30歳のフリーターが就職するには?会社員との違いも解説

ニート・フリーター
  • 30歳までフリーターを続けているのって危険?
  • 30歳のフリーターでも就職できる可能性はある?
  • フリーターと会社員の違いを知りたい

こんな悩みに答えます。

フリーターを続けて、気がついたら30歳になってしまった人は多いのではないでしょうか。将来に不安を覚えて、30歳を機にフリーターから正社員になりたいと考える人も多いですよね。
本記事では、30歳がフリーターから就職する時に気をつけることやおすすめの就職サービスについて記事にしていきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動について明確にすることができますよ。

30歳のフリーターと会社員の4つの違い

30歳のフリーターと会社員の4つの違い

まずは、30歳のフリーターと会社員の違いを4つに厳選して紹介していきます。

現状を再認識するためにも、必ず確認しておきましょう。
30歳のフリーターと会社員の3つの違い

収入や老後

正社員は収入が固定の場合が多く、退職金や福利厚生も充実しているので、かなり安定していると言えるでしょう。昇給があって収入も上がるので、貯金できる額も大きくなります。

一方フリーターは時給制なので、収入が上がる見込みがないですし、昇給や福利厚生もないので、安定した生活を送るのは非常に難しいです。

体が健康の内は良いですが、怪我や病気になってしまった時に非常に苦労するでしょう。

時給は最低賃金と同じくらいで、シフト制で働ける保証は無い為、フリーターは不安定ですね…

ボーナスや退職金の有無

会社員はボーナスがあるので、月収が低くても年収が高くなります。

フリーターが勘違いするのが、月収だけで判断する点です。同じ月収でも、会社員の方はボーナスがあるので、年収に大きな差ができます。

それだけでなく、会社員は退職金があるので、老後の貯蓄が少なくても問題ありません。フリーターは退職金が無いので、老後の資金は全て貯蓄しておく必要があります。

仕事の安定性

仕事が安定するのも、フリーターより会社員です。

先ほども紹介したように、会社員の給料は固定給なので毎月最低限の額は保証されています。

また、リストラをされて仕事が急に無くなる可能性も低いです。法律によって、一定の理由が無ければ企業側から会社員を一歩的に辞めさせることができないからですね。

フリーターは、会社員に比べて契約を切りやすい契約になっているので、仕事が急に無くなる場合も普通にあります。

安定して仕事をしたいのであれば、会社員を選択するのが賢明だと言えるでしょう。

生活の自由度

会社員は、決められた時間に出勤して働かなければいけません。仕事を簡単に休むこともできず、自由度は低いですね。

一方フリーターはシフト制なので、勤務日時を自由に決めることができます。

休みを取りたい日はシフトを入れなければ大丈夫ですもんね!

お金や安定を捨ててでも自由に暮らしたい方は、フリーターがおすすめです。

30歳までフリーターになってしまう4つの理由

30歳までフリーターになってしまう4つの理由

収入面や安定性を考慮して会社員になりたいと考えた人は多いと思います。

ただ、すぐに就職が出来る訳ではありません。就職活動を始めるのであれば、まずは自己分析が必要です。

面接では、何故30歳までフリーターを続けたのかという事を必ず聞かれでしょう。

そこで、30歳までフリーターを続けてしまう理由を、4つに厳選して紹介していきます。

周りとの差を感じなかった

新卒の給料は、フリーターとほとんど変わりません。

言い換えると、新卒時は同期と給料面での差が無い為、自由度が低くなる会社員を選ぶメリットが分からない人も多いです。

しかしながら、会社員は年齢を重ねていくと役職が付いて昇給できます。30歳であれば、新卒の頃の給料に比べて多く貰っているでしょう。

新卒時は同期と差を感じる機会が少ないですが、徐々に気付き始めます。同期と同じような人生を歩みたいのであれば、会社員になっておいた方が良いですね。

会社員より自由に楽に働くことができた

自由に生活できるのが楽しくて、気が付いたら30歳までフリーターを続けてしまった人が多いでしょう。

フリーターであれば、自由に働く日や時間を決める事ができて、当日に休用があっても簡単に休めます。

ただ、会社員に比べて給料も低く、遊べるお金は少ないです。老後へ十分な貯蓄ができないので、生活がかなり苦しくなる可能性も高くなります。

ローンや結婚も収入的に難しいので、時間の余裕があっても収入が少なくて自由度が下がる部分もあるでしょう。

前職を辞めて気がついたら30歳になっていた

前職を辞めて、繋ぎでフリーターをする予定だったにも関わらず、気がついたら継続していた人も多いでしょう。

正社員を経験しているのであれば、前職と同じ業種の知識や経験はあるので、就職がしやすいです。

注意点としては、前職を数ヶ月や一年で辞めているのであればフリーターと同様の扱いになる点ですね。直ぐに辞めたのであれば経験や知識があるとか言い難く、会社に入っても同じように辞められないか懸念されます。

しっかりと自己分析をして、何故前職を直ぐに辞めたのか面接で説明できるようにしましょう。

色んな挑戦をしていた

色んな挑戦をしたいと考えている人は、時間の拘束などが厳しい会社員ではなく、フリーターの場合が多いでしょう。

面接では、どのような挑戦をしていたのか説明できるようにして下さい。海外留学や起業のような挑戦は、印象が良いですね。

意図を持ってフリーターをしていたのであれば、そこまで印象は悪くないので、十分に就職できる可能性はあります。

30歳のフリーターが就職する時に気をつける3つのこと

30歳のフリーターが就職する時に気をつける3つのこと

30歳までフリーターを続けたけど、就職したいと考えている人は多いでしょう。

ただ、就職活動は非常に困難になります。そんな方に向けて、就職する時に気をつけるべき事を3つに厳選して紹介します。

どの業界へも挑戦してみる

就職活動が困難になる30歳のフリーターは、自分が長く働ける業界であれば、積極的に挑戦しましょう。

人手不足の業界であれば、未経験でも採用される可能性が十分にあります。

業界を選ぶほどの余裕が残されていないので、積極的に色んな業界に挑戦する事がおすすめです。

面接に落ちても諦めない

30歳までフリーターを続けていた人は、あまり企業から良い目で見られない可能性が高いです。

すぐに採用が決まる可能性は低く、長期戦になる事が予測されます。面接に落ちても、諦めずに何度もエントリーシートを送りましょう。

ニート(無職)の履歴書の書き方は?空白期間でひきこもりでも受かるコツ

2020-12-01

ニートの職務経歴書の書き方とは?おすすめの転職サービスも紹介

2020-12-01

必ず採用してくれる企業はあるので、粘り強く面接する事を覚悟して下さい。

フリーター時代の経験を上手く使える業界を考える

フリーター時代にやっていた事を上手く使える業界であれば、ある程度は知識や経験があるので採用されやすいです。

飲食店でフリーターをしていたのであれば、飲食業界の企業に面接へ行くなどですね。
30歳までフリーターを続けていた未経験の人材を雇う企業は少ないので、知識のある同業種に就職するのは良い選択肢です。

30歳のフリーターで就職するべき人の特徴

30歳のフリーターで就職するべき人の特徴

ここまでの記事を読んで、就職とフリーターのどちらで働くか迷っている人は多いでしょう。

そこで、「就職するべき人」と「フリーターを続けるべき人」の特徴を解説していきます。
30歳のフリーターで就職するべき人の特徴

結婚をしたい

結婚をしたいと考えている人は、フリーターより正社員の方が良いでしょう。

収入面で考えると、固定給で給料が保証されていて、歳を重ねるにつれて昇給があります。企業によっては、大きなボーナスを得る事ができますね。

将来を考えると、退職金や年金を多く貰えるので、老後の生活も安心です。女性の立場から考えても、生活や将来が安定する人と結婚したいですよね。

結婚をして家庭を持ちたいと考えているのであれば、会社員がおすすめです。

仕事の安定が欲しい

仕事の安定が欲しい場合も、正社員として働いた方が良いです。

先ほども紹介したように、収入面や将来面がフリーターより安定します。

仕事面に関しても、法律によって一方的に契約を切るのが難しい状況になっている為、フリーターより仕事が無くなる可能性は低いです。

すぐに諦めない

すぐに諦めないで仕事ができる人は、会社員がおすすめです。

仕事を辞めないで定年まで継続できれば、かなり上の役職になっている可能性があります。役職が上がれば、給料も高くなりますね。

正社員は、フリーターより自由度が低く、責任も重くなるのでしんどいです。すぐに仕事を諦めて辞める人は、職歴の印象が非常に悪くなり、転職するのが難しくなります。

諦めずに仕事を続けられる人は、役職も給料も上がる会社員を選択するようにしましょう。

30歳でフリーターをやり続けるべき人

30歳でフリーターをやり続けるべき人

先程は会社員をやるべき人を紹介したので、次はフリーターをやり続けるべき人を解説します。

30歳でフリーターをやり続けるべき人

自由に暮らしたい

自由に暮らしたいと考えている人は、フリーターを続けるべきです。

会社員になれば、勤務時間や休日を決められないなど拘束が長くなります。一方フリーターは会社員より裁量が効くので、比較的自由にシフトを組んで生活することが可能です。

あまり拘束されたくない・自由を奪われたくないという方はフリーターを選択すると良いでしょう。

お金を使わずに貯金できる

フリーターは、退職金を貰うことができません。それだけでなく、年金も会社員に比べて貰えません。

お金を使わずに貯金できる人であれば、老後の生活に問題はないので、フリーターを続けても大丈夫です。

貯金するのが苦手であれば、確定拠出年金などを使うのも良いですね。ただ、フリーターの収入から、月々な貯蓄を回す余裕があるのかは難しいです。

色々な仕事をしたい人

色々な仕事をしたい人は、フリーターをおすすめします。

フリーターは、複数の職場で働くことができるので、色々な仕事を経験することが可能です。会社に就職すれば、副業ができない企業も多く、就職先にコミットしなければいけません。

自身のやりたいことに従って、適切な選択を取れると良いですね。

まとめ

30歳のフリーターに関する記事は以上です。

最後になりましたが、もしフリーターから会社員に就職したいと感じている場合は、専門の就職エージェントを活用することをおすすめします。

書類選考なしで面接までいけるエージェントや、マンツーマンでサポートしてくれるエージェントまで様々あるので、是非自身にあったサービスを活用してみてくださいね。

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-12-01

【おすすめ転職エージェント】

エージェント名特徴
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度No.1
  • 評判や口コミ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でNo.1
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
  • 評判や口コミ
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%
  • 評判や口コミ
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
  • 評判や口コミ
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 完全未経験の求人約3000社
  • 書類通過率が91.4%で内定率が80.4%
  • 評判や口コミ