にあなたのミスなので、怒られてもしょうがないパターンですね。しょうがありません。

同じミスを繰り返さないようにメモや注意書きを書いておくと良いでしょう。

職場で怒られるのが怖いと感じる人の3つの対処法

職場で怒られるのが怖いと感じる人の3つの対処法

さて、一概に怒られることにも様々なパターンがあることを説明してきました。

理不尽に怒られた場合にはそれなりの対処法を前項で書きましたが、純粋にあなたが原因で怒られている場合もあるわけです。

基本的には自己肯定感や考え方の問題ですので、ここで「怒られるのが怖いと感じる人の3つの対処法」について書いていきます。

完璧主義で仕事をするのを辞める

1つ目は「完璧主義で仕事をするのを辞める」という方法です。

完璧主義は先ほども言った自己肯定感が低い人に見られる特徴となります。自分に価値がないと思っていて、人から褒められることが価値だと思っているので、怒られないことを最優先に行動していくんですね。

それ故に常に全力100%で行動してしまうわけですが、これを6〜7割くらいの力に抑えて仕事をするようにしましょう。

ぶっちゃけ完璧主義で仕事をするよりも、どうせ上司の修正が入るので6〜7割でやった方が早く仕事が進みます。完璧主義でやっていると、時間もかかるし、疲れるだけです。

一生懸命やっているのに効率よく進まないと、ストレスも溜まっていくので、是非意識すると良いですね。

不安の85%は起こらない。杞憂であることを知る

2つ目は「不安の85%は起こらない。杞憂であることを知る」という思考法を変える方法です。

基本的に怒られるのが怖い人は、他の人が怒っていると自分が怒られているように感じる傾向にあります。

その根本は自己肯定感の低さと、過去の積み重なった考え方による洗脳が組み合わさって引き起こされているんですね。

過去の経験から、怒られること=集団の和を乱すことだと思っていて、人が怒っているのを見ると、自分が怒られているものだと思い込んでしまう。

このように不安症の人だと必然的に怒られるのが怖い体質になってしまうわけです。しかし上記で説明した通り、心理学の研究で人間が不安に思うことの85%は起こらないそうです。

人間が飛行機に乗る時に落ちたらどうしようと不安に感じるのも、上司に怒られるかどうか不安に感じるのも理屈は同じです。しかし飛行機は落ちませんよね?よって杞憂なんです。

  • 自分が不安に思うことをありったけメモに書き出す
  • その不安が実際にどうなったのかを確認する

この2つをやるだけでかなり効果があると言われています。大切なのは「不安に思っていることは起こらないものである」と実感することなのです。

これは是非実践してみてほしいところです。

感情はコントロールできないので、思考をコントロールする

3点目は「感情はコントロールできないので、思考をコントロールする」という方法です。

何度も言うように、基本的に怒られるのが怖い人は自己肯定感が低く、ネガティブ思考の人に多く現れます。

ネガティブに感じてしまう「感情」というものは誰にでもあります。これに関しては誰もコントロールすることができないので「ネガティブになっちゃいけない」と考えるのは意味がないので辞めましょう。

ネガティブという感情は変えられない。しかしその後の思考はコントロールすることが可能です。

  • 怒られてしまった。僕はダメなやつだ…
  • また失敗してしまった。だけど良い経験だから何度も失敗していこう

このように同じ失敗でもその後の思考を変えることによって、自己肯定感が変わってきます。

自分の不安が杞憂であることと合わせて取り組んでいけば、自己肯定感が少しずつ上がっていって、怒られることに対して怖くなくなったり、不安になることが消えていくでしょう。

怒られるのが怖い人に聞いてほしい「鈍感力」の重要性

怒られるのが怖い人に聞いてほしい「鈍感力」の重要性

対処法について説明してきましたが、あくまでこれは一般的な対処方法です。しかしさらに踏み込んで、冒頭で説明した話に戻りますが、ここで大事なのが「鈍感力」になってきます。

簡単に言うと「相手の事情なんて気にしないで、鈍感になって行動していけ」という意味合いですね。

職場で怒られるのが怖い?若手社員の3つの悩み

これは僕が入社して研修の時に人事が教えてくれた情報なんですけどね、僕の前の会社で配属して3ヶ月たった時の新入社員に何に悩んでいるのかアンケートを獲ったそうなんです。

そしてその結果としては、

  • 質問したいのに話しかけれる空気ではない
  • 質問しても、自分で考えろと言われて詰む
  • 何が分からないのかが分からない

という内容が上位3つだったらしいです。

そのため、これを読んでいるあなたも、この状況に遭遇している確率が高いでしょう。

質問したいのに話しかけれる空気ではない

これは「質問がするのが怖い」「迷惑がかかると思って言いにくい」というような現象です。

あるあるのパターンとしては、できるだけ自分で解決しようとするけどできない→上司に進捗を聞かれるけど、何も進んでいない→「なんで質問しに来ないの?」と怒られる、という王道パターンです。

これは何となく思い当たる方は多いかなと思います。

質問しても、自分で考えろと言われて詰む

次は上司に質問しに行ったけど、「そんなことも分からないのか?自分で考えろ」と言われて、結局解決できない→怒られる→質問するのに萎縮してしまう、というパターンです。

確かに上の人は忙しいので時間も限られてきます。それ故にこういったセリフを言われてしまうわけですが、また質問に行くにしても「同じことを言われそうで行きにくい」という心理状態に陥り、結局解決しません。

何がわからないのかが分からない


  • 情報量が多すぎて、何かどうなっているのか分からない
  • 知らないワードが多すぎて理解できない

このような状態になってしまい、質問できる状況なのに、それを活かすことができません

まぁ軽く3つ説明しましたが、何が言いたいのかというと、「基本的に若手社員が最初からできることは少ない」ということです。

じゃあどうしていけばいいのか?を次の項で解説していきます。

上司に対して鈍感力を意識して行動せよ

話が長くなりましたが、ここで大事なのが「鈍感力」になってきます。

鈍感っていうのは「感覚・反応などが鈍いこと」という意味です。そのため、これを仕事に置き換えると、

  • 上司は忙しいけど気にしないでグイグイ質問する
  • 分からないことは恥を全て捨てて何でも聞いていく
  • 無能だと思われても、全く気にしない

これくらいの感覚を持って働いていくことが大事です。

もう鈍感じゃなくても鈍感な自分を演じるんですよ。「こいつ何にも知らねえな」とか「本当に大卒かよ」とかなんか思われるかもしれませんけど、これが回り回って自分の成長速度を劇的に早めてくれます

理由を説明しますね。

カラーバス効果と鈍感力を組み合わせる

皆さん「カラーバス効果」って分かりますか?

意識している事柄に関して、自然とそれに関する情報が集まってくる」という心理学的効果のことです。

例を挙げてみましょう。自分が好きな車があったとします。

そうすると、道端を歩いているとその車ばかりに視線が行ってしまったりするのです。こういったことってよくありますよね。

そして実は、これは人間関係にもとても有効的に働きます。

あるロックバンドがとても好きな友達」がいたとすると、自分がその情報を入手した時に、「あっあの人に教えてあげたいな」とか「あの人が好きそうだな」とか、そういう風に思った経験はありませんか?

このように、カラーバス効果を応用すると、自分のところに情報を集めることが可能になります。

そしてここで大事なのが「鈍感力」です。意識的に「鈍感」になることで、先輩・上司その他の部署内の人間は最初の頃はあなたのことを「何も知らない人」だと思うでしょう。

しかし、鈍感を演じて相手に「そういう自分」ということを意識させることが出来れば、何か必要な知識やテクニックがあった時に、他の社員が率先的に教えてくれるようになります。

これとは真逆に、もし「失敗してはいけない」「完璧にやらないといけない」と外柄だけ綺麗に対応したとして、周りに「仕事できそうだな」と思われてしまうと、後々できないことを「君ならできるよ」と押し付けられて、苦労することになるはずです。

このように、「カラーバス効果」を効果的に使用して「鈍感」に演じることで、自分の仕事のスキルを土台から着々と身に付けることが可能となります。

社会で生き抜いていくためにはとても大切な能力だと言えるので、是非実践してみて下さい。

怒られるのが怖い人に聞いてほしいたった1つの悲しい事実

怒られるのが怖い人に聞いてほしいたった1つの悲しい事実

最後に、そんなこと言われてもいざ実践しようとするのも勇気がいりますよね。そのため、少しおまけ要素で僕が新入社員の時に指導員に言われたことを紹介します。

それは、「そもそも誰もあなたがすぐ活躍するなんて思ってないし、誰も期待していない」ということです。

よく仕事を完璧にこなしていくぞ!とモチベーションを上げて取り組む人がいますが、人である以上絶対にミスは避けられませんよね。

そして若手であれば尚更でしょう。「ミスしてはいけない」と過剰に意識してしまいますが、上司は正直ミスについてその場では何か言ってくるかもしれないですが、対してそんなこと気にしていません。

僕が新卒の頃よく言われたのが、

「君がどのくらい無理して頑張ろうと、ミスを沢山しようと、誰も新卒が活躍するなんて思ってないんだから、まずは基本的なスキルを身につけつつ、同じミスは3回まで。これでいいよ。」

こんな感じのことを言われました。

そのため、悲しい話ですがあなたは上司や先輩に「別にそんなに期待されていない」ということを理解しておきましょう。

そして、期待されてないなりに「だからどうするのか」というのを考えていければまずはいいんだ思います。

何事もいきなりできる人なんていないですからね。今まで経験してきたどんなこともそうだったはずです。

仕事は人間関係も密になってきますし、責任感も出てくる分見失ってしまうことはあるかと思いますが、一つずつ覚えていくことを忘れないようにしましょう。

怒られるのが怖いのが直らない場合は職場が合ってない可能性アリ

上記のメンタリストDaiGoさんの動画を見てほしいんですが、アイオワ大学の研究内容で「仕事で力を発揮できるのかどうかはやってみないとわからない」という研究結果があるそうです。

そのため、あなた怒られるのを怖く感じているのは単純に職場の環境が合っていないだけという可能性もあります。

もし自分の職場に耐えられない…もう無理だ!と感じるのであれば、転職も1つの視野に入れてみてはいかがでしょうか?

転職を効率的に行うには「転職エージェント」に登録するのが内定までの最も近道な方法なので、下記におすすめの転職エージェントについて紹介します。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断や担当のサポートが手厚い

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

また併用で「DYM就職」の利用もおすすめです。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

職場で怒られるのが怖い時の原因や対処法に関する記事は以上になります。

この記事を読んでもう少し仕事を全力で頑張りたい気持ちになってくれれば幸いですが、過度に頑張りすぎるとうつ病になってしまう可能性もあるので、気をつけるようにしましょう。

仕事辞めたいのはうつ(鬱)?甘え?新入社員で心療内科に行った体験談

2020-01-21
どうしても合わない職場は存在するので、それを踏まえつつ自分の中で最善な選択ができると良いですね。

\こちらもおすすめ/

仕事が嫌すぎる場合はどうすれば良い?原因と対処法を解説

2020-02-27

仕事が楽しくないのは当たり前ではない!辞めたい時の思考法

2020-02-11