【なぜ?】ハローワークに非公開求人がある?求人情報に関する全知識

一般転職


  • ハローワークで求人が見れない
  • ハローワークで会社名を隠すのはなぜ?
  • ハローワークには非公開求人があるの?

こんな疑問に答えます。

ハローワークを利用して求人を検索しているものの「閲覧できない求人がある」「非公開求人がある」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ハローワークに閲覧制限がかかっている求人はありますが、非公開求人ではありません。

本記事ではハローワークの求人情報に関する情報を、全てお伝えしていきます。

この記事を読むことで、ハローワークの求人についての疑問を全て払拭することができますよ

ハローワークに非公開求人はあるの?

ハローワークに非公開求人はあるの?

それではハローワークに閲覧できない・見ることができない求人があるとのことでしたが、この疑問について払拭していきます。

非公開求人は怪しい」と感じるかもしれませんが、実は見れないようにしているのは明確な理由がありますので、しっかり確認していきましょう。

非公開求人とは

まず非公開求人とはどんなものなのでしょうか?

非公開求人とは、転職サイトや求人媒体などで、企業名が一般に公開されていない求人票のことを指します。
非公開求人は大手企業に多く存在しており、他の企業にバレたくない情報がある時に利用されることが多いです。

非公開求人のメリット

企業側が求人を非公開求人するには下記のメリットがあります。

  • 他の企業に情報がバレない
  • 応募が殺到しない

まずは情報を隠せる部分です。重要なプロジェクトを進行している時に他の企業にバレたら、売り上げが下がってしまう可能性がありますよね。

また求人を公開すると応募が殺到する場合もあるので、敢えて非公開にすることで効率的に選考を進めたい場合も使われます。

非公開求人にする企業は、先ほども書いた通り大企業が多いです。

非公開求人のデメリット

一方で企業が求人を非公開求人にするのはデメリットもあります。

  • 非公開の為応募者に怪しまれる
  • 制限がかかるので応募が来ない場合もある
上記のようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

【結論】ハローワークに非公開求人はない

冒頭の話に戻りますが、結論を言ってしまうとハローワークに非公開求人はありません。

「いやいや…見れない求人あるから非公開求人でしょ!」と感じるかもしれませんが、それは他の理由があって見れていないだけで、非公開求人とは似て非なるものです。
ハローワークで求人閲覧に制限がかかっている理由について次で触れていきます。

ハローワークには求人閲覧に制限がある理由

ハローワークには求人閲覧に制限がある理由は軽い気持ちで応募させない為です。

ハローワークには失業保険を受給する為の「求職活動実績」というポイントシステムがあるので、インターネット経由で応募してしまえば認定日前日でも実績作りをすることができます。
実績作りの為の軽い応募を防ぐ為にあり、本来の非公開求人にする理由とは違うものなので、覚えておきましょう。

ちなみに簡単に求職活動実績を作りたい人は下記の記事を参考ください。

失業保険の求職活動実績を5分で作る裏ワザ!一般的な作り方も紹介

2020-12-01

ハローワークの閲覧できない求人を閲覧する方法

ハローワークの閲覧できない求人を閲覧する方法

それではハローワークの閲覧できない求人を閲覧する方法はあるのでしょうか?

こちらは拍子抜けな内容ですが、結論ハローワークに問い合わせれば詳細情報を知ることができるので、非公開ではあるものの非公開ではありません。
何か閲覧できない求人がある場合は、ハローワークの職員に問い合わせを行う必要があるでしょう。

本気で転職したいなら転職エージェントに登録しよう

本気で転職したいなら転職エージェントに登録しよう

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

\こちらもおすすめ/

【20代必読】内定に繋がるおすすめの転職サイト・エージェントをランキングで比較

2020-08-27

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-12-01

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断や担当のサポートが手厚い

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

ハローワークの非公開求人に関する記事は以上になります。

おすすめした転職エージェントを下記に纏めておきますが、自分に合ったエージェントを選択して安心安全に仕事を探していきましょう。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1