鉄鋼&非鉄金属メーカーの就職偏差値は?仕事内容や平均年収を解説

就職|転職
  1. 鉄鋼&非鉄金属の将来性を知りたい
  2. 鉄鋼&非鉄金属の仕事内容を知りたい
  3. 鉄鋼&非鉄金属に就職したいけど、何をすれば良いのか分からない
上記のような悩みを解決していきます。

鉄鋼&非鉄金属に就職したいと考えている方や、興味がある方は多いでしょう。ただ、具体的な仕事内容や将来性などを知らない人もいますよね。

この記事では、鉄鋼&非鉄金属について徹底解説しています。これから就職や転職を考えている方は、是非チェックして下さい。

鉄鋼&非鉄金属メーカーとは

鉄鋼&非鉄金属メーカーとは、多くの産業で利用する金属・非金属資源の販売や生産、製品の開発などが主な仕事内容になります。

自動車や家電、工業機械などは鉄鋼&非鉄金属メーカーから仕入れた資源を使って生産されているので、これからも必要な業界です。

今まで資源を販売している企業が多かったですが、最近は加工品を売っている企業も多いですね。

販売先の開拓だけでなく、商品を加工する技術がある人などが活躍できる業界になります。

鉄鋼&非鉄金属メーカーの4つの仕事内容

鉄鋼&非鉄金属メーカーについて知って頂いたので、具体的な仕事内容を解決していきます。

主に四つの仕事内容があるので、これから働こうと考えている人は確認しておきましょう。

顧客への営業

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、部品や製品の製作などが仕事内容としてイメージされていますが、顧客へ営業しなければ売上を作ることができません。

顧客へ営業して新規のクライアントを獲得することで、売上を作ることが可能です。

製品の製造に自信が無い人でも、営業で成果を出せるのであれば就職することができる業界になります。

製品の企画と設計

製品の製造をする前に、具体的に企画と設計をしていきます。

企画と設計をすることで、今までの製品をブラッシュアップした商品を開発することが可能です。かなり専門的な知識や能力が必要ですが、製品の基盤になる仕事なのでやりがいはあるでしょう。

自分の製品を世に出したいのであれば、鉄鋼&非鉄金属メーカーはおすすめの業態です。

製品の製造や開発

製品の企画と設計が終われば、製造と開発が始まります。

製造と開発の段階で、設計した製品の問題点や改善点などが洗い出すことが可能です。

ここの工程で、顧客に提供できるレベルの製品にしていきます。お客様に商品を提供する為の生産に入る前の最後の段階なので、かなり慎重に行う必要がある作業です。

製品の管理と生産

お客様に提供できるレベルの製品が完成すれば、生産を行っていきます。

生産の段階は、一気に商品を作っていくので、予想できなかった不備や欠陥が発生する可能性が高いです。

一度生産が終われば、商品に問題が無いか確認するのも作業になります。商品に問題があれば、生産過程で起きた問題を解決しなければいけません。

問題なく生産できていれば、お客様に届ける為に管理をして納品作業を行います。

鉄鋼&非鉄金属メーカーの平均年収

鉄鋼&非鉄金属メーカーの平均年収は、400万円〜1000万円です。

これだけ収入に幅がある理由は、業務内容によって異なる点ですね。

工場の作業者であれば収入は低くなりますが、上流の仕事である設計などができる人材は高収入を期待できます。

また、営業に関しては成績によって収入が大きく変わるようです。

1000万円を超える人は稀ですが、大企業で活躍している人は貰える可能性があります。

自分の努力次第で収入を大きく変えることができる業界なので、自分に自信がある人におすすめです。

鉄鋼&非鉄金属メーカーで働く5つのメリット

今までの記事を読んで、鉄鋼&非鉄金属メーカーに興味を持った人も多いでしょう。

そこで、働くことで得られるメリットを解説していきます。

収入が高い

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、スキルや能力が必要なので収入も大きく得ることが可能です。

特に、上流過程の設計や開発ができる人ほど年収が高くなる傾向があります。

鉄鋼&非鉄金属メーカーに関しての知識や能力があって、設計や開発ができる自信がある人はおすすめの業界になります。

労働環境が良い

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、繁忙期などが特に無いので労働環境が良いです。

会社にもよりますが、急な残業や休日出勤などは滅多にありません。作業者に限り、会社の受注数と従業員数に乖離があれば残業や休日出勤は必要になってきますが、設計や開発の業務をしている人には労働環境が良いと言えるでしょう。

労働環境が良い場所で働きたいと考えている人は、鉄鋼&非鉄金属メーカーをおすすめします。

海外進出できる

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、国外との取引も多いので海外進出をすることが可能です。

日本の技術や製品は非常に評価が高く、海外からも注目されています。語学力がある人は、かなり重宝される業界です。

注意点とすれば、語学力があっても鉄鋼&非鉄金属に関する専門的な知識が無ければ意味がありません。

語学力があって鉄鋼&非鉄金属メーカーに就職したいと考えている人は、専門の知識も学んでおくことをおすすめします。

女性を採用している

鉄鋼&非鉄金属メーカーは男性のイメージも強いですが、積極的に女性も採用しています。

女性で力仕事ができる人は良いですが、苦手な人は頭を使う設計や開発を担当することが多いです。

力仕事が苦手でも鉄鋼&非鉄金属メーカーに就職したいと考えている人は、専門的な知識を習得して頭を使う業務を担当できるようにしましょう。

仕事の需要がある

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、仕事の需要があります。

日本には多くの製品が生産されているので、部品などの発注は永遠に行われるでしょう。

AIに仕事を奪われる可能性があると言われていますが、生産の工程くらいなので、他の業務を請け負えるのであれば心配する必要はありません。

作業だけでなく頭を使う作業も多くあるので、AIに仕事を奪われる可能性は低いとなれば、仕事の需要はあると言えるでしょう。

鉄鋼&非鉄金属メーカーで働く3つのデメリット

先ほどは鉄鋼&非鉄金属メーカーで働くメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので纏めておきます。

海外との競争が激化している

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、海外との競争が激化しています。

日本の製品や技術は高品質で評価が高い為、現時点である程度の価値はありますが、海外の技術も進歩しているので競争は激しいです。

それだけでなく、海外は日本に比べて人件費が安い為、技術が同等であれば日本の価値が無くなります。

日本が常に最先端の技術や製品を開発し続けることができれば問題ないですが、かなり難しいでしょう。

日本の市場だけで働くのは難しくなっているので、語学力を身に付けて海外でも活躍できる人材になるなどの努力が必要になります。

かなり頭を使う必要がある

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、部品の詳細な部分まで設計しなければいけないので、かなり頭を使います。

技術は年々進化しているので、勉強を続けながら頭を使って仕事をするので、考えるのが苦手な人は厳しい環境になるでしょう。

言い換えると、勉強を続けるのが得意な人や、頭を使う人にはおすすめの業界になります。

差別化しなければ就職できない

鉄鋼&非鉄金属メーカーは、高収入で職場環境も良いので、就職難易度は高いです。

就職難易度が高いので、差別化がなければ就職することができません。

専門的な知識や技術を持っている人や、語学力がある人などは就職できる可能性が高くなります。

鉄鋼&非鉄金属メーカーに本気で就職したいと考えている方は、何か特化したスキルや能力を持てるように努力しましょう。

鉄鋼&非鉄金属メーカーの就職偏差値ランキング5選

今までの記事を読んで、鉄鋼&非鉄金属メーカーの企業を知りたいと感じた人も多いでしょう。

そこで、就職偏差値が高い企業を5つに厳選して紹介していきます。

住友金属鉱山

住友金属鉱山は、非鉄金属業界で活躍している企業になります。

かなりの高収入が期待できる企業なので、就活生から人気です。

事業は資源の販売・加工、鉱山の開発などですね。最近は鉱山の開発に力を入れています。

神戸製鋼所

神戸製鉄所は、鉄鋼や金属以外の事業も展開しています。

資源の需要がある中国の大きな会社と生産合併しているので、中国語が話せる人は活躍しやすい企業です。

グローバル展開と多角化経営で安定した売上を上げています。

平均年収はこれから紹介する3社より低めですが、他の業態に比べると高収入なので就職を検討する価値はありますね。

三菱マテリアル

三菱マテリアルは、非鉄金属業界で活躍している企業です。

特に銅の事業が成功していて、北中米や南米で海外鉱山の開発なども行っています。

銅だけでなく、様々な資源の加工や販売を行っているので、加工技術を持っている人が活躍できる企業です。

JFE

JFEは、鉄鋼メーカーになります。

国内では鉄鋼の需要が減少している現状を受けて、海外展開をしているのが特徴です。

語学力があれば海外でも活躍できるので、就職できる可能性が高い企業になります。

鉄鋼の出荷だけでなくインフラ構築の事業も展開しているので、エンジニアもおすすめです。

日本製鉄

日本製鉄は、国内で1位の利益を上げている超大企業です。

鉄鋼需要が増加している発展途上国のインドへの進出もしているので、中東などでも活躍できます。

国内と海外の両方で安定した経営を続けている為、就活生は注目です。

鉄鋼&非鉄金属メーカーに就職するためにやること3選

今までの記事を読んで、鉄鋼&非鉄金属メーカーに就職したいと考えている人は多いでしょう。

そこで、就職する為にやるべきことを纏めておきます。

問題解決能力を身につける

鉄鋼&非鉄金属メーカーで働くのであれば、問題解決能力が必要になります。

  1. どのように生産効率を上げていくのか
  2. 原価率を抑える為に材料や工程を変える
  3. 商品をどのように改善していけば良いのか
問題解決能力を身につけておけば、働く上で起こり得る様々な課題を解決することができます。

常に何か世間になる問題に対して、自分ならどのように解決していくのか考える習慣を持っておきましょう。

OB訪問やインターンシップに足を運ぶ

鉄鋼&非鉄金属メーカーは就職難易度が高いので、OB訪問やインターンシップに足を運んで、希望している企業について知っておきましょう。

企業について知らなければ、採用されることはありません。OB訪問やインターンシップに足を運べば、企業について知ることができます。

誰でも行けるものなので、積極的に参加しましょう。

語学力を身に付けておく

鉄鋼&非鉄金属メーカーは海外との交流が深いので、語学力は武器になります。

技術や知識を学び続けることも重要ですが、海外で活躍するには語学力は必須です。日本だけでなく海外でも活躍したいと考えている人は、語学を学んでおきましょう。

学んでおくべき言語は、英語や中国語など汎用性があるもので大丈夫です。

鉄鋼&非鉄金属メーカーの将来性

鉄鋼&非鉄金属メーカーの将来性は、海外の技術の進歩によって大きく変わります。

日本には多くの製品があるので、鉄鋼&非鉄金属メーカーの仕事が無くなることはありません。

ただ、仕事を海外やAIに取られていく可能性は十分に考えられます。AIは単純作業を全て代替できるので、作業者ではなく設計や開発などの上流の仕事ができるようにならなければいけません。

海外は人件費が安いので、外国の技術が進歩すれば国外へ仕事を外注して人件費削減を行う可能性は高いです。

これから鉄鋼&非鉄金属メーカーに就職して働くには、海外で活躍できる人材や、作業者ではなく上流の仕事ができる人材になることが重要になります。

まとめ

この記事では、鉄鋼&非鉄金属メーカーについて解説しました。

平均年収は高い傾向にありますが、担当する業務や就職先によって大きく異なります。

これから鉄鋼&非鉄金属メーカーで活躍したいと考えているのであれば、できるだけ上流の仕事を獲得できるように努力しましょう。

※ランキング順位は自社調査によって掲載させていただいております。