日本たばこ産業(JT)の就職偏差値は?仕事内容や平均年収も解説

就職|転職
  1. 日本たばこ産業(JT)の将来性を知りたい
  2. 日本たばこ産業(JT)の仕事内容を知りたい
  3. 日本たばこ産業(JT)に就職したいけど、何をすれば良いのか分からない
上記のような悩みを解決していきます。

日本たばこ産業(JT)に就職したいと考えている方や、興味がある方は多いでしょう。ただ、具体的な仕事内容や将来性などを知らない人もいますよね。

この記事では、日本たばこ産業(JT)について徹底解説しています。これから就職や転職を考えている方は、是非チェックして下さい。

日本たばこ産業(JT)とは

日本たばこ産業(JT)とは、日本たばこ産業株式会社法という法律に従って運営されている会社です。

事業内容はタバコの販売だけでなく、医薬品や食料品も販売しています。

タバコは環境に悪影響を及ぼすので、そのような研究や調査も行っていて、社会貢献をしているのも特徴です。

商品販売や社会貢献などに力を入れているので、営業力がある人や環境に詳しい人におすすめの会社になります。

日本たばこ産業(JT)の4つの仕事内容

日本たばこ産業(JT)について知って頂いたので、具体的にどのような仕事内容があるのか確認しておきましょう。

主に4つの仕事があるので、順に解説していきます。

代理販売店への営業

一つ目の業務内容は、代理販売店への営業です、

タバコを生産しても、商品が売れなければ意味がありません。商品を売るには代理販売店に商品を置いて頂く必要があります。

日本には多くのタバコ代理販売店があるので、少しでも多くの場所で売られるように営業をしましょう。

商品の企画と管理

商品と企画と管理も日本たばこ産業(JT)の仕事内容になります。

新しい商品を開発することで、顧客は飽きずにタバコを楽しむことが可能です。

それだけでなく、商品を管理して、在庫数の調整や健康被害の軽減などに尽力しなければいけません。

商品の在庫を抱えると原材料や原価費が無駄になります。また、タバコの健康被害は大きいので、少しでも軽減できるように管理することが重要です。

社会や健康影響の調査

先ほどタバコの健康被害が大きいと紹介しましたが、具体的にどれくらいの影響があるのか調査していく必要があります。

タバコを吸っている本人だけでなく、副流煙を吸った人にも体へ悪影響が出るので、健康への害が少しでも減るように商品を改善していかなければいけません。

その為に、常にタバコによる社会や健康影響の調査を行う必要があります。

商品の販売とマーケティング

商品の販売とマーケティングは、売上の根幹になる重要な業務になります。

自社で商品の販売やマーケティングを行うことで、商品の認知を広げることが可能です。

代理販売店は多くのタバコの銘柄を扱っているので、一つの商品を特化して販売することはありません。その為、自社でマーケティングをしなければ、販売している商品が購入される可能性は低いです。

また、代理販売店で商品が売れると手数料が発生しますが、自社で販売できれば手数料が無いので利益率が高くなります。

代理販売店と自社のマーケティングを上手く掛け合わせることで、大きな売上を作ることが可能です。

日本たばこ産業(JT)の平均年収

日本たばこ産業(JT)の平均年収は、2019年の有価証券報告書で855.5万円となっています。

他の業界と比べても、かなりの高収入を期待することが可能です。

高収入を見込めるにも関わらず、残業や休日出勤も少ない為、非常に人気の企業になります。

本気で就職したいと考えているのであれば、時間を掛けて就活対策を行わなければいけません。また、他の人が持っていない特技やスキル、実績を持っていることも大切です。

日本たばこ産業(JT)の5つのメリット

今までの内容で、日本たばこ産業(JT)に興味を持った人も多いでしょう。

それでは、具体的に働くメリットを解説していきます。

担当販売店の成績で収入が上がる

自分が担当している販売店の成績が良ければ、収入が上がります。

販売店の立地や店長の人望などの運要素もありますが、年功序列では無いので新卒から高収入を得ることも可能です。

言い換えると、担当販売店の成績が悪ければ、出世や昇給の可能性はありません。

実力主義の業界になっているので、営業やマネジメントに自信がある人におすすめします。

環境や健康についての知識が身に付く

日本たばこ産業(JT)では環境や健康の調査や実験を行うので、自然と知識が身に付きます。

タバコによって環境や健康にどのような影響が出るのか具体的に知ることで、これからどのような商品を開発していくべきか明確にすることが可能です。

また、タバコの知識も身に付くので、依存症などの人が近くにいる際に、どのように改善していくのかも知ることができます。

環境や健康について興味がある人におすすめの業務ですね。

最先端の商品を開発できる

タバコは常に進化をしているので、会社に入れば最先端の商品の開発に貢献できます。

最近だと、アイコスなどが最先端の商品になりますね。

タバコが好きな人は、自分が開発した商品が販売されて多くの人に利用されるのは、非常にやりがいがあるでしょう。また、環境や健康への影響を抑えることができたら、多くの人の命を救うことになります。

自分で最先端のタバコ商品を作りたいと考えている人は、是非就職を検討して下さい。

職場環境が良い

日本たばこ産業(JT)は繁忙期などが無いので、出勤日時や勤務時間が決まっているので職場環境が良いです。

残業や休日出勤は稀なので、かなり働きやすいと言えるでしょう。

注意点は、代理販売店の成績が悪い場合ですね。完全に数字で成果が出るので、成績が悪ければ職場での立場が危うくなります。

収入が高い

日本たばこ産業(JT)は、就職するのが難しいですが収入が高いです。

固定給だけでなく、成績によってプラスされるので、他の同期より多くの収入を得ることができます。

成績が悪ければ収入の上昇幅は低くなりますが、平均年収よりは稼げる場合が多いです。

高収入を得たいと考えているのであれば、日本たばこ産業(JT)は就職する選択肢の一つと言えるでしょう。

日本たばこ産業(JT)の4つのデメリット

先ほどは日本たばこ産業(JT)で働くメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので纏めておきます。

印象が良くない

タバコは印象が良くないので、世間体が悪いです。

日本たばこ産業(JT)で働いていると、タバコを吸っていなくても、勝手なイメージで吸っているという印象を持たれる場合があります。

世間体を気にする人にとっては、少し厳しい職場ですね。

市場が狭くなっている

タバコの印象やイメージは悪くなっている一方なので、吸う人が少なくなり市場が狭くなっています。

これからタバコを吸う人が居なくなる可能性はありませんが、減っていくのは確実でしょう。

市場が狭くなることで、会社の業績などに影響が出るかもしれません。その場合は、会社員の削減や減給などが予測されます。

市場が狭くなっていることに不安を感じる人や、将来性を考慮する人は違う業界に進みましょう。

求人が出回らない

日本たばこ産業(JT)は、なかなか求人が出回りません。

2020年の11月時点で新卒採用の公式ページを確認すると、求人は募集していませんでした。大手の求人サイトを確認しても、日本たばこ産業(JT)の求人を確認することはできません。

本気で就職を考えているのであれば、企業で既に働いている人と繋がるか、日本たばこ産業(JT)が求人を出すまで待つかの2択です。

就職するのは難しい

日本たばこ産業(JT)は、就職するのが難しいです。

理由は求人が稀にしか出回らないので、求人が出た時に多くの人がエントリーするからですね。

新卒でも販売代理店の成績によって高収入が見込めますし、職場環境も良いので非常に多くの人から人気を得ています。

日本たばこ産業(JT)に就職するのは非常に難易度が高いので、何かしらの努力をしておかなければ採用される可能性は低いです。

日本たばこ産業(JT)の就職偏差値は?

日本たばこ産業(JT)の就職偏差値は、非常に高いと考えて下さい。

求人が出回る頻度が低いので、求人が出た時に応募する人数が必然的に多くなります。

高収入にも関わらず職場環境も良い為、就職するのは困難です。

高学歴の人でも、普通に面接や書類審査で落ちるので、就職難易度は高いと考えておきましょう。学歴だけでなく、他にも多くのスキルやの能力を持っている人材が採用されます。

日本たばこ産業(JT)に就職するためにやること3選

今までの記事を読んで、日本たばこ産業に就職したいと考えている人も多いでしょう。

ただ、先ほども紹介した通り、就職難易度は高いです。

そこで、日本たばこ産業(JT)に就職するためにやるべきことを纏めておきます。

環境やタバコに関する知識を身に付ける

環境やタバコに関する知識を身につけておきましょう。

タバコの印象が悪い理由は、環境や健康に悪影響を与えるからです。

自分なりに知識を身に付けて、面接でアピールできます。そこで、現在のタバコの問題点と解決策など、具体的な部分まで話せると良いですね。

日本たばこ産業(JT)に就職したいと考えているのであれば、ネットや書籍で勉強しておきましょう。

商品開発やプレゼンテーション能力を身に付ける

日本たばこ産業(JT)では、新しい商品を開発していくので、そのような勉強もしておきましょう。新しい商品を開発することで、顧客の興味や関心を引くことができます。

また、新商品をアピールする為のプレゼンテーション能力が必要です。どれだけ良い商品でも、魅力が伝わらなければ意味がありません。

日本たばこ産業(JT)で働くのであれば、新商品を開発する能力と、プレゼンテーションで魅力的に見せる能力が必要です。

転職エージェントを利用する

日本たばこ産業(JT)は就職するのが難しいので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すると、プロの視点から就職活動のサポートを受けることが可能です。それだけでなく、エージェントしか知らない求人も紹介してくれます。

世間では求人を出していなくても、エージェントが日本たばこ産業(JT)の求人を持っている可能性も0ではありません。

自分が知らない求人や、プロの視点から就職活動のサポートを受けたいと考えているのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

日本たばこ産業(JT)の将来性

日本たばこ産業(JT)の将来性ですが、これから悪くなるでしょう。

なぜなら、タバコの利用者数が減っていて市場規模が縮小しているからです。

これからタバコの利用者数が増えるとは考えにくく、これからも市場が縮んでいくのは確実でしょう。

日本たばこ産業(JT)で将来も活躍したいと考えているのであれば、営業や商品開発などで実績を残すしかありません。

かなり優秀でないと、市場規模が縮小している業界で活躍するのは難しいです。

ただ、タバコの利用者が居なくなる可能性も無いので、仕事が無くなることはありません。

まとめ

この記事では、日本たばこ産業(JT)について纏めました。

タバコの印象が悪くて、あまり知らなかった業界だった人も多いでしょう。

意外に高収入を見込めて職場環境も良いので、かなり人気な業態になります。就職難易度は高いので、本気で働きたいと考えている方は今すぐ行動して下さい。