31歳ニートでも就職可能!未経験でも働ける3つの職種とは?

ニート・フリーター
31歳でニートのまま…。就職したいけど、どうすれば良いのか分からない...

ニート生活が長引くと、就職までのハードルが高くなり、就活の第一歩を踏み出せない方が大勢います。

そこで今回は、このままニート生活を続けた場合のリスクについて解説しながら、実務経験がなくても就職しやすい3つの職種を紹介します。

この記事を読むことで、具体的な就活の方法について理解でき、今後の就職活動がスムーズに進めることができますよ。

31歳ニートは正社員として就職できる?

31歳ニートは正社員として就職できる?

結論から申し上げると、31歳ニートでも正社員として就職は可能です。

空白期間が長く実務経験が少ない人材は、企業としては採用しづらく、31歳で職歴が全くないニートだと不採用となるケースが多いです。

しかし企業によっては未経験者を募集し、実際に採用しているケースも存在します。

また人材不足の悩みを抱えている企業が多い現代では、仕事を探している求職者が優位な売り手市場のため、ニートで職歴がなくても就職できる可能性は高いです。

特に働くことに対して意欲的であったり、仕事内容を選んだりしなければ、31歳のニート状態からでも正社員として就職できるでしょう。

31歳がニート生活を続ける3つのリスク

31歳がニート生活を続ける3つのリスク

ちなみに、このまま就職せずニート生活を続けると、将来どうなってしまうのでしょうか。

ニート生活が長引いてしまった場合のリスクとして、主に下記の3つが挙げられます。

仕事の選択肢が減る

35歳以上にもなると、実務未経験から就職できる仕事が激減し、正社員だけでなくアルバイトすら採用されるのが難しくなります

未経験可の求人は若い人ほど有利で、年齢が上がるにつれて就職の難易度が上がるため、リスクを減らすには30代前半でニート状態を脱出しなければなりません。

社会的信用が得られない

仕事に就かず収入源がないニートは、クレジットカードやローンの審査に落ちる可能性が高く、社会的信用を得ることが難しいです。

また採用面接の際に、担当者から「現在の年齢になるまで仕事をしてこなかったの?」と言われがちで、30代のニートに対しては、世間から厳しい視線を向けられる恐れがあります。

経済的に困窮する可能性が高い

さらに、生活を支援している両親の退職・死亡などで収入源が途絶え、経済的に困窮しニート生活を続けられなくなるリスクもあります。

以上のように、ニート状態が長引くほど就職面・経済面でのリスクが高まるので、早めに仕事を見つけて安定した生活を送りましょう。

31歳ニートでも就職可能なおすすめ職種3選

31歳ニートでも就職可能なおすすめ職種3選

31歳ニートでも就職できるオススメの職種は、下記の通りです。

ニートでも就職可能な職種
  1. 販売職
  2. 介護職
  3. IT系職種

販売職

30歳ニートにおすすめの職種として、1つ目に販売職を紹介します。

通年を通して求人数が多い販売職は、食品・衣料品・雑貨の販売など多岐に渡り、職歴がないニートでも比較的仕事が見つかりやすい職種です。
また趣味に関する商品を販売している会社であれば、あなたの知識を活かすことも可能なので、一度企業や仕事内容について調べてみると良いでしょう。

介護職

30歳ニートにおすすめの2つ目の職種は、介護職です。

高齢化が進んでいる日本では、介護サービスのニーズが拡大しているにもかかわらず、介護職へ就職する希望者が少ないです。

また転職市場全体における人手不足の影響も重なって、未経験のニートでも挑戦しやすい職種となっています。

さらに就職後に関連資格も取得でき、今後も需要が高まると予測できるので、将来的にも安定している仕事といえるでしょう。

IT系職種

31歳ニートにおすすめの職種として、3つ目にIT系職種を紹介します。

現在多くの企業でIT化が進んでおり、人手不足の状況も相まって、IT関連の職種も採用されやすい傾向です。特に未経験者でも採用する企業が多く、PC操作ができれば就職できる可能性が高いです。

31歳ニートが仕事を探す方法

31歳ニートが仕事を探す方法

では、具体的に31歳ニートが仕事を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

具体的な方法として、主に下記の2つの手段を紹介します。

就職支援施設を利用する

まず31歳ニートが仕事を探す際は、公的な就職サポートを活用するのがおすすめです。

利用できるサービスとして、ハローワークのような就職支援施設や、若年層向けのサポステ・ジョブカフェといった施設も存在します。

特にハローワークでは、ニート歴が長い人向けに「トライアル雇用」という制度が設けられており、試用期間中に実際に働くことで企業とのミスマッチを防止できます。

また31歳であれば、若年層が対象のサポステやジョブカフェを利用することで、より親身な就職支援が期待できるでしょう。

就職エージェントを利用する

続いて31歳ニートの就職活動では、就職エージェントを利用するのもおすすめです。

主に民間が運営している就職エージェントは、前述の公的機関と比べて得意とする分野があり、企業との強いパイプを持っているケースもあります。

職歴なしのニートや既卒でも就職可能なおすすめの就職エージェント6選

2020-12-01
上記にニートに特化した就職エージェントを纏めています。書類なしで面接からのみの求人を取り扱っているエージェントもありますので、目を通しておきましょう。

31歳ニートが就職する前にするべき4つのこと

31歳ニートが就職する前にするべき4つのこと

今まで就職を経験したことがない状態から、就職活動を始めようと決意しても、実際は支援サービスを利用するまでのハードルが高く、中々行動に移せないですよね。

「長いニート生活でいきなり正社員として働く自信がない」という方は、まず社会生活に対応できるよう準備運動することをおすすめします。
特に下記の順番で進めると、スムーズに就職活動が始められます。

規則正しい生活習慣を身につける

31歳ニートが就活前にすべきこととして、まず規則正しい生活習慣を身につけましょう。

ニート状態が長い方は、昼夜逆転しているケースが多く、生活習慣が乱れがちです。まずは生活習慣を改善し、社会人と同じような生活リズムに戻していきましょう。
正しい習慣で生活することが、ニート生活を脱する第一歩となります。

身だしなみを整える

生活習慣が整ったら、次は清潔な身だしなみを心掛けましょう。

ニート生活中に他の人と関わる機会が少ないと、身だしなみに無頓着となっているケースが多いです。社会人として就職すると、基本的なマナーとして身だしなみにも注意しなければなりません。
まずは髪や爪など、人の目に留まる外見を整え、清潔感のある見た目へと転換しましょう。

身近な人との会話を増やす

生活習慣・身だしなみが整ったら、身近な人との会話を増やしてみましょう。就職して仕事を始めると、職場内でさまざまな人とコミュニケーションを取ることが求められます。

しかしニート生活中は人と話す機会が少ないため、会話力が低下していることが多く、就職後に意思疎通で苦労する場面が出てきます。
まずは昔の友人に連絡をとったり、身近な人と会話したりして、徐々にコミュニケーション力を上げましょう。

アルバイトを始める

正社員としていきなり働くことに抵抗を感じる方は、アルバイトから始めてみることをおすすめします。

正社員に比べて採用のハードルが低く、仕事量や責任が少ないアルバイトは、働くことにまず慣れる、という目的として最適です。

ちなみにアルバイトを経験する場合は、正社員登用制度があるバイト先を選ぶのが良いでしょう。

正社員登用制度とは、アルバイトなどの非正規雇用の状態から、正社員といった正規雇用として登用する制度のことです。

企業によって異なりますが、勤続年数・能力・試験等の条件を満たすことで、正社員に登用するケースが多いので、バイト先を選ぶ際は必ず確認しておきましょう。

ニート脱出はアルバイトから!おすすめのバイトから選ぶポイントまで解説

2020-10-29

まとめ

31歳のニートに関連する記事は以上です。

最後になりましたが、本メディアでは仕事や就職に関する情報から、フリーランスの情報まで幅広く発信しています。
ニートに使える就職エージェントに関しては下記に纏めておきますので、是非確認してみて下さいね。

【おすすめ転職エージェント】

エージェント名特徴
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度トップクラス
  • 評判や口コミ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でトップクラス
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
  • 評判や口コミ
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%
  • 評判や口コミ
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
  • 評判や口コミ
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 完全未経験の求人約3000社
  • 書類通過率が91.4%で内定率が80.4%
  • 評判や口コミ