ハローワーク山形の求人情報は?特徴や利用の注意点についても解説

ハローワークの情報
  • ハローワーク山形の求人情報は?
  • ハローワークについて色々情報が知りたい

こんな悩みに答えます。

就職・転職したいと感じているものの「ハローワークについてよく分かっていない」と感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では、ハローワーク山形の特徴や求人情報について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

ハローワーク山形の5つの特徴

まずはハローワーク山形の特徴について5つに分けて解説していきます。

求人はハローワーク内のPCで検索

まず求人ですが、ハローワークに通うことで施設内のPCで検索することができます。

求人はインターネットで検索することもできますが、PCが家になかったりやり方が分からない人もいますよね。そんな人達の為に施設内で検索できるようになっています。

分からないことはハローワークの職員が教えてくれるので、パソコンが苦手でも積極的に活用していくようにしましょう。

ただし施設が開いている時間しか使えないので注意です。

職業相談することも可能

次にハローワークでは職業相談することも可能です。

例えば履歴書書き方が分からないとか、面接が上手くいかない・将来結局何がしたいか分からないなど、どんな相談にも乗ってもらうことができます。

また失業保険を受給したいと感じている人は、求職活動実績を作ることにも繋がります。

【ハローワーク】求職活動実績は職業相談のみでOK!質問内容を解説

2020-12-01
現在自分の将来に行き詰まっている人や就職活動に悩んでいる人は、是非使ってみてくださいね。

ハローワークの利用は無料

ハローワークは基本的に無料で利用することができるので、何か相談してお金が取られるということはありません。

ハローワークは国が運営している施設なので、転職エージェントなどの外部の会社と比較すると中立な立場で意見を貰うことができます。

一方エージェントの方がより実践的で過去の内定成功者の情報を握っている場合もありますので、状況に応じて使い分けていくことが大切です。

後におすすめの転職エージェントについても解説していきます。

各種セミナーも豊富

ハローワークは各種セミナーも定期的に開催しています。

場所にもよりますがどこにでもあるのが「履歴書の書き方セミナー」「面接の対策セミナー」などですね。外部講師が来る場合もあり、非常に充実しています。
自身が積極的に動くことで様々な情報を得ることができますので、こちらも積極的に挑戦してみると良いでしょう。

職業訓練も実施

またハローワークは職業訓練も実施しています。

職業訓練とは3ヶ月~年単位で学校のように授業・講習を受講し、専門的なスキルを身につけるために用意されているものです。時期や場所によって受けられるものが違います。

例えばパソコンのスキル研修や事務の研修、看護師や電気工事士のような専門的なものから、プログラミングなどの最近流行のスキルまで幅広く存在します。

ハローワークの職業訓練校とは?おすすめの人気職種を13つ紹介

2020-12-01
詳細は上の記事に纏めていますので、こちらも確認してみてくださいね。

主婦や若年層に特化したハローワークサービス

ハローワークの特徴について述べましたが、主婦や若年層に特化したハローワークサービスも存在します。

代表的なものを2つ紹介していきますので、自分の条件に合ったものを確認していきましょう。

トータル・ジョブサポート

トータル・ジョブサポートとは山形県とハローワークが共同して就職を支援する施設のことです。基本的な対象は下記のようになります。

  • 45才未満の若年者
  • 生活困窮者
  • 東日本大震災による県内への避難者
平日は9時30分~18時00分、土曜は10時00分~17時00分に運営しているので、興味がある方はこちらを利用してみると良いでしょう。

マザーズジョブサポート

マザーズジョブサポートは、仕事と子育てを両立したい主婦に特化して就職支援を提供してくれるサービスです。

社会人になったものの子育てで一時社会から離脱しており、生活に余裕が出てきたら再度就職したいと感じている主婦の方々は非常に多いですよね。
そんな方にとってマザーズジョブサポートは非常に便りになるサービスなので、一般的なハローワークよりもこちらを利用した方が、理想の企業に出会いやすいでしょう。

ハローワーク山形の求人をインターネットで確認するには

ハローワーク山形の情報をインターネットで確認する為には、ハローワークインターネットサービスを利用します。

基本的にハローワークに出向くよりかはWEBで完結した方が簡単ですし、近年の社会情勢を考慮すると、WEBでの就職活動方法を身につけておいて損はありません。
FAXや郵送で進めていくこともできるので、是非活用してみると良いでしょう。

ハローワーク山形を利用する時の3つの注意点

ハローワーク山形について解説してきましたが、利用において3つ注意点があります。

空の求人も存在する

まずは「空の求人も存在する」という点です。

ハローワークは国が運営している施設なので、基本的に求人掲載料が無料です。故に「とりあえず掲載させておいた」という企業も多く、文字通り空の求人も存在します。

ハローワークは求人数が多いとよくメリットが挙げられますが、場所や地域によってはこれがデメリットになる場合があるので注意が必要です。

実際に使ってみて、やりにくい感触があるのであれば転職エージェントなどの外部機関を使った方が良いと言えるでしょう。

地方の求人に特化している

次に「地方の求人に特化している」という点です。

ハローワークは広告掲載が無料であることから、広告掲載にお金のかかるエージェントと違って地方の中小企業が集まりやすい傾向があります。

つまり地元に就職したい人には向いていますが、就職場所に拘らない人は外部のエージェントを活用した方が良いということです。

自分の状況を見極めて、適切なサービスを選択していくようにしましょう。

職員が事務的な対応をする場合も

最後に「職員が事務的な対応をする場合もある」ということです。

ハローワーク職員は純粋な公務員なので、就職に特化した特別な知識を持っている訳ではありません。あくまで事務的な対応をされてしまうこともあるでしょう。

寧ろ相談をする時は外部のエージェントに相談した方が、面接などにおいては有力な情報を手に入れられる場合もあります。

あくまでそのような事実があることを理解しつつ、利用していくようにしましょう。

ハローワークと転職サイト・エージェントの併用がおすすめ

ハローワークについて情報を書いてきましたが、就職する為には転職サイト・エージェントの併用がおすすめです。

就職サイトやエージェントは企業がお金を出して人材を募集しているので、質の高い求人が非常に多く集まっています。

求人サイトにも様々なものがありますが、就活生はリクナビやマイナビ、転職希望者はリクナビNEXTが一般的です。求人数が多く、業界全ての求人を網羅できます。
またエージェントを利用する場合は、下記のエージェントがおすすめです。
対象者エージェント
就活する人 JobSpring
転職する人 リクルートエージェント

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、1人でも良いですが、確実に就職したいのであればエージェントを使うことをおすすめします。

就職エージェントと求人サイトの違い
自分に合ったサービスを積極的に活用していきましょう。

まとめ

ハローワーク山形に関する記事は以上です。

最後になりますが本メディアでは就職に関する情報から、フリーランスになる情報まで幅広く発信しています。
是非他の記事も確認してみてくださいね。