ニートの就職には警備員がおすすめな理由は?就職するサービスも一挙紹介

ニート・フリーター

ニートを脱出するために、仕事を探している人は多いのではないでしょうか。仕事といっても様々な種類がありますが、ニートにおすすめできる仕事の1つが警備員です。

この記事では、ニートに警備員の仕事をおすすめする理由や警備員の仕事の種類、さらには警備員の仕事をする前にやっておきたいことなどについて解説します。
ニートを脱出したいと考えている人はぜひ参考にしてみて下さい。

ニートは自宅警備員と呼ばれることもある

警備員はニートにおすすめの仕事の1つですが、ニートは警備員とは別に「自宅警備員」と呼ばれることがあります。

これは、ニートや引きこもりなど、自宅にずっといる人のことを指すインターネットスラングの1つです。ニートとして自宅にずっといることを自宅を常駐警備していることに例えてこのように表現されています。
勿論、実際に警備をしている訳ではありません。

ニートの就職先は警備員がおすすめ?理由を解説

ここでは、ニートの就職先として警備員がなぜおすすめなのか、その理由を解説します。

知識や経験不問の求人が多い

警備員の場合、応募にあたって資格や知識、経験不問としている求人が少なくありません。

そのため、職務経歴があまりないようなニートでも応募することができます。また警備員の仕事は人手不足であるケースが多いため、採用の確率も十分にあるでしょう。

警備員というと高齢者がやっているイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。実際に高齢者が警備員として働いているケースもあります。

そのため、30代や40代も職場によってはまだまだ若手と捉えられ、歓迎して貰えるかもしれません。

休憩が多い

警備員の仕事は、種類にもよりますが「定期的な巡回以外は待機室で座っているだけ」というケースも珍しくありません。

巡回に関してもそれほど長い時間がかかる訳でもないので、実質的に休憩の時間がかなり多くなります。

この点に関しては、ニートにとって大きなメリットだと言えるでしょう。

コミュニケーションが少ない

警備員の仕事は単体、もしくは少人数で行うケースが多く、コミュニケーションをあまり撮る必要がありません。

勿論業務に必要な範囲ではコミュニケーションが発生しますが、それ以外の場面では黙っていても問題ないので、コミュニケーションが苦手な人でも働きやすいと言えるでしょう。

アルバイトから始められる

警備員の仕事は正社員以外にもアルバイトとしてできるものもあります。

「ニートは脱出したいけど、いきなり正社員はハードルが高い」という人も少なくないはずでしょう。そういった人たちにとって、アルバイトから始められる警備の仕事はおすすめです。

ニート脱出はアルバイトから!おすすめのバイトから選ぶポイントまで解説

2020-10-29

警備員の仕事をするときの注意点

ここでは、実際に警備員として働く際の注意点について解説します。

ニートにもおすすめの仕事ではあるものの、簡単な仕事ではないのも事実です。ポイントをしっかりと押さえておきましょう。

夜勤がある

警備の種類にもよりますが、警備員の仕事は夜勤が発生するものもあります。

夜型の生活に慣れている人にとっては難しくはないかもしれませんが、規則正しい生活を送っているニートだと大変かもしれません。
応募する前に必ず夜勤の有無をチェックしておくようにしましょう。

暇な時間が長いケースも

先ほど説明しているように、警備員の仕事は休憩時間が長いケースもあります。

しかし逆に休憩が長いために暇な時間がずっと続く可能性もあります。
待機中にスマートフォンを使用したり、読書ができたりするのであれば苦痛ではないかもしれませんが、そういったことができない職場だと時間を持て余すことになるでしょう。

主な警備員の仕事の種類

ここでは、警備員の仕事の種類について解説します。

警備と一言で言っても、その種類は多岐に渡ります。それぞれ業務内容や特徴も異なるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

ビルの常駐警備

ビルの常駐警備は、その名の通りオフィスビルなど各種ビルの警備を行う仕事です。

警備員は防災センターに常駐し、定期的にビル内を巡回します。巡回は1人で行うこともあるため、比較的気楽だと言えるでしょう。
またトラブルなどもなければ、基本的には暇な時間が続くことになります。一方で、給料は他の警備員の仕事に比べると安いとされています。

商業施設の常駐警備

商業施設の常駐警備は、ショッピングモールのような商業施設の警備を行います。先述のビルの常駐警備と仕事内容的には変わりません。

ただし、商業施設という性質上万引きや置き引きといった犯罪が発生する可能性があるため、より注意深く警備する必要があります。

機械警備

機械警備は、警備を行いたい箇所にセンサーを設置し、センサーが作動した時に対応することになります。

センサーが作動しなければ暇な時間が多くなります。ただ、万が一異常が起こった時には、現場に急行しなければいけないため、緊張感も伴います。
また職場にもよりますが24時間勤務があるケースも珍しくありません。

交通誘導警備

交通誘導警備は、道路工事が行われている時に通行人や車の誘導を行うのが主な仕事です。

仕事自体は決して難しくありませんが、屋外で行う仕事であるため、夏場や冬場は体力的に大変だと言えます。

また交通量によっては忙しい時間帯が長く続くケースもあるでしょう。

催事警備

催事警備は、イベントなどにおける交通整理や道案内を行うのが主な仕事です。

雑踏警備と呼ばれることもあります。仕事内容的には誰でもできる簡単なものなので、ニートの社会復帰にも向いていると言えるでしょう。

ただし、催事警備の仕事は定期的にあるのではなく、単発のバイトとして求人が出ることが多いので、定職につきたい人には向いていません。

また基本的には外で立ちっぱなしとなるので体力も必要になります。

ニートが警備の仕事を探すには

ここでは、警備の仕事を探す方法について解説します。探し方は様々なので、自分にあった方法で探してみて下さい。

ハローワーク

ハローワークは公共職業安定所とも呼ばれる公的なサービスであり、職業紹介を行ってくれます。

企業・求職者ともに無料で利用できるのが特徴です。また求職者は仕事の探し方や求人内容などに関してアドバイスを受けることも可能です。

職業紹介の他にも、就職セミナーや職業訓練なども行われているので、就職したい、仕事を探しているという人は、ハローワークを訪れてみるといいでしょう。

警備員に関する求人も見つかるはずです。

求人サイト

求人サイトは、リクナビやマイナビなどインターネット上で求人の閲覧、応募ができるサイトのことです。

サイトによっては数千以上の求人を扱っているケースもあるため、自分の希望にあった求人を見つけることもできるでしょう。

警備員の仕事を探したい場合は、条件を設定して検索できるので、求人探しもスムーズに行えます。

ちなみに就職における求人サイトは「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTの特徴
  1. 求人サイトの中で約30000万件と、最も求人数が多い
  2. 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

上記の3つ理由があり、大手転職サイトの中で断トツのサイトだからです。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

満足度・使いやすさトップクラス!!

就職エージェント

最後に就職エージェントです。

就職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削から、求人紹介・面接対策まで全てサポートしてくれる会社で、利用者は無料で利用することができます。
就職エージェントと求人サイトの違い

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、自信があるのであれば1人でも良いですが、できればエージェントを使うことをおすすめします。

一般的なエージェントを使うとハードルが高く感じますが、中にはニート専門のエージェントも存在し、親身になって内定獲得まで進めることが可能です。

ニート専門の就職エージェントに関しては下記の記事にてまとめおりますので、是非確認してみて下さいね。

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01

ニートが警備員の仕事に応募する前にやっておきたいこと

警備員の仕事につく前には、いくつかのことをやっておくことで、スムーズに仕事を始めることができます。

ここでは、警備員をやる前にやるべきことについて解説します。

体を動かしておく

ニートの中には、1日のほとんどを家の中でゴロゴロして過ごしている人も少なくないのではないでしょうか。

そのような人は運動不足となっており、体力も低下していると考えられます。一方で、警備員の仕事は特別な資格は必要ありませんが、体力は必要です。

場合によっては立ち仕事となるケースもあるので、警備員として働き始める前に、体を動かし体力をつけるようにしましょう。

いきなり筋トレやランニングをするのは難しいかと思うので、最初は自宅周辺を散歩するといったことでも構いません。

慣れてきたら少しずつ強度を上げていくようにしましょう。

人と会う機会を作る

ニート期間中、家族以外の人とはほとんど会っていないという人もいるでしょう。

警備員の仕事は、コミュニケーションこそ多くはありませんが、それでも人との関わりは発生します。

コミュニケーションが苦手な人、コミュニケーションの取り方を忘れてしまっている人は、働き始める前に友人と会うなどしてコミュニケーションを取るようにしましょう。

友人と会いづらいという人は、近所の人とすれ違う時に挨拶をする、コンビニの店員からお釣りを貰う時に「ありがとうございます」と伝えるなど、簡単なことからでいいので、試して見て下さい。

生活習慣を正す

ニートの中には昼夜逆転生活を送っている人も少なくないはずです。

警備員の仕事は夜勤もありますが、日勤もあります。日勤を希望する場合は、生活習慣を正すようにしましょう。
夜は特定の時間までに眠るようにして、朝は早起きをする、3食とるようにする、など規則正しい生活習慣を身につけることで、仕事が始まってからの生活リズムもつかみやすくなるはずです。

まとめ

今回は、ニートにおすすめの仕事の1つとして警備員の仕事について解説しました。

警備の仕事は、未経験からでも始められる他、人手不足の企業も少なくないため、ニートでも採用して貰える可能性が十分にあります。
特別な資格なども必要ないので、ニートを脱出したい人は、警備員を検討して見てはいかがでしょうか。

【おすすめ転職エージェント】

エージェント名特徴
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度トップクラス
  • 評判や口コミ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でトップクラス
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
  • 評判や口コミ
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%
  • 評判や口コミ
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
  • 評判や口コミ
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 完全未経験の求人約3000社
  • 書類通過率が91.4%で内定率が80.4%
  • 評判や口コミ