求職活動実績はインターネット応募も有効?簡単に実績を作る方法も紹介

転職ノウハウ


  • ハローワークの求職活動実績ってインターネット応募でも可能?
  • ハローワークの求職活動実績って面接で辞退するとどうなるの?
  • ハローワークの求職活動実績が足りないから実績を作る方法知りたい

こんな疑問に答えます。

ハローワークの失業保険を受給する為には求職活動実績が必要になってきますが、インターネット経由での応募はどこからが有効なのか分からない方も多いのではないでしょうか?

本記事では「求職活動実績のインターネット応募に関する知識から、簡単な実績作成方法、よくある疑問点」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、失業保険や求職活動実績に関する知識を1つ増やすことが可能ですよ。

\関連記事/

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-02-13

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-02-14

スポンサードサーチ

求職活動実績についての事前情報

求職活動実績についての事前情報

まずは求職活動実績について軽くおさらいから始めていきましょう。

既に「求職活動実績について完璧に知ってるぜ〜」って方は次の章に行ってもらってOKです。

求職活動実績とは

求職活動実績とは、ハローワークからの失業保険を受給する為に「月に2回は求職活動を行いさない」と掲げられている求職活動の実績のことを指します。

基本的にハローワークは「就職する意思のある人」に対して失業保険を給付するので、就職する意思があることを行動で示しなさいということですね。
ハローワークが掲げた求職活動実績に該当する活動を行えば無事ハンコを頂くことができ、それが実績の証明になります。

求職活動実績に該当するもの

基本的に、ハローワークの求職活動実績に該当するものは下記になります。

求職活動実績になるもの
  1. 雇用保険受給説明会への参加【初回の説明会】
  2. ハローワークでの職業相談
  3. ハローワークの講習やセミナーへの参加
  4. 求人へ応募する
  5. 転職エージェントのセミナーを受ける
  6. 転職フェアに参加する
  7. 国家試験、検定などの資格受験

初月は説明会に参加するだけで1回分の実績になりますので、他に職業相談やセミナーに受講していれば初月は簡単に実績を作ることができます。

2回目の失業認定日から「2つの実績が必要になる」と覚えておきましょう。

求職活動実績に該当するものは忘れがちなので、ブクマでして見返してもOKです。

【ハローワーク】職業相談で求職活動実績を作る方法【質問例もあり】

2020-05-18

失業保険の求職活動実績はセミナーのみでOK?注意点を解説

2020-02-16

求職活動実績に該当しないもの

求職活動実績に該当しないものは下記になります。

求職活動実績に該当しないもの
  1. インターネットで求人検索をした
  2. 求人情報雑誌で求人を調べた
  3. 興味のある会社に電話して空きがあるか確認した
  4. 職業紹介所に登録した
純粋に「検索した・電話した・登録した」という作業だけですと全く実績になりませんので、勘違いしないように覚えておきましょう。

求職活動実績はインターネットで応募も有効?→結論OKです

求職活動実績はインターネットで応募も有効?→結論OKです

本題ですが、求職活動実績はインターネット応募でも有効になるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、どんな形であろうと求人を応募することで求職活動実績になります。

インターネットだから応募画面を保存したり、何かしらの証明をしなければならないと勘違いしている人も存在しますが、失業保険申告書に普通に書き込むだけでOKです。
次の章で簡単に実績を作る方法と共に、失業認定申告書への記入方法についても解説します。

求職活動実績のインターネット応募での作り方

求職活動実績のインターネット応募での作り方

それでは「求職活動実績をインターネット応募で簡単に作る方法」について解説していきます。

失業保険の求職活動実績の簡単な作り方・裏ワザ【2020最新】でも記載していますが、基本的に書類応募よりもインターネット応募の方が遥かに早く、手間がかかりません。

これを機に簡単に求職活動実績を作る方法についても覚えておきましょう。

転職サイトに登録する【5分で完了】

まずはインターネット経由で応募しなければならないので転職サイトに登録しましょう。

転職における求人サイトは「リクナビNEXT」がおすすめです。

なぜリクナビNEXT?
  1. 求人数が約30000件で転職サイトNo.1
  2. 求人数の約85%はリクナビNEXTの独占求人
  3. 各種正確診断で自己分析も可能

上記の理由があり、転職サイトとして圧倒的だからです。

5分で登録は完了しますので、是非登録しておくようにしましょう。

希望の会社を2社選んで応募する

次に自分が応募したい企業を2社選択し、応募をかけていきましょう。

この時履歴書が必要になってきますが、リクナビNEXTで入力した情報がそのまま履歴書になりますので、手書きで書かずとも簡単に作成することができます。
こちらが先ほど手間がかからないと言った最大の理由です。

失業認定申告書に記入する

企業に応募したら、いよいよ失業認定申告書に記入していきます。

失業認定申告書に記入する

上記の画像のように応募した企業名を記載して「選考結果待ち」と書いておけば問題なく実績にカウントされるでしょう。

応募した企業が選考で落選したとしても実績になりますので、認定日の1日前からでも実績を作ることが可能です。

求職活動実績のインターネット応募に関する「よくある質問」

求職活動実績のインターネット応募に関する「よくある質問」

求職活動実績のインターネット応募で作る方法について解説したところで、インターネット応募に関する「よくある質問」について回答していきます。

求職活動実績は面接辞退でも有効?

結論から言うと、選考に通過して面接を辞退してしまうと、求職活動実績が無効になってしまう場合があります。

それぞれのハローワークで見解が変わる可能性もありますが、基本的に根底にあるのは「就職しようとする意思」です。

面接に行っては辞退を繰り返し、「実績を稼いでいるだけで就職する意思がない」と判断されると、一発アウトになる可能性があるので注意するようにしましょう。

しかし下記の条件を満たした場合は、求職活動実績になる場合があります。

  • 面接を受けようと思っていたのに当日体調が悪かったので辞退した
  • 家庭内の事情で、どうしても面接に行くことができなかった
ハロワ
いずれにしてもなぜ辞退したのか理由を説明しないといけないので、分からないことがあったら相談して下さいね。
嘘をつくと企業に確認されてバレるので、真実を言うようにしましょう。

求職活動実績の派遣エントリーは実績になりますか?

ハロワ
こちら派遣のエントリーで1つの求職活動実績になりますが、それ以降の応募で実績になることはありません。
派遣の会社にエントリーして応募すれば2つの実績を稼げる」と書いてあるサイトは嘘なので騙されないようにしましょう。

ハローワークは求職活動実績を確認してきますか?

ハロワ
応募した企業に電話をかけて、本当に応募しているのか確認しています。しかし全て行っているわけではなく、無差別ですね。
なるほど。。つまり嘘を付いたら一発でアウトになる可能性があるということですね。

本気の転職をしたいなら求人サイトよりも転職エージェントを活用しよう

本気の転職をしたいなら求人サイトよりも転職エージェントを活用しよう

求職活動実績のインターネット応募について説明してきましたが、本気で転職活動を行いたいのであれば、転職サイトよりも転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントとは、求人紹介から履歴書の添削、面接のサポートまで全て無料で提供してくれるサービスで、近年非常に利用する方が多いです。

求人サイトよりも圧倒的に求人数が多いですし、ハローワークよりも確実に転職できる方法についてノウハウを蓄積しています。

またハローワークは「求人内容と仕事内容が違う」という求人詐欺が問題になっており、単体での利用は危険です。

ハローワークの求人はブラックばかり?転職を成功させるたった1つの方法

2020-01-26
おすすめの転職エージェントを3つ紹介しますので、本気で転職したい方は3つとも登録しておくようにしましょうね。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断や担当のサポートが手厚い

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

また併用で「DYM就職」の利用もおすすめです。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

求職活動実績はインターネット応募に関する記事は以上になります。

求職活動実績のまとめ
  1. リクナビNEXTに登録する【5分で完了】
  2. 希望の会社を2社選んで応募する
  3. 失業認定申告書に記入する
簡単にできるので是非実践してみて下さいね。

\関連記事/

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-02-13

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-02-14