マイナビジョブ20'sの評判や口コミは?【結論悪いです】

転職ノウハウ


  • 第二新卒専門サイトマイナビジョブ20’sの評判ってどうなの?
  • マイナビジョブ20’sについての情報や口コミが知りたい
  • マイナビジョブ20’sについて実際に使ってみた感想が知りたい

こんな疑問に答えます。

こんにちは、第二新卒ブロガーのまっつんです。

第二新卒で転職を検討している時に、有名な大手転職エージェントを利用するべきか、第二新卒専門の転職エージェントを利用するか悩む人も多いと思います。
まっつん
その中の1つとしてあるのが「マイナビジョブ20’s」なのですが、第二新卒の専門サイトしてはそこそこ有名です。

しかし結論から言わせて貰うと、マイナビジョブ20’sを単体で利用して転職活動を進めていくことはオススメできません。

この記事では「マイナビジョブ20’sを使うべきではない理由や利用するべき人」について纏めて記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

マイナビジョブ20’sを使うべき人のターゲット層は?

マイナビジョブ20’sを使うべき人のターゲット層は?

マイナビジョブ20'sを利用するべきターゲットにはどのような層なのでしょうか。

2つに分類できますので、それぞれ確認していきましょう。

マイナビジョブ20’sは入社3年以内の転職者向けの求人サイト

マイナビジョブ20'sは入社3年以内の第二新卒の若手転職希望者に特化した転職エージェントとなります。

また既卒の人に対してもサポートを行っていますので、一般的には20代前半の人が利用できるサービスということですね。

まっつん
転職希望者に対して求人紹介、キャリアアドバイザーからの転職サポートを全て無料で受けることが可能になります。

マイナビジョブ20'sは働き方に悩む女性も活用できる

またマイナビジョブ20'sは20代の働き方に悩む女性に対しても様々なノウハウを持っています。

女性の場合だと、結婚や出産などのイベントが20代で起きる可能性があり、働き方に悩む人も多いですよね。

そんな貴重な20代ですが「結婚しても働ける会社」だったり「女性が働きやすい職場が良い」など、女性特有の悩みに対してマイナビジョブ20'sは相談に乗ってくれます。
まっつん
自分の希望に対してしっかりキャッチアップして転職に繋げてくれますので、悩める女性も活用することが可能です。

マイナビジョブ20’sを使用するメリット!良い評判や口コミも含めて紹介

マイナビジョブ20’sを使用するメリット!良い評判や口コミも含めて紹介

さて、マイナビジョブ20'sは使うべきではないと言いましたが勿論メリットは存在しますので、まずはマイナビジョブ20'sのメリットについて説明していきたいと思います。

20代に特化している求人を紹介してくれる

まっつん
1点目は「20代に特化している求人を紹介してくれる」という点です。

大手転職エージェントだと、30代・40代の求人も含まれているんですが、マイナビジョブ20'sだと20代に特化して求人を紹介しています。

転職活動で求人を探していても「これは応募条件に該当しないな…」と、第二新卒に該当する求人を探すのって時間がかかるんですよね。

マイナビジョブ20'sを使うことで、自分に合った求人を見つけやすく、スピーディに転職活動を進めていくことが可能になります。

20代に特化したキャリアアドバイザーが指導してくれる

まっつん
2点目は「20代に特化したキャリアアドバイザーが指導してくれる」という点です。
マイナビジョブ20'sは20代に特化した求人を紹介してくれると先ほどは言いましたが、アドバイザーも同様に20代に特化しています。

ですので20代特有の悩みをしっかり相談に乗ってもらうことが可能です。

これは完全に20代に特化しているマイナビジョブ20'sだからこそのメリットと言えますね。

転職未経験者に対して充実したサポートを受けれる

まっつん
3点目は「転職未経験者に対して充実したサポートを受けれる」という点です。
新卒で一度就職活動を行ったものの、転職活動では職務経歴書も提出しないといけないですし、面接の受け答えも退職理由や転職理由を語らなければならないので、ノウハウが変わってきます。

そんな何もわからない状態でも、心配することはありません。マイナビジョブ20'sのアドバイザーが転職未経験者に対しても、1から書類添削や面接などのサポートを行ってくれます。

  1. 転職したいけど何から始めれば良いのか分からない
  2. 転職したいけど1人で進めていくのは不安

このような人達にとって、マイナビジョブ20'sはかなり使いやすい転職エージェントと言えるでしょう。

既卒の人でも就職サポートを受けることが可能

まっつん
4点目は「既卒の人でも就職サポートを受けることが可能」という点です。

マイナビジョブ20'sは基本的に第二新卒専門の転職エージェントですが、既卒で就職したい人にも対応しています。

大卒や高卒で2年未満、つまり24歳以下の就職希望者であればサポートを受けることができますので、該当する方は利用してみると良いでしょう。

マイナビジョブ20’sを使用するデメリット!悪い評判や口コミも含めて紹介

マイナビジョブ20’sを使用するデメリット!悪い評判や口コミも含めて紹介

良い点ばかり言ってしまいましたが、勿論マイナビジョブ20'sにデメリットも存在します。

良い点悪い点しっかり把握して、使えるのか使えないのかをしっかり判断していきましょう。

キャリアアップには向いていない

まっつん
1点目は「キャリアアップには向いていない」という点です。
基本的にマイナビジョブ20’sで紹介される求人は第二新卒専門の求人が多く、年収の高い企業や大手企業は必然的に少なくなります。

ですので「転職してキャリアアップしたい」とか「給料をさらに上げていきたい」と考えている人にとって、マイナビジョブ20’sは向いていないと言えるでしょう。

関東・関西・東海しか使えない

まっつん
2点目は「関東・関西・東海しか使えない」という点です。
基本的に転職エージェントを利用する際は最初にキャリアアドバイザーと面談を行わないといけないのですが、マイナビジョブ20’sは関東、東海、関西圏にしかありません。

電話面談も可能だと思いますが、直接会って話した方が自分の悩み事・困り事を理解してもらいやすいので、これはデメリットだと言えるでしょう。

第二新卒以外利用することができない

まっつん
3点目は「20代以外利用することができない」という点です。

何回も言ってきたことですが、マイナビジョブ20’sは第二新卒専門の転職エージェントになります。

つまり入社3年以内の若手転職希望者した利用することができないので、20代後半の転職希望者は利用できない可能性が高いということです。

しかし僕の兄は転職した時入社4年目だったのですが、「第二新卒枠として採用された」と言っていたので、4年目くらいならギリギリ滑り込むこともできるかもしれません。

求人数が圧倒的に少ない

まっつん
4点目は「求人数が圧倒的に少ない」という点です。
会社名求人数
doda10万件以上
リクルートエージェント10万件以上
マイナビジョブ20's約2000~3000件

少し極端な比較となってしまいますが、大手転職エージェントと比較すると求人数が圧倒的に足りません。

そもそも求人数が少ない転職エージェントを利用していても、自分に合った求人が見つかる確率は低くなるだけですよね。

まっつん
この求人数の少なさはマイナビジョブ20’sの大きなデメリットと言えるでしょう。

マイナビジョブ20'sを利用するべきではないと僕が感じる2つの理由

マイナビジョブ20'sを利用するべきではないと僕が感じる2つの理由

さて、良い点と悪い点について説明したので、次に僕が総合的にマイナビジョブ20’sを微妙だと感じる2つの理由について書いていきますね。

求人数の確保が難しい

1点目は先ほども挙げた通り、求人数の確保が難しいという点です。

まっつん
求人数って思った以上に大事なものなんですが、どうやら転職活動している人はこの部分が抜け落ちている傾向にあるので再度言っています。

転職活動において最もやってはいけないことって「応募する求人がなくなること」ですよね。

新卒の就職活動でも「自分はあと3つストックがある」「新しいストック補充しないと」みたいな話を友達としなかったですか?

マイナビジョブ20'sは第二位新卒に特化して求人を集めているので、少なくなるのは当たり前なんですが、それを加味しても大手転職エージェントとのマイナビジョブ20'sの求人数の差を知っておかないと命取りになります。
まっつん
何も知らずに第二新卒専門だからとマイナビジョブ20'sだけに登録して「自分の合う求人が全然なかった」と言う人がたまにいますが、そんなの求人数が少ないんだから当然です。

他の転職エージェントと併用するのならともかく、単体での利用は命取りになるので辞めておきましょう。

マイナビジョブ20'sに優れている点が特にない

まっつん
2点目は「マイナビジョブ20'sに優れている点が特にない」ということです。

マイナビジョブ20'sだと「第二新卒に特化した求人を紹介してくれて、担当官も第二新卒に特化している」と説明しましたね。

しかし実際のところ、求人紹介や面接・書類サポートというのはどこの転職エージェントでもやってくれます。

加えて、担当官が他の転職エージェントの10倍時間をかけて相談に乗ってくれたり、各種セミナーや診断が充実している転職エージェントなど、それぞれにメリットはあるものです。

そういった観点で他社と比較すると、マイナビジョブ20'sのサポートに特段強みあるかというと、少し弱いと感じます。

まっつん
正直なところ書類の添削や担当官との相性は運要素が強いです。ですので「わざわざマイナビジョブ20'sを使うかと言ったら使わない」というのが僕の最終的な意見です。

マイナビジョブ20'sを利用するのに向いている人って?

マイナビジョブ20'sを利用するのに向いている人材って?

さて、マイナビジョブ20'sを利用しても「そんなに旨味はないよ」という説明をしましたが、実際にマイナビジョブ20'sを利用するのに向いている人材を洗い出してみました。

3つ書いていますのでそれぞれ確認していきましょう。

大手転職エージェントに求人紹介を拒否された人

まっつん
1点目は「大手転職エージェントに求人紹介を拒否された人」です。

転職エージェントもビジネスでやっているので、内定が決まらなさそうな人に対しては「あなたに紹介できる求人はありません」と断ってきます。

基本的に転職活動を進めていく時に大手転職エージェントの登録は必須ですが、これに断られてしまった場合はマイナビジョブ20'sを利用する価値があると言えるでしょう。

24歳未満の既卒である人

まっつん
2点目は「24歳未満の既卒である人」です。

先ほど説明したかと思いますが、第二新卒以外にも既卒者はマイナビジョブ20'sを利用することができます。

既卒の場合大手転職エージェントを利用しても、応募できる求人は残念ながらほとんどありません。

ですので24歳未満の既卒者はマイナビジョブ20'sを利用するのに大変向いている人材と言えるでしょう。

未経験で新しい職種に挑戦したいと考えている人

まっつん
3点目は「未経験で新しい職種に挑戦したいと思っている人」です。
一般的な転職では「スキルと経験」が求められるのですが、第二新卒転職においては新卒と同様に「ポテンシャル採用」で採用されます。

スキルがなくても採用されるということですので、比較的未経験の職種にも応用が効いて、業務のミスマッチをやり直すことが可能です。

マイナビジョブ20'sでは未経験OKの求人が多く掲載されているので、現状業務に不満を感じていて「違う職種に挑戦したい」と感じている人にとっては向いていると言えるでしょう。

【結論】マイナビジョブ20'sを利用するのはあまりおすすめしない

【結論】マイナビジョブ20'sを利用するのはあまりおすすめしない

結論ですが言ってしまうとマイナビジョブ20'sの利用はおすすめできません。

おすすめできない理由
  1. 求人数が少なく求人の確保が困難
  2. 全体的に突出した良さが特にない

一方で前項でも言ったように「大手転職エージェントに求人紹介を断られた人」や「既卒の人」や「未経験職種に挑戦したい」と感じている人にとっては利用する価値はあります。

いずれにしても第二新卒で転職する時に「第二新卒専門」で目が引かれるかと思いますが、実際のところ単体での利用はかなり転職が困難になりますので、大手転職エージェントの補足的な立ち位置で使うと良いでしょう。
まっつん
少し厳しい意見かもしれないですが、現実的に利用してみた僕の感想としてはこんなところです。併用して利用しても良いかもしれないですが、特段使わなくても良いんじゃないの?とリアルに感じました。

マイナビジョブ20'sよりもおすすめの転職エージェント・転職サイト

マイナビジョブ20'sよりもおすすめの転職エージェント・転職サイト

最後に「じゃあどこの転職エージェントを使うべき?」と疑問に感じると思いますので紹介しておこうと思います。

詳細は下記の記事に書いていますので、そちらを見ていただけると嬉しいです。

20代におすすめの転職サイトと転職エージェント12選【+経験者から13個の注意点】

2019-11-29

念の為この記事で一部抜粋して紹介していきますね。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断やサポート機能が充実している

dodaは大手転職エージェントサイトの中でもダントツの求人数を誇っています。

その他にも「自己分析に必要な各種診断」を無料で受けることができますので、全体的に高い満足度で利用することができると思います。

まっつん
無料でこれ程の手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

▼\dodaは5分で登録可能!/

転職エージェントdodaの評判ってどうなの?【利点と欠点まとめ】

2020-05-06

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 同様に10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 圧倒的な成功実績【受かる人のタイプが分かる】
  3. 面接サポートや対応が充実

同様にリクルートエージェントもdodaと一緒に登録しておくことを推奨します。

僕が第二新卒の転職の際に利用した体感としては、被っている求人もあったものの、どちらかにしか存在しない求人が双方にありました。

ですので、ぶっちゃけこの2つを登録しておくだけで、他社とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です。

まっつん
どうせ無料で利用できるのですから、使えるものは全て使っておいたほうが良いでしょう。

▼\リクルートエージェントは5分で登録可能!/

リクルートエージェントの評判は?悪い?【使い方も含めて答えます】

2020-05-06

第二新卒専用の転職エージェントをまとめ【大手の補足で利用】

第二新卒専用の有用サイトをまとめ【大手の補足で利用】

基本的には大手の転職エージェントに登録しておけば、求人数の観点からも問題はありません、

まっつん
しかし僕はこの大手転職エージェントに加えて、さらに「第二新卒専門の転職エージェント」を登録し、求人数を補足していました。

▼\ 以下全て無料で利用可能 /

会社名書類選考求人数オススメ度
就職Shop無し約8500社★★★★★
DYM就職無し約2000社★★★★
JAIC有り約5000社★★★★
ハタラクティブ有り約2300社★★★
ウズキャリ(UZUZ)有り約1000社★★★
マイナビジョブ20's有り約2500社★★
Re就活有り約1000社
基本的に求人数を目安に評価を付けていますが、ウズキャリはどこのエージェントよりも時間をかけてサポートを行ってくれますし、書類選考がない求人を紹介してくれるエージェントもあります。
まっつん
僕の中でマイナビジョブ20'sの評価は低いものとなっていますが、もし補足で登録しておきたいというのであれば、登録しておいても良いかもしれません。しかし併用で使って下さいね。

まとめ

というわけで内容は以上になります。

少し辛口のレビューだったかもしれないですが、転職は人生を左右しますので、僕の正直な感想としてはこんなところです。

面倒くさいかもしれませんが、転職エージェントを複数併用して使っていくことが後々効いてきます。後々後悔しないように、思い立った時に一気に行動に移していくようにしましょう。

それでは。