ニートでも一人暮らしはできる?一人暮らしをするための方法を解説

ニート・フリーター

現在ニートとして実家で暮らしている人の中には「一人暮らしをしてみたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

一方で、「ニートだから一人暮らしは無理だ」と考えている人もいるでしょう。
そこで本記事では、ニートが一人暮らしできるのかどうかについて解説します。

ニートが一人暮らしを始めるためのポイントについても解説しているのでぜひ参考にしてみて下さい。

実家暮らしのニートでも一人暮らしはできる?

ニートは学校に通っていなければ、仕事もしていません。また一人暮らしを始めるとなると、初期費用としてだいたい30〜50万円程度はかかります。

このような状態で、収入のないニートは一人暮らしをすることはできるのでしょうか。結論としては、できない訳ではありません。
ただし、一人暮らしにかかる費用を自分もしくは他人に工面して貰う必要があります。

ニートのままで一人暮らしはするべきではない

ニートが一人暮らしをすることは可能です。ただ一人暮らしをする以上、ニートを続けるのは望ましくありません。

ここでは、ニートのままで一人暮らしをするべきではない理由について解説します。

いつか家賃が払えなくなる

収入のない状態で一人暮らしを続けていると、家賃の支払いが難しくなってしまいます。

当初は親のサポートを受けながら家賃を支払っていたとしても、親が定年退職し、収入が減るとそれも難しくなるでしょう。
いずれにしても、安定した収入がなければいつか家賃が払えなくなってしまいます。

生活習慣がどんどん乱れていく

一人暮らしをすると、親がいないため何をするのも自由です。

ましてや仕事をしていないニートとなると、夜更かしをしても、1日中ゲームをしていても、漫画を読んでいても誰も咎めることはないので、生活習慣が乱れていく可能性が高いです。

場合によっては昼夜逆転した生活を送る人もいるでしょう。生活習慣が乱れていると、規則正しい生活のもとで働くのも難しくなるため、社会復帰も遠のいてしまいます。

常に不安を感じながら生きていくことになる

ニートを続けながら一人暮らしをしていると、「仕事をしていないこと」「家賃がいつまで払えるか分からないこと」など様々な不安を常に抱えながら生きていくことになります。

今日は生活できているけど、来週、来月はどうなっているか分からない、というような生き方は精神的にもよくありません。
一人暮らしは魅力的に思えるかもしれませんが、不安を抱えながら生活するのは理想的とは言えないでしょう。

実家暮らしのニートが一人暮らしを始めるには

ここでは、ニートが一人暮らしをするには、どうすればいいのか解説します。

どうしても一人暮らしをしたいという人は参考にしてみて下さい。

親のサポートを受ける

収入のないニートが一人暮らしをするとなると、誰かしらのサポートを受けながら生活するのが一般的です。

では、そのサポートをしてくれるのが誰なのかというと、多くの場合はニートの親となるでしょう。
親に敷金や礼金、毎月の家賃、一人暮らしに必要になる家具や家電などの購入代、さらには生活費などをすべてサポートして貰うことになります。

しかし先述の通り親が退職したり、病気や怪我で働けなくなったりすると、収入が減ってしまうため、一人暮らしのサポートができなくなる恐れがあります。

親を頼った一人暮らしは長く続けるべきではないでしょう。

アルバイトをして一人暮らしの資金を貯める

先ほども触れていますが、一人暮らしを始める場合、初期費用として30〜50万円ほど必要になります。

この費用を親に頼るのではなく、自分でアルバイトをして貯めることで一人暮らしを始めることができます。どのくらい働くかにもよりますが、実家暮らしなら早ければ数ヶ月で貯めることも不可能ではないでしょう。

また一人暮らしを始めた後の生活費も、家賃によりますが10万前後は必要になります。引き続きアルバイトを続けて、生活費を自分で支払うようにすれば、自立した生活を送ることができます。

ニート脱出はアルバイトから!おすすめのバイトから選ぶポイントまで解説

2020-10-29

就職する

アルバイトではなく、就職するのも1つの選択です。ニートをしている人の中には「ニートを脱出したい」と考えている人もいるでしょう。

そこで一人暮らしすることを目標に、就職し、ニートを試みてはいかがでしょうか?
ニートという立場から「採用してもらえないのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、未経験者を積極的に採用している企業は少なくないので、チャンスは十分にあります。

すぐに一人暮らしを始めたい場合は住み込みの仕事もおすすめ

お金を貯めるまで待っていられない」「今すぐに一人暮らしを始めたい」という場合は住み込みの仕事をするという選択肢もあります。

住み込みの仕事によっては、引っ越し代は企業が負担してくれるケースもあるので、初期費用を抑えることができます。
また同時に仕事も見つかるので、一石二鳥だと言えるでしょう。

安定して一人暮らしをするなら就職がおすすめ

ニートが一人暮らしをする方法には、様々なものがあります。一人暮らしをする上では、毎月の家賃や生活費をちゃんと支払えるように、安定した収入を得ることが重要です。

そのため、安定して一人暮らしをするなら就職をするのが理想的だと言えます。
就職すれば、毎月決まった収入が得られるのは勿論、賃貸契約を結ぶ際の審査にも通りやすくなるでしょう。ハードルが高いかもしれませんが、一人暮らしを楽しむためにも、チャレンジしてみて下さい。

ここからは、ニートが就職活動をする際に利用できる各種サービスについて解説します。

1人で就職活動をするのは意外と大変です。ここで紹介するサービスはいずれも無料で利用できるものなので、ぜひ活用してみて下さい。

ハローワーク

ハローワークは、求職者に対して職業紹介を行ってくれる公的な機関です。

公共職業安定所とも言い、全国各地にあるので、誰でも利用することができます。ハローワークは求人を掲載する企業側も無料で利用できるので、非常に多くの求人を取り扱っているのが特徴です。

ハローワークでは、職業紹介以外にも「職業訓練や自己分析のサポート」「職員への就職相談」などもできるので就職活動を始めたばかりのは一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ハローワークの職業訓練校とは?おすすめの人気職種を13つ紹介

2020-12-01

求人サイト

求人サイトは、求人を掲載しているWebサイトのことで、リクナビやマイナビなどが有名です。

規模の大きい求人サイトだと、万単位の求人を取り扱っているので、自分にあった仕事を見つけることもできるでしょう。

ちなみに就職における求人サイトは「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTの特徴
  1. 求人サイトの中で約30000万件と、最も求人数が多い
  2. 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

上記の3つ理由があり、大手転職サイトの中で断トツのサイトだからです。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

満足度・使いやすさトップクラス!!

就職エージェント

就職エージェントもハローワーク同様、職業紹介を行ってくれるサービスですが、こちらは民間企業が運営しています。

事前にカウンセリングを行い、その人の経歴や性格、好みなどを踏まえたうえで、紹介を行ってくれるので、ミスマッチも起こりにくいでしょう。

また面接対策や書類添削など、就職活動でつまづいてしまいやすい部分のサポートもうけられるのも特徴です。

就職エージェントと求人サイトの違い

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、自信があるのであれば1人でも良いですが、できればエージェントを使うことをおすすめします。

一般的なエージェントを使うとハードルが高く感じますが、中にはニート専門のエージェントも存在し、親身になって内定獲得まで進めることが可能です。

ニート専門の就職エージェントに関しては下記の記事にてまとめおりますので、是非確認してみて下さいね。

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01

まとめ

今回は「ニートが一人暮らしをするにはどうすればいいのか」という点について解説しました。

親のサポートを受けながら一人暮らしをすることも可能ですが、それがいつまで続けられるかは分かりません。毎月の家賃や生活費を安定して支払うためには、就職するのが理想的です。
一人暮らしすることを目標に就職活動に取り組んでみてはいかがでしょうか。