製薬・医薬メーカー(MR・R&D)の就職偏差値ランキングは?仕事内容や平均年収も紹介

就職|転職

製薬・医薬系業界の企業を受けたいものの、業界や仕事内容・年収について詳しく分かっていない方は多いのではないでしょうか?

この記事では、製薬・医薬メーカーに関して、その概要から仕事内容、平均年収や就職偏差値ランキングなどについて解説しています。

製薬メーカー、医薬メーカーに興味のある人、MRやR&Dといった職種がどのような仕事をするのか知りたい人、などは是非参考にしてみて下さい。

製薬・医薬メーカーとは

製薬・医薬メーカーとは、医薬品の研究や開発、販売などを手掛ける企業のことです。

医薬品と一言で言っても、その種類は以下のように分けることができます。
医療用医薬品処方箋が必要。薬局や病院などで処方される薬
一般用医薬品処方箋が不要。ドラッグストアや薬局などで購入できる薬

製薬・医薬メーカーでは、このような薬の研究開発などを行っているのです。なお、医療用医薬品に関しては、新薬とも呼ばれる「先発医薬品」と後発医薬品とも呼ばれる「ジェネリック医薬品があります。

前者は、これまでになかった薬効成分を持っている薬のことで、後者は、先発医薬品の特許切れの後に作られる薬のことです。

医薬品市場においては、そのほとんどが医療用医薬品を占めており、さらに医療用医薬品の中でも約9割が先発医薬品を占めています。
ジェネリック医薬品という言葉を耳にする機会もあるかもしれませんが、まだまだ市場としては小さいものだと言えます。

製薬・医薬メーカーの特徴

私たちの日常生活の中で薬は欠かせないものであり、非常に身近なものだと言えます。

そのため、製薬メーカーや医薬メーカーは業界全体で大きな利益が出ていると考える人もいるかもしれません。しかし実際には製薬・医薬メーカーはハイリスク・ハイリターンの構造となっています。

薬の研究開発は、大きな売上が見込める医薬品の開発ができれば利益も大きなものとなりますが、実際に1つの薬を開発するまでには10年以上の年月がかかるケースも少なくありません。

また研究開発の過程で、思ったような成果を得ることができず、開発が中止になることもあります。

そのため、薬を開発しヒットすればハイリターンを得ることができますが、開発が途中で頓挫する可能性もゼロではないため、ハイリスクでもあるのです。

製薬・医薬メーカーの仕事内容

ここからは、製薬・医薬メーカーの仕事内容について解説します。

製薬・医薬メーカーにも様々な職種がありますが、主なものとしては、「MR」と「R&D」の2つが挙げられます。
ここでは、この2つの職種の仕事内容を取り上げています。MRやR&Dへの就職を希望している人は、是非参考にしてみて下さい。

MR

MRという名前を初めて聞いた人もいるかもしれません。

MRとは、正しくは「Medical Representative」と言いそれぞれの頭文字をとってMRと呼ばれています。ちなみに日本語にするとMRは「医薬情報担当者」となります。

情報担当者という意味合いの通り、MRは病院や薬局をはじめとした各種医療現場に対して、薬の効果や副作用などの情報提供を行います。

自社で扱う医薬品を病院や薬局に選んでもらうことで会社としての売り上げ、利益に繋げていくことになるため、MRは製薬・医薬メーカーには欠かせない存在だと言えるでしょう。

MRが扱う医薬品は、一般用医薬品ではなく医療用医薬品です。関わる相手は医師や薬剤師など医療の専門的な知識を持つ人たちなので、MRも医薬品のプロフェッショナルとして、豊富な知識を持っていることが求められます。

またMRが、医師や薬剤師といった現場で働くたちからのフィードバックを受け、社内に持ち帰り、さらなる製品の向上に努めることもあります。

いずれにしても、MRは製薬・医薬メーカーの顔として営業活動や広報活動に取り組むことになります。

R&D

R&Dとは、正しくは「Research and Development」と言い、頭文字をとってR&Dと呼ばれています。

日本語にすると研究開発という意味を持つ通り、R&Dは、製薬・医薬メーカーにおける研究・開発を行うのが主な仕事です。

なお、R&Dと一言でいっても、大きく分けて以下のような分類ができます。
  • 新薬の候補物質に関する研究を行う研究部門
  • 臨床試験を行い、データを収集する開発部門

研究部門では、薬としての効果がありそうな化合物を作り出すのが主な仕事内容です。新薬候補の物質といっても、物質の数は非常に膨大であり、1つの薬を作るだけでも約1万の物質を候補として扱うケースもあります。

研究部門ではこれらの候補物質を1つ1つ検証していく作業に取り組むことになります。開発部門では、医薬品としての効果があるかもしれないとされる化合物に関して臨床試験や治験を行い、安全性や薬としての有効性を調査します。

実験の結果、薬として販売できそうだ、と判断されると厚生労働省への申請が行われ、申請が通って初めて販売となります。

先述の通り、1つの薬を作るためには10年以上の時間をかけて、様々な研究を行う必要があります。薬の開発ができるかどうかは、製薬・医薬メーカーの将来を大きく左右するため、R&D部門に資金を投入する企業も少なくありません。

またR&Dとして働く社員にかかる期待や責任は非常に大きなものであり、プレッシャーを感じることもあるかもしれませんが、その分大きなやりがいを感じることもできるでしょう。

製薬・医薬メーカーの平均年収

製薬・医薬メーカーと聞いて、「年収が高そう!」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

実際の製薬・医薬メーカーの平均年収は、約700〜800万円とされています。もしかしたら「意外と低い…」と思った人もいるかもしれませんが、他の業界と比べると比較的高額だと言えます。
またあくまでもこの数値は平均なので、企業や職種、役職によってはさらに年収が高くなるケースもあるでしょう。

製薬・医薬メーカーの就職偏差値ランキング

ここからは、製薬・医薬メーカーの就職偏差値ランキングを紹介します。ランキングは以下の通りです。

就職偏差値企業名
72アステラス製薬 (R&D)
71第一三共 (R&D)
70エーザイ (R&D)
69塩野義製薬
68小野薬品工業
66中外製薬
64武田薬品工業
63田辺三菱製薬、協和発酵キリン
62大塚製薬、大日本住友製薬、キョーリン製薬
61参天製薬、持田製薬
60ツムラ、キッセイ薬品工業、MSD 、バイエル薬品、日本ベーリンガーインゲルハイム、グラクソ・スミスクライン、日本チバガイギー、サノフィ、ファイザー、大鵬薬品
59あすか製薬、科研製薬、鳥居薬品、日本新薬
58ソレイジア・ファーマ、小林製薬
57シンバイオ製薬、ペプチドリーム
56そーせいグループ、サンバイオ
55アンジェス、ジーエヌアイグループ、ブライトパスバイオ、JCRファーマ
54ロート製薬、日水薬品
53大幸薬品、栄研化学
52新薬工業
51大正製薬
50日本ケミファ、日医工、富士製薬工業、アース製薬、久光製薬
45-49ジーンテクノサイエンス、メドレックス、東和薬品、キャンバス、リボミック、医学生物学研究所、UMNファーマ、沢井製薬、ビオフェルミン製薬、森下仁丹、養命酒製造、エスエス製薬、わかもと製薬、扶桑薬品工業、カイノス、ミズホメディー、ダイト、オンコセラピー・サイエンス、デ・ウエスタン・セラピテクス研究所、中京医薬品、免疫生物研究所、窪田製薬HD、ラクオリア創薬、ナノキャリア、ヘリオス、ジーンテクノサイエンス、キャンバス、リボミック、フマキラー

ランキング上位を見ると、アステラス製薬や第一三共、エーザイなど、一度は耳にしたことのある製薬会社が並んでいます。

ただし、これら3社に関してはR&D職としての偏差値です。このことからもいかに製薬・医薬メーカーがR&Dを大切にしているか、またR&D職での就職が難しいか、といったことが理解できるでしょう。
就職する時の1つの指標として、参考にしてみて下さいね。

製薬・医薬メーカーで働くには

最後に、製薬・医薬メーカーで働くには、どうすればいいのかそのポイントについて解説します。

特別なことをするというよりも、基本部分を徹底的に磨き続けることが就職への近道となるはずです。是非参考にしてみて下さい。

就職サイト・エージェントに登録する

就職する為には求人に応募する必要がありますので、まずは就職サイトエージェントに登録を行いましょう。

求人サイトにも様々なものがありますが、就活生はリクナビやマイナビ、転職希望者はリクナビNEXTが一般的です。求人数が多く、業界全ての求人を網羅できます。
またエージェントを利用する場合は、下記のエージェントがおすすめです。
対象者エージェント
就活する人JobSpring
転職する人リクルートエージェント

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、1人でも良いですが、確実に就職したいのであればエージェントを使うことをおすすめします。

就職エージェントと求人サイトの違い
自分に合ったサービスを積極的に活用していきましょう。

業界・企業についての理解を深める

ただ漠然と製薬・医薬メーカーに勤めたい、と考えているだけでは採用されるのは難しいでしょう。

採用され働くためには、なぜその業界、その企業で働きたいのか、具体的な理由を考える必要があります。そして、その理由を明確なものとするために欠かせないのが業界や企業について知ることです。

製薬・医薬に関連する業界の動向やトレンド、各企業がどういった戦略を持って事業を展開しているのか、他社と異なるその企業ならではの強みは何なのか、といった部分を理解しないままだと、抽象的な志望理由しかかけません。

一方で、これらの情報はインターネットや書籍を使えば簡単に収集することができます。
就職活動を行う人の中には、情報収集を怠っている人も少なくないため、基本的な情報をしっかりと理解しておくだけでも大きな違いとなるでしょう。

自己分析

企業や業界についての理解を深めるのと同時に、自己分析を行うことも欠かせません。

自分自身がどのような人間で、何に興味を持ち、何ができて、企業に対してどのような貢献ができるのか、といったことをこれまでの人生を振り返りながら考えてみて下さい。

また自己分析をしていると、どうしても自身の成功体験ばかりに目を向けてしまいますが、それだけでなく、どのような失敗経験を積んでいるか、その失敗に対してどのような対応をしたのか、といったことを振り返ってみると、自身の強みなども見えてくるかもしれません。

まとめ

今回は、製薬・医薬メーカーについて、その概要からMR・R&Dといった職種の仕事内容、就職偏差値ランキングなどについて解説しました。

同じ製薬・医薬メーカーでもその特徴や強み、作っている薬などは様々です。企業分析、業界分析、自己分析等をしっかりと行い、就職活動に臨むようにしましょう。

※ランキング順位は自社調査によって掲載させていただいております。