転職エージェントに放置・見捨てられる人の9つの理由と対処方法

転職ノウハウ


  • 転職エージェントに放置されている
  • 転職エージェントの人に見捨てられた
  • 転職エージェントに放置・見捨てられた時の対処法は?

こんな疑問に答えます。

転職しようと思っていざ転職エージェントに登録してみたものの、「担当官に放置されている」「見捨てられていて進まない」と感じている方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、転職エージェントに放置されることは基本ないものの、一部原因によって見捨てられる可能性は否めません。

本記事では「転職エージェントに放置・見捨てられる人の9つの理由と対処方法」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、転職エージェントで悩んだ時の対処法について1つ学ぶことが可能です。

スポンサードサーチ

転職エージェントに放置・見捨てられた状態とは?

転職エージェントに放置・見捨てられた状態とは?

まず転職エージェントに放置された・見捨てられた状態とはどのようなものなのでしょうか?

事例を4つほどピックアップしましたので1つ1つ当てはまるものを確認していきましょう。

紹介できる求人がありませんと断られる

まず「紹介できる求人がありませんと断られる」場合です。

転職エージェントに登録すると担当の方と面談を行いますが、この時点で経歴やスキルがないと判断されると「紹介できる求人がありません」と断られる場合があります。

転職エージェントは転職希望者を内定に結びつけることによって利益を得ているので、「入社して1週間で辞めた人」とか「数年間ニートしてました」という方はどうしても敬遠されがちです。
紹介できる求人がないと言われてしまうことで見捨てられたと感じてしまうのでしょう。

求人紹介を一向にしてもらえない

次に「求人を一向に紹介してもらえない」という場合です。

転職エージェントに登録したものの、一向に求人を紹介してくれない・求人が見れない状態になっている場合があります。

こちらは基本的に登録情報の入力不足か担当のミスによるものですので、解決することは可能です。

転職エージェントのサイトを開いても何もできない状況になっていることから、放置されてしまったと感じるのでしょう。

返信が遅い・連絡が返ってこない

次に「返信が遅い・連絡が返ってこない」という場合です。

転職エージェントを利用していると担当者等メールでやり取りすることが頻繁にあるのですが、返信が遅かったり連絡が一向に返ってこないことがあります。
担当官も複数人受け持っているのでメールを返せていない場合がほとんどなのですが、あまりにも返事が遅いので見捨てられた・放置されたと感じるのでしょう。

希望や要望に答えてくれない

最後に「希望や要望に答えてくれない」場合です。

転職エージェントを利用していて「もっとこうしてほしい」と言う要望を伝えるものの、それに対して担当官が応じてくれない・答えてくれない場合があります。
こちらも先ほどと同様に1人の転職希望者だけ請け負っているわけではないので、対処できないことから見捨てられている・放置されていると感じるのでしょう。

転職エージェントに放置・見捨てられる9つの理由

転職エージェントに放置・見捨てられる9つの理由

転職エージェントに放置・見捨てられている状態について説明しましたが、放置される側にも原因がある場合があります。

見捨てられてしまう理由を9つに纏めたので、1つ1つ確認していきましょう。

転職の採用意欲が低い

1点目は「転職の採用意欲が低い」という理由です。

転職エージェントを利用している時に転職希望者の採用意欲が低いと、連絡や伝達が後回しにされる場合があります。

先ほども言った通り転職エージェントは内定を取ることによって利益を得ているので、どうしても採用意欲によって優先順位が変わってしまうのは覚えておきましょう。
また採用意欲が高いにも関わらず「低い」とみなされていると、求人紹介を受けれない場合がありますので、自分の意思はしっかり伝えておく必要があります。

転職の理由が曖昧

2点目は「転職の理由が曖昧」という理由です。
転職エージェントに登録するとまず担当の方と面談を行っていくのですが、この時点で転職する理由が曖昧だと求人紹介をうまく受けれない場合があります。

担当官側の視点で考えて欲しいのですが、転職理由が曖昧な人にどんな求人を紹介しますか?結論紹介できる求人の幅が広くなってしまい紹介できませんよね。

転職の採用意欲が低い時と同様に、自分の意思はしっかり伝えておくことが大切です。

登録情報が不十分

3点目は「登録情報が不十分」という理由です。

転職エージェントを利用するとサイトの中で職務経歴書や履歴書の情報を入力し、その内容を元に求人に応募していきます。

この履歴書や職務経歴書の情報をしっかり入力していないと求人を確認することができないので、それ故に担当官から連絡が来ないのかもしれません。
登録情報を埋めていないのであれば、まずは自分の登録情報を埋めることから始めてみましょう。

希望職種の倍率が高い

4点目は「希望職種の倍率が高い」という理由です。
転職エージェントは一般的に求人紹介を行ってくれるサービスですが、利用者の希望している職種の倍率が高いとそもそも求人が出回らず、紹介を受けれない可能性があります。
純粋に倍率が高くて求人紹介を受けれていないだけなので、厳密には放置されている状態ではないかもしれません。

連絡を返すのが遅い

5点目は「連絡を返すのが遅い」という理由です。
担当官と連絡をとっていてあまりにも連絡を返すのが遅い状態が続いてしまうと、転職に対するやる気がない、もしくは採用意欲が低いととられて、相手側の対応も薄くなります。
自分自身で種をまいている可能性もあるので、担当官から連絡が来たらその日中に返信するよう心掛けましょう。

時間を守らない・無視する

6点目は「時間を守らない・無視する」という理由です。
こちらも1つ前の項目と同様なのですが、連絡を返さずに無視したり、時間を守らない行動が目立つと、採用意欲が低いととられてしまいます。
時間を守らない、無視するというのは転職する以前の問題です。もし心当たりがある方は早急に改善するようにしましょう。

経歴・スキルが足りていない

7点目は「経歴・スキルが足りていない」という理由です。
基本的に転職エージェントを利用できないという事はほとんどないのですが、あまりにも紹介できる企業がない経歴だと、「紹介できる求人がない」と利用を断られる場合があります。

例えば入社1週間で退職したような人材が転職エージェントを利用するとしても、求人を紹介するのは現実的には厳しいでしょう。

既卒やニート専門、第二新卒専門、ハイスキル専門の転職エージェントなど様々な種類がありますので、自分に合った転職エージェントを利用できると良いですね。

利用しているエージェントの求人数が少ない

8点目は「利用しているエージェントの求人数が少ない」という理由です。
単純に放置されている・見捨てられているのではなく、利用している転職エージェントの求人がそもそも少ない可能性があります。
求人の応募数が少ないと単純に紹介して貰える企業が少なくなりますので、それ故に放置されていると感じているのかもしれません。

単純に担当と噛み合っていない

9点目は「単純に担当と噛み合っていない」という理由です。

転職エージェントの担当日も人間ですので、単純に意思疎通がうまく取れていない・噛み合っていない場合があります。

こちらはどうしても運ゲーになってしまうのですが、もし本当に担当官が合わないと強く感じたのであれば、早い段階で担当の入れ替えを申し入れる必要がありそうです。

転職エージェントの企業側の3つの裏事情

転職エージェントの企業側の3つの裏事情

転職エージェントに放置・見捨てられる理由について書いてきましたが、エージェント側にも裏事情があり、利用者の都合の良いように利用できるとは限りません。

エージェント側の裏事情を知ることは「放置・見捨てられることへの対策」にも繋がりますので、エージェント側の裏事情にもついても理解しておきましょう。

転職エージェントは慈善事業ではない

まず「転職エージェントは慈善事業ではない」ということです。

前の項でサラッと言いましたが、転職エージェントは利用者が内定を得ることによって、内定先の企業からエージェント会社がお金を貰う仕組みになっています。

それ故に利用者はすべてのサービスを無料で使用することができるのですが、内定を取ることができないと判断された転職希望者はそもそも求人紹介をするメリットがありません。

慈善事業ではありませんので、断られたからといって見捨てられたと判断しないようにしましょう。

転職エージェントに断られてしまった場合は「どうすれば求人紹介を受けれるようになるのか」という点を聞いておくことが大切です。
もし入社3ヶ月で転職を希望している利用者がいたとして、断られた理由が「経験が浅いから」だとしたら、半年以上経ってからだと求人を紹介してもらえるかもしれませんよね。
このように転職エージェントの視点から考えると自分に足りていない部分が見えてくるので、断られた場合は必ず何が駄目だったのかを聞くようにしましょう。

転職エージェントにはノルマがある

次に「転職エージェントにはノルマがある」という点です。

転職希望者が内定を取ることによって初めて利益が発生しますので、必然的に転職エージェントの担当官にはノルマが課されます。

採用意欲が高くても入社難易度が厳しかったり、レスポンスが早くても紹介できる求人がなかったりすると現実的に後回しにされてしまう可能性が高いです。

逆に採用意欲が低くても入社難易度がかなり低いとそちらの方を優先される可能性があります。

自身の状況踏まえて、もし自分の転職条件が厳しいのであれば、転職エージェント会社を複数併用し、求人効率を上げていく必要があるでしょう。

転職エージェントの複数利用における12の注意点【知らないと詰み】

2020-05-06

転職エージェントのシステム上後回しにされる

最後に「転職エージェントのシステム上後回しにされる」という点です。

転職エージェントはあなた以外にもたくさんの転職希望者を抱えているので、何社応募したのか・いつ選考を進めたのかという情報を逐一システムに入力しています。

つまり積極的に転職活動を行っていないと自分の情報が更新されていかないので、システム上どんどん後回しにされてしまい、エージェントからの連絡が疎遠になるのです。

前の項の内容を踏まえると、「積極的に転職活動を行っていて、且つ内定獲得率が高そうな利用者に率先して連絡を取っている」という裏事情があります。

転職エージェントの裏事情をしっかり理解して、自分が放置されないような対応を行っていけると良いですね。

転職エージェントに放置・見捨てられた時の2つの対処法

転職エージェントに放置・見捨てられた時の2つの対処法

転職エージェントの裏事情について話してきましたが、最後に転職エージェントに放置・見せられた時の対処法について解説していきます。

基本的には以下の2つです。

対処法①:担当官を変えてもらう

1つ目は「担当官を変えてもらう」という方法です。

転職エージェントの担当官もやはり人間ですので、意思疎通が取れなかったり、噛み合わない、連絡が不十分ということもあるかもしれません。

あまりにも酷い場合は担当を入れ替えることもできますので、入れ替えの連絡を取ってみると良いでしょう。

伝え方が悪いとトラブルにもなりかねませんので、やんわりとした表現で言うことがコツです。

対処法②:転職エージェントを変える

2つ目は「転職エージェントを変える」という方法です。

転職エージェント1つでもサービスが悪いエージェントだったり良いエージェントだったり様々あります。

またそもそもの求人数が少なかったり、専門職に特化したエージェントもあるので、自分に合った転職エージェントを利用していくことが内定に近づく為には非常に重要です。

複数転職エージェントを併用していった方が、担当官の言ってくる発言に対して信憑性があるかどうかの裏も取れますし、求人も増えるので、内定獲得率を上げることができます。

最後にお勧めの転職エージェントを3つ紹介しますので、特徴を抑えておきましょう。

おすすめの転職エージェント3選

お勧めの大手転職エージェントを3つ紹介しますので、1つ1つ確認していきましょう。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断やサポート機能が充実している

dodaは大手転職エージェントサイトの中でも圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」を無料で受けることができますので、ユーザー満足度はかなり高いです。

無料でこれ程の手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

▼\dodaは5分で登録可能!/

転職エージェントdodaの評判ってどうなの?【利点と欠点まとめ】

2020-05-06

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 同様に10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 圧倒的な成功実績【受かる人のタイプが分かる】
  3. 面接サポートや対応が充実

dodaと合わせてリクルートエージェントにも一緒に登録しておくことをオススメします。

僕が第二新卒の転職の際に利用した体感としては、被っている求人もあったものの、どちらかにしか存在しない求人が双方にありました。

ですので、ぶっちゃけこの2つを登録しておくだけで、他社とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です。

どうせ無料で利用できるのですから、使えるものは全て使っておいたほうが良いでしょう。

▼\RAは5分で登録可能!/

リクルートエージェントの評判は?悪い?【使い方も含めて答えます】

2020-05-06

ハイクラス求人が多い「JACリクルートメント」

ハイクラス求人が多い「JACリクルートメント」
JACリクルートメントのポイント
  1. 年収600万円以上の求人を数多く紹介
  2. 東証一部上場企業で43万人を超える実績
  3. JACをおすすめしたい人95%と安定した信頼感

JACリクルートメントはハイクラスな求人に特化した大手転職エージェントです。

転職活動を行っていく中で「年収を上げて行きたい」「もっと給料を上げたい」と強く感じているのであれば、積極的にJACを利用してみると良いでしょう。
利用者の95%が「他の人にも紹介したい」と回答しているので、信頼性は抜群です。


▼\ JACリクルートメントはこちら /

まとめ

転職エージェントに放置・見捨てられる人の9つの理由と対処方法についての記事は以上になります。

基本的に見捨てられたり、放置されるのには理由がありますので、自分の当てはまる状況を理解して、最前の対処法を取っていきましょう。