転職で空白期間(ブランク)が1年間あっても余裕→元ニートの裏技

一般転職


  • 転職活動したいけど空白期間がある
  • ブランクがあるから転職が成功するか不安
  • 転職で空白期間(ブランク)があっても大丈夫?

こんな疑問に答えます。

転職活動を行っていきたいものの、「空白期間があって不安」「ブランクはどのくらいまでOKなの?」と不安に感じている人は多いのではないでしょうか?

元ニートの僕から言わせてもらうと、結論ブランクが1年間くらいあっても転職することは容易に可能です。

しかし諸注意がありますので、本記事では「転職で空白期間(ブランク)がある時の立ち回り手法」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、空白期間があっても転職を成功に導くことが可能ですよ。

転職で空白期間(ブランク)があっても大丈夫?

転職で空白期間(ブランク)があっても大丈夫?

転職において「空白期間があっても問題ない」と言いましたが、期間によって転職の難易度がどの程度になるのかは掴んでおきたいところです。

まずは空白期間毎の、転職活動の影響具合について説明していきます。

転職の空白期間が1ヶ月~半年の場合

転職の空白期間が1ヶ月~半年の場合は結論全く気にしなくて問題ありません。

書類選考でも1ヶ月~半年であれば大きな違和感は持たれないですし、面接においても「転職活動してました」で全然通るレベルです。
それでも転職が上手くいっていない場合は読み進めてみましょう。

転職の空白期間が半年~1年の場合

転職の空白期間が半年~1年の場合は少し転職難易度が上がります。

半年~1年以上空白の状態が続くと、「何か問題があるんじゃないか?」と疑われ始め、書類選考で落とされる可能性が高くなっていくでしょう。
しかしコツやポイントを抑えておけば問題ないので、まだまだ大丈夫です。

転職の空白期間が2年以上の場合

転職の空白期間が2年以上の場合は転職難易度がかなり高いです。

2年も空白があると、履歴書に何かしらの理由(留学や親の介護など)を書いていないと、ほとんどの確率で選考に落ちると言っても過言ではないでしょう。
しかしまぁ結論僕の中では問題ないので、このまま読み進めて貰えば全然OKです。

転職で空白期間(ブランク)があると採用されない理由

転職で空白期間(ブランク)があると採用されない理由

空白期間における転職難易度について感触を掴んだところで、次に転職でブランクがあると採用されない理由について深堀していきます。

採用されていない・能力の低い人材だと思われる

1点目は「採用されていない・能力の低い人材だと思われる」からです。
空白期間が長く続いてしまうと、「転職活動を続けているのに採用されない人」という扱いを受けてしまい、応募者の能力が低いと判断されてしまいます。
そのため、「ずっと転職活動していたわけではなく、何かに挑戦していた」というアピールを行い、採用官の誤解を解いていく必要があるでしょう。

協調性に欠ける人だと思われる【人間性】

2点目は「協調性に欠ける人だと思われる」からです。
こちらは先ほども話したように「採用が決まっていないのは何か問題のある人なんじゃないか」と疑われ、協調性に欠けている人だと判断されることがあります。
一般に空白期間が長くなれば長くなるほど人間性が疑われる可能性が高くなっていくので、頭には入れておくようにしましょう。

仕事に対する責任感がない人だと思われる

3点目は「仕事に対する責任感がない人だと思われる」からです。
仕事を退職して空白期間が長引いている人ほど、「仕事を積極的に行っていない」「労働をしないダメな人」と変なレッテルを貼られてしまう可能性が高くなります。
日本人は「みんな頑張っているんだから君も頑張れ」という集団の精神が強いので、相手が納得できる理由を話す必要がありますね。

転職において空白期間(ブランク)で不利になるのは書類選考のみ

転職において空白期間(ブランク)で不利になるのは書類選考のみ

さて空白期間が敬遠される理由について述べましたが、結論「空白期間で大きく不利になるのは書類選考のみ」です。

少しここの点について解説を入れていきますね。

空白期間があると選考は通りにくい

結論空白期間があって不利になるのは書類選考の部分のみです。

なぜなら採用担当は「応募者がどんな理由で空白期間が空いているのか見えづらい」「できるだけリスクを避けたい」という強い想いがあるからです。

応募者本人にやる気があっても書類上でやる気を見分けることは中々できることではありません。

また採用する側にもコストがかかるので、できるだけリスクを低くして安全性の高い人材を採用しようとします。

以上の理由から、空白期間が長くなるほど、書類選考の難易度は上がってしまうのです。

空白期間があっても面接は自力でなんとかなる

一方で空白期間があったとしても、面接は自力で何とか突破していくことができます。

なぜなら採用官が応募者の「空白期間の理由」や「仕事に対する熱意」を肌で感じることができ、話し方次第によって疑念を払拭することができるからです。
面接では書類選考で見えてこなかった人間性の部分が浮き彫りになって出てくるので、後は自分次第だということをここで覚えておきましょう。

転職で空白期間(ブランク)がある時の対処法はたった1つ

転職で空白期間(ブランク)がある時の対処法はたった1つ

それでは転職で空白期間がある時のたった1つの対処法について説明していきます。

結論から言うと、「書類選考のない転職エージェントを利用すること」が答えです。
転職エージェントとは、求人紹介から書類の添削、面接サポートまで全て無料で行ってくれるサービスのことを指します。

以下おすすめするエージェントは、書類選考なしでいきなり面接から入ることができるので、空白期間におけるデメリットを最大限減らすことが可能です

中小企業が多いですが一部大手企業もありますので、積極的に利用してみて下さいね。

書類選考なしで求人数も幅広い「就職Shop」

書類選考なしで求人数も幅広い「就職Shop」
就職Shopの特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 紹介求人は約8500社とかなり多い
  3. 紹介求人の職種に偏りがなく、様々な職種を選択可能

1つ目におすすめなのが「就職Shop」です。

就職Shopは若手の転職に特化しており、なんと書類選考なしで求人を応募することができます。

また就職Shopは求人数が8500社もあり、且つ求人の職種に偏りがないので、就職する企業の選択肢を大幅に上げることが可能です。
関東圏と関西圏でしか利用できないことが最大の難点ですが、もし利用する場所に住んでいるのであれば、必ずに登録しておくことをおすすめします。

\簡単5分で登録可能!/

参考:就職Shopを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

2点目ににおすすめなのが「DYM就職」です。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

【転職面接】空白期間(ブランク)に何もしてない人の言い訳リスト

【転職面接】空白期間(ブランク)に何もしてない人の言い訳リスト

書類選考無しで面接まで進めるエージェントを紹介しましたが、ブランク期間の間に特に何もしておらず面接に苦しむ人も多くいるのではないでしょうか?

そんな人達の為に、何もしていなくとも面接で誤魔化すことのできる言い訳リストを作ったので紹介していきます。

海外留学に行って語学学習をしていた

1点目は「海外留学に行って語学学習をしていた」と言う方法です。

留学を理由に空白期間ができたと説明すると、面接官から減点されることはないので無難な方法だと言えます。

しかし聞かれたことにしっかり回答しないといけない点や、英語を活用する職場の場合は入社後にバレる恐れがあるので、自分の状況に合わせて利用しましょう。
0→1で嘘を付くのは大変なので、海外経験がある人が利用した方が良いですね笑

資格やスキルを身につけたく勉強していた

2点目は「資格やスキルを身につけたく勉強していた」と言う方法です。
資格やスキルは非常に無難な回答なのでおすすめなのですが、「なぜその資格を勉強しようとしたのか」「将来何をしていきたいのか」を答えられないと嘘がすぐバレてしまいます。
そのため、明確な目的があって勉強していた体で話すと良いでしょう。

ハローワークの職業訓練を受けていた

3点目は「ハローワークの職業訓練を受けていた」と言う方法です。
職業訓練も言い訳としては非常におすすめですが、あまりにも技術的な訓練を受けていたと言うとすぐバレるので、簡単なPCスキルの勉強をしていたと言えば問題ないでしょう。
自分の知っている範囲での話を混ぜつつ、巧妙に説明していく必要がありますね。

両親の介護をしていた

4点目は「両親の介護をしていた」と言う方法です。
介護も言い訳としてはかなり話しやすい部類ですが、「入社してからも嘘をつき続けないといけない」場合があるので優先順位は低くなります。
嘘を突き通すのはストレスがかかるので、もし使う際は慎重に使いましょう。

フリーランスとして活動していた

5点目は「フリーランスとして活動していた」と言う方法です。
「独立して自分で活動していた」と伝えることで、「挑戦心がある」「意識が高い」と評価を受けることができるので、こちらはかなりおすすめの方法だと言えるでしょう。
自分で副業か何か挑戦した経験があるのなら、是非使ってみて下さい。

転職で空白期間(ブランク)を良い印象に持っていく3つのコツ

転職で空白期間(ブランク)を良い印象に持っていく3つのコツ

さて空白期間に何もしてない時の言い訳について書いてきましたが、勿論正攻法でのコツも書いていきます。

ポイントは3つあるので、1つ1つ確認していきましょう。

空白期間が自分にとって有益だったと伝える

1点目は「空白期間が自分にとって有益だったと伝える」ことです。
「新しいことに挑戦した。それによって新しい考え方を知って、結果有意義な時間だった」と説明されれば、面接官も期待が持てますよね。

「何かに挑戦したけどダメだった」と言うことが間違いとは言わないですが、最後にはポジティブな回答を心掛けた方が面接においては通りやすいでしょう。

空白期間で得たスキルや経験を伝える

2点目は「空白期間で得たスキルや経験を伝える」ことです。
資格や語学の勉強をしていたならば、実際に「どんなスキルが身に付いたのか」「どんな経験をしたのか」を伝えることで、信頼性が高まり面接官の印象を変えることができます。
「〇〇をやっていました」で終わるのではなく、「〇〇を通して得たスキルが御社の〜部分で活かせる」と言えれば100点です。

自信を持って堂々と話す

3点目は「自信を持って堂々と話す」という点です。
これまで説明してきたことを踏まえ、「空白期間なんて大したことじゃないぜ」という顔で、自信満々に話すように心掛けましょう。

正直「働き続けている人が偉いという訳ではない」ので、自分を卑下せず堂々としていて大丈夫です。

自信満々にしていると面接官も変に疑うことはないので、それだけで高評価に繋がりますよ。

まとめ:転職で空白期間(ブランク)があっても余裕

転職の空白期間(ブランク)に関する記事は以上になります。

内容を纏めると、空白期間で不利になるのは書類選考の部分のみなので、書類選考のない求人を積極的に攻めることで内定に近づくことができるでしょう。

簡単5分の登録で無料で求人を調べることができるので、あなたに損はありません。

またさらに深掘りして求人を探していきたい場合は、下記の記事を参考にしていくと良いでしょう。

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-12-01