ハローワークはまともな求人がない?ろくな求人がない理由を解説

転職ノウハウ


  • ハローワークにはまともな求人がないって本当?
  • ハローワークにろくな求人がない理由って?
  • ハローワークは実際に使うべきなの?

こんな疑問に答えます。

会社を退職しハローワークを利用して行きたいものの、「まともな求人がない」「ろくな求人がない」と感じている方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ハローワーク単体での利用は転職活動において非常に危険です。

本記事ではハローワークにろくな求人がない理由から、まともな求人の探し方、効率的な転職方法について記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの転職活動を効率的に進めることが可能ですよ。

\こちらもおすすめ/

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-02-13

スポンサードサーチ

ハローワークの基本情報

ハローワークの基本情報

まずはハローワークの基本的な情報から説明していきます。

ハローワークについて十分に知っている方は、「ハローワークはまともな求人がない?ろくな求人がない理由とは」に進みましょう。

ハローワークとは

ハローワークとは、行政が運営している「公共職業安定所」のことを指します

公共職業安定所とは、職業安定組織の構成に関する条約に基づき加盟国に設置される公的職業安定組織が運営する職業紹介所である。

(参考:「公共職業安定所」)

つまりお国がやっている「職業支援施設」ということですね。

ハローワークでできること

ちなみにハローワークでは下記のことができます。

  • 求人検索・応募
  • 職業相談・履歴書の添削
  • 失業保険給付金・その他助成金の手続き
  • 職業訓練の手続き・応募

一般的に仕事を探す為に利用する人が多いですが、その他にも失業保険の受給や、職業訓練の手続きを行ったりすることも可能です。

失業保険について詳しく知っておきたい方は、下記の記事も後で読んでみると良いでしょう。

失業保険の求職活動の回数が足りない?【当日でも実績を作る方法】

2020-04-02

ハローワークはまともな求人がない?ろくな求人がない理由とは

ハローワークはまともな求人がない?ろくな求人がない理由とは

それではハローワークにまともな求人がない理由について解説していきます。

ハローワークは求人掲載費が無料だから

1点目は「ハローワークは求人掲載費が無料だから」です。

ハローワークは国が運営している職業支援施設なので、求人を掲載する費用が無料になっています。

一見良いことのように感じるかもしれないですが、広告費が無料になることで「採用意欲の低い企業」も多く求人に含まれてしまい、優良求人を見つけることができません。
企業
広告掲載費用無料だしとりあえず掲載だけしとくか。
お、この企業に応募してみよ〜っと。
企業
今そんな人いらないし、落選っと。

こんな感じで採用意欲の低い企業からは、中々選考通過を頂けることができません。

簡単に情報を入手できる情報化社会ですが、ハローワークの求人においては情報過多で優良企業を探すのが困難です。

ハローワークの職員にはノルマがあるから

2点目は「ハローワークの職員にはノルマがあるから」です。

実はハローワークの職員には国からノルマが課されており、「求人数を増やすように」と圧力をかけられています。

これによって、ハローワークの職員は日々民間企業に営業回りを行っており、採用意欲の低い企業でもどんどん求人にしてしまうのです。
結果採用意欲の低い企業がさらに増えてしまい、優良企業がどんどん埋もれていってしまいます。

ハローワークの求人には求人詐欺があるから

3点目は「ハローワークの求人には求人詐欺があるから」です。

実はハローワーク求人で「求人内容と実際の仕事内容が全く違かった」という求人詐欺が問題になり、メディアで取り上げられたことがあります。

企業の言い分としては、「ハローワーク職員がしつこいから、無理にでも求人内容を偽装する必要があった」と話しており、過剰な営業活動による弊害が出てしまいました。

詳細は下記の記事にて細かく書いているので、もし更に気になったら下記の記事もご覧ください。

ハローワークの求人はブラックばかり?転職を成功させるたった1つの方法

2020-01-26

ハローワークでのまともな求人(優良企業)の探し方

ハローワークでのまともな求人(優良企業)の探し方

ハローワークにまともな求人がない理由については理解しましたが、優良企業の探す方法はないのでしょうか?

完璧とは言えないですが、ブラック求人を避ける方法は一部存在するので、優良求人の探し方についてこの章では解説していきます。

求人の過去の掲載回数を調べる

1点目は「求人の過去の掲載回数を調べる」という方法です。

ハローワークでは掲載されている企業が、「過去何回ハローワークに掲載依頼をしたのか」を調べることができます。

掲載回数が多い企業=人が辞めて再度募集をかけている企業」なので、この数字を比較することで優良企業かどうかの判断をつけることが可能です。
ハローワークの職業相談を利用することで掲載回数を把握することができるので、積極的に利用していきましょう。

ハローワークの求職活動実績は職業相談で作れる!70の質問内容を元に解説

2020-02-19

年中求人を出している企業は選ばない

2点目は「年中求人を出している企業は選ばない」という方法です。
年中求人を出している企業=人が常に辞めている企業」なので、常に求人票にアンテナを張っておくことで、ブラック求人へ申し込む可能性を回避することができます。
自分で把握できれば良いですが、分からない場合はハローワーク職員に職業相談で聞いてみても良いですね。

転職口コミサイトで情報を調べる

3点目は「転職口コミサイトで情報を調べる」という方法です。
最も優良求人かどうかを判断する方法は「働いている社員に聞く」ことなのですが、そんな人脈やツテは中々あるものではありません。

しかし口コミサイトを上手く利用すれば、必要な情報をしっかり入手することができます。

口コミサイトとしては「転職会議」と「OpenWork」が有名で、もし口コミサイトで情報収集したい場合は下記の記事を参考下さい。

\こちらもおすすめ/

OpenWork(オープンワーク)の評判や口コミは?転職活動で実際に利用した感想

2020-03-29

転職会議の口コミや評判を真剣考察【嘘の口コミの判別法も紹介】

2019-12-05

若手に対する好待遇の企業は避ける

4点目は「若手に対する好待遇の企業は避ける」という方法です。

  • 若手で大きい仕事が可能
  • ノルマなし!
  • 経験がなくてもOK

求人に上記のような内容が書いている企業は「私達の会社には取り柄がありません」と言っているようなもので、若手を使い潰す会社の可能性が高いです。

中堅が少なく、若手を多く欲している会社は非常に退職者が多い証なので、できるだけ避けるようにしましょう。

3年離職率と平均勤続年数を調べる

5点目は「3年離職率と平均勤続年数を調べる」という方法です。
企業の3年離職率と平均勤続年数は必ず調べておくようにしましょう。数字によるデータは入手できると、企業の内部がどんな実態であるかを知る鍵になります
3年離職率と平均勤続年数は「就活四季報」と呼ばれる冊子で調べることができますので、本屋さんで探してみると良いですね。

年間休日数を確認する

6点目は「年間休日数を確認する」という方法です。

年間休日数の平均は120日となっているので、企業を選ぶ際は年間休日数を参考にしていきましょう。

注意点として労働基準法による年間休日の最下限は105日で、土日休みは年間で104日だということです。

105日の企業を選んでしまうと、GW・お盆・年末年始による休みにより土日出勤が確実に確定する会社になるので、極力選ばないようにして下さい。
意外と気づかずに入社して後悔する方が多いので、注意するようにしましょう。

ハローワークにろくな求人しかないなら転職エージェントを併用しよう

ハローワークにろくな求人しかないなら転職エージェントを併用しよう

優良企業の探し方について書きましたが、これを実践しても正直かなり工数がかかりますし、求人詐欺がなくなる訳ではありません。

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて記事にしましたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断や担当のサポートが手厚い

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

また併用で「DYM就職」の利用もおすすめです。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

ハローワークにろくな求人がない理由から、まともな求人の探し方、効率的な転職方法に関する記事は以上になります。

ハローワークは失業保険や各種助成金の利用にはかなり良いですが、「転職する」という目的においては他の媒体を利用した方が遥かに効率的で確実です。
転職エージェントを通した求人で優良企業の探し方を実践していくと良いでしょう。
おすすめの転職エージェント
  1. doda
    求人数業界No.2でサポート体制が手厚い
    【公式】https://doda.jp/
  2. リクルートエージェント
    求人数が業界で圧倒的なNo.1
    【公式】https://www.r-agent.com/
  3. DYM就職
    書類選考なし / 求人数2000社
    【公式】https://www.dshu.jp/