仕事で怒られてばかりで辞めたい?ストレスになる理由と年代別対処法

仕事の悩み


  • 職場で怒られるのが怖い
  • 上司に怒られてばかりでもうしんどい
  • 怒られすぎて萎縮してしまう

こんな悩みに答えます。

企業に入社していざ社会人になったものの「何をするにもミスばかりして怒られる」「自分で考えろと言われて困る」など、怒られすぎて辛いという方は多いのではないでしょうか?
本記事では、「仕事で怒られてばかりで辞めたい時の対処法」について解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次に取る行動をより具体的なものにすることができますよ。

この記事を読む前に

【結論】怒られるのが怖いのが直らないなら転職を視野に入れよう

リクナビNEXT

心理学の観点からも仕事が合わない場合というのはどうしても存在します。

そのため、どうしても怒られてばかりで合わない場合は転職サイトに登録することで転職を視野に入れていきましょう。

転職サービスとしては、リクナビNEXTがおすすめです。

  • 求人数が30000件以上と圧倒的
  • その内85%が独占求人
  • 自己分析ツールもあり初心者におすすめ

加えてスマートフォンで常に求人を確認できるので、日頃みておけば年中求人を募集しているブラック企業を避けることにも繋がります。

簡単5分で無料登録できるので、必ず登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

仕事で怒られてばかりで辞めたい?怖いと感じてしまう理由

仕事で怒られてばかりで辞めたい?怖いと感じてしまう理由

まずそもそもの話なんですが、職場で上司に怒られる・説教される状態になって「怖い」という感じてしまうのには、どのような原因があるのでしょうか?

4つ洗い出してみましたので、まずは軽く原因から知っていきましょう。

過去怒られた時のトラウマから恐怖心を感じてしまう

1点目は「過去怒られた時のトラウマから恐怖心を感じてしまう」という理由です。

人間必ずしも怒られたことはありますよね。そしてその時の感情が残っていて、無意識的に「怒られる=怖い」という恐怖心に変わってしまいます。

日本人に不安症の人が多いのも似たような理由です。「勉強しないと将来ろくな大人にならないぞ」とか良い成績をとっても「継続できないと意味ないぞ」とか、とにかく不安にさせてきます。

そういった過去の洗脳による潜在的な場合があるので「自分は大人に洗脳されていただけ」と人のせいにすることは時に重要です。

単純にあなたが「恐怖を感じやすい体質」だとか「不安症」だとかそんなのではなく、純粋に「恐怖や不安を煽られる回数が多かった」これだけです。

この意識を持つことによって、少しでも心が軽くなると良いですね。

怒られて見捨てられた、嫌われたと感じてしまう

2点目は「怒られて見捨てられた、嫌われたと感じてしまう」という理由です。
外国だと「みんな違っていて当たりまえ。俺が人生の主役」といった考え方が主流ですが、日本だと「みんな同じじゃないとダメ。集団の和は乱さない」という思考を持っています。

つまり「みんなと違うことをやったら変な人」という扱いを受けるので集団を乱すことを強く嫌うということです。

そのため、これを怒られた時の心理状態に当てはめると、下記のようなサイクルに陥ります。

上司に怒られる

集団の和を乱してしまった

チームから嫌われる・変な人だと思われる

恐怖心

しかし冷静になって考えてみると、そういった集団の和を乱してとやかく言われるのは学生生活だけです。

上司はあなたの間違いについて指摘しただけなのであって、嫌われたとか見捨てたとかの感情は持っていないので、これも「洗脳されていただけ」と思うようにしましょう。

自己肯定感が低くネガティブ思考

3点目は「自己肯定感が低くネガティブ思考」という理由です。

これはぶっちゃけ1番理由としてはヤバイです。何がヤバイかと言うと、自己肯定感が低いとまず自信を持つことができません。

自分に自信がないわけですから、人の目が凄く気になるようになります。

また自分の価値を自分で認められない状態になってしまうので「人からの評価=自分の価値」という思考になってしまうんですね。

そのため、とにかく良い評価を貰う為に必死になります。全て完璧に、期待に応えるように、今よりもさらに良く…とやっていると、怒られた時に全てを否定された気分になってしまうんですね。

一生懸命やっているのに対して全否定された気分になることから、それが恐怖心に変わってしまうのでしょう。

そもそも隠れHSP気質の可能性がある

4点目は「そもそも隠れHSP気質の可能性がある」という理由です。
HSPとは「ハイリーセンシティブパーソン」の略のことで、簡単に言うと「生まれつき高い繊細さや敏感さを持った気質の人」のことを言います。

ちなみにエレイン・N・アーロン博士による研究によると、人口の20%はHSPであり、あくまでも「人よりも繊細なだけ」なので、病気や障害ではありません。

自分がHSPかを判別する方法はないとされているので、もし自分が「HSP気味かも…」と感じたら、他の人よりも多くリラックス効果のある行動を行ってみたり、1人になる時間を増やしてみると良いでしょう。

怒られるのが怖い時に知ってほしい上司が怒る4つの理由

怒られるのが怖い時に知ってほしい上司が怒る4つの理由

さて、職場で怒られるのが怖い理由について述べてきましたが、上司が怒る理由を理解しておくことも大切です。

基本的に4パターンしかありませんので、1つ1つ解説していきますね。

上司があなたのことを嫌っているので怒る

1点目は「上司があなたのことを嫌っているので怒る」というパターンです。
ぶっちゃけこの場合はどうしようもない上司なので、対策のしようがありません。上司の1つ上の上司に相談してみる他ないでしょう。

それでもダメな場合は、異動か転職の2択となりますね。人間関係による転職は一番多いので、割とありがちな話です。

上司があなたのためを想って怒る

2点目は「上司があなたのためを想って怒る」というパターンです。
これは僕の前の会社の話ですが、仕事を他の人に降ってばかりいる先輩がいたんですけど、その先輩に上司が「そんな仕事のやり方をしていては何も身につかない。自分である程度はやれ」と怒られていました。

怒られたものの、これは上司がその先輩を想って言ってくれたわけですよね。

こういった「あなたのためを想って怒っている」というパターンもあるので、一概に怒られるのが悪いわけではない認識を持っておきましょう。

純粋に上司がストレスを感じていて怒る

3点目は「純粋に上司がストレスを感じていて怒る」というパターンです。

あなたが仕事でストレスを感じているように、上司もストレスを抱えています。それによって、理不尽な要求をされたり、理不尽に怒られることもあるでしょう。

こういった場合だと、あなたは「ストレス発散の為だけに怒られているだけ」ということになります。そのため、特段あなたに落ち度があるわけではありません。

このタイプの上司は、怒られた時に「すみません…」と部下が返すことで「屈服させた」とストレスを解消する仕組みになっています。そのため、相手が思ったことと逆のことを言えば大丈夫です。

  • 新しい自分の欠点を見つけてくれてありがとうございます。これからも精進します。
  • ご指摘ありがとうございます。流石〇〇さんです。これで一歩成長できそうです。

こんな感じでネガティブな返しよりもポジティブ強めに返せば、このタイプの上司は寄り付かなくなります。

クソ上司を許すな!絶対に知っておくべきクソ上司の特徴や対処方法

2019-09-22

純粋にあなたがミスをしたので怒る

4点目は「純粋にあなたがミスをしたので怒る」というパターンです。

これは純粋にあなたのミスなので、怒られてもしょうがないパターンですね。しょうがありません。

同じミスを繰り返さないようにメモや注意書きを書いておくと良いでしょう。

仕事で怒られてばかり...ストレスにならない為の年代別対処法

仕事で怒られてばかり...ストレスにならない為の年代別対処法

それでは仕事に怒られてばかりで辛い時の対処法を年代別に解説していきます。

年代別に当てはまりやすいだけで、20代に言えることが30~40代に当てはまることも勿論ありますので、1つ1つ確認していきましょう。

仕事で怒られてばかりの20代の対処法

20代の対処法としては「完璧主義で仕事をするのを辞める」という点です。

完璧主義は先ほども言った自己肯定感が低い人に見られる特徴となります。自分に価値がないと思っていて、人から褒められることが価値だと思っているので、怒られないことを最優先に行動していくんですね。

それ故に常に全力100%で行動してしまうわけですが、これを6〜7割くらいの力に抑えて仕事をするようにしましょう。

ぶっちゃけ完璧主義で仕事をするよりも、どうせ上司の修正が入るので6〜7割でやった方が早く仕事が進みます。完璧主義でやっていると、時間もかかるし、疲れるだけです。

一生懸命やっているのに効率よく進まないと、ストレスも溜まっていくので、是非意識すると良いですね。

仕事で怒られてばかりの30代の対処法

30代は「不安の85%は起こらない。杞憂であることを知る」という思考を変える対策を取りましょう。

基本的に怒られるのが怖い人は、他の人が怒っていると自分が怒られているように感じる傾向にあります。

その根本は自己肯定感の低さと、過去の積み重なった考え方による洗脳が組み合わさって引き起こされているんですね。

過去の経験から、怒られること=集団の和を乱すことだと思っていて、人が怒っているのを見ると、自分が怒られているものだと思い込んでしまう。

このように不安症の人だと必然的に怒られるのが怖い体質になってしまうわけです。しかし上記で説明した通り、心理学の研究で人間が不安に思うことの85%は起こらないそうです。

人間が飛行機に乗る時に落ちたらどうしようと不安に感じるのも、上司に怒られるかどうか不安に感じるのも理屈は同じです。しかし飛行機は落ちませんよね?よって杞憂なんです。

  • 自分が不安に思うことをありったけメモに書き出す
  • その不安が実際にどうなったのかを確認する

この2つをやるだけでかなり効果があると言われています。大切なのは「不安に思っていることは起こらないものである」と実感することなのです。

これは是非実践してみてほしいところです。

仕事で怒られてばかりの40代・50代の対処法

40代・50代は「感情ではなく思考をコントロールする」という対策を取りましょう。

何度も言うように、基本的に怒られるのが怖い人は自己肯定感が低く、ネガティブ思考の人に多く現れます。

ネガティブに感じてしまう「感情」というものは誰にでもあります。これに関しては誰もコントロールすることができないので「ネガティブになっちゃいけない」と考えるのは意味がないので辞めましょう。

ネガティブという感情は変えられない。しかしその後の思考はコントロールすることが可能です。

  • 怒られてしまった。僕はダメなやつだ…
  • また失敗してしまった。だけど良い経験だから何度も失敗していこう

このように同じ失敗でもその後の思考を変えることによって、自己肯定感が変わってきます。

自分の不安が杞憂であることと合わせて取り組んでいけば、自己肯定感が少しずつ上がっていって、怒られることに対して怖くなくなったり、不安になることが消えていくでしょう。

怒られるのが怖いのが直らないなら転職を視野に入れよう

上記のメンタリストDaiGoさんの動画を見てほしいんですが、アイオワ大学の研究内容で「仕事で力を発揮できるのかどうかはやってみないとわからない」という研究結果があるそうです。

そのため、あなた怒られるのを怖く感じているのは単純に職場の環境が合っていないだけという可能性もあります。

もし自分の職場に耐えられない…もう無理だ!と感じるのであれば、転職も1つの視野に入れてみると良いでしょう。

転職サービスとしては、リクナビNEXTがおすすめです。

  • 求人数が30000件以上と圧倒的
  • その内85%が独占求人
  • 自己分析ツールもあり初心者におすすめ

加えてスマートフォンで常に求人を確認できるので、日頃みておけば年中求人を募集しているブラック企業を避けることにも繋がります。

簡単5分で無料登録できるので、必ず登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

まとめ

仕事で怒られてばかりで辞めたい時の対処法については以上です。

続けることで成長する場合もありますが、ストレスによる障害がうつ病などによって将来的にパフォーマンスを発揮できなくなる場合もあります。

お試しで転職活動を始めていく場合は転職サイトで良いですが、本気で転職したい場合は転職エージェントに登録すると良いでしょう。

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27
上記におすすめをランキング形式で纏めているので、是非確認してみて下さいね。