職業訓練中にアルバイトするのはあり?各状況における注意点を解説

一般転職


  • 職業訓練中にアルバイトするのはあり?
  • 失業保険を受給している場合でもアルバイト可能?
  • 職業訓練中にアルバイトする時の注意点について知りたい

こんな疑問に答えます。

職業訓練に通う中で、「アルバイトで収入を稼ぎたい」「アルバイトのする時の注意点を知りたい」と感じている人は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、職業訓練中にアルバイトをすることは可能です!が注意点がいくつか存在します。

本記事では、職業訓練中にアルバイトをした時の各状況における注意点について解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの疑問を解決することができますよ。

職業訓練とバイトの両立は問題ない?

職業訓練とバイトの両立は問題ない?

職業訓練中にアルバイトをすることは全く問題ないのでしょうか?

冒頭でもお伝えしたように、職業訓練中のアルバイトは一定の制限があるだけで、基本的に訓練中に行っていても問題ありません。

しかし一定の条件が設けられており、失業保険を受給している人と職業訓練受講給付金はそれぞれ注意が必要です。

職業訓練のアルバイトの注意点について、次の項から確認していきましょう。

\関連記事/

職業訓練(公共職業訓練)の交通費や手当は?給付金に関する全知識

2020-12-01

ハローワークの職業訓練校とは?おすすめの人気職種を13つ紹介

2020-12-01

職業訓練中にアルバイトをする時の注意点

職業訓練中にアルバイトをする時の注意点

職業訓練中にアルバイトをする時は、失業保険を受給しているのか職業訓練受講給付金を受給しているかで状況が異なります。

自分が受給している給付金の方で、注意事項を確認していきましょう。

失業手当を受給している場合

失業保険を受給している人が、職業訓練中にアルバイトをする際の注意点について触れていきます。

結論注意して欲しいことはたった1つで、「雇用保険に入らないように働く」ということを守っていただければ問題ありません。
しかしこの内容だけだと大雑把なので、次の項から詳細に解説していきます。

雇用保険に入らないように働く

「雇用保険に入らないように働く」という話を先ほどしましたが、具体的な条件は下記の通りです。

  • 1週間の労働時間が20時間以上
  • 1ヶ月以上継続して勤務

上記の「週20時間以上勤務」と「1ヶ月以上の継続勤務」を2つ満たしてしまうと、雇用保険に入らなければならないので注意しましょう。

基本的に職業訓練は「就職先が決まっていない人」の為の訓練ですので、いくらアルバイトであろうと雇用保険に入ってしまうと「就職先が決まった人」という扱いを受けます。
職業訓練が退校になり、失業保険が受給できなくなってしまうので注意しましょう。

4時間以上アルバイトをした時

週20時間以上働かなければOKという話をしましたが、その中でもさらに時間に制限があるので注意が必要です。

指標としては「4時間以上働いたかどうか」で、1日4時間以上働いてしまった場合は、その日の失業保険を受給する権利を失ってしまいます。
失うと言っても後ろに1日ズレるだけなので大きな問題はないですが、職業訓練の終了と同時に受給が終わる方は、受け取れなくなるので注意しましょう。

4時間以下のアルバイトをした時

1日4時間未満のアルバイトを行った場合は、雇用保険に入る必要がないので問題ありません。

しかし条件を満たしていたと言っても、一定の料金を超える給料を得てしまうと、逆に貰える失業保険の受給額が減ってしまう可能性もあります。
計算方法は複雑なので、もし時給が高くて不安が大きい人は、ハローワークに相談してみると良いでしょう。

職業訓練受講給付金を受給している場合

失業保険を受給している人がアルバイトを行う時の条件について説明したので、次に職業訓練受講給付金を受給している場合の注意点について説明していきます。

職業訓練受講給付金の条件
  1. 本人収入が月8万円以下
  2. 世帯収入の収入が月25万円以下

上記の条件は職業訓練受講給付金を受給する為の条件を一部抜粋したものですが、上記の条件を超えるような金額をアルバイト代で稼いでしまうと、給付金の受給資格がなくなるので注意が必要です

思わぬところで落とし穴につまづいて、給付金の受給資格を失ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

職業訓練を受けるなら転職サイトへの事前登録が必須

職業訓練を受けるなら転職サイトに事前登録が必須

職業訓練中のアルバイトについて説明しましたが、もし職業訓練を受講するのであれば同時に転職サイトへの登録を推奨します

職業訓練が終了してから求人を見ていては、転職活動のペースに間に合わないですし、年中募集されているブラック企業を見つけることができないからです。

転職における求人サイトは「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTの特徴
  1. 求人サイトの中で約30000万件と、最も求人数が多い
  2. 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

上記の3つ理由があり、大手転職サイトの中で断トツのサイトだからです。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

満足度・使いやすさNo.1!!

職業訓練のアルバイトに関する「よくある質問」

職業訓練のアルバイトに関する「よくある質問」

最後に職業訓練のアルバイトに関する「よくある質問」について纏めていきます。

職業訓練でアルバイトをやっていることはばれないですか?

基本的にアルバイトを申告していないことがバレると、失業保険においては不正受給とみなされ、失業保険の2倍に相当する罰金が付与されるので辞めておきましょう。

  • アルバイト先で雇用保険に入ってしまってバレる
  • アルバイトの給料が振り込まれた時の税金からバレる
  • アルバイトを目撃されたり、密告されたりしてバレる
バレないと自分では感じているものの、案外上記のような部分でバレてしまうことは往々にありますので、リスクは追わない方が無難です。

職業訓練が始まるまでアルバイトをするのはアリですか?

職業訓練前のギリギリまでバイトをしたとすれば、訓練中にバイト料の支払いがありますよね。

訓練中に収入があると、いろいろ書類を提出しなければならず、そのことを最初に申告しないと訓練停止にされてしまう場合もあります。
そのため、受講開始日前にアルバイト料を貰えるところであれば問題ないと言えるでしょう。

職業訓練で単発のアルバイトは問題ありますか?

雇用保険に入ってしまう条件としては「週20時間以上働く」且つ「1ヶ月以上継続している」という2つの条件なので、単発でのアルバイトは条件に当てはまらず、問題ありません。

職業訓練との両立も行いやすいので、非常におすすめの方法だと言えます。

失業保険なしですが、職業訓練中にアルバイトを行って大丈夫ですか?

失業保険を受け取れなかったとしても、月に10万円支給してもらえる「求職者支援制度」と呼ばれるものがあります。

求職者支援制度
  1. 本人収入が月8万円以下
  2. 世帯収入の収入が月25万円以下
  3. 世帯全体の金融資産が300万円以下
  4. 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  5. 全ての訓練実施日に出席している
  6. 同世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  7. 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない
上記の条件を満たしていると受給可能なので、ハローワークに相談してみると良いでしょう。

職業訓練中に内職は問題ない?

職業訓練中に内職を行うことは問題ありません。しかし週20時間以内という条件は必ず守るようにしましょう。

職業訓練の残日数が足りない‥アルバイトで凌げる?

職業訓練の残日数が絶妙に足りない場合は、アルバイトを活用することで日数を凌ぐことが可能です。

短期の日雇いのアルバイトを積極的に行い、残日数の調整を行っていきましょう。

まとめ

職業訓練のアルバイトに関する記事は以上になります。

基本的に、失業保険を受給している場合と、職業訓練受講給付金とで状況が異なるので、自分と同じ状況の注意点を確認し、思わぬ落とし穴にハマらないように気を付けましょう。

また職業訓練と並行して転職活動を進めていくことになるかと思うので、スピードに乗り遅れない為、ブラック企業を見極める為にも転職サイトへの登録は必須です

是非本記事で挙げた注意点に気をつけつつ、積極的な転職活動を行っていきましょう。

\簡単5分で登録/

満足度・使いやすさNo.1!!

【関連記事】

職業訓練(公共職業訓練)の交通費や手当は?給付金に関する全知識

2020-12-01

ハローワークの職業訓練校とは?おすすめの人気職種を13つ紹介

2020-12-01