Re就活の評判と口コミは?ニート・フリーターにおすすめのエージェントサービス

一般転職


  • 第二新卒専門サイトRe就活の評判ってどうなの?
  • Re就活についての情報や口コミが知りたい
  • Re就活について実際に使ってみた感想が知りたい

こんな疑問に答えます。

第二新卒での転職を検討されている中、転職エージェントの「Re就活」について詳しく知りたいと感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では第二新卒専門の転職エージェント「Re就活に関する評判」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの第二新卒転職に関する知識を1つ増やすことが可能ですよ。

Re就活の基本情報

まずは「Re就活」の基本的にな情報について説明していきます。

Re就活とは

Re就活とは、第二新卒専門の転職エージェントサイトで、入社3年以内の早期転職者に対して求人の紹介や内定までのサポートを行ってくれます

ちなみにRe就活のCMは松本穂香さんによるプロモーションが行われていますね!
項目詳細
利用する年代20代
求人特徴未経験OKの求人が大半
エリア全国各地の求人有り
サービス無料

第二新卒専門なので、基本的に「未経験でもOK」で、ポテンシャルによって採用してくれる求人が大半です。

また定期的に「合同説明会のような就職イベント」を開催しており、イベントに参加することで1日で多くの求人に触れることもできます。
利用は無料なので、第二新卒で転職したいと感じている人は積極的に登録しておくと良いでしょう。

Re就活の会社情報

Re就活の会社情報は下記の通りです。

項目詳細
運営会社株式会社学情
代表取締役社長中井清和
資本金15億円
事業内容人材関連サービス/広告関連サービス
設立昭和52年11月7日
本社東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル15F

株式会社学情が運営している人材系のサービスで、大手企業故に多くの企業と強いパイプで繋がっています。

昭和から続いている大企業なので転職に関するノウハウやデータも蓄積されており、第二新卒で利用するのであれば非常におすすめです。
しかし利用に関して諸注意がありますので、次の項から特徴やメリット、デメリットについて確認していきましょう。

Re就活の3つの特徴

Re就活の3つの特徴

Re就活の3つの特徴は下記の通りです。

Re就活の3つの特徴
  1. 20代専門転職サイトでNo.1
  2. プラチナスカウト機能による効率的な情報収集
  3. 転職イベントが定期的に開催
上記の特徴を踏まえ、次の項からRe就活のメリットやデメリットについて説明していきますね。

Re就活の3つのメリット

まずはRe就活のメリットについて解説していきます。

全部で3つあるので1つ1つ確認していきましょう。

未経験でも採用してくれる求人が多い

1点目は「未経験でも採用してくれる求人が多い」という点です。
転職活動では一般的にある程度のスキルや経験を求められる場合が多いですが、Re就活は第二新卒に特化した、未経験でもOKな企業を多く保有しています。

そのため、自分のスキルが不足していたり、他の職種に挑戦したかったりという場合に対応していくことが可能です。

自分を採用してくれる企業があるのかどうか」はまず最初に考える点なので、これは大きなメリットだと言えるでしょう。

プラチナスカウト機能で効率的に情報収集が可能

2点目は「プラチナスカウト機能で効率的に情報収集が可能」という点です。
プラチナスカウトとは、「自分の情報を登録しておくだけで企業側から連絡をくれる機能」のことで、自分で求人を探さずとも、企業側から連絡をかけてくれます。

求人検索にはどうしても時間がとられてしまうので、企業側から「ウチを受けにきませんか?」と教えてくれる機能は、転職活動において非常に効率的です。

テンポよく転職活動を進めていくことができるので、これはメリットだと言えるでしょう。

転職イベントに参加することが可能

3点目は「転職イベントに参加することが可能」という点です。
転職イベントに参加することが可能

Re就活最大のメリットがこの「転職博」と呼ばれるイベントに参加できることで、プラチナスカウトよりも超効率的に求人を探し出すことが可能です。

  • 平均3社/日の面談数
  • イベント限定含め約4500社の参加
  • 参加者の90%が選考に
やはり実際に見にいって話を聞くことで得られる情報は多いので、イベントに参加する為だけでもRe就活は必須のエージェントだと言えるでしょう。

Re就活の4つのデメリット

Re就活の4つのデメリット

メリットについて述べたので、次にRe就活のデメリットについて解説していきます。

Re就活は求人の数が圧倒的に少ない

1点目は求人の数が圧倒的に少ないという点です。
リクルートエージェントdodaだと10万件以上の求人を保有しているものの、Re就活は1000~2000件程度しか求人がありません。

この事実を理解しないでCMや広告に踊らされて使用していると、本当に痛い目を見ることになります。

転職活動で1番やっていけないことって「応募する求人がなくなること」なんですよね。
そのためRe就活は非常に有用なサイトであるものの、他のエージェントと併用して使用する必要があります。

Re就活は求人の質が低い

2点目は「Re就活は求人の質が低い」という点です。
Re就活は未経験でもOKな求人が多く集まっているので、どうしても「もっとキャリアアップしたい」「年収を上げたい」と感じている人にとってはもの足りないと感じるかもしれません。

重ねて言いますが、第二新卒で転職活動を行う際は、併用してリクルートエージェントdodaにも登録しておくことを推奨します。

Re就活は他のエージェントと比較して突出しているものがない

3点目は「他のエージェントと比較して突出しているものがない」という点です。

Re就活のサービスとしては「求人紹介」と「内定までのサポート」ですよね。

正直この内容はどの転職エージェント会社も行っていて、わざわざ求人数の少ない会社でサポートを受けるメリットはそんなにありません。
少し厳しい言い方ですが、求人数の多いエージェントでサポートを受けた方が遥かに効率的に進めることができるでしょう。

Re就活は担当者が全く連絡を入れてこない

4点目は「担当者が全く連絡を入れてこない」という点です。
これは私自身が利用した経験談なのですが、電話で相談して求人紹介を受けれるようになったものの、それ以降連絡があまり上手く取れなくて、求人をあまり紹介されることはありませんでした。

やはり転職エージェントの強みとしては担当と密接に関わることで情報を引き出していくことなので、対応が悪い点はデメリットだと言えるでしょう。

Re就活を実際に利用した人の評判や口コミ

Re就活を実際に利用した人の口コミ

メリットとデメリットについて説明したので、次に実際にRe就活を利用した人の口コミ情報について紹介していきます。

Re就活を利用した人の良い口コミ

未経験の職種に転職したけど、5月にRe就活やマイナビで求人見始めて、7月に応募&面接。8月には退職手続き&引き継ぎまで行くことができました。未経験でも転職できるのは非常に良かったです
私が使ってたのはリクナビNEXT、doda、マイナビジョブスとかかな。他にもRe就活なんかは未経験OKが多いみたい。もし転職考えてるならおすすめ!

先も言ったように「自分には何のスキルも経験もないので、未経験求人から探していきたい…」と感じている方や「違う職種に挑戦したい!」と思っている方には向いています。

またポイントとしては、転職エージェントを併用して利用している方が多いという点です。

後におすすめの転職エージェントについて紹介していくので、自分に合いそうなエージェントを見つけていきましょう。

Re就活を利用した人の悪い口コミ

re就活…応募するとそのまま面接まで案内されやすく、すぐに落とされることはほぼない。ただし求人数は少ない
マイナビ転職…求人数はそこそこあるが、"転職"と銘打ってるだけあって職歴なしはエントリーの段階で大体落とされる。
Re就活はまともな企業がないですし、私も使っていません。学情さんが悪いわけじゃないんですけど、どうも集まる企業の質がイマイチ。。
Re就活のサイトが「はじめての就職に!」みたいな求人が多いみたいだから、のぞいてみたら「おら!フリーターが贅沢言ってんじゃねぇぞ」って言われてるような求人しかなかった。

やはり求人数の少なさや質の観点で不満を持つ方が多く見受けられました。

Re就活を利用するのに向いている人【利用するべき人】

Re就活を利用するのに向いている人【利用するべき人】

Re就活を利用するのに向いている人は下記の通りです。

大手転職エージェントに紹介を断られた人

まずは「大手転職エージェントに紹介を断られた人」です。
空白期間が長かったり、あまりにも早期退職すぎる人などは「あなたに紹介できる求人がありません」と転職エージェント側はハッキリ断ってきます。

しかしRe就活であれば未経験OKの求人が多いことから、断られるということがほぼ起こりません。

大手エージェントに断られてしまった人にとって、Re就活は非常に向いていると言えるでしょう。

フリーターやニート・既卒で求人を確保したい人

次に「フリーターやニート・既卒で求人を確保したい人」です。
フリーターやニート・既卒だと紹介求人が少ない傾向にありますので、必然的に求人の確保は最重要課題になってきます。

正直Re就活の場合他の転職エージェントと求人が被ってしまう可能性が大いにありますが、とりあえず登録して少しでも求人数を確保しておきたい人にはおすすめです。

\こちらもおすすめ/

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-12-01

未経験で新しい仕事に挑戦したいと感じている人

最後に「未経験で新しい仕事に挑戦したいと感じている人」です。

繰り返し言うように、Re就活は第二新卒専門サイトですので、未経験求人を中心に集めています。

新しい職種に挑戦したいからどんな求人でもOK!と感じている人なのであれば、Re就活はその期待に答えてくれる求人サイトと言うことができるでしょう。
面接の立ち回りやアピール次第で、どんな職種にだって挑戦していくことができます。

Re就活と他の転職エージェントを比較

Re就活と他の転職エージェントを比較

Re就活と他の転職エージェントを比較した結果が下記の通りです。

【おすすめ転職エージェント】

エージェント名特徴
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1
  • 評判や口コミ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
  • 評判や口コミ
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%
  • 評判や口コミ
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
  • 評判や口コミ
ウズキャリ
ウズキャリ(UZUZ)
  • 内定率86%とかなり高い
  • 就職後の企業定着率が96%と圧倒的
  • 評判や口コミ
JAIC
JAIC
  • 独自の就職講座で就職成功率81.1%
  • 入社後定着率91.3%
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 完全未経験の求人約3000社
  • 書類通過率が91.4%で内定率が80.4%
  • 評判や口コミ
マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
  • 20代専門エージェントで満足度No.1
  • 職歴なしの支援実績10000人で実績抜群
For a-career
For a-career
  • 求人数が数3,000件、入社後定着率96%
  • 他社よりも充実した転職サポート
  • 評判や口コミ

様々な特徴を持つ転職エージェントがありますが、大手の転職エージェントにおいては10万件以上の求人があるので、登録しないとかなり損をすることになります。

自身の状況に合わせ、使えそうな転職エージェントを併用して使っていくと良いでしょう。

詳細は下記の記事にて纏めております。

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27

Re就活に関する「よくある質問」

Re就活に関する「よくある質問」

最後にRe就活に関する「よくある質問」について纏めていきます。

Re就活に利用料金はかかりますか?

はい、Reサービスは全て無料です。

基本的に転職エージェントは希望者が内定を決めた時に、内定先から仲介料として頂く形となるので、利用者は全般無料で利用することができます。

就活未経験でもRe就活は利用できますか?

勿論ご利用いただけます。

Re就活は今までの経験やスキルよりも、「今後のポテンシャル」を重視して採用してくれる企業が多いので、スキルや経験問わず利用することが可能です。

大学中退したのですが、Re就活を使うことはできますか?

こちらも上記と同様利用することが可能です。

Re就活を高卒は利用できますか?

こちらも上記と同様利用することが可能です。

Re就活のスカウトメールが希望とマッチしません

ログイン後、右上メニュー「Web履歴書編集」のご登録内容を再度ご確認ください。

企業は匿名のWeb履歴書を見てスカウトをお送りするため、Web履歴書の内容が正しくなければ希望条件以外のスカウトを受信してしまいます。
より正確な情報を入力いただき、効率的に転職活動を進めましょう。

Re就活の評判や口コミ情報まとめ

Re就活の評判や口コミに関する記事は以上となります。

Re就活を利用するべき人
  1. 大手転職エージェントに紹介を断られた人
  2. フリーターやニート・既卒で求人を確保したい人
  3. 未経験で新しい仕事に挑戦したいと感じている人
上記に当てはまる方は、是非Re就活を利用してみると良いでしょう。

また本ブログでは仕事に関する情報や転職に関するノウハウを蓄積しています。

第二新卒に関しては下記の記事に全て纏めてあるので、もし興味があれば少しずつ読み進めてみて下さいね。

\こちらもおすすめ/