39・40歳のニートが就職するには?脱出する方法を具体的に解説

ニート・フリーター
現在ニートとして活動しているけど、就職なんてもう無理なのかな...

こんな悩みに答えます。

ニートとして活動していて「就職したいものの何から始めれば良いのか分からない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
本記事では、39-40歳のニートが就職するための方法やポイントについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

39・40歳のニートはどうやって生きていけるのか

39・40歳というと、社会人として経験を積み、管理職として活躍する人もいる年齢です。

そのような年齢でニートである人は、どうやって生活をしているのでしょうか。

親の年金に頼ることになる

39・40歳でニートをしている人の中には、親を頼りにしている人が少なくありません。

また両親が企業で働いているのであればその収入を、既に退職しているのであれば年金を頼って生活しているのです。

親にとっても我が子をなんとかサポートしたいという思いがあるため、金銭的な援助をしていると考えられます。

また中には親からお小遣いをもらって趣味に取り組む人もいるそうです。

親が亡くなったら生活保護

両親の収入や年金を頼りに生活しているニートは、両親が亡くなってしまうと収入源がなくなってしまいます。

そうなると、生活保護など公的な支援を受けなければ生きていけなくなるでしょう。しかし必ずしも生活保護を受給できるとは限りません。
もし受給不可となってしまうと、路頭に迷うことになるでしょう。

精神的に追い詰められる

39・40歳になると周囲の同世代の中には結婚して子供がおり、さらに家を購入している人、経験を積み管理職になっている人、自分で会社をなど、様々な人がいます。

一方で、仕事をせず、収入もないニートは、周囲と自分を比べたり、自身の将来を考えたりして精神的に追い詰められてしまいます。

39・40歳でニートになってしまった原因は?

そもそも、なぜ39・40歳でニートになってしまったのでしょうか。

ここでは、その原因について解説します。

親の助けが得やすい環境だった

39・40歳でもニートでいられる背景には、親の助けがあると考えられます。具体的には親の助けを得やすい環境だったということです

両親ともに働いていて経済力がある、もしくは幼い頃から過保護に育てられ、それが今も継続しているといった場合は親が何歳になっても助けてくれる可能性があります。
親の援助があり、生きて行ける状況であるため、特に自立することもなく、ニートとして生活していると考えられます。

理想が高くてギャップがあった

これまでに何度か仕事をしようと就職活動をしたものの、自身の掲げる理想が高すぎるために、仕事が見つからずニートをしているケースも考えられます。

家から近くて、残業がなく、週休2日で給料は●万円以上、など希望する条件を掲げすぎると選択肢が少なくなり、採用される可能性も低くなります。

ましてやニートという状況を考慮すると、簡単には採用されないため、高い理想を掲げることは就職のハードルを高くしてしまっています。

人間関係が上手くいかなかった

過去に仕事をしていたものの、職場での人間関係の構築が上手くいかず、挫折してしまいニートになった人もいるでしょう。

この失敗経験がトラウマになりなかなか社会復帰できず、39・40歳を迎えてしまった人もいるはずです。

仕事が上手くいかなかった

同じく、過去に仕事をしていたものの、仕事で大きな失敗をしてしまった、仕事がうまくできないといった理由から退職し、ニートになった人もいるでしょう。

「また失敗するに決まっている」「自分には仕事が向いていない」などネガティブに考えるようになってしまい、社会復帰できていない人もいるのではないでしょうか。

39・40歳からでもニートは脱出できる?

39・40歳ニートがこの先もニートを続けていると、将来大きな問題に直面する恐れがあります。

では、この状況を脱出することはできるのでしょうか?結論として脱出することは可能です。
しかし、伸び代を期待される若い世代とは違い、39・40歳となると基本的に会社は即戦力として活躍できるスキルや知識を持った人を採用します。

そのため、ニートが採用されるのは決して簡単ではないことを知っておきましょう。

39・40歳ニートを脱出するためにできること

ここでは、39・40歳ニートを脱出するためにどういったことをするべきなのか、ポイントを解説します。

いきなり就職することは簡単ではないため、徐々に社会復帰に向けて進んでいく必要があります。

人と関わる機会を増やす

ニートの期間が長くなると、他の人と顔をあわせるのが気まずい、ニートだと知られたくない、という気持ちから人と会わなくなっているのではないでしょうか。

しかし社会復帰をして仕事をするとなると、人との関わりは欠かせません。これは、どのような職種でも同じです。そのため、少しずつ人と関わる機会を増やすようにしましょう。
会える友人がいるのであれば、友人に会ってみて下さい。

もしいないのであれば、スーパーやコンビニでの会計後に店員にお礼を言う、近所の人とすれ違うときに挨拶をする、など簡単なことから始めてみましょう。

生活習慣を正す

ニートは決まった時間に起きて決まった時間に寝るという生活を送る必要がありません。

そのため、人によっては昼夜逆転生活を送っている人もいるのではないでしょうか。しかし仕事にもよりますが、就職すると朝型の生活となるため、生活習慣を正す必要があります。
いきなり全てを変えるのは難しいと思うので、少し早めにベッドに入る、少し早めに起きるようにするなどして徐々に正していくようにして下さい。

アルバイトを始めてみる

ニートがいきなり正社員として働くのは精神的にも肉体的にも非常に大きな負担がかかります。

また39・40歳ニートをいきなり採用してくれる企業も多くはありません。そのため、最初はアルバイトから始めてみるのがおすすめです。

職種にもよりますが、単純作業を行うもの、コミュニケーションが少なくて済むもの、勤務時間が短めなものなどもあるので、無理のない範囲で働き始めてみてはいかがでしょうか。

ニート脱出はアルバイトから!おすすめのバイトから選ぶポイントまで解説

2020-10-29

クラウドソーシングなら自宅でも働ける

アルバイト以外の選択肢として、クラウドソーシングが挙げられます。

クラウドソーシングは仕事の受発注ができるプラットフォームのようなもので、代表的なサービスには「ランサーズ」や「クラウドワークス」が挙げられます。

仕事を受注したい人は、応募して採用されれば発注となり仕事を行う形です。基本的には全てオンライン上で完結するため、人と直接顔を合わせなくても、お金を稼ぐことができます。

仕事内容も多岐にわたり、初心者でもできる仕事も沢山あるので、ニートを脱出したい人はクラウドソーシングの利用もおすすめです。

クラウドワークスの評判と口コミは?人気のクラウドソーシングの概要解説

2020-09-14

ランサーズの評判と口コミは?副業でも使えるクラウドソーシングサービス

2020-09-11

39・40歳ニートが就職活動をするには

ここでは、39・40歳ニートが就職活動をする際に利用できるサービスについて解説します。

ハローワーク

ハローワークは職業紹介を行ってくれる公的な機関です。

全国各地に存在しており、求職者、企業ともに無料で利用できるのが特徴です。幅広い求人を扱っており、就職活動に関するアドバイスを受けることも可能です。

また就職セミナーや職業訓練などもの行われているので「就職活動で何をすればいいのかわからない」という人は、まずハローワークに行ってみるといいでしょう。

求人サイト

求人サイトは、民間の企業が運営している「企業の求人をアプリやサイト内で閲覧できるサービス」です。

代表的なものとしてはリクナビNEXTが挙げられ、求人サイトとしてはトップクラスの求人数を持ちます。
気軽に求人を見ることから始めることができるので、これから就職を考えている人にとって必須のサービスと言えるでしょう。

就職エージェント

就職エージェントとは、民間企業が行う職業紹介サービスです。

基本的に、求職者に対して専任の担当者がつき、その人の経験やスキルなどを踏まえて、その人に適した求人を紹介してくれます。

面接練習を行ったり、提出する書類の添削を行ってくれたり、面接日程の調整・給与などの条件面の交渉などを行ってくれたり、と幅広いサポートを受けられるのが特徴です。

就職エージェントと求人サイトの違い

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、自信があるのであれば1人でも良いですが、できればエージェントを使うことをおすすめします。

エージェントについては下記に纏めていますので、確認してみると良いでしょう。

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01

39・40歳ニートが就職活動をする際のポイント

最後に39・40歳ニートが実際に就職活動をする際のポイントについて解説します。

39・40歳ニートの就職活動は簡単ではありません。少しでも成功の確率を高めるためには、事前にできることをしっかりと取り組んでおくことが重要です。
何をすればいいのかわからない、という場合は、ここで取り上げていることに取り組んでみてください。

自己分析を行う

就職活動を行う上では、自己分析を行うことが欠かせません。

自己分析では、これまでの自分の人生を振り返り、自分がどのような経験を積んできたのか、どういったスキルがあるのかなどを洗い出し、自分がどのような人間なのか確認する作業となります。

ニートにとってこれまでの自分を振り返る作業は辛いものかもしれません。しかし、自分がどういった人なのか理解していなければ、自分に合っている業界や職種、企業は見えてきません。

自己分析を行うことで、自分の特徴が見えてくるはずです。その特徴を活かせる仕事、必要とされる仕事を中心に応募してみるといいでしょう。

企業分析を行う

自己分析と合わせて、しっかりと行なっておきたいのが、企業分析です。

ニートからしてみると、同じ業界の企業はどれも同じように見えるかもしれませんが、企業によってその規模や企業理念、福利厚生や社風、制度などが異なります。

例えば、同じ介護関連の会社でも、介護施設を運営している企業と介護に必要な道具の販売を行なっている会社では行う仕事は全く異なります。

企業のホームページなどを調べ、自分の希望する企業の特徴や他社と違う強みを考えてみると良いでしょう。

職種や条件はある程度妥協する

仕事を探す際、自分の希望する条件や職種を掲げている人は少なくないはずです。

しかし、39・40歳ニートは、選り好みをできるほどの余裕はありません。時には条件面での妥協や希望職種以外の職種で働くことなども必要です。

生きていくためには最低でも○万円以上の給料が必要」「朝型の人間なので夜勤は難しい」などどうしても外せない条件がある場合を除き、職種や条件に関しては柔軟に対応するようにしましょう。

見た目を清潔にする

ニートの中には、髪の毛を長い間切っていない、ヒゲが伸びっぱなし、お風呂に入るのは数日に1回、化粧をしていない、など身だしなみを気にしていない人もいるのではないでしょうか。

就職活動においては、第一印象を良くするためにも、見た目を清潔にすることが重要です。

そのため、散髪に行く、髭を剃る、お風呂に入る、簡単な化粧をする、などできることから少しずつ始め、身だしなみを整えるようにしましょう。

まとめ

39-40歳のニートに関する記事は以上です。

最後になりましたが、本メディアでは仕事や就職に関する情報から、フリーランスに関連する情報まで幅広く発信しています。
最後にニートにおすすめの就職エージェントを纏めておきますので、参考にしてみて下さいね。

【おすすめ転職エージェント】

エージェント名特徴
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度トップクラス
  • 評判や口コミ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でトップクラス
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
  • 評判や口コミ
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%
  • 評判や口コミ
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
  • 評判や口コミ
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 完全未経験の求人約3000社
  • 書類通過率が91.4%で内定率が80.4%
  • 評判や口コミ