転職が怖いと感じるのは普通→行動に移せない人の末路は?

転職ノウハウ


  • 転職したいと思っているけど怖い
  • 転職したのに怖いと感じるならしない方が良い?
  • 転職が怖い時の対処法が知りたい

こんな疑問に答えます。

こんにちは、まっつんです。

仕事にミスマッチを感じていたり、人間関係が良くない、業務量が多い…など、会社を辞めて転職したいと思う理由はそれぞれですよね。

そんな気持ちになって「転職したい!」と思うことはあるかと思いますが、実際に行動に移していくとなると不安や怖さから行動に移せない方は多いのではないでしょうか?
まっつん
結論から言うと「転職が怖いと感じるのは別に普通」です。僕の会社を新卒の頃に辞めて転職した経験がありますが、怖い気持ちしかありませんでした。

そこでこの記事では「転職が怖いと感じる原因」や「転職が怖いと感じている時の対処法」について解説していきたいと思います。

スポンサードサーチ

【結論】転職が怖いと感じるのは別に普通です

【結論】転職が怖いと感じるのは別に普通です

まず冒頭でもお伝えしましたが、転職が怖いと感じる理由は別に普通だと思っています。

経験したことのないものに対して不安を覚えるのは普通の感情です。皆さんも新学期を迎える時、学校が変わる時などは不安が大きかったと思います。それと同じですね。

ただ決定的に違うのは、学校などと違って「自らの意思で環境を変えていく必要がある」ということです。

最終的な決定権は自分にあるわけですので、不安やワクワク感ではなく、それが怖さに変わってしまうんですね。

まっつん
確かに仕事においても責任や圧力がかかってくると怖いですからね。そんな時の状態と似ているといっても良いでしょう。

転職が怖いと感じているのに行動に移せない人の末路は?

転職が怖いと感じているのに行動に移せない人の末路は?

それでは転職が怖いと感じているのに行動に移せない人の末路はどうなるのでしょうか?

昔教授が転職したい先輩に対してこんなアドバイスをしているのを聞いたことがあります。

結局不安があっても目先の安全をとっていてはいけない。リスク管理は重要だけど、リスク管理とはある程度のリスクを取り払い、取るべきリスクだけを取ることだ。


ノーリスクで何かに挑戦することなんて不可能。もちろん行動しないことが間違っているとは言わないが、リスクを取れない人は最後まで行動に移さずに一生同じことを言い続けるだろう。でもそうやって考えるのが人生だ。

こんな感じのことを言っていて、とても僕の心に刺さりました。

つまり行動に移せない人は結論ずっとそのままだと言うことです。

妥協して数年経って、あの時こうしておけばなあ…と一生後悔するのは嫌ですよね。

まっつん
人間は死ぬ時に後悔することは大体同じ後悔になるらしく、その中に「もっと挑戦しておけば良かった」「もっと目標を持っておけば良かった」などが挙げられるそうです。

ですので現状転職するのが怖いと感じていても、その殻を破っていく必要があります。

次の項から、少しでも転職が怖いと感じる気持ちを低減できる話をしていこうと思います。

転職が怖いと感じている理由って何?

転職が怖いと感じている理由って何?

さて、転職が怖いと感じているからこそ、まずはその理由を明確にすることが大切です。

転職が怖いと感じている人はどのような悩みを持っているのか一度確認しておきましょう。

結論から言うと、転職が怖いと感じるのは「漠然とした不安が大きいから」です。

  1. 転職前の不安
  2. 転職中の不安
  3. 転職後の不安

ざっくりこんな不安に駆られるから「転職=怖い」という感情になってしまいます。マルチタスクが人間に向かないように、不安が分散していればしている程、怖いと感じやすいのかもしれませんね。

ですので怖いからこそ何が怖いのかを自分で理解し、対策していく必要があります。

転職が怖いと感じる理由【転職前】

まずは転職する前に怖いと感じる理由にはどのようなものがあるのか確認していきましょう。

  • 今の仕事を辞めてしまって本当に大丈夫なのか
  • 次の会社で人間関係は上手くやっていけるのか
  • そもそも仕事についていけるのか

一般的にはこんな理由で「不安に感じる→怖い」となっているかと思います。

大体の方はここで挙げられる悩みが多いのではないでしょうか?しかし何度も言うように「転職したいのに不安が大きいから行動に移せない」というのはナンセンスです。

まっつん
辛いけど頑張る」という選択をするのも重要で、どっちつかずの状態で惰性で働いている状態が1番良くない状態ということですね。

転職が怖いと感じる理由【転職中】

また転職活動中にも不安が大きくなり転職が怖くなってくる場合があります。

  • 本当に転職先が自分には決まるのかな
  • 転職の面接で責められたり、上手く答えられたりできるのかな

こんな感じの理由ですね。

特に面接においては不安に感じる方は多く、面接が嫌だから転職活動したくないと思っている人も多いでしょう。

そんな時はこのDaiGoさんの動画をご覧ください。

まっつん
これは「就活・転職のストレスとプレッシャーに負けそうになったらどうすればいいか」ということについて心理学的な側面で話しているので、興味がある方は覗いてみると良いのかもしれません。

転職が怖いと感じる理由【内定後】

また内定後にも「本当に転職していいのか」と悩む場合があります。

  • 自分の選択が本当に正しかったのか
  • 周囲と違うことをしている違和感

こんな理由から不安→怖いとなっている可能性があります。

「自分の選択が正しかったのか」という点はきっと退職する人は誰もが考えているところだと思います。僕自身も辞める前はかなり手が震えて、電話するのが怖かったですからね。

しかも実際に辞める宣言をすると、辞めるまでの期間なぜか優しくなる人が急増し、「本当に辞めて良かったのかな?」と思うこともあるでしょう。

まっつん
しかしそれは「既に辞めることが決まっている安心感」や「一時的な環境の変化」で錯覚しているだけですので、特に気にする必要はありません。

また「周囲と違うことをしている違和感」から不安に思う場合もあります。

やはり人間というものはみんなと同じ行動をとることが安心なんですよね。ですので自分だけ違う行動をとろうとすると不安が大きくなって怖くなってしまう人が多いです。

思うことは沢山あるかと思いますが、ここまで来てしまったらもう突き進むしかないでしょう。

転職が怖いと感じている時の3つの対処方法

転職が怖いと感じている時の3つの対処方法

さて転職が怖いと感じる理由について書いてきましたので、次にその対処方法について書いていきたいと思います。

対処方法については3点ありまして、

対処方法3選
  1. 転職が怖い理由から順序立てて考える
  2. 感情を変えるのではなく思考を変える
  3. 親や友人ではなく転職経験者に相談する

です。それぞれ確認していきましょう。

転職が怖い理由から順序立てて考える

まず1点目の対処法は「順序立てて考えていく」ということです。

具体的に説明すると、

  • 会社を辞めたい理由を明確に考える
  • 転職後その理由が解消できるかを考える
  • 解消できそうならば行動する【転職する】

こんな感じで考えていきます。

例えば会社を辞めたい理由が「業務上のミスマッチ」だとすると、転職後希望の企業に入ることができれば「この悩みは解消できそうだな」ってなりますよね。

辞めたい理由が「給料が低すぎた」という理由でも選ぶ会社によって解消できそうなので「これも解消できるな」という感じで不安を塗りつぶしていきます。

まずはこれを実践して不安を塗り潰していくと良いでしょう。

逆に「人間関係が上手くいくか不安」とか「仕事についていけるのか」とかいう不安は解消するのがとても難しいです。
まっつん
人間関係においては、仕事を辞めなくても解消できる場合がありますので、下記の記事を読み進めていただければ良いと思います。

人間関係で仕事を辞めたい方が知っておくべき全知識【超重要】

2019-09-20

また「仕事についていけるのか」というような未来の不安に対しては、次の項で説明していきます。

転職の怖さを解消できない場合の思考法

業務のミスマッチや給料の不安であれば兎も角、未来に対しての不安だと解消する方法はとても難しいですよね。

そんな時に紹介したい動画がありまして、こちらの「こんなに簡単!不安を吹き飛ばす3つの方法」という動画です。

これは基本的に全ては参考にならないですが、伝えておきたいポイントとしては「不安の内97%は基本的に起こらない。そして97%の内の12%は自分の行動で解決できるものだ」と言っています。
まっつん
つまり、あなたが現在不安に思っている内容はほとんど起こらず、転職という行動を起こせば解消できる可能性が高いということです。

冒頭での話のように現状不満を持っていて、リスクがあるとしても、ある程度のリスクはどれにもつきものです。覚悟して行動していかなければなりません。

感情に関してはコントロールすることができないと言われていますので、コツとしては思考をコントロールするようにしていきましょう。

  • 不安は大きいけど、自分の成長のチャンスだしやってみよう
  • 怖い気持ちはあるけど、転職によって視野が広がるから是非挑戦してみよう
まっつん
このように、不安や怖い感情は制御できませんが、後の思考は自分でコントロールしていくことが可能です。

是非この考え方を身につけて、後悔のない選択をできるようにしましょうね。

転職が怖いなら転職経験者に相談する

最後にですが、転職経験者に相談するというのもかなりオススメできる手法の1つです。

僕としてはかなりメリットがあると思っていて、

  • 辞める時の経緯や葛藤を踏まえた体験談を聞くことができる
  • 転職のノウハウを生で直接聞くことができる
  • 在職中にやっておけば良かった話も聞ける
  • 転職における理想と現実を知ることができる

という4つのメリットがあると思っています。

これを相談する相手を間違えて、親や友人に相談してしまうと「そんな考え方は甘え」とか「まずは3年働くべき」とか論点のズレたことを言ってくのでぶっちゃけ話す時間の無駄です。

まっつん
選ぶ相手をしっかり選び、適切な情報を取得していくと良いでしょう。

こちらの記事にもっと詳しく書いておりますので、興味のある方はご覧ください。

仕事辞めたいなら転職経験者に相談した方が良い4つの理由【超重要】

2019-09-16

怖いなら転職エージェントで入社後定着率を聞くのがオススメ

さて最後にですが、もしこれでも転職することに「恐怖感」や「不安」を感じているのなら、転職エージェントに登録することを推奨します。

まっつん
転職エージェントとは「求人の紹介」「書類や面接のサポート」を行ってくれる人材紹介会社です。
基本的に転職活動を行っていくのなら「転職エージェント」を利用するのは定石で、転職エージェントの担当官は様々な経歴の人達を転職させてきたデータを持っています。

ですので企業に就職した後の定着率に関するデータも持っているはずです。

まっつん
企業定着率が安定している企業に入社することで「人間関係」や「業務量」についての悩みを極力払拭させることが可能ですので、後悔したくないのであれば利用した方が無難です。

完全無料で利用することができますので、使えるものは全て使っていきましょう。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断やサポート機能が充実している

dodaは大手転職エージェントサイトの中でも圧倒的なの求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」を無料で受けることができますので、ユーザー満足度はかなり高いです。

まっつん
無料でこれ程の手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

▼\dodaは5分で登録可能!/

転職エージェントdodaの評判ってどうなの?【利点と欠点まとめ】

2019-09-19

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 同様に10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 圧倒的な成功実績【受かる人のタイプが分かる】
  3. 面接サポートや対応が充実

dodaと合わせてリクルートエージェントにも一緒に登録しておくことをオススメします。

僕が第二新卒の転職の際に利用した体感としては、被っている求人もあったものの、どちらかにしか存在しない求人が双方にありました。

ですので、ぶっちゃけこの2つを登録しておくだけで、他社とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です。

まっつん
どうせ無料で利用できるのですから、使えるものは全て使っておいたほうが良いでしょう。

▼\RAは5分で登録可能!/

リクルートエージェントの評判は?悪い?【使い方も含めて答えます】

2019-09-17

まとめ

という訳で内容は以上となります。

ちなみに「転職において何から始めればいいのかわからなくて不安」という方は下記の記事を読んでいただければ僕のノウハウを全て知ることができますので是非。

第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

2020-01-28

ぶっちゃけここまで書きましたけど行動に移すのは勇気がいりますよね。偉そうにブログに書いてしまいましたが転職が怖い気持ちはマジでわかります。

僕の友達の話ですが、他の違う会社の友達と同時に辞める宣言して、それから2人で励ましあいながら転職活動を行っている友達とかいました。

ちょっと新手の手法ですが、どんな理由であれ誰かと一緒に同じ行動をすることで安心感を得られるということはあります。何かしらの策を講じて実践してみるのもいいかもしれませんね。

転職は怖いですが、怖いからと諦めて行動しなかった時の方が怖いので、皆さんが新しい一歩を踏み出せることを祈っています。

それでは。