転職期間はどのくらい?逆算スケジュールが成功への近道!

転職ノウハウ

こんにちは、ニトです。

「もうこんな仕事嫌だ」とか「転職したい!」と思った時、まず何から始めれば良いのかわからない・・入社するまでにどんな流れで進んでいくのか、どのくらいの期間を見積もっておけば良いのか知りたいな・・

こんな疑問に答えます。

新卒での就職活動では、説明会に参加して、求人に応募→面接といった感じでがむしゃらにやっていくことで内定を勝ち取った方も多いかと思います。

しかし、転職活動においてはスケジュールをしっかりと把握して、限られた期間内にしっかり行動していくことが大事です。

計画を立てずにとりあえず求人にどんどん応募しておけば良いか〜と新卒採用の時のように進めてしまうと、転職時に引き継ぎトラブルなどで揉めて、もっと入念に計画を立てておけば良かった・・なんてことも。

そこで、目標とする転職予定日・退職時期をまず決めて、その目標とする日にちから逆算してスケジュールを立てて行くことを強くオススメします

この記事では転職活動における進み方や、転職活動のスケジュールを立てる方法を記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

転職活動の進み方 平均的な期間

転職 期間

まずは転職活動の進み方を把握することから始めましょう。基本的には上の画像の通り、

  • 事前準備 : 転職の全体像を把握、自己分析、キャリアの棚卸
  • 情報収集 : 求人情報を収集。興味のある求人の絞り込み
  • 書類作成 : 履歴書・職務経歴書の作成
  • 応募 面接: 書類を送付 通過次第面接を受ける
  • 内定 退職: 入社の可否を決断。在職中であれば、退職準備

こんな感じになります。

そして転職活動を始めてから、実際に入社するまでの期間は、約3ヶ月程度と言われています。結構早いですよね?

「良い会社が見つかれば転職しようかな・・」なんて考えでやっている人は気長にやれば良いと思いますが、今すぐにでも転職したい!と強く思っている人は、計画的に行動していく必要があります。

転職スケジュールを立てるコツは逆算

さて、冒頭でも話した通り新卒時の就職活動のようにがむしゃらに情報収集、書類作成、面接〜というように進めて行くのはあまりオススメしません。

今週は自己分析で来週から情報収集していくか〜という予定を立てるのではなく、自分が転職したい期間、また自分の退職しやすい期間から「逆算」して転職スケジュールを立てていきましょう。

一応理由も書いておきます。なぜ逆算なのか?それは新卒と違って転職活動は採用側の都合・自分の会社側の都合と自分でコントロールできない部分が多く、予想しているよりも時間がかかる場合があるからです

  • 新卒採用と被っているのか、選考結果が一向に返ってこない
  • 応募者が殺到し、選考待ちの状態になってしまう
  • 面接日程を調整する時に、自分と企業の都合が一向に合わない
  • 内定を貰っても、自分の会社が繁忙期に入ってしまい、退職交渉・引き継ぎがスムーズにいかない

このような事情によって、思いの外転職に時間をとられてしまった。来月までに入社してほしい!と言われているけど、繁忙期だしどうしよう・・なんてことになって会社でバタバタしてしまうのは避けたいものです。

新卒では〜日までにエントリーシートを出してくださいね、〜までに選考は終了予定です。って人事が言ってくれているんですよね。

ですので自分で気づいていないだけで間接的に逆算してスケジュールを立てているんですよ。

転職の場合人によって状況は様々なので、自身が置かれた状況を踏まえてスケジュールを立てていきましょう。繁忙期を避ける、プロジェクトの終わるタイミングを狙う、ボーナスの後を狙う、とかですね。

逆算スケジュールを立ててみよう

さて、それでは上での内容を参考にして、転職のスケジュールを「逆算」して立ててみましょう。基本的には、「転職予定日・退職予定日」→「応募・面接期間」→「情報収集・書類作成期間」→「事前準備」の順番で考えて行くと良いでしょう。

転職予定日を決める

まずはサブタイトルの通り、転職予定日を決めましょう。先にも書いた通り、「繁忙期が終わったら」、「プロジェクトが終わったら」、「ボーナスの後」、「新年度に入ったら」と自分の置かれた状況によって決めてしまって結構です。

しかし1つ注意点、内定が出てから入社するまで待ってもらえる期間は企業によりけりですが、一般的には1ヶ月〜2ヶ月程度ですので、それを踏まえて考えてくださいね。

ちなみに小ネタですが、3月・6月・12月は求人が多く、アツい時期です。なぜ求人が多いかと言うと、ずばり新年度の始まり・ボーナスの受け取りの後で退職する人が多いからですね。

業界にもよるとは思いますが、求人が高い時期を調査して、そこを狙う作戦もアリということを覚えておきましょう。

退職予定日を決める 何日前までに上司に申告するか確認

さて、次は退職予定日を決めていきましょう。在職しながらの転職だと3月末まで働いて、4月1日から新しい会社に入社というように、空白期間ができないように進めていくのがセオリーです。

転職先が決まったからといって、すぐに勤務先から抜け出せるわけではありません。一般的にどこの企業でも就業規則が定められており、「退職予定日の2週間前までに上長に報告すること」「1ヶ月前までに退職する意思を示す事」というように書いてあるはずです。ですので自分が「何日前に上司に申告しなければならないのか」しっかりを確認しておきましょう。

また有給休暇が残っているのであれば、「最後の1ヶ月をまるまる有給で消化する」というのもアリです。少しも休憩を取らないまま、次の職場に移動して行くのもちょっと疲れますからね。

但し、退職する時に円滑に引き継ぎできる準備を万全に行い、休む事で迷惑をかけないようなスケジュールを組んでいきましょう。

応募・面接期間を決める

次は書類を応募する期間・面接に挑む時期を大雑把に決めておきましょう。一般的には書類を応募して1〜2週間経つと書類結果が返ってきます。そしてそこから面接の日程調整が始まります。

スムーズにいけば1ヶ月前後で内定を勝ち取ることも可能です。ニトも第二新卒で転職した時は、3週間くらいで内定1つ目を取ることができました。

ただ問題は面接の日程調整です。土日にやってくれる企業もありますが、一般的には平日の業務時間中に行われることが多いようです。

ですので、書類を送ってから面接が入りそうなタイミングで有給申請を出しておくと、全体のスケジュールがスムーズに進むでしょう。

ニトの友人のように、仮病で休んで面接に行くようなことはできるだけ避けましょう笑

情報収拾をする時期を決める 書類作成期間を決める

次は書類を応募する前に、情報収集の部分と書類作成のことを考えていきましょう。基本的には、求人サイト、転職エージェントサイト、紙媒体、イベントの参加などによって情報を集めることが可能です。

自分の中で「給料>職種>勤務地」というように、優先順位が決まっていると、絞り込みがうまくいきやすいでしょう。

また次は書類作成です。履歴書職務経歴書ですね。これは応募企業によって多少は書き換えないといけないものですが、大筋のところは大体同じ内容になるはずです。後々細かく記事にしていく予定ですので、ポイントを抑えて、早めに書き上げるようにしましょう。

情報収集+書類の作成を1週間で、1社はまず応募できる形にして下さい

事前準備

最後に、これまで決めてきた準備にとりかかる為の事前準備を行う必要があります。ここの準備をしっかり行った上で、転職活動を気持ちよくスタートさせていきましょう。

事前準備として必要になってくるのは、3点あります。

1つ目は「転職する目的」を明確にしておくことです。もう少し具体的に言うと、「転職で何を解決したいのか」「何を成し遂げたいのか」を考えておく必要があります。

  • 労働環境が悪いので、少しでも早く帰れる企業に転職したい
  • 給料が低すぎるので、少しでも年収が上がるところに転職したい
  • 業務内容が事務的でつまらないので、もっと技術よりの仕事に転職したい

例を挙げると、こんな感じですね。

しかし転職で変えたいことが複数ある場合の方も多いと思います。

給料も上げたいし、残業も減らしたいし・・とかですね。

ですので、「自分が転職して実現したい」ことに「優先順位」をつけてください

残業時間を減らすのが最優先で、その次に職種と年収を考える、他の条件に関しては特にどうでもいい

とかですね。これによって書類作成や面接でも、自分の考えをスムーズに話すことができると思います。

2つ目は「自分のキャリア」についての理解です。ようは自己分析ですね。

今まで自分はどんなことをしてきて、どのようなスキルが身についているのか、またそのスキルでどのような成功体験があるのか、数値で表すことのできる実績なんかがあれば良いでしょう。


これに加えて「そのスキルをどこで活かしていきたいと思っているのか」「どんな事に挑戦していきたいか」などをしっかり言語化できていると、応募企業を絞り込む時・応募書類を作成する時にスムーズに進みます。

ちなみに第二新卒で転職を狙う場合は、社会人としてのビジネスマナーに加えて、実際に少しでも触れた業務(客先の資料作成、客先にプレゼン、役員報告などなど)を誇張して書けば問題ないので、とりあえず少しでもやったことをまず書き出してみると良いでしょう

3つ目はこれを踏まえた上で、転職活動の全体像を理解しておくことです。

この部分においてはこの記事を全て読むことで大筋理解できると思うので大丈夫かと思います。

よって事前準備が必要なのは2つだけです。いざ文章に起こそうと考えるとなかなか難しいものです。1週間くらいかけて、自分は転職して何を実現したいのか、自分はどんなスキルを持っているのか等を言語化できるようにしましょう。

最後に

内容は以上です。このように、転職する日にちから逆算してスケジュールをしっかり立てておけば、退職時に変なトラブルが起こってしまったり、変に急いで就職先を決めてしまったなんてことにはならないはずです。

最初に明確な目的を持って活動を始めることができるので、自分の希望にしっかり合った転職を実現させることができるでしょう。

  • 転職予定日を決める
  • 退職予定日を決める
  • 応募・面接期間を決める
  • 情報収拾をする時期を決める 書類作成期間を決める
  • 事前準備

という順番でスケジュールを立てて下さいね。

最後にですが、転職活動を成功へ導くためには、「テンポよく行動していく」とういうことも大事になってきます。

中途採用の場合、抜けた人員をピンポイントで募集しているので、早く応募しないと応募した人の選考結果が出るまで待ちぼうけになってしまいます。

特に人気の高い求人だと、求人が始まるとすぐに大量の応募が集まってしまうので、自分が悩んでいるうちに採用枠が埋まってしまったりするのです。

ですので、「求人検索と同時に書類作成も進めておく」「興味があったらすぐに応募だけでもしておく」というようにテンポよく行動することが早く転職できる秘訣です。

企業研究なんて選考結果が来るまでにいくらでもできますからね。まずは先手で書類を送ることが大事になってきます。

転職では「早い者勝ち」みたいなところがあるので、チャンスを逃さない為にもテンポよく行動するように意識していきましょう。

それでは。