リクルートエージェントの評判は?悪い?【使い方も含めて答えます】

転職ノウハウ


  • 転職エージェントってどこを選べばいいんだろう
  • リクルートエージェントを使っている人の感想が聞きたい
  • リクルートエージェントを使うメリットって何?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ニトです。

仕事って大変ですよね。現在転職を検討されている方、もしくは転職活動を進めている方でこのように悩んでいる方はいるのではないでしょうか?

リクルートエージェントは転職エージェントの中では、トップクラスと言ってもよい転職エージェントですが、人気であるが故に批判的な意見なども多いです。

僕も第二新卒で転職活動した時に使用させて頂いたんですが、求人数が多いし、スマホのアプリで求人も探せるし、かなり自分としては使い勝手が良かったです。

そこでこの記事では、リクルートエージェントのメリット・デメリット、また実際の評判などについて詳しく解説していこうと思います。

スポンサードサーチ

求人サイトと転職エージェントの違い【リクルートエージェントの評判の前に】

*知っている方なら飛ばして次に進んで下さい。

そもそも転職求人サイトと転職エージェントって何が違うの?というところを説明します。

まず転職求人サイトですは、これは新卒の就活の時にで言うと「リクナビ」や「マイナビ」のようなものです。

自分で登録して、自分で企業をエントリーして、面接を受けていくという流れですね。

転職でいうと「リクナビNEXT」という求人サイトが最も業界大手であり、求人数はなんと 27000件もあります。

次に転職エージェントですが、これは転職したい人に対してそれぞれ担当者が付き、「希望求人の紹介」や、「面接や書類作成のサポート」を行ってくれるというサービスです。

そして内定を手に入れることができたら、企業が転職エージェント会社に対してお金を払う仕組みとなっているので、使用する転職者は、このサービスを無料で受けることができます

自分一人で進めるのではなく、他に様々な恩恵を受けることのできるのが転職エージェントのメリットとなっております。

それではそんな転職エージェントの中の最大手である「リクルートエージェント」には、どのようなメリットとデメリットがあるのかを紹介していきます。

リクルートエージェントのメリット

それではまずリクルートエージェントのメリットから説明していきますね。

求人の量が圧倒的に多い

まず何より言える最大のメリットは「求人数が圧倒的」ということです。

上記の画像をご確認いただきたいのですが、求人数で考えると、リクルートエージェントは業界トップの求人数を誇っており、その数はなんと10万件を超えています

何より転職活動で最もやってはいけないのが、「応募する求人がなくなる」ということです。

転職活動だと「リクナビNEXT」というサイトが最も有名と言いましたが、この求人サイトでも求人数は27000件です。もはや数が圧倒的に違います。

その理由として、転職エージェントは非公開求人を多く抱えているからです。

非公開求人とは「競合他社がいるから公に言えない情報や、求人が殺到しやすい」という理由から公に公開されていない求人で、リクルートエージェントはこの非公開求人だけでも10万件を超えています。

ですので、転職エージェントの中でもリクルートエージェントリットは求人数が圧倒的ということに尽きるでしょう。

約40万名の転職成功実績がある為、ノウハウを教えて貰える

次のメリットとして、リクルートエージェントは転職エージェント業界として最大の実績がある為、そのノウハウをキャリアアドバイザーに教えて貰えるという点です。

具体的には、「面接でどんな質問がされたのか」とか「どんな人材が採用されやすいのか」とかですね。

その他にも履歴書, 職務経歴書の添削を担当者がやってくれたりもします。

転職活動をやったことがなくて不安…!!と思っている方は、とりあえずリクルートエージェントを利用しておけばまずは問題ないかと思います。

転職成功のための独自サービス

最後に、リクルートエージェントでは転職成功の為の独自サービスが存在します。

例えば、専用のPCページだと転職活動の進捗を効率的に管理できる「Personal Desktop」という機能や、スマートフォンのアプリなどでも求人をチェックできるので、簡単な空き時間も効率的に転職活動を進めることが可能です。
また職務経歴書を項目を埋めていくことで簡単に作成できる「レジュメNavi」というシステムや、面接が不安な方に向けた「面接向上セミナー」も定期的に開催されています。

このように転職を成功に導くための各サービスが充実しているのはリクルートエージェントのメリットと言うことができるでしょう。

リクルートエージェントはこちら

リクルートエージェントのデメリット

良いところばっかり言ってもしょうがないので、リクルートエージェントを使用する上でのデメリットを書いていきます。

担当の案件数が多いため、メール返答が遅い

まず言えることは、担当者の受け持っている人の数が多すぎて、メールの返答が全然返ってこないことがあることです。

リクルートエージェントは転職エージェントの中でNo1の実績がありますからね、それ故に担当官の一人一人の受け持つ人数が多くなってしまっているんですね。

それ故にメールが返ってこないことはよくあります。

ですが担当官と連絡を取り合っていて、そこまで急ぐ場面ってあまりありません。

ですので、多少の返答の遅さは目をつぶってあげると良いでしょう。

自分の希望と合わないところを勧められる

次は自分と希望の全く違う求人を勧められるということです。

これもよく聞く話なんですが、どこの転職エージェントでも同じような現象が発生します。

なぜかと言うと転職エージェントに登録した後に初回面談があるのですが、そこで自分の希望や要望が上手く伝わっていなかったからですね。

ですので初回でキッチリ自分の要望を伝えておけばさほど問題はないでしょう。

また結局は自分で求人を探していくのが基本なので、担当者も探してくれてはいますが、参考程度に見ておくくらいが良い付き合い方と言えるでしょう。

リクルートエージェントの良い評判と悪い評判まとめ

次は評判や口コミですね。ちょっと良いところと悪いところを調べてみました。

リクルートエージェントの良い評判

・良い感じの担当者だった

・なんだかんだ言っても、求人が圧倒的

・客観的に自分が転職可能かどうかも判断可能

リクルートエージェントの悪い評判

・とりあえず応募を勧めてくるのに、後々面接の辞退ができない

・担当運が悪いとなげやりな対応をされることも・・

【結論】担当の言うことは鵜呑みにしない+情報収集だけに使うのがベスト

・情報収集にだけ使用していくのがベスト

この方は昔リクルートで働かれていたmotoさんと言う「転職と副業のかけ算」という本を出している有名な方なのですが、もうこの方が「情報収集の一環として使うのが良い」と言ってしまっています。

結局担当者がクソだったとしてもそうでないとしても、会社を探して書類を送って面接していくのは自分自身じゃないですか。

ですので「担当がクソだった」とか「良い求人紹介してこない」とかあんまり関係ないんですよ。

それは「おまけ」として考えて、プラスでついてきたらラッキーくらいで考えておくと良いでしょう。

実際この圧倒的な求人を使えるか使えないかが転職にどのくらい左右するかなんて、言わなくても分かるかと思います。

使えるところは使って、使えないところは切り捨てる」というくらいの損切りの気持ちで行きましょう。

実際リクルートの人は「塩対応の人が多い」なんて言われていますから、寧ろ好都合なんじゃないか?なんて思ったりもします。

リクルートエージェントはこちら

まとめ

というわけで内容は以上です。

リクルートエージェントの担当官も人間なので、気にくわない人に当たる確率もあるでしょう。

しかし自分のコントロールできない部分に捉われるのではなくて、自分が利用できるメリットの部分にだけ着目してみたらどうでしょうか?

僕も新卒10ヶ月で退職して、第二新卒で転職した身ですが、リクルートエージェントの担当官とはほとんど連絡を取らずに、自分で求人を探して応募して、その時だけやり取りをしていました。

そんくらいの使い方で良いと思います。あの10万件を超える圧倒的な非公開求人を使わない手はないので、積極的に利用していくと良いでしょう。ちなみに全て無料で使うことができますので。

リクルートエージェントはこちら

このように基本的にこのブログでは「20代の働き方・悩み」「転職のノウハウ」について記事にしています。

加えて転職活動の進め方において、入社3年以内でも確実に転職する確率を上げる「第二新卒トライアル」という一種の転職ロードマップを無料で紹介していますので、重ねて興味があれば、ご覧いただけると嬉しいです。

第二新卒トライアルはこちら

第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

2020-05-06

それでは。