ハローワークの職業訓練校とは?おすすめの人気職種を13つ紹介

一般転職


  • 職業訓練校とは?
  • 職業訓練校は給付金を貰いながら通える?
  • 職業訓練校のおすすめのコースが知りたい

こんな疑問に答えます。

現状ハローワークに通って就業活動を行っているものの、「職業訓練を受けるか迷っている」「職業訓練について知りたい」と感じている人は多いのではないでしょうか?
そこで本記事では「職業訓練校の基礎知識から、おすすめの訓練コース」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、職業訓練についての知見が深まり、次の行動を具体化することができますよ。

職業訓練校の基本情報

職業訓練の基本情報

まずは職業訓練の基本的な情報から説明していきます。

職業訓練校について漠然としか分かっていない人は、こちらを読むことから始めていきましょう。

職業訓練校とは

職業訓練校とは、仕事を辞めて失業中の人が、身につけたいスキルや知識を勉強することができる公的な施設・制度です。

基本的に無料の3ヶ月~6ヶ月の期間からコースを選択することが一般的ですが、長いものだと1年・2年とかかる職業訓練も存在し、その場合は有料になる場合もあります。

  • 挑戦したい仕事があるものの、スキルが足りない
  • 仕事の経験が足りていないので、さらに磨きをかけたい
上記のように感じている人は、管轄のハローワークで手続きを行っていきましょう。

ハローワークの「管轄」とは?住所・地域から管轄区域を調べる方法

2020-11-04

職業訓練を申し込むことのできる時期

職業訓練を申し込むことのできる時期は概ね決まっていて、下記の通りです。

  • 6ヶ月以下の職業訓練
    →年中募集している(4月>10月>1月>7月の順に多い)
  • 1年以上の職業訓練
    →4月が多め

6ヶ月以下の職業訓練を受けるのであればいつでも問題ないですが、1年以上ものを受ける時は計画的なスケジューリングが必要になります。

職業訓練は受講の2~3ヶ月前には申し込みを行わなければならないので、応募期間に注意しつつ行動していきましょう。

職業訓練の種類

職業訓練の種類

職業訓練の基本的な情報について説明したところで、次に職業訓練の種類について解説します。

一般的に職業訓練は、「公共職業訓練」と「求職者支援訓練」で分類することができ、下記のような表に纏めることができます。
分類種類期間料金
公共職業訓練 離職者訓練 3ヶ月-1年 無料(*一部有料)
学卒者訓練 1-2年 有料
在職者訓練 2−5日 有料
求職者支援訓練 - 2-6ヶ月 無料(*一部有料)
少し切り口を変えながら、1つずつ説明していきますね。

離職者訓練(公共職業訓練)

まずは「離職者訓練」です。
離職者訓練とは、国が運営している職業訓練のことで、公共で運営していたり、民間に委託して行ったりなど様々あります。

公共職業訓練には表で挙げた通りいくつか種類がありますが、一般的に公共職業訓練と言ったら離職者訓練のことを指すことが多いです。

離職者訓練はハローワークに通って失業保険を受給している人が利用するものなので、就職する意思のない人やすぐに就職できない状態(怪我や病気)の人は利用できません

受講料金は無料ですが、テキスト代は自己負担になりますので注意するようにしましょう。

失業保険を受け取らない人の職業訓練

次に失業保険を受け取らない場合の職業訓練が、下記の3つになります。

学卒者訓練(公共職業訓練)

1点目は「学卒者訓練」です。
学卒者訓練とは、中学や高校・専門学校を卒業した人を対象に、「普通課程・専門課程・応用課程」というくくりで公共職業訓練よりもより専門的にスキルを身につける職業訓練です。

期間としては1~2年かけて学習するもので、費用は1年で40~50万程度の学費がかかります。

訓練後の就職率は高いですが、学費が高いことと期限が長いためすぐに就職したい人にはおすすめできません。

専門的なスキルを身につける為の、一種の学校のようなものだと思えば良いでしょう。

在職者訓練(公共職業訓練)

2点目は「在職者訓練」です。
在職者訓練は文字通り在職者を対象にした職業訓練で、数千円の受講料を払うことで、2-5日間の訓練を受けることができます。

主にキャリアアップの為にある職業訓練だと覚えておけば良いでしょう。

求職者支援訓練

3点目は「求職者支援訓練」です。
求職者支援訓練は雇用保険(失業保険)の受給資格がない人が対象となっており、公共職業訓練と同じように、様々な職種の訓練を受講することができます。

こちらも同様に基本無料で受けることができますが、テキスト代は自己負担となりますので、気をつけるようにしましょう。

職業訓練校を受講する時に貰える4つの給付金・手当

職業訓練の種類について説明しましたが、職業訓練は受講するだけで一部給付金や各手当を受給することができます。

全部で4つありますので、1つ1つ解説していきます。

失業保険(基本手当)

まずは「失業保険(基本手当)」です。

会社を退職して失業保険を受給することができる人は、職業訓練を受けている状態でも失業保険を延長して受給することができます。

しかし失業保険の受給日数や各条件があるので、条件に当てはまっている人は注意が必要です。

失業保険を貰いながら職業訓練を受ける場合の対処法は下記に纏めているので、確認してみて下さいね。

【全疑問解決】失業保険をもらいながら職業訓練を受ける時の全知識

2020-12-01

通所手当(交通費)

次に「通所手当(交通費)」です。

通所手当は俗に言う「交通費」のことで、離職者訓練を受ける人やその他一定の条件を満たす人に対して、自宅から所定の場所までの交通費が支給されます。
詳細は下記の記事に纏めてあります。

職業訓練(公共職業訓練)の交通費や手当は?給付金に関する全知識

2020-12-01

受講手当

次に「受講手当」です。

こちらは公共職業訓練の離職者訓練の方のみが対象ですが、最大40日間の間、訓練に通うだけで毎回500円が支給されます。

受講手当の目的は「訓練の教材を買う為の代金」で、最大で2万円受け取ることができるので、自身の教材代は先に出し惜しまず払っておきましょう。

職業訓練受講給付金

最後に「職業訓練受講給付金」です。

実はハローワークには「職業訓練給付金制度」と呼ばれるものがあり、ある条件を満たすことで一定の給付金を貰いながら訓練を受けることができます。

実際に貰える給付金は、「毎月10万円」「訓練場所までの通所手当(交通費)」で、学びながら生活に困ることがないので非常に便利な制度です。

実際の条件に関しては下記に纏めていますので、もし興味を持っている人は記事を読んだ後に確認してみて下さいね。

職業訓練受講給付金とは?支給条件や資格について全解説

2020-12-01

職業訓練を受講する3つのメリット

次に職業訓練を実際に受講する時のメリットについて解説していきます。

職業訓練を受講する時のメリットは下記の通りです。

条件を満たせば給付金を貰うことができる

1点目は「条件を満たせば給付金を貰うことができる」という点です。
先ほども一部解説しましたが、例えば失業保険を受給できる人は、期間を延長して手当を貰い続けることができますよね。

また「職業訓練受講給付金」を貰うことができれば、月に10万円を貰いながら興味ある訓練コースを学ぶことができます。

それぞれ条件がありますが、給付金を貰いながら学びを深められる点は非常にメリットだと言えるでしょう。

自身にスキルが付くことで就職活動の幅が広がる

2点目は「自身にスキルが付くことで就職活動の幅が広がる」という点です。

職業訓練は一般的に「その分野に就職したいけど知識が足りない」という場合に受講することが多いので、自身の就職活動の幅を広げることができます。

加えてコースの人は同じ職種を学んでいる人達なので、関係を深めることで実際に就職する時のポイントやコツを知ることも可能です。

このように、自身のスキルを上げつつも情報収集できる環境なので、非常にメリットだと言えるでしょう。

学生のような規則的な生活を送ることができる

3点目は「学生のような規則的な生活を送ることができる」という点です。
職業訓練を受講する人は会社を退職した人が大半なので、不規則な生活になってしまっている人も多いでしょう。

しかし職業訓練は基本的に毎日通わなければならないので、強制的に学生の時のような生活リズムを取り戻すことができます。

職業訓練校を受講する時の3つのデメリット

職業訓練校を受講する時の3つのデメリット

さて職業訓練のメリットについて述べたので次に職業訓練のデメリットについても述べていきます。

全部で3つありますので1つ1つ見ていきましょう。

実務経験が付く訳ではない

1点目は「実務経験が付く訳ではない」という点です。
冒頭でも話したように、基本的に職業訓練はスキルを身につけるところなので、職業訓練を受けたからといってすぐに就職できる訳ではありません。

よくある勘違いが、「職業訓練に行ったらその職種にすぐ就職できる」というものです

実際はその道の職種に応募できるレベルになるだけで、あくまでも「実務経験なし」とみなされます。

就職が確実になる訳ではありませんので、しっかり覚えておきましょう。

職業訓練が有料の場合がある

2点目は「職業訓練が有料の場合がある」からです。
職業訓練は基本的に無料で受けられるものが多いですが、1〜2年単位で受ける職業訓練は有料であるものが多く、受講するのにはある程度のハードルがかかります。

今の時代未経験で募集している企業などいくらでもありますので、未経験の会社に入社して、学びつつ稼いでいく方法をとった方がまだ建設的です。

未経験でも就職できる方法については次の章で解説していきます。

職業訓練は倍率によって受けられない場合がある

3点目は「職業訓練は倍率によって受けられない場合がある」からです。
職業訓練は誰でも受けられるというものではなく、人数制限により倍率がかかっているので受けられない場合もあります。

勉強したいスキルがあったのに職業訓練を受けられなかった」ということはザラにありますので、このようなリスクがあることを覚えていきましょう。

職業訓練でスキルをつけたい場合の年代別おすすめ職種13選

職業訓練でスキルをつけたい場合の年代別おすすめ職種13選

職業訓練のメリットやデメリットについて解説しましたので、次に年代や条件別のおすすめの職業訓練の職種について解説していきます。

20代・30代におすすめの職業訓練

20代・30代におすすめの職業訓練は下記の通りです。

プログラミングの職業訓練コース

まずは「プログラミングの職業訓練コース」です。

近年のIT技術の発展でWebによるビジネスが主流になった為、それによるプログラミングの需要が非常に増加しています。

プログラミングを学ぶと将来的にWeb制作会社・ソフトウェア開発会社などに就職することができ、将来的にフリーランスプログラマーとして働くことにも期待できます。

プログラミングに興味のある方は、受講してみると良いでしょう。

職業訓練のプログラミングコースの訓練内容は?選び方や注意点も解説

2020-12-01

Webデザインの職業訓練コース

次は「Webデザインの職業訓練コース」です。

Webデザインコースは文字通りWebデザインについて学ぶところで、IllustratorやPhotoshopの使い方を勉強することができます。

サイトのデザインやポスター・ロゴの作成など、与えられる業務は多岐に渡り、こちらも将来的にフリーランスデザイナーを目指すことも可能です。

今後の人生の選択肢の幅が広がるので、Webデザインに興味のある方は是非挑戦してみると良いでしょう。

職業訓練のwebデザインコースの訓練内容は?選び方や注意点も解説

2020-12-01

CADオペレーターの職業訓練コース

次に「CADオペレーターの職業訓練コース」です。

CADオペレーターとはCADと呼ばれるツールを用いて図面を正確に作図していく仕事で、機械や医療、建築系など幅広い業種で働くことができます。
専門性が高く、正社員を目指せることも多いので、非常におすすめです。

職業訓練のCADオペレーターとは?訓練や仕事内容について解説

2020-12-01

ネイル(ネイリスト)の職業訓練コース

最後に「ネイル(ネイリスト)の職業訓練コース」です。

ネイリストとは、爪に対してカラーリングや装飾などのネイルアートを行い、お客様の指を美しく見せる職業のことです。

あまり知られてはいませんが、実はハローワークでもネイリストになる為の養成講座が開かれています。

興味を持っている方は、是非実践してみると良いでしょう。

職業訓練でネイリスト(ネイルサロン)を目指せる?訓練内容について徹底解説

2020-12-01

40~50代の中高年におすすめの職業訓練

40~50代の中高年におすすめの職業訓は下記の通りです。

パソコン(PC)の職業訓練コース

1点目は「PCスキルの職業訓練」です。

現状PCを使った仕事がない方は、時間をかけてでもPCスキルを身につけることをおすすめします。

インターネット社会になった昨今、どんな職種でも必ずPCで作業するので、PCスキルを身につけることであなたの選択できる仕事の幅を大きく広げることが可能です。
PCの基本的な部分から、WordやExcelの使い方について教えてくれますので積極的に活用してみましょう。

職業訓練でパソコン(PC)スキルを学ぶことは可能?選び方や注意点も解説

2020-12-01

造園土木の職業訓練コース

2点目は「造園土木の職業訓練」です。

造園土木の仕事は、公共施設の造園、ゴルフ場の管理などの幅広い仕事があり、若い層での就職が少ないので非常に狙い目の職種となります。
基本的に街路樹や植木の管理をすることが仕事なので、外での仕事が多くなることが難点ですが、中高年には非常におすすめの職種だと言えるでしょう。

ビルメンテナンスの職業訓練コース

3点目は「ビルメンテナンスの職業訓練」です。

ビルメンテナンスはビル内における電力・空調・給排水系の管理を行う仕事で、中高年で職業訓練を受ける人が非常に多く存在します。

得られる資格としては「第二種電気工事士」「ボイラー技師」「消防設備士」などの資格があり、中高年から末長く仕事をすることができるでしょう。

不動産系の職業訓練コース

4点目は「不動産系職種」です。

不動産系職種だとフィナンシャルプランナーや宅建建物取引士(宅建)の資格が狙える職種で、職業訓練を受講することで合格率を上げることができます。

  • 不動産系職種に興味がある
  • 人と関わっていく仕事がしたい
  • 過去に営業系の仕事をしていた
上記に当てはまる人は、不動産系職種に向いていると言えるでしょう。

電気工事士の職業訓練コース

5点目は「電気工事士の職業訓練コース」です。

電気工事士とは、ビルや住宅などの日常にある全ての建物の電機設備の管理・工事を行う職業、または国家資格のことを指します。

あまり馴染みのない職業故に未経験歓迎の求人が多く、職業訓練から資格を獲得することで目指すことが可能です。

職業訓練で電気工事士になるには?訓練・仕事内容について解説

2020-12-01
興味のある方は上記の記事も確認してみると良いでしょう。

女性におすすめの職業訓練

女性におすすめの職業訓練は下記の通りです。

簿記・経理の職業訓練コース

1点目は「簿記・経理の職業訓練コース」です。

簿記・経理・会計職種も事務職と同様に女性比率が多く、様々な年代の方が職業訓練を受講しています。

学ぶことのできる内容は、簿記の基礎知識・会計ソフトの利用方法などで、最終的に簿記検定を狙っていくのもおすすめです。
基礎知識が不足していると感じている人は、率先的に狙ってみると良いでしょう。

職業訓練の簿記・経理・会計の訓練内容は?資格や就職先も解説

2020-12-01

介護士の職業訓練コース

2点目は「介護士の職業訓練コース」です。

介護系職種は常に人材不足の状態なので、職業訓練を受け、実務経験がない場合でも就職しやすい職種だと言えます。
業務量が多く、人に関わる仕事なので精神的に疲弊する反面、日常の生活でも使えるスキルなので、興味があれば挑戦してみると良いでしょう。

職業訓練で介護福祉士になるには?訓練・仕事内容について解説

2020-12-01

保育士の職業訓練コース

3点目は「保育士の職業訓練コース」です。

保育士は子供のお世話を担当する仕事で、子供のお出迎えから食事・遊びなどを通して子供の心身の発達を促進させ、社会性を向上させる仕事になります。

保育士になる方法としては「大学や短大に卒業して国家資格を取得する」「養成校に通う」という他にも、職業訓練という選択肢があります。

一般的に保育士を目指すと非常にお金がかかりますが、職業訓練を通すとお金を大幅に節約できるのでおすすめです。

詳細は下記に纏めていますので、興味のある方はご覧下さい。

ハローワークの職業訓練で保育士を目指せる?方法について解説

2020-12-01

医療事務の職業訓練コース

4点目は「医療事務の職業訓練コース」です。

医療事務とは病院やクリニックなどの受付を担当する仕事で、患者のカルテ作成から病院の会計、診察まで幅広い仕事を行います。

受付業務は女性が担当している場合が多く、病院の顔となりながらも患者様の不安を支える非常に大切な仕事です。

職業訓練の医療事務とは?訓練・仕事の内容について徹底解説

2020-12-01
興味のある方は是非目指してみて下さいね。

早い段階で転職エージェントに登録しておこう

今すぐ就職したい人は就職エージェントがおすすめ

おすすめの職業訓練について紹介してきましたが、訓練を受けると同時に早い段階で転職準備を進めていくことが大切です。

なぜなら職業訓練を受けても「勤務未経験と扱われる」ため、念入りに準備を整えて就職活動を行っていく必要があるからです。

就職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

職業訓練のおすすめに関するまとめ

職業訓練校と、おすすめの訓練コースに関する記事は以上です。

基本的に職業訓練は就職の幅を広げる為に非常に便利ですが、その反面「職業経験がある訳ではない」ので、早急に就職活動に移っていくことが成功する為に重要になります。
おすすめの転職エージェントを再度載せておきますので、無料登録を済ませておきましょう。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1