無職(ニート)の仕事の探し方は?元ニートが実践した3つの手法

ニート・フリーター


  • 無職(ニート)で就職することは可能?
  • 無職(ニート)におすすめの仕事は?
  • 無職(ニート)の仕事の探し方を知りたい

こんな疑問に答えます。

現状無職(ニート)の状態で、「自分が何をしたいのか分からない」「仕事の探し方がよく分からない」と感じている方は多いのではないでしょうか?

著者は元ニートだったものの、3つの方法を実践したことで容易に就職することができました。

本記事では「無職(ニート)におすすめの仕事から、効率的な仕事の探す方法」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、無職(ニート)の悩みを解決することができますよ。

スポンサードサーチ

無職(ニート)でも就職することは容易に可能

無職(ニート)でも就職することは容易に可能

冒頭でお伝えしたように、無職(ニート)でも容易に就職することが可能です。

しかし制限がありますので、まず事前に知っておくべき2つの事実について説明します。

20代なら無職(ニート)からの就職は容易

まず1点目に、「20代なら無職(ニート)からの就職は容易」です。

「自分はニートだからどこも雇ってくれない…」と感じているかもしれないですが、実は20代という若い人材であれば企業から非常に重宝されます。
空白期間が2~3年と空いてしまうとハードルが上がっていきますが、1年未満であれば就職においては全く問題ないと言えるでしょう。

30代だと無職(ニート)からの就職は難しい

2点目として、「30代だと無職(ニート)からの就職は難しい」現状があります。

20代であれば若手で伸び代もあるので重宝されますが、30代に差し掛かってしまうと急激に採用率が低下していく傾向にあることを覚えておきましょう。
とはいっても絶望的なくらい就職できない訳ではないので、この事実を理解しつつ記事を読み進めて下さいね。

無職(ニート)期間が長くなった時のリスク

無職(ニート)期間が長くなった時のリスク

次に無職(ニート)期間が長くなった時のリスクについて説明します。

就職の難易度がどんどん上がっていく

1点目は「就職の難易度がどんどん上がっていく」という点です。
言わなくても分かっていることですが、ニート期間が長く続けば続くほど再就職の難易度がどんどん上がっていきます。

20代での就職は容易だと言いましたが、そうはいっても空白期間が明らかに多いと企業に敬遠されることは避けられません

ニート期間があっても大きな問題ではないですが、制限時間があることは自覚しておきましょう。

金銭的に行動する幅が狭まっていく

2点目は「金銭的に行動する幅が狭まっていく」という点です。
ある程度の貯金があれば問題ないですが、ニートを長く続けていると金銭的にも貧しくなっていき、行動するにも何もできなくなってしまいます。

アルバイトでお金を貯める→就職活動の繰り返しになってしまうと非常に非効率な活動になってしまい、結果転職できないなんてことはザラです。

また長期間行動しないといざ就職活動する時のハードルが非常に高く感じてしまうので、かなりリスクとしては大きいと言えるでしょう。

社会的立場が低いというレッテルを貼られる

3点目は「社会的立場が低いというレッテルを貼られる」という点です。
私自身好きでニートしているのであれば何ら問題ないと感じていますが、社会的に見ると「やる気ない」「どうしようもない」とクズ扱いされてしまいます。
社会的立場が低いというレッテルを貼られてしまう点はリスクだと言えるでしょう。

\こちらもおすすめ/

ニートはクズ扱い?クズじゃない理由と立ち回り方法を解説

2020-05-06

無職(ニート)で仕事がトラウマで怖い人のおすすめの生き方

無職(ニート)で仕事がトラウマで怖い人のおすすめの生き方

ニート期間が長くなった時のリスクについて説明してきました。

しかし現状ニートで「過去の仕事がトラウマで行動に移せない」「仕事をすることが怖い」と感じている方も多いのではないでしょうか?
私自身凄くこの気持ちが理解できるので、少し視点を変えてニートがおすすめの生き方を3つ紹介していきますね。

やりたくないことを除いて消去法で仕事を決める

1つ目は「やりたくないことを除いて消去法で仕事を決める」という生き方です。
  1. 自分のやりたいことが得にない
  2. 好きなことが何か分からない

上記に当てはまる方は、やりたくないことを除外する生き方をしてみると良いでしょう。

人間好きなことを仕事にしようと奮闘しますが、実は心理学的に「好きな仕事も嫌いな仕事も幸福度は変わらない」とされています。

そのため、「自分がやりたくないこと」に焦点を当て、やりたくないことが極力ない職場に就職するのがおすすめです。

やりたくない仕事は続けるべき?【幸福度を上げるたった1つの方法】

2020-08-17
詳細は上記の記事にて説明していますので、是非参考にしてみて下さいね。

人と関わらない仕事をする

2つ目は「人と関わらない仕事をする」という生き方です。
単純に「仕事が怖い・トラウマ」と感じてしまうのは人間関係によるものが大きいので、シンプルに人と関わらない仕事を狙っていくと、人生の幸福度が上がりやすいでしょう。

心理学において、職場で自分のパフォーマンスが発揮できるかどうかは、「環境によって全く変わる」とされているので、職場選びは非常に重要です。

  1. 人と関わるのが苦手・辛い
  2. 上司に怒られるのが怖い・関わりたくない
  3. 円滑な人間関係を築けない・向いていない
上記に当てはまっている方は、人と関わらない仕事を選択する生き方をしてみると良いでしょう。

責任の低い仕事をする

3つ目は「責任の低い仕事をする」という生き方です。
仕事の責任が大きいと、仕事に対して大きな重圧を感じ、ストレスになったり、トラウマになってしまう場合があります。

責任のある仕事をするのが当然」という風潮が日本にはありますが、自由に生きて良いこの現代、無理に責任の高い仕事をする必要は全く持ってありません。

まずは心にゆとりを持って生活していくことが第一なので、責任の低い仕事をする生き方は、かなりおすすめです。

無職(ニート)におすすめの仕事・職種5選

無職(ニート)におすすめの仕事・職種5選

ニートにおすすめの生き方について紹介したので、次にニートにおすすめの仕事・職種について紹介していきます。

全部で5つ紹介しますので、1つ1つ確認していきましょう。

工場勤務で働く

1つ目は「工場勤務で働く」という方法です。
工場勤務は自分の決まった持ち場で淡々と働いていく場合が多いので、「人と関わらない」ですし、仕事においても「責任が大きい」ということはありません。

大手メーカーの工場に就職できればボーナスも割と多めに貰えて休みもしっかりしているので、非常におすすめの職種だと言えるでしょう。

警備員で働く

2つ目は「警備員で働く」という方法です。
警備員で働いていけば、工場勤務以上に人と関わらないですし、仕事において何か責任を問われることもありません。

しかし勤務時間中ずっと暇であることや、外で警備をする場合天候や季節に左右される部分があるので、それはデメリットだと言えるでしょう。

電気・ガスの検診員で働く

3つ目は「電気・ガスの検診員で働く」という方法です。
電気やガスの検診員で働けば、基本的に流れ作業で業務が進んでいくので人との関わりもなく、自分のペースで進めていくことができます。

ルート営業に近い感じで、持ち回りを作業していくだけなので、当然責任も大きい訳ではありません。

地味に知られていない職業ですが、非常におすすめの職種だと言えるでしょう。

派遣社員で働く

4つ目は「派遣社員で働く」という方法です。
派遣社員は敬遠される場合が多いですが、しっかりとした派遣会社に入れば格安で寮に住むこともできますし、少量ではあるもののボーナスも支給されます。

私の前職で派遣をやっていた30代の方がいましたが、結婚もしていましたし車もcrownに乗っていましたし、毎日定時で帰っていて本当に羨ましかったです笑

派遣=不安定と感じる人もいますが、実際問題派遣で生きていくことは容易に可能なので、非常におすすめだと言えるでしょう。

公務員になる

5つ目は「公務員になる」という方法です。

少し難易度が高いですが、公務員を目指すというのも手法の1つとして存在します。

「いやいや、ニートが公務員になれる訳ないでしょ」と感じるかもですが、実は公務員試験は浪人する人が多いので、職歴なしのニートでも受験することは全然可能です。
詳細は下記の記事に纏めていますので、興味がある方は是非見てみて下さいね。

職歴なしのニートから公務員は無理?受かりやすい自治体3選

2020-08-17

【無職の仕事の探し方】元ニートが実践した3つの手法

【無職の仕事の探し方】元ニートが実践した3つの手法

おすすめの仕事を紹介したところで、次に元ニートである私が実践した仕事の探し方を解説していきます。

この章は超重要な話ですので、しっかり読み進めていって下さいね。

就職エージェントを利用する

1つ目は「就職エージェントを利用する」という手法です。

現状ニートで効率的且つ確実に就職したいのであれば、就職エージェントを利用するのが最も堅実な方法だと言えます。

就職エージェントとは、キャリアコンサルタントによる求人紹介、履歴書の添削、面接のサポートまで、全て無料で行ってくれるサービスです。

ハローワークと違って広告費をかけて求人を出している企業なので、採用意欲も高く、質の高い求人が多く集まっています。

後におすすめの就職エージェントについて紹介していきますね。

就職エージェントを複数利用する

2つ目は「就職エージェントを複数利用する」という手法です。

大手転職エージェントなら求人数が多いので問題ないですが、就職エージェントの場合は求人数が多くないので、何社か併用して利用することで求人数を稼ぐ必要があります。

通常2~3社利用すれば問題ありませんが、私は絶対に採用が欲しかったので4~6社くらい登録して利用していました。

複数の担当官と連絡を取ることができるので、闇雲に変な企業に誘導されるのを防ぐこともできます。

基本無料で利用できるサービスなので、積極的に複数利用を検討してみると良いでしょう。

書類選考が必ず通る就職エージェントを利用する

3つ目は「書類選考が必ず通る就職エージェントを利用する」という手法です。

就職エージェントにも様々なエージェントがありますが、中には「書類選考無しで、いきなり面接に行ける求人」のみを集めたエージェントも存在します。

実はニートによって最もハードルが高い点は「書類選考が通らない」という部分なので、適切なエージェントを選ぶことで簡単に就職することが可能です。

次の章でおすすめの就職エージェントについて解説していきますね。

無職(ニート)におすすめの就職エージェント4選

無職(ニート)におすすめの就職エージェント4選

それではニートにおすすめの就職エージェントについて紹介していきます。

20代と30代でそれぞれおすすめが異なるので、分けて紹介していきますね。

\こちらもおすすめ/

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-08-17

20代におすすめの就職エージェント2選

20代におすすめの就職エージェントは、下記の2つです。

書類選考なしで求人数も幅広い「就職Shop」

書類選考なしで求人数も幅広い「就職Shop」
就職Shopの特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 紹介求人は約8500社とかなり多い
  3. 紹介求人の職種に偏りがなく、様々な職種を選択可能

1つ目におすすめなのが「就職Shop」です。

就職Shopは若手の転職に特化しており、なんと書類選考なしで求人を応募することができます。

また就職Shopは求人数が8500社もあり、且つ求人の職種に偏りがないので、就職する企業の選択肢を大幅に上げることが可能です。
関東圏と関西圏でしか利用できないことが最大の難点ですが、もし利用する場所に住んでいるのであれば、必ずに登録しておくことをおすすめします。

\簡単5分で登録可能!/

参考:就職Shopを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

2点目ににおすすめなのが「DYM就職」です。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

30代におすすめの就職エージェント2選

次に30代におすすめの就職・転職エージェントについて紹介します。

注意点として、20代でないと上記「就職shop」と「DYM就職」を利用することができないので、書類選考があるエージェントしか存在しないという点です。
記事の最初で30代が厳しいと言った理由がこの「エージェント問題」なので、自分の利用できるエージェントを利用していきましょう。

大手転職エージェントの「doda」

大手転職エージェントの「doda」
dodaのポイント
  1. 10万件以上の圧倒的な求人数
  2. 独占求人を多く確保している
  3. 担当のサポートが手厚く満足度No.1

dodaは大手転職エージェントサイトの中で圧倒的な求人数を持っています。

その他にも「自己分析に使える各種診断」や「サポートの手厚さ」から、ユーザー満足度が最も高いです。

無料で手厚いサービスを受けることができますので、是非登録しておきましょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:dodaを実際に利用して、その評判を確認してみた

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でNo.1
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

dodaと合わせてリクルートエージェントも一緒に登録しておくことをおすすめします。

サポートはdodaに劣るものの、求人数や内定実績においては業界No.1で、文句の付け所がありません。

正直なところ、この2つのエージェントを登録しておくだけで、他者とかなり差を付けて転職活動を進めていくことが可能です

本気で転職を成功させたいのであれば、是非積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

無職(ニート)におすすめの仕事から、効率的な仕事の探す方法に関する記事は以上です。

基本的に一時的にニート期間であることは全く問題ありませんが、20代という時期を過ぎてしまうと一気に就職難易度が上がるので注意しましょう。

またニートのリスクについて理解を深め、自分に合った生き方、職種を選択していくことが重要です。

是非就職エージェントを効率的に活用し、確実且つ安全に仕事を探していくようにしましょうね。
おすすめの就職エージェント
    ■20代におすすめの就職エージェント

  1. 就職Shop
    書類選考なし / 求人数8500社
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  2. DYM就職
    書類選考なし / 求人数2000社
    【公式】https://www.dshu.jp/
  3. ■30代におすすめの就職エージェント

  4. doda
    求人数業界No.2 / サポートが手厚く満足度No.1
    【公式】https://doda.jp/
  5. リクルートエージェント
    求人数業界No.1 / 転職ならリクルート
    【公式】https://www.r-agent.com/