【転職】自己分析のやり方をロジカルかつ効率的に3点で解説するよ

転職ノウハウ

この記事では転職を成功させる為には避けて通れない「自己分析」をする為のコツについて記事にしています。

まず転職の全体像を知りたい、どのくらいの期間がかかるのか知っておきたいという方は、「転職期間はどのくらい?逆算スケジュールが成功への近道!」をまずお読み下さい。

こんにちは、ニトです。

皆さん、「自己分析」って真剣に取り組んだことはありますか?あったとしても学生時代の時に軽くやったことがあるという人が大半かと思います。

実はこのプロセスを簡単に済ませてしまうと、「自分は転職して一体何を実現したかったのか」「何をやりたかったのか」が曖昧なまま企業選びをしてしまい、「結局転職も何回もするハメになってしまった」なんてことになりかねません。

それに加えて、面接や書類選考で自分の言いたいことが上手く伝わらず、せっかく入りたい企業の求人があったのにチャンスを逃してしまうなんてことも・・

ですので、自分の頭の中を整理でき、納得感のある志望動機を出す為にも自己分析は必須になってきます。

ちなみに自己分析なんて、ちゃんとやらなくても内定を取ることはできるでしょう。

相手の求める人物を演じればいいだけのことですからね。ですが、面接官を騙せたとしても入社してからの自分を騙すことはできません

ニトは自己分析の部分を疎かにしたこと、また周囲の体裁を気にして複数の内定先から大企業への転職先を選んでしまったことから、後々とても後悔することになりました。

できれば皆さんにはそうなってほしくないと思っています。

社会人になって実際に経験を積むことで、新たに得た知見・価値観によって考え方が変わったなんてこともあると思います。

このページだけでポイントを抑えれるように書いて行くので、今一度時間を少し使って、自己分析をしっかりやっていきましょう。

スポンサードサーチ

自己分析には「Purpose」「Will」「Can」が重要

さてまず自己分析するのにかかせない要素が3つあります。サブタイトルにも書いた通り、「Purpose」=「転職の目的」、「Will」=「自分が将来やりたいこと」、「Can」=「現状自分ができること」の棚卸です。

自己分析 やり方 転職 就活
上記の画像を確認して下さい。転職活動においては大体上記の流れのように「実現したいことがある(Will)」→「それは前職だと実現できない(退職理由・転職理由)」→「でも御社だと実現できる(企業研究)」→「そして自分の経験が御社で活かせる(Can)」というような形で、ロジカルに説明することができれば、大体成功します

そして、求人選びの選択を間違えない為に、転職における目的(Purpose)をハッキリさせましょう自分が将来やりたいこと(Will)、現状自分ができること(Can)をハッキリさせるのは、面接や応募書類で自分の言いたいことを論理的に伝えることができるようにする為です。

正直ここの部分に納得感さえ出すことができれば、面接なんて本当に楽勝になりますよ。

この3つをしっかり行うことが転職活動成功の鍵を握っています。それでは順番に自己分析する方法を書いていくのでトライしていきましょう!!

自己分析における「Purpose(目的)」

まずは「転職での目的」の部分ですね。これは昔の記事に書いた通り、「転職で解消したいこと」「転職で成し遂げたいこと」を深掘りしていきましょう。

ここの部分が明確になっていないと、企業選びでブレが生じ、転職した後に「希望の転職先じゃなかった」なんてことになりかねません。

方法としては、「満足したこと」と「不満だったこと」で考えて行くと纏まりやすいかもしれません。

自己分析手法① 満足したことから考える

例えば、B to Bの営業に勤めていたAさんですが、ある時お客様から売っている製品の感想や、嬉しかった点を聞くことができました。そしてその時に今まで感じたことのない喜びや嬉しさを感じることができたのです。

そして、もっとこの喜びを味わってみたい・そういう環境に身を置きたいと一層感じたAさんは、 B to Bの営業から、B to Cの営業に転職を決めました。

このように、自分が「仕事をしていて、やりがいを感じた瞬間」「喜びを感じた瞬間」に焦点を当てて、さらにその環境に身を置くことができる仕事は何なのか?というような考え方をしていくことで、より自分の理想に近い企業に転職することが可能です。

自己分析手法② 逆に、不満なことから考える

次はその逆で、現職に対して「不満に思っている」ことから考えていきましょう。正直転職する人のなかではこっちの方が層が多いのかな?というのが体感的なイメージです。

例を挙げていきましょう。

  • 業務の裁量権を持っていない→小規模で幅広く働ける企業
  • 業務がルーチンワークでつまらない→もっとアイデアを出して行く企業
  • 責任重大なのに給料が安い→業務にふさわしい金額が貰える企業
  • 休暇が少ない・取りづらい→ワークライフバランスが取れる企業
  • 会議が多くて億劫→会議が少ないような職種・少人数の企業

ざっと例を挙げるとこのような感じです。このように、「不満なこと」に対して、「どんな状態が理想なのか」を一つずつ書き出していきましょう。

自己分析手法③ 書き出しが終了したら、優先順位をつけていく

さて、上記のやり方で「転職で解消したいこと」「転職で成し遂げたいこと」を書き出すことに成功したら、次はそのリストの中に優先順位をつけていきましょう。

残業の少ない会社>給料の多い会社>小規模で働ける会社・・

こんな感じですね。このように優先順位をしっかりつけておけば、希望の求人を探す時に、自分希望とのズレが生じることは少なくなるでしょうし、この後に記載するWillの部分にも繋がる項目が見つかることでしょう。

転職の目的にズレがないか?

またここで注意点が一つあります。「自分の転職したい目的の本質をしっかり理解いるか?」というお話です。

実は自分の中では理解しているつもりだけど、よくよく考えてみると「その本質に至っていない」という場合がたまーーにあります。

私ニトの体験談に沿ったお話をしましょう。第二新卒で転職する時に、

「クレーム対応の業務が不満、職種をチェンジして開発系の業務をしたい」

こんな理由で転職活動を始めました。しかしいざ転職してみると仕事の辛さは全然消えない、開発は大変だけど面白く感じる時もある、でも毎日辛い・・」

こんな気持ちになりました。そして何が嫌なのかを毎日考えていた所、「無駄な会議を何回もしないといけないこと」だったり、「リーダーシップを取って、纏めていかないといけない」というような、大企業故に必要とされてくる、「周囲を巻き込んで業務を進めて行く業務」に凄く嫌な気持ちがあることに気がついたのです。

ですので、自分が転職したい本当の目的は、「職種を変えること」ではなくて、「小規模の会社で裁量を持って、自分の実力の範囲で働きたい」ということだったのです。

このように、自分の気持ちの部分で「なぜ嫌なのか」を繰り返し行うことによって、自分が本当に解消したい・実現したいと思っている本質にたどり着くことができます。

なぜなぜ分析」とよく言われる手法ですが、自分の転職したい目的が本質とズレていないかどうか一度考えてみて下さいね。

自己分析における「Will」と「Can」

さて、書類や面接においては大多数の人が「自分のできること(Can)」が着目されがちです。確かに第二新卒転職においては新卒と同様にポテンシャル採用な部分があるものの、自分が経験したスキルや経験をある程度示さなければいけない気持ちも分かります。

しかし自分が思っている以上に、面接官は「あなたが将来やりたいこと」に重点をおいています。

なぜなら、「将来的にこういったことに取り組みたい」という目標を持っている人は「すぐに辞めない人材であることが明白」ですし、幾分技術がある人よりも「成長し続ける可能性が高いから」です。

もちろんその「やりたいこと」と「できること」が企業の求める人材とマッチしている必要はあります。そこの部分は企業研究や業界研究で埋めていく必要があります。

まずは自分自身の「やりたいこと(Will)」と「できること(Can)」を明確にすることから始めていきましょう。

自己分析手法④ 「Will」

まずは自分が将来やりたいこと(Will)を明確にしていきましょう。実はここの部分前項で書いてきた「転職の目的」と一致する場合が多いと思います。

結論から言うと、「転職の目的で書き出した内容から、自身の成長に繋げられる内容」を抜き出して下さい。

よくわからないと思うので例を書きます。

例えば前項の「転職の目的」を絞り出した時に、

  • 残業を少なくしたい
  • 給料を上げたい
  • 小規模で幅広く働ける企業

このような優先順位だったとします。

でも実際に面接で「残業を少なくできる会社に入りたいから」とか「給料を上げたいから」と正直に面接で話してしまうと、残念ながら確実に落ちるでしょう。

生きる為には働くしかないので、概ね本音ではあるんですが日本では「納得感のある理由」がないと残念ながら採用には至りません。

「残業時間」とか「給料」とか「人間関係」を志望理由で言ってしまうと、「じゃあそれが悪くなったら辞めちゃうんでしょ?」と思われてしまいます。つまり先程書いたように、「すぐに辞めない人材」「成長し続ける人材」に当てはまらないんですね。

ですので、この場合は内心「残業時間が少ないから」とか「給料が多いから」と思っていたとしても、書類や面接では、「少数規模で幅広く働きたいけど、前職ではできない。御社だと実現できるし成長できる」というように、自身の「成長」に繋げられるような内容を「Will」として設定しましょう。

ちなみにこれは面接で納得感を出す為に必須になってくる部分ですので、もし「労働環境さえ改善できれば良い」とか「やりたいことなんて特にない」と思っている人がいたとしても前項の「満足したこと」「不満だったこと」から何とか抽出して下さい。

自己分析手法⑤ 「Can」

次は自分のできること(Can)について明確にしていきましょう。ここで書き出す内容は大体履歴書・職務経歴書・面接の自己PRに直結してくる部分です。

基本的には、

  • これまでの経験で自分が培った専門的スキル → その業界で培ったスキル(化学業界・自動車業界とか)
  • 働く環境が変わっても応用して活かせるスキル → その業種で培ったスキル(営業経験・開発経験とか)
  • 人柄・性格・業務に対するスキル → (〜経験があるから粘り強い 〜経験があるから積極性がある)

このような3つの項目に分類することができます。特に3つ目の人柄・性格・業務に対するスキル項目においては、自分のエピソードを交えて書き出すようにしましょう。

なぜなら、「自分には協調性があります」とただ伝えただけでは説得力がないですよね?「〜時にリーダーを勤めて、〜経験があるので、協調性には自信があります」などのように、エピソードをなんとか捻り出して書き出すようにしてみて下さいね。

また第二新卒の場合、業務経験が浅く、書き出せる内容も少なくなってくる可能性が高いです。

結論から言うと、少しでも経験したものならばどんどん書き出してアピールポイントにしていきましょう。

  • 事務局業務:会議の日程調整、会議進行、議事録作成
  • 会議資料作成:Excel関数 / PowerPoint / Wordを用いた書類作成
  • 企画案のプレゼンテーション→社内・得意先企業でプレゼンし、合意形成
  • 顧客資料作成:調査報告書、レポート等の作成
  • 顧客報告:調査報告書を基に、原因・今後の対策の報告を実践
  • 社会人としての注意点、コンプライアンスの重要性、ビジネスマナーの習得
  • 仕事の質を上げる「PDCAサイクル」の実践方法。スケジュール管理方法

とまあ、こんな感じですねー。ちなみに上に書いたのはニトが実際に職務経歴書に記載していた項目です。参考にして下さいね。

あと業界や業種にもよりますが、第二新卒においては「大学の時の内容を書き出すのもアリ」ですので、それも踏まえてできるだけ書き出すようにしましょう。

最後に

内容は以上になります。

冒頭でもお伝えした通り、自己分析をしっかりやらなくても内定を取ることはできるでしょう。しかし「転職で本当に実現したいこと」が明確になっていなければ、入社してから実際の現実と理想とのギャップに苦しむことになるのは結局自分自身です。

自分の望む会社にしっかり入る為にも、自己分析はしっかりやっておきましょう。

自分の経験やスキルのレベルをちゃんと理解して、自分の大切にしたい価値観となる志向を明確にすることが幸せな転職に近づくものだと思っています。

それでは