第二新卒の転職で失敗しない為の完全マップ【全手順記載】

仕事・転職


  • 第二新卒で転職したいけど失敗しそうで怖い
  • 第二新卒の転職で成功した人の体験談を聞きたい
  • 第二新卒の転職で失敗しない為の方法を知りたい

こんな疑問に答えます。

本記事では第二新卒の転職で失敗する理由から、失敗しない為に必要な全手順について記事にしています。

つまり「仕事辞めたい」「転職したい」方が、第二新卒で転職することを前提として、効率的に転職活動を進めていく為の一種のロードマップです。

近年日本全体として転職する方達も増えてきていて、新卒入社3年以内で転職する人達のことを第二新卒と呼んだりしていますね。



  • 人間関係・労働環境・給料に不満がある
  • やりたいことを深く考えずに会社を安易に選んでしまった。他の仕事をやってみたい
  • このまま同じ会社で働いていたら、何もスキルのつかない人間になってしまいそうで怖い

挙げだしたらキリがないですが、現状本当に今の職場に不安があるのなら、早めの転職が吉です。

なぜなら第二新卒枠から外れてしまうと、経験・スキルが求められてくるので転職のハードルが1つ上がってしまうからです。

数年後にやっぱりあの時転職しておけばなあ。。なんて後悔することにならないように、もし現状に不満があるのならば、機を逃さずに、迅速に行動していく必要があります。

この記事で理解できること
  1. 第二新卒転職で「何から始めればいいのか」がイチから理解できる
  2. 順番に説明していくので、記事通りに進めていくだけでOK
  3. 参考書やネットで1つ1つ調べて1人でやるよりも、効率的に進めることができる
  4. 転職活動自体の失敗や、企業選びを間違えて「転職の繰り返し」を避けることができる

この記事を書いている僕は、新卒で入社した企業を10ヶ月で退職し、第二新卒で平均年収1200万の企業に転職成功することができました。

大切なのは採用担当にロジカルに説明することです。実体験ベースで順序よく説明していきますので、ゆっくり読み進めて行って下さいね。

スポンサードサーチ

第二新卒の転職で失敗しない為の全手順【体験談含む】

第二新卒の転職で失敗しない為の全手順【体験談含む】

それでは第二新卒の転職で失敗しない為に、必要な手順について1から説明していきます。

下記の項目で進めていくので、自分に合った部分を読み進めるのでも問題ありません。

①転職スケジュールの計画は逆算で立てる

転職スケジュールの計画は逆算で立てろ

どんなことでもまず計画を立てていくことが非常に重要です。

転職におけるスケジュールは、終わりが決まっているので逆算を意識して立てていくようにしましょう。

\逆算してスケジュールを立てよう/

転職期間はどのくらい?逆算スケジュールが成功への近道!

2019-08-15

②自己分析で大切なことは一貫性を出していくこと

自己分析で大切なことは一貫性を出していくこと

転職の目的、自分がやりたいこと、自分ができることを考える

さてスケジュールを立てたら、次にいよいよやることが「自己分析」となります。

就活生の時に自己分析はやったことあるかと思いますが、転職活動においてはまた勝手が違ってきます。
なぜなら、転職活動の面接だと、新卒での就職活動と違って、「退職理由」を説明しないといけないからです。

退職する明確な理由があって、将来的にやりたいことがあるから、御社を志望する。

上記の画像のように、ロジカルに説明する為にも自己分析は必須となってきます。

\自己分析のやり方/

【転職】自己分析のやり方をロジカルかつ効率的に3点で解説するよ

2019-08-17

自己分析結果を他己分析でさらに補強しよう

さて、自己分析が終了したら次は他己分析も是非進めておいて欲しいと思っています。

そもそも自己分析ってやっていると結構煮詰まってくるんですよね。そういう時に少し目線を変えて、他己分析を行うのが一番良いタイミングです。

これをしっかり行うと、自分の思いも寄らない長所を知ることができたり、自分の能力を細かく言語化してくれて、考えていたことを整理できたなんてこともあります。

他己分析は、転職求人サイトでNo1を誇る「リクナビNEXT」に登録すると使用できる「グッドポイント診断」をやっておくのがオススメです。

自己分析結果を他己分析でさらに補強しよう

このように、自分の強みを8568通りの中から算出してくれるので、頭の中を整理するのにかなり効率が良いです。

グッドポイント診断はこちらから

是非使ってみて下さい。

自分の企業価値を知る方法

次に、自分の企業価値がどのくらいあるのか、大雑把でもいいから知りたいですよね?

適正診断

MIIDAS(ミイダス)は年収診断は微妙だけど、適性診断にはオススメ

2019-08-25

そんな時はMIIDAS(ミイダス)がオススメです。

あまり完璧な値は出てこないですが、自分は「まぁ順当な結果かな」という年収値が出てきたので、参考程度に確認してみると良いかもしれません。

またグッドポイント診断とはまた違う観点で、適正診断することも可能です。

自分の企業価値を知る方法

このように「パーソナリティ診断」を受講することができたり、

自分の企業価値を知る方法

コンピテンシー診断で「適正の高い職種」を判別することも可能です。1人で作業する技術職が向いているようです。

自分の企業価値を知る方法

反対に企画系や広告系のような人を巻き込んでいく仕事は絶望的に合わないことが僕の結果では分かっています。

MIIDAS(ミイダス)はこちらから

こちらも合わせて、行っておくと良いでしょう。

適性検査LP

③転職サイトと転職エージェントで求人を探す時の注意点

転職サイトと転職エージェントで求人を探す時の注意点

次に「情報収集」や「書類作成」を行うには転職サイトや転職エージェントを用いて求人を探していく必要がありますが、ここで転職サイトの選択に失敗すると、転職活動が詰みます。

理由しては「求人数の少ない転職サイトを選択し、応募する企業がなかった」という状況になる人が多いからです。
求人数の多さは、転職活動の成功率に比例します。そんなことにならない為にも、効果的な転職サイト、エージェントの選び方を理解しておきましょう。

転職サイトはリクナビNEXT一択

求人サイトはリクナビNEXT一択

まず転職サイトですね。これはリクナビNEXT一択で問題ありません。

理由としては簡単に留めておきますが、

  • 転職サイトの中で求人数がダントツのNo.1
  • 限定求人がなんと87%もある
  • グッドポイント診断ができる

という理由です。

転職サイトはリクナビNEXT一択

上記の画像の通り求人数ではダントツのナンバーワンです。

また自己分析編でも言った、「グッドポイント診断」もありますし、何より限定求人が87%もあるのに登録しないなんてことは死に直結します。

100件の求人があったら87件はリクナビNEXTでしか拾えないということですからね。これは凄まじいことです。

空き時間にスマホで求人を探すことができるので、必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXTはこちら

転職エージェントは求人数を確保する為に絶対必要

転職エージェントは求人数を確保する為には絶対必要
さて、リクナビNEXTは登録必須だと言いましたが、それよりも第二新卒転職において最も重要となってくるのが転職エージェントを活用していくことです。

分からない方に向けて一応説明しておきますが、「転職エージェント」とはあなたの条件に見合った会社を紹介してくれる「人材紹介サービス会社」のことを差します。

基本的に応募企業と転職エージェント会社間で報酬が発生しますので、利用する側は無料で使うことが可能です。

転職エージェントの利点
  1. 転職サイトよりも求人数が圧倒的に多い
  2. 面接・職務経歴書の対策をしてくれる
  3. 面接日・入社日などの段取りをしてくれる

というように、転職活動を時短できるのでおすすめです。

会社名求人数
doda10万件以上
リクルートエージェント10万件以上
リクナビNEXT約30000件
求人数にも大手転職エージェントとリクナビNEXTを比較すると圧倒的な求人差がありますので、ここからの情報は必ず目を通して下さいね、

転職エージェントは複数登録しておくこと【知らないと詰み】

次なんですが、本当にガチで転職したいのであれば、転職エージェントに複数登録しておくことをオススメします。
理由は下記の記事に詳細に説明していますが、1社の転職エージェントと話を進めていくと、恐らく転職希望者は相手の担当官が言ったことをそのまま信じてしまう可能性が高いからです。

相手側も人間です。当然ビジネスでやっているわけですから「もうこの会社しか受からないよ」とか「ここの企業受けても受からないよ」とか誘導されてても気づくことができないですよね?【超重要】

こうならない為にも転職エージェントを複数登録しておくことを推奨しております。

転職エージェントの複数利用における12の注意点【知らないと詰み】

2019-10-22
転職エージェントにも種類がありますよね。結論から言うと僕がオススメするのは「大手転職エージェント+第二新卒用転職エージェント」で併用して利用していくことです。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 各種診断やサポート機能が充実している

dodaは大手転職エージェントサイトの中でもダントツの求人数を誇っています。

その他にも「自己分析に必要な各種診断」を無料で受けることができますので、全体的に高い満足度で利用することが可能です。

無料でこれ程の手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

▼\dodaは5分で登録可能!/

転職エージェントdodaの評判ってどうなの?【利点と欠点まとめ】

2019-09-19

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 同様に10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 圧倒的な成功実績【受かる人のタイプが分かる】
  3. 面接サポートや対応が充実

同様にリクルートエージェントもdodaと一緒に登録しておくことを推奨します。

僕が第二新卒の転職の際に利用した体感としては、被っている求人もあったものの、どちらかにしか存在しない求人が双方にありました。

ですので、ぶっちゃけこの2つを登録しておくだけで、他社とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です。

どうせ無料で利用できるのですから、使えるものは全て使っておいたほうが良いでしょう。

▼\リクルートエージェントは5分で登録可能!/

リクルートエージェントの評判は?悪い?【使い方も含めて答えます】

2019-09-17

第二新卒専用の有用サイトをまとめ【大手の補足で利用】

第二新卒専用の有用サイトをまとめ【大手の補足で利用】

上記の転職エージェントサイトに登録しておけば、求人の観点でかなり優位に立つことができますので、この時点で是非とも登録しておいて欲しいところです。

僕はこれに加えて、さらに「第二新卒専門のサイトを幾つか囲っておく」ことで、さらに求人数をカバーしていました。

これくらいやっておかないと僕自身は「転職は上手くいかないかな?」と思っていたので、実際問題多くの求人に触れることができたので良かったと思っています。

▼\ 以下全て無料で利用可能 /

会社名書類選考求人数オススメ度
就職Shop無し約8500社★★★★★
DYM就職無し約2000社★★★★
JAIC有り約5000社★★★★
ハタラクティブ有り約2300社★★★
ウズキャリ(UZUZ)有り約1000社★★★
マイナビジョブ20's有り約1500社★★
Re就活有り約1000社
星は主に求人数の確保を指標にして付けていますが、ウズキャリは他社と比較してサポートに数倍時間を使っていることが強みですし、また星5のエージェントで紹介してくれる求人には書類選考がありません。
第二新卒という枠組みの中で求人を確保していますので、補足でこのような会社をしっかり利用していくことが内定に繋がります。

またここでの紹介よりもさらに深掘りした記事を以下に纏めていますので、悩んだ方はこちらをご覧くださいね。

20代におすすめの転職サイトと転職エージェント12選【+経験者から13個の注意点】

2019-11-29

④第二新卒の転職における書類の作成方法

第二新卒の転職における書類の作成方法

第二新卒転職における履歴書の作成方法

さて次は応募書類の作成に入っていきましょう。

一応自分でブログ記事を作りはしたんですが、基本的に履歴書においては「履歴書 作成方法」で検索すれば同じような記事が沢山出てきますので、そちらから見て作成してもかまいません。

履歴書の作成方法

第二新卒の履歴書の書き方をフォーマットやテンプレートを例に解説!

2019-08-23

第二新卒における落ちない職務経歴書の作成方法

履歴書が終わったら次は職務経歴書を作っていきましょう。

基本的に職務経歴書においては、決まった書き方がある訳ではありません。

「職務経歴書 書き方」で検索すると色々出てはくるんですが、どこも経歴の羅列みたいになっていて、個人的にはあまり参考にならない、他と差別化できないと思っています。

職務経歴書の作成方法

【職務経歴書の書き方】フォーマットやテンプレート見本を例に解説!

2019-08-20

そこで、自分が過去第二新卒で転職した際に、どのように作成したのかを上記の記事に纏めておきました。

ポイントとして、第二新卒の場合はそこまで記入できる経歴がないですよね?ですので大学で学んだこともゴリゴリ記入して問題ありません。ですが業務で学んだこともしっかりと書いていることが前提です。

これを見ながら作成して、万が一足りない部分があったら、都度検索して作成していって下さい。

⑤第二新卒の転職における企業分析の方法

第二新卒の転職における企業分析の方法

応募する企業が決まったら、次はいよいよ面接対策に入ってきます。

企業分析の方法

企業研究・業界研究のやり方と、他者と差がつく1つの注意点

2019-08-21

まずはこの記事通りに進めて、企業分析を進めていって下さい。

自己分析の時に自分が将来やりたいこと(Will)と、自分が持っているスキル・経験(Can)を洗い出しましたよね。

企業分析では、志望動機を聞かれた時に「自分のやりたいことは御社でしかできない」と言えるようにする為に、競合他社とは違う応募企業にしかないポイント(Only)を見つけることが大切になってきます。

ここの出来が志望動機に直結しますので、しっかり時間をかけて考えていきましょう。

⑥第二新卒の転職における面接対策

第二新卒の転職における面接対策

第二新卒面接の心構えと必ず効かれる5つの質問

さて、応募書類が通ったらついに面接です。

就職活動の面接だと多種多様なことが聞かれるかと思いますが、転職活動に至ってはかなりシンプルです。

結論としては、「なんで仕事を辞めて、なんで当社を募集しているのか、将来どうなっていきたいのか」

これにロジカルに応えることができれば絶対に面接は通ります。

面接の心構えと聞かれる5つの質問

第二新卒の面接→面接官視点で考えることが大事です【質問例も有り】

2019-07-11
7000文字程度でかなり濃密に書いたので、必ずこれを読むようにして下さいね。

第二新卒の転職面接における逆質問

また面接の終わりには必ず「最後になにかありますか?」と逆質問タイムがあります。

これに対して「特にありません」は絶対にNGです。そんなこと言ったら、必ず面接は落ちます。

逆質問をする時の注意点

【最後の印象は大事!】第二新卒の面接で逆質問をする際、抑えておきたい4つのコト(例文あり)

2019-07-12

ここに纏めておいたので、必ず要点を確認しておいて下さい。

⑦第二新卒の転職で内定を獲得したら

ここまでやり込めば内定が来るのも時間の問題です。

あとは量をこなしていって、無事内定先が決まったら、速やかに退職の手続きを進めていきましょう。

あまりオススメはしませんが、もうどうしようもなかったら「退職代行」を使用して逃げるのもアリです。

【退職代行ニコイチの体験談】入社10ヶ月で失敗せずに会社を辞めた話

2020-01-21

逃げ場がなくて死ぬよりは遥かに良いですからね。

これでこの記事の大まかな部分は終了です。ここまで読んでくれた人には感謝しかありません。

自分の中では網羅できているつもりですが、もしかしたらまだ足りない部分があるかもしれません。

それについては少しずつ修正を加えていこうかなと思っております。

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

第二新卒の転職で失敗しない為の基礎情報

第二新卒の転職で失敗しない為の基礎情報

第二新卒転職で失敗しない方法を知る前に、まず第二新卒について理解を深めておくことが面接での効果的なアピールに繋がります。

ですのでまずは第二新卒採用について解説していきたいと思います。

既に知っているよ!という方は飛ばして頂いて結構です。

第二新卒とは

第二新卒とは、所属している学校を卒業し一度企業に入社したものの、数年以内に退職し、転職活動を行っている若者に対して使われる言葉です。

近年新卒で入社した若手社員が、数年で退職してしまうケースが大変増えています。厚生労働省のデータによると3年で3割の若手社員は退職しているようです。

企業側も若手退職者が増えていることから、近年「第二新卒」という枠組みで入社して数年の若者を率先的に採用しようと奮闘しています。

つまり近年では第二新卒採用が活発に行われているということですね。

第二新卒の定義

第二新卒を明確に定義するのなら「入社3年以内で転職する若手転職者」ということになり、第二新卒で転職していく若者のことを「第二新卒者」なんて呼んでいます。

松本穂香さんも大々的に宣伝していますね笑(Re就活は使わなくていいですが)

第二新卒はいつまで?

第二新卒はいつまで?」というのがよく皆さん疑問に思うところですが、実はハッキリとは決まっておりません。

定義では入社1〜3年以内に転職する若者のことをそのように定めておりますが、高卒や短大卒、大卒や大学院卒など年齢がバラけていますからね。

ですのでハッキリとは決まっておりませんが、4年生大学を卒業して転職する人が多いので、25歳前後の人が層としては多いことになります。

第二新卒の意味は少し曖昧

上記で述べたように、年齢の違いもあることから第二新卒の層は実は曖昧でハッキリしていないところがあります。

これは僕の兄の体験談なのですが、入社4年目で転職活動していても「第二新卒の枠組み」で採用してくれたということがありました。

ですので20代で若手の内に転職活動を行っていれば、第二新卒から外れていても枠組みとして入れてくれる企業があるかもしれません。

入社4年目に突入しそうな人でも、諦めずに挑戦できる可能性は大いにあります。

第二新卒の転職で失敗しない為に理解しておくべき3つの事実

第二新卒の転職で失敗しない為に理解しておくべき3つの事実

第二新卒で失敗しない為に、ここの項では以下の3点について説明していきます。

理解しておく3つのコト
  1. 第二新卒の転職が採用される理由
  2. 第二新卒で転職する時のメリット
  3. 第二新卒で転職する時のデメリット

良い点含め、悪い点もありますのでそれぞれ確認していきましょう。

①第二新卒の転職が採用される2つの理由

まずは企業が第二新卒を採用する2つの理由について説明していきます。

第二新卒者は社会人の基礎を身につけているから

新卒一括採用だと新入社員研修などの研修を行って、迅速にビジネスマナーを叩き込みますが、第二新卒採用の人達はそのような研修を行わずともビジネスマナーを持っている社会人です。

企業側は研修に時間とお金をあてなくて済むので、低コストで人材を確保することが可能になります。

なるほど、新卒採用を多くするよりもコストを下げることができるんですね。

若いので吸収力があり、会社の色に馴染みやすいから

次に第二新卒者は社会経験が浅いので「新しいことに対して吸収力がある・会社の色に馴染みやすい」という期待を企業側は持っています。

変に前職のやり方にこだわる人材を確保するよりも、柔軟な若手の中途社員を雇った方が、企業側としても一緒に働きやすいということですね。

また「他社で身につけた自分にしかない能力」というのも企業側は期待しており、その部分を面接でアピールできると採用率を上げることが可能です。

僕自身も前職の業種から得た経験をアピールした時は採用官の印象が良かったように感じます。

②第二新卒で転職する時のメリット

次に第二新卒で転職する時のメリットについて触れて行きます。

上司とのミスマッチを極力低減できる

1点目は「上司とのミスマッチを極力低減できる」という点です。

基本的に転職全般として、面接の時に面接官が直属の部署の上司になる可能性は多々あります。

この時点でヤクザみたいな上司だったり、パワハラまがいな発言するような人物だったら、そこの会社に転職することはオススメできません。

僕はこいつめんどくせえな・・って思った会社には自ら辞退をするように徹底していました。

心理学的にも直感というものはよく当たると言われているので、直感で嫌だと感じたらそこの会社に行くことは辞めておきましょう。

業務内容のミスマッチを極力低減できる

2点目は「業務内容のミスマッチを極力低減できる」という点です。
転職の求人は新卒と違って、業務内容を明確に記載した上で、募集要項を明記しています。

業務で穴になっている部分を補完する形で採用を行っている為、配属されて全く違う仕事内容でしたなんてことにはなりにくいです。

自分がどんな業務をやりたいと思っているか」が明確になっていれば問題ありません。

第二新卒採用は配属後、ほぼ新卒と同じ待遇

3点目は「配属後、ほぼ新卒と同じ待遇を受けることができる」という点です。
僕自身第二新卒で転職したのですが、半年くらいは新人扱いで仕事をしていたので、かなり余裕を持って仕事を覚えることができました。

年々役職も上がると責任も増えて、それに伴うストレスが増えていくことはあるかと思いますが、配属1年くらいはゆっくり仕事を覚えたいものですね。

③第二新卒で転職する時のデメリット

次に第二新卒で転職活動を行って「デメリットだな」と感じた部分について記載していこうと思います。

第二新卒採用を即戦力扱いしてくる人もいる

1点目は「第二新卒採用を即戦力扱いしてくる人もいる」という点です。

これは配属される部署・チームにもよりますが、第二新卒採用を即戦力扱いしてくる場合も極わずかにあります。

自分は転職先で部署を転々としていましたが、手厚く教えて貰えて楽だったこともあれば、「中途なんだから後やっといて」と即戦力中途として扱われる場合もありました。

とはいえ「社会人経験浅いので教えてください」って言えば大体は解決できるので、デメリットとしては薄いです。

新卒同様教えて貰えはするものの、新卒以上に「社会人は自発的に動くべき」という心持ちだけはしておきましょう。

面接でまた辞めてしまわないか疑われる

2点目は「面接でまた辞めてしまわないか疑われる」という点です。
これは書いた通りなんですが、面接で100%聞かれるのが「なんで今の会社辞めたの?」と「ウチに入ってもまた辞めるんじゃないの?」です。

ぶっちゃけ転職活動していた頃これしか聞かれてなかったくらい言われましたし、色々対策して言ったのにも関わらずこの話をするだけで終わることもありました。

面接は「ものは言いよう」で解決できる問題なので、相手が自分に対して「少しネガティブな認識を持ってしまう」という点をわかっていただければ大丈夫です。

第二新卒の転職は学歴が悪いと失敗する?【結論そんなことはない】

第二新卒の転職は学歴が悪いと失敗する?【結論そんなことはない】

さて第二新卒の転職のように、早期での転職の場合「受かるのは学歴のある人だけなんでしょ?」という疑問が浮かぶと思いますが、結論から言うとそんなことはありません。

採用担当側はあなたの「学歴」を確認するのではなく、あなたの「職歴」を確認するからです。

新卒採用の時はその人の能力を確認する指標が「学歴」や「履歴書」しかなかったですが、第二新卒採用だと「職務経歴書」と「履歴書」を提出する必要があります。

ですので必然的に学歴の代わりに職務経歴書が優先して確認されるわけです。

  • 大手企業から大手企業に転職する人
  • 中小企業から大手企業に転職する人

ここらへんで書類通過率は変わってくるかと思いますが、選考まで行ってしまえばあとはアピールのやり方次第と言えるでしょう。

第二新卒の転職で失敗する人の3つの特徴・パターン

第二新卒の転職で失敗する人の3つの特徴・パターン

それでは第二新卒転職についての理解はある程度深まったと思いますので、第二新卒で失敗する人の特徴を説明していきます。

ここの項で失敗する人の特徴を語り、次の項で失敗しない為のコツ、そして最後に第二新卒の転職の手順について詳細に解説していく流れとなっていますので、必要な箇所を見ながら進めていきましょう。

現状を変えていける工夫がない・できない

第二新卒転職で失敗する人の1つ目の特徴は「現状を変えていける工夫がない・できない人」です。


こちらのメンタリストDaiGoさんの動画をまずは見て頂きたいです。

要約すると、「仕事を早期退職しているかどうかは次の仕事を早く辞める原因にはならない」と言っています。

そして大切なのは「問題が起こった時に工夫して解決していけるかどうか」という点で、この力がないと転職を繰り返す人間になってしまうそうです。

この記事を読んでいる皆さんなら問題はありませんが、上手くいかなかった場合に自力で工夫する癖をつけておかないと、早期退職を繰り返し、転職に失敗する体質になることを覚えておきましょう。

将来やりたいことが明確になっていない人

2点目は「将来やりたいことが明確になっていない人」です。

転職面接において「将来どんな人間になっていきたいですか?」という質問はほとんどの場合聞かれることになります。

その時に言葉に詰まってしまったり、自分の言いたいことが明確になっていないと「考えもなしに辞めた人」と思われてしまい、面接官からの評価が下がる可能性が高いです。

基本的に早期退職すると「甘えなんじゃないか」「ゆとりなんじゃないか」と必要以上に疑われていますので、ここでハッキリビジョンを言えない人は十中八九上手くいかないでしょう。

退職理由で前職の不満ばかり漏らす人

3点目は「退職理由で前職の不満ばかり漏らす人」です。

転職活動で面接を行っていると「なぜ会社を辞めようと思ったんですか?」と必ず聞かれます。

その時に「上司がパワハラ上司だった」とか「残業が多くてやってられなかった」というような前職の不満ばかりを言う人は転職活動において上手くいかない可能性が高いので辞めましょう。

理由としては、デメリットの部分で触れた「すぐ辞めると思われる」という部分に当てはまってしまい、面接官の心象が下がるからです

事実そうであったとしても、退職理由でマイナスのことを言うのはリスクが高いので辞めておきましょう。

第二新卒の転職で失敗しない為の3つのコツ

第二新卒の転職で失敗しない為の3つのコツ

第二新卒の転職で失敗する人の特徴を抑えたところで、次に失敗しないようにする為の3つのコツについて説明していこうと思います。

分かりやすいように3つを纏めたものは以下です。

3つのコツ
  1. 自分の将来のビジョンを明確に設定する
  2. 応募企業でしか実現できない志望動機を設定する
  3. 早期退職になったことを反省する素振りを見せる

自分の将来のビジョンを明確に設定する

1つ目のコツは「自分の将来のビジョンを明確に設定する」ことです。

ここの部分は本当に将来やりたいことを考えても良いですが、面接で受かる為の体裁のようなものなので、嘘でも理想でも問題はありません。

  • 御社の企業に入ることで〜ことを実現していきたい
  • この分野で〜人材になっていきたい

何事もきっかけがあると話の重みや信憑性が増すので、「〜経験から〜ことをやりたいと思った」というようなエピソード混じりで設定できると良いでしょう。

応募企業でしか実現できない志望動機を設定する

2つ目のコツは「応募企業でしか実現できない志望動機を設定する」ということです。

「御社に入ることで社会の役に立ちたい」という志望動機を言ったとしても、どこの企業でも基本的に社会の役には立てるので「じゃあ他の企業でも良いよね」と思われてしまいます。

この部分で大切なことは2点あって、

  • 応募企業でしか実現できない志望理由になっているか
  • 将来のビジョンと一貫した話になっているか

この2点を達成できると、話の筋が通ってあなたの言うことに「納得感」が出すことができます。

伝える順番
  1. 将来こんなことを実現したいという夢がある
  2. だけど前の職場では実現できなかった(退職理由)
  3. 御社だと自分のやりたいことができる(志望理由)
  4. さらに自分は〜経験を持っている(自己PR)

こんな感じで、一貫した話になっていると、面接官も納得してくれて、落とす理由が無くなります。

ぶっちゃけこれができていない人、物凄く多いです。この型を使うとマジで面接は楽勝になるので、是非実践してみましょう。

早期退職になったことを反省する素振りを見せる

最後に3つ目のコツとして「早期退職になったことを反省する素振りを見せる」という技を知っておきましょう。

いくら話に納得感が出ているとはいえ、1社目を早期に退職してしまった事実は残ります。

ここの事実は変えることができないので、素直に「自己分析不足だった。次は反省を活かして頑張りたい」と反省している旨を面接官に伝えるようにしましょう。

面接官も人間なので、反省しつつも前に進もうとする意思を示しておくと、印象がかなり上がります。

軽い印象操作のテクニックですので、是非実践してみて下さいね。

【総括】第二新卒の転職は業務のミスマッチを改善できるラストチャンス

という訳でこの記事での内容は以上となります。

第二新卒でのデメリットなども一応お伝えしましたが、僕は第二新卒で転職するのは圧倒的にメリットがあると考えています。

「石の上にも3年」という言葉がありますね。”どんなことでも3年は経験しないとわからない”なんてことを言いたい時に使われる言葉ですが、これは万人には当てはまりません。

なぜなら3年という「量」も大事ですが同時に「質」も大事になってくるからです。

自分に何の成長もない仕事を3年続けていても仕事のことなんて分かるようにはならないですよね。

それを分かっていない状態で3年働いてしまうと、第二新卒枠からも外れてしまい、スキルも経験もない人材になってしまいます。
そうなってしまうと転職したいのにもう転職できない…となってしまいます。そんなの悲しいじゃないですか。

第二新卒枠は業務のミスマッチを早い段階でなくすことのできる唯一の方法ですので、現状に不満を持っているのであれば早めに動き出すようにして下さいね。

もしこの記事を読んで上手くいったなどがありましたら、Twitterで教えてくれると嬉しいです。

それでは。