ハローワーク大阪の求人ってどうなの?数字で分析しながら徹底解説

ハローワークの情報
  • ハローワーク大阪の求人ってどうなの?
  • ハローワーク大阪の特徴は?
  • ハローワーク大阪の利用する時の注意点は?

こんな疑問に答えます。

ハローワーク大阪の利用を検討しているものの「様々な転職サイトもある中で使い方が分からない」「上手く活用する方法が知りたい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
本記事では「ハローワーク大阪の平均賃金の状況から、サービスの特徴や注意点」まで細かく解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの次の行動を明確にすることができますよ。

ハローワーク大阪の数字で見る求人状況

まずはハローワーク大阪の求人状況を、厚生労働省の求人データを元に分析していきます。

現状どんな職種の賃金が高くて、どんな職種の給料が低いのかを確認していきましょう。
ハローワーク大阪の賃金状況
  1. 平均賃金のトップ5
  2. 平均賃金のワースト5

平均賃金のトップ5

ハローワーク大阪の平均賃金トップ5は下記の通りです。

順位職業平均賃金
1位管理的職業
部長・課長・店長・工場長など
317,561円
2位建設・採掘の職業
土木作業員・電気工事士など
263,810円
3位販売の職業
営業・販売員など
251,921円
4位輸送・機械運転の職業
自動車運転・建設機械運転など
249,903円
5位専門的・技術的職業
医師・看護師・教師など
247,432円

(参考:「大阪市内の求人倍率・求人求職賃金」)

管理職は部長や課長などのマネジメント職なので、他の業務と比較すると平均賃金が高くなる傾向があります。

また専門的な職業は医師という職業から製造技術者・保育士などの職業も含まれる為、職業の幅が広く、上位の職種と比較すると少し賃金が低く出ています。
若干のバラつきがあるので、参考程度に覚えておきましょう。

平均賃金のワースト5

ハローワーク大阪の平均賃金ワースト5は下記の通りです。

順位職業平均賃金
1位保安の職業
警備員や交通整備員など
189,840円
2位運搬・清掃等の職業
ドライバーや清掃員など
204,528円
3位介護関連職業
カウンセラーや心理判定員など
206,781円
4位事務的職業
一般事務や経理など
209,194円
5位サービスの職業
介護士や飲食など
215,627円

(参考:「大阪市内の求人倍率・求人求職賃金」)

最も平均賃金が低いのは警備員や交通整備員などの保安の職業で、トップの管理職種と比較すると10万円以上違いがあることが分かります。

大阪府のハローワークで掲載されている企業の平均賃金が約225,711円なので、自分の目指す職業が平均以上なのか・以下なのかをしっかり確認しておくと良いでしょう。

ハローワーク大阪の3つの特徴

ハローワーク大阪の平均賃金を紹介したところで、次にハローワーク大阪の特徴について解説していきます。

ハローワークって何ができるの?というところから解説していきますので、1つ1つ確認していきましょう。

求人の検索はPCで行う

まず1つ目のできることとしては求人で検索を行うことです。

ハローワークは職業を紹介してくれる施設なので、求人を検索できるパソコンが設置されています。家にパソコンがない場合は、管轄のハローワークに出向いて求人を探しましょう。
使い方が分からない場合は職員の方に聞けば親切に教えて貰えます。

職員に職業相談をすることも可能

また2つ目として、職員に職業相談することも可能です。

ハローワークをいざ活用したいと思っているものの「どんなところに就職できるのか分からない」「自分が何がしたいのか分からない」と考えている人は非常に多くいます。

そんな時にハローワーク大阪の職員に相談することで、過去の相談に来た人の事例や対処法について教えてもらうことが可能です。

加えて履歴書の添削から職務経歴書の添削まで対応して貰えるので、上手く活用することで内定により近づくことができます。

企業から連絡をくれるスカウト機能も

またハローワーク大阪の職員に「求職公開申込書」を申請すると、企業にあなたのスキルや能力に関する情報が公開されるようになります。

この情報は企業が定期的に確認しており、欲しいと思った人材にスカウトする仕組みになっているので、自分が求人を探さなくてもアプローチをかけてもらうことが可能です。
自身で求人を探しながらスカウト機能も活用することで効率的に求人を探すことができますので、興味がある方は是非活用してみると良いでしょう。

主婦や新卒に特化したハローワークサービス3選

ハローワーク大阪の他にも、主婦や新卒に特化したハローワークサービスが存在します。

自身の状況に応じて適切なサービスを使うと、求人を探す手間も省け、自身の理想に近い求人をいち早く見つけることが可能です。
ここでは主婦・新卒に特化したハローワークサービスを3つご紹介します。

大阪新卒応援ハローワーク

1点目は「大阪新卒応援ハローワーク」です。

大阪新卒応援ハローワークは、就職活動を行っている「大学生・大学院生・短大・専門学校」で卒業する方から、卒業して3年以内の既卒の方が利用できます。

新卒に特化した求人が多く集まっていますので、経験やスキルよりもポテンシャルを重視して採用する企業が多く、また若手に特化した相談にも乗ってもらえます。

若手で就職に困っている場合は利用してみると良いでしょう。

大阪わかものハローワーク

2点目は「大阪わかものハローワーク」です。

こちらも同様若手に特化したハローワークですが、35歳以内のわかものを中心に展開しており、無料で個別相談や就職イベントに参加することができます。
正社員求人も多く存在するので、こちらもおすすめです。

大阪マザーズハローワーク

最後に「大阪マザーズハローワーク」です。

マザーズハローワークは、子育ての為に一時仕事を退職していた主婦に対して、適切なサポートや求人を紹介するハローワークになります。
あくまでも主婦に向けたサポート・求人を紹介するのであって、子供の面倒を見てくれる場所ではないので注意して下さい。

大阪のハローワーク求人をインターネットで確認するには

大阪のハローワーク求人を確認する為には「PCで見に行く必要がある」と書きましたが、実はインターネット経由で確認することも可能です。

ハローワークインターネットサービスを活用すると、ハローワークに求人を出している企業をどこからでも確認することができます。

しかし一部機能に制限があり、詳細な情報を知る為にはハローワークに出向くことが必要です。

サイト内に飛んでメールアドレスとパスワードを登録すれば使うことができるので、是非使ってみて下さいね。

ハローワーク大阪を利用する時の3つの注意点

ここまでハローワークについて解説してきましたが、利用する上で数点注意点があります。

地域密着の求人に特化している

1点目は「地域密着の求人に特化している」という点です。

ハローワーク大阪に関わらず、ハローワークはあくまでも地域に特化して求人を多く集めていますので、県外に就職したい方は転職サイトを利用した方が良いと言えます。

一方転職サイトは地方のニッチな求人までは抱えていないことが多いので、地元に就職したいと感じている人はハローワークを活用すると良いでしょう。

転職サイトのおすすめについては、後に紹介していきます。

一部カラの求人も存在する

2点目は「一部カラの求人も存在する」という点です。

ハローワークは国が出している施設ですので、広告を掲載する費用にお金がかかることはなく、どんな企業でも無料で掲載することができます。

言い換えると、ハローワークに求人を出しているものの「採用の枠はとっくに埋まってしまった」「積極的に募集している訳ではない」という企業も存在するのも事実です。

そのため、ハローワークは一般的に求人数が多いものの、このようなカラの求人が存在することは覚えておきましょう。

大阪の平均賃金よりも低額

3点目は「大阪の平均賃金よりも低額」という点です。

総務省発表の統計資料を元に算出した大阪市の2019年の平均所得(年収)は、約340万円という結果が出ています。

月収に換算すると約28万円程度になり、ハローワーク大阪で募集されている求人の平均の225,711円と比較すると、5~6万円の開きがあることが分かります。
そのため、年収アップを目指していきたいと感じているのであれば、転職サイトや転職エージェントを効果的に活用していくと良いでしょう。

ハローワークと転職サイト・エージェントの併用がおすすめ

最後になりますが、もし本気で今すぐ転職していきたいと感じている場合、ハローワークと転職サイト・エージェントを併用して利用していくことをおすすめします。

転職サイトやエージェントは企業がお金をかけて広告を掲載しているので、採用意欲の高い企業が集まっており、また全国各地の求人をみることが可能です。
ハローワークと転職サイト・エージェントの併用がおすすめ

転職サイトと転職エージェントの違いは上記の通りです。転職サイトは「1人で全て行っていきたい人向け」で、エージェントは「1人で進めていくことが不安な人」が向いています。

どちらも無料で使うことができますので、自分が利用したいと感じる方を活用していくと良いでしょう。最後に転職サイトとエージェントサイトの最も利用されているサービスを紹介します。

おすすめのサイト・エージェント
  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職サイトは「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTの特徴
  1. 求人サイトの中で約30000万件と、最も求人数が多い
  2. 求人の約85%はリクナビNEXTにしか存在しない
  3. グッドポイント診断で詳細な自己分析も可能

上記の3つ理由があり、大手転職サイトの中で断トツのサイトだからです。

簡単5分で無料登録できるので、是非登録しておくようにしましょう。

\簡単5分で登録/

リクナビNEXTの評判を調べてみた

リクルートエージェント

大手転職エージェントの「リクルートエージェント」
RAのポイント
  1. 求人数が業界でトップクラス
  2. 過去の成功実績から、受かる方法が分かる
  3. 各種セミナーや面接サポートが充実

転職エージェントでは、リクルートエージェントが最もおすすめです。

求人数や内定実績共に業界No.1で、無料で手厚いサポートを受けられるので、正直登録していない人は非常に損をしている可能性があります。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

また履歴書や面接のセミナーも開催しており、自分に合ったセミナーを効率的に活用していくことも可能です。

リクルートエージェントを活用することで、あなたの転職活動における選択肢・幅を一気に広げることができますよ

 

\簡単5分で登録可能!/

参考:リクルートエージェントを実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

ハローワーク大阪に関する記事は以上です。

最後になりましたが、本メディアでは仕事や就職に関する情報から、フリーランスに関連する情報まで幅広く発信しています。

今回はハローワークやエージェントでの就職方法について言及しましたが、職業訓練を受けた後に就職する方法もあります。

ハローワークの職業訓練校とは?おすすめの人気職種を13つ紹介

2020-12-01
職業訓練に興味を持っている方は、合わせてこちらも確認してみて下さいね。