28歳のフリーターが就職活動を行うべき3つの理由【リスクあり】

ニート・フリーター
  • 28歳までフリーターを続けたけど、そろそろ就職したい
  • 28歳のフリーターが就職するためのポイントを知りたい
  • 28歳のフリーターでも就職できる職種を知りたい

上記のような悩みを解決していきます。

28歳までフリーターを続けていた人で、将来のことを考えて正社員として働きたいと思っている人も多いでしょう。

この記事では、28歳までフリーターを始めていた人が転職活動を行うべき理由とポイント、おすすめの職種を解説します。

本記事を読むことで、28歳のフリーターが転職活動をする際のポイントを知れますよ。

28歳のフリーターが今すぐ就職活動を行うべき3つの理由

28歳のフリーターが今すぐ就職活動を行うべき3つの理由

まずは、28歳のフリーターが今すぐ就職活動を行うべき3つの理由を紹介します。

少しでも就職活動が遅れれば、状態は悪くなる一方なので、確認しておきましょう。

30歳までが転職のボーダーラインになる

転職は、30歳までがボーダーラインと言われています。

30歳からの就職だと、会社で働ける期間も短くなるので、未経験ではなく即戦力になる人材が欲求される為です。

28歳で正社員として働くことを考えているのであれば、今すぐ行動しないと手遅れになりますね。

就職かフリーターか迷っているのであれば、時間がないので転職活動を始めましょう。

行動が遅いだけ不利になる

年齢を重ねるにつれて、転職は不利になります。

会社員として働いて実績や経験があるなら問題ありませんが、フリーターのような未経験の状態だと年齢が早いほうが将来性もありますし期待できるので、行動が遅いだけ不利になるのは明白でしょう。

転職って、行動に移せば簡単にできるんじゃないの?

上記のように思う人もいるようですが、全く違います。転職は、かなり難しいです。

まずは自己分析をして、面接をする企業を選ばなければいけません。そこから、エントリーシートを何枚も作って企業に送っても、書類審査で落とされる可能性があります。

転職活動を始めてから就職するまで、平均的に3ヶ月〜6ヶ月は要するので、転職は難しいと言えるでしょう。

少しでも楽に就職活動を進めたいのであれば、早く行動を移してください。

スキルが身に付かない

フリーターのまま仕事を続けていても、スキルや実績も作ることは難しいです。

学生バイトと同じような業務しか与えられないので、社会人経験も責任のある仕事もできません。そんな環境だと、社会人レベルのスキルや経験は身につきませんよね。

何もスキルが身につかない状態で働いていると、今のバイト先が倒産などした時に、雇ってくれる企業は限りなく少ないです。

自分の市場価値を上げる為には、正社員になって重要度の高い仕事をこなしていくことが必要になります。

28歳のフリーターが就職しない3つのリスク

28歳のフリーターが就職しない3つのリスク

先ほど、今すぐ就職活動を行うべき3つの理由を紹介しました。

それでは、何故フリーターのまま働くのが危険なのか解説していきます。

同期との差を感じる

28歳のフリーターは、少しずつ同期との差を感じてきます。

同期の多くは会社員として就職して数年が経ち、役職も付いて会社での地位も上がり、年収も大きく上がっていく時期でしょう。

フリーターだと役職や年収も上がらず、何も変わらない状況が続き、同期とは圧倒的な差ができます。

将来のことを考えて、同期と一緒に安定した生活を送りたいのであれば、会社員がおすすめです。

関わる人のレベルが低い

フリーターとして働いていると、年下の学生や同じようなフリーターが同僚になるため、関わるレベルが低くなります。

社会に出て活躍しているような人材と働きたいのであれば、必ず企業に就職するべきです。正社員として活躍している人から学ぶことで、自分の経験や知識を増やせます。

知識や経験が身につけば、キャリアアップなどができるので、より将来が豊かになりますね。

関わる人のレベルを上げて学びたいのであれば、正社員になることをおすすめします。

何もスキルが身についていない

フリーターとして働いても、スキルや知識はほとんど身につきません。

大事な仕事は社員がやるので、フリーターは大学生のアルバイトでもできるような業務をやる必要があります。

大学生でもできることを永遠としていても、スキルは身に付きませんよね。

自分が社会で戦えるスキルを身につけたいのであれば、責任のある重い仕事を任せられる正社員になることをおすすめします。

28歳のフリーターが就職するためのポイント

28歳のフリーターが就職するためのポイント

28歳のフリーターが就職するには、戦略が必要です。

中途採用の年齢になっているので、転職活動では即戦力になる人材が競合になります。企業で実績を積んできた人に、数年間フリーターをしていた人が勝つのは至難の技です。

ただ、ポイントを抑えれば就職できる可能性は一気に広がります。

28歳のフリーターが抑えるべきポイントは、未経験でも就職しやすい業界に行くことです。

未経験でも就職しやすい業界は次で紹介していきます。

28歳のフリーターにおすすめする5つの職種

28歳のフリーターにおすすめする5つの職種

それでは、28歳までフリーターをしていた未経験の人でも就職しやすい5つの職種を紹介します。

28歳のフリーターにおすすめする5つの職種

IT系

IT系の業界は人材不足の為、未経験でも積極的に採用される可能性が高いです。

ただ、28歳で何の知識もない人を採用するかと言ったら少し難しいですね。

最近だと、30歳までなら転職保証が付いているプログラミングスクールなどがあります。IT系に進みたいのであれば、転職保証のスクールに通ったり、職業訓練でで知識を身につけておくのも良いですね。

Techacademy(テックアカデミー)の評判は?気になる口コミについて解説

2020-08-04

職業訓練のプログラミングコースの訓練内容は?選び方や注意点も解説

2020-12-01

営業職

営業職は経験など関係ない業種で、商材が売れれば会社での地位が上がっていきます。

色んな営業がありますが、自分が興味のないものを売るのは難しいので、少し知識のある業界の営業職を選ぶと良いでしょう。
フリーターでも、コミュニケーション能力に自信がある人にはおすすめです。

飲食店・スーパーレジ

飲食店やスーパーのレジは、何の知識もない学生でもできる業務なので就職しやすいです。

学生でもできる仕事だったら、スキルや経験は上がらないんじゃないの?
上記のような疑問もありますが、正社員になれば売上管理や施策など、マネジメントの業務もできるようになります。

自分が考えた施策によって会社の売上を作ることができれば、昇給なども見込めます。アルバイトの教育を徹底して接客が良くなれば、リピートのお客さんも増えますね。

フリーターにはできない仕事が、正社員になると経験できます。仕事の幅を増やしたいのであれば、正社員がおすすめです。

工事現場・土方

工事現場の仕事も、人手が足りないので正社員として働きやすいです。

未経験でも給料が高いのが特徴で、学歴も関係ないのでフリーターはチャンスになります。注意点としては、かなり重労働になるので体を壊す可能性が高い点ですね。

上記のツイートをされている方も、腰に大きな負担を抱えているようですね。工事現場は給料は良いですが、本当に重労働です。

自信があるなら良いですが、体を壊すと他の職種に転職するのも困難になるので、しっかりと判断して選ぶようにしましょう。

介護職

介護職も人材が不足している業種になります。

そのため常に求人が募集されており、就職しやすい職種です。業務は非常に大変ですが、介護をした人から感謝されることも多く、やりがいを感じやすいでしょう。
これからも高齢者が増え続ける為、仕事に困る可能性が低いのも魅力ですね。

28歳のフリーターが就職活動をする時に心掛けるべき3つのこと

28歳のフリーターが就職活動をする時に心掛けるべき3つのこと

今までの記事を読んで、就職活動を始めたいと考えた人も多いでしょう。

次に、28歳のフリーターが就職する為に、心掛けておくことを3つに厳選して紹介します。

就職する企業の評判を見る

まずは就職したいと考えている企業の評判や口コミ、事業内容をチェックしましょう。

よくあるのが、フリーター時代より自由度が無くなってしんどくなり、すぐに会社を辞めるという事例です。

28歳までフリーターを続けて、やっと就職した会社をすぐに辞めていたら、印象は非常に悪いですよね。1社目の会社は、長く続けられるような企業を選びましょう。

数年続けてスキルや能力が身につけば、ステップアップも目指せます。すぐに辞めてしまうと、その経歴が残って再就職はさらに困難です。

長く続けられる企業を選ぶ為に、徹底的に調べておくことをおすすめします。

倒産リスクが低い安定している会社を探す

28歳で転職する際は、倒産リスクが低い会社を選びましょう。

他社で即戦力として活躍できるスキルや能力が備わっていな状態で倒産になれば、再就職は非常に難しいです。

何十年後を予測するのは難しいですが、少なくとも5年は事業が継続できる会社を選んでおきましょう。正社員として5年も働ければ、何かしらのスキルは身についているはずです。

年収は新卒と同じくらいで我慢する

同期で会社員として働いていた人が貰っている給料と同じくらい貰える企業を探す人がいますが、それは辞めましょう。

同期も最初は安い給料で働いて、実績や経験を積み重ねて今の給料があります。

28歳までフリーターとして働いていた人が、急に今まで正社員として経験や実績を付けてきた同期と同じ給料を貰える訳がありません。
年収で企業を判断するのでは無く、「長く働けるか」と「業務内容」を確認しておきましょう。

まとめ

28歳のフリーターに関する記事は以上です。

最後になりましたが、フリーターが就職する時はフリーター専門の就職エージェントを活用することで、効果的に就職活動を進めることができます。

フリーターでも利用できるおすすめ転職エージェント9選【高卒や非正規必見】

2020-12-01
無料で使えるおすすめの就職エージェントを纏めておきましたので、必ず登録して進めていくようにしましょう。

【おすすめ転職エージェント】

エージェント名特徴
soda
doda
  • 10万件以上の圧倒的な求人数
  • サポートが手厚く満足度トップクラス
  • 評判や口コミ
リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 求人数が業界でトップクラス
  • 過去の成功実績から受かる方法が分かる
  • 評判や口コミ
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%
  • 評判や口コミ
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
  • 評判や口コミ
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 完全未経験の求人約3000社
  • 書類通過率が91.4%で内定率が80.4%
  • 評判や口コミ