沖縄県のハローワークは何ができる?サービス内容から特徴を解説

ハローワークの情報

ハローワークは国の雇用を安定させるために就職支援を行う国の機関です。

全国各地に存在するハローワークは、就職活動をしている人にとっては大きな助けになるでしょう。この記事では、各地のハローワークの中でも沖縄県のハローワークを取り上げ、その特徴やサービス、求人の確認方法などについて解説しています。
また実際に利用する際の注意点についても取り上げているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ハローワーク沖縄の7つの特徴

ここでは、ハローワークの特徴を7つ紹介します。

特徴を理解したうえでハローワークを利用することで、より効率よく就職活動に取り組めるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

求人はパソコンで確認

ハローワークには、たくさんのパソコンが設置されており、求職者はそのパソコンを使って求人を検索することになります。

自分の希望する条件を入力し検索すると条件にあった求人が表示されるので、気になるものがあれば詳細をチェックしてみましょう。
また使い方がわからない場合は職員に聞けば教えてもらえます。

職員への相談ができる

ハローワークの職員の中には、これまでに多くの人の就職支援を行ってきた人もいるなど、就職活動に関する豊富な知識やノウハウを持っています。

そしてハローワーク利用者は、こういった職員に相談することができます。就職活動の進め方や自分にあっている仕事の見つけ方など様々な内容に対してアドバイスを送ってくれるので、就職活動に疑問や不安がある人はぜひ活用してみて下さい。

企業の求人登録は無料

ハローワークは、求職者・企業ともに無料で利用することができます。

企業の場合、民間企業が提供する就職支援サービスの利用は成果報酬としてお金を支払うケースが一般的ですが、ハローワークは公的な機関ということもあり費用は必要ありません。

そのため、ハローワークには中小企業を中心に多くの企業が求人を登録しています。中には、就職サイトなどではみられないような企業もあるため、求職者の選択肢も広がるでしょう。

仕事を探している人なら誰でも利用できる

ハローワークは、性別や年齢に関係なく仕事を探している人であれば誰でも利用できます。

例えば、後述するように子育て中の父母や学生向けのサービスも用意されているほか、障害者や就職氷河期世代を対象とした窓口も設置されています。
さらに高齢者の就職支援も行っているなど、誰でも平等にサービスを利用することができます。

非正規雇用者の就職支援も実施

ハローワークでは、現在非正規で働いていて、正社員での就職を希望する人を対象とした就職支援を行っています。

正社員求人の紹介や職業相談などが受けられるため、非正規を脱出したい、という人も一度訪れてみるといいでしょう。

書類作成サポート

就職活動では、エントリーシートや履歴書など、様々な書類の提出を求められることが少なくありません。

一方で、履歴書の正しい書き方を知らない、作成したもののこれでいいのかわからない、といった人もいるでしょう。ハローワークでは、各種書類の作成サポートや添削などを行っています。
学歴の正しい書き方や長所・短所の考え方など様々なアドバイスが受けられるので、書類作成に不安のある人は利用してみるといいでしょう。

パートの求人も扱っている

ハローワークで扱う求人は正社員以外にもパートのものなどもあります。

正社員として働く余裕はないけど仕事をしたい人、仕事のブランク期間が長く将来的には正社員を目指すものの、最初はパートから始めたい人など、パートの求人に対するニーズは少なくないはずです。
ハローワークは正社員以外での就職を目指している人にもぴったりだと言えます。

主婦や新卒に特化したハローワークサービス3選

ハローワークでは、特定の層に特化したサービスも展開しています。

ここでは、主婦や新卒、若者などを対象としたハローワークのサービスを紹介します。

マザーズハローワーク

マザーズハローワークは、子育て中の主婦や母子家庭の母親、父子家庭の父親など、子育てと仕事を両立させたい、といった願望を持っている人を対象としたサービスです。沖縄県の場合、那覇市と沖縄市に窓口が設置されています。

こちらのサービスで取り扱っている求人は、子育てとの両立が図りやすいものが多いのが特徴です。例えば、求人の中には保育所を備えている企業の求人などもあります。

また求人情報以外にも、保育所の情報など、子育て関連の情報提供も行っている点も特徴です。さらに、就職に向けた各種セミナーも実施しています。

窓口にはキッズコーナーや授乳室も設置されているなど、お子さんと一緒に訪れやすくなっているので、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

新卒応援ハローワーク

新卒応援ハローワークは、大学や専門学校、短大などに所属している就職活動中の学生や学校卒業後3年以内の既卒者などを対象とした就職支援サービスです。沖縄県の場合、那覇市に窓口が設置されています。

「新卒応援」という名前がついているように、新卒応援ハローワークでは、新卒を中心とした若者向けの求人を多く扱っているのが特徴です。

またサポート内容も集団面接やグループワークの対策など、新卒採用を想定したものとなっています。利用者一人ひとりに担当者がつき個別支援を行ってくれるため、自身の状況に応じたきめ細かいサポートを受けることができるでしょう。

また自分にどんな仕事が向いているのかわからない時などは、職業適性検査を受けることもできます。

わかものハローワーク

わかものハローワークも新卒応援ハローワーク同様、若い人を対象とした就職支援サービスですが、こちらは、対象が35歳以内の人と幅広いのが特徴です。沖縄県には那覇市に窓口が設置されています。

こちらも利用者に対して個別に担当者がつき就職支援を行ってくれます。就職プランの作成や各セミナーの案内、面接対策や書類作成などサービス内容は様々です。
また企業によっては採用した人材の使い捨てとも思われるような対応を取るケースもあるため、就職後の定着支援も行っています。

沖縄のハローワーク求人をインターネットで確認するには

ハローワークの求人は、インターネットを利用して確認することになります。

一般的な確認方法としては、先ほども説明しているように、ハローワークに設置されているパソコンを使って確認する方法が挙げられます。

ハローワークにはパソコンの他にプリンターも設置されているため、求人票の印刷も行えます。またすぐ近くに職員もいるため、求人で気になることがある時は相談することもできるでしょう。

一方で、自宅のパソコンやスマートフォンなど、ハローワークのパソコン以外の端末からも求人の確認は行えます。この方法の特徴は、時間や場所に関係なく自分の好きなタイミングで求人検索ができる点です。

スマートフォンであれば電車での移動中やちょっとした隙間時間を活用して求人のチェックができるので、効率的だと言えるでしょう。

また気になる求人はお気に入り登録することも可能です。なお、端末が違っても、表示される求人に違いはないので安心して下さい。

ハローワーク沖縄を利用する時の4つの注意点

ここでは、沖縄県のハローワークを利用する際に覚えておきたい注意点を解説します。利用前にぜひチェックしてみて下さい。

求人は沖縄県での就職を希望する人に向いている

ハローワークで扱う求人は、地域密着となっています。

そのため、沖縄県のハローワークの場合、沖縄県内での就職を希望する人向けとなっているため、注意が必要です。
県外での就職を希望する人は、他の就職支援サービスを利用したり、就職を希望する地域のハローワークを利用したりすることをおすすめします。

職員によって対応はまちまち

ハローワークでは職員への相談が行えますが、その対応方法は職員によって異なります。

例えば、求職者の話に熱心に耳を傾けてくれる人もいれば、事務的な対応になる人もいます。
どちらが良くてどちらが悪いということではありませんが、自分自身がどういったサポートを求めているのか考えて相性のいい人に相談するようにしましょう。

ハローワークに行くだけで満足しない

ハローワークに行って求人検索を行い、職員に相談して書類作成のアドバイスを受けるなどしていると、就職活動をやった気になるかもしれません。

しかしハローワークはあくまでも就職活動のスタート地点と言えるものです。ハローワークを利用して、実際に様々な企業に応募し、選考を突破しなければ就職にはたどり着けません。
そのため、どんどん企業に応募するなど積極的な姿勢を忘れないようにして下さい。

営業時間に注意

ハローワークは、役所と同じ公的な機関であるため、窓口は平日のみ開いています。

一部例外もありますが、基本的には平日に利用することになると考えておきましょう。また窓口は17時や18時には閉まってしまうので、訪れる時間にも注意が必要です。

ハローワークと転職サイト・エージェントの併用がおすすめ

ハローワークについて情報を書いてきましたが、就職する為には転職サイト・エージェントの併用がおすすめです。

就職サイトやエージェントは企業がお金を出して人材を募集しているので、質の高い求人が非常に多く集まっています。

求人サイトにも様々なものがありますが、就活生はリクナビやマイナビ、転職希望者はリクナビNEXTが一般的です。求人数が多く、業界全ての求人を網羅できます。
またエージェントを利用する場合は、下記のエージェントがおすすめです。
対象者エージェント
就活する人 JobSpring
転職する人 リクルートエージェント

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、1人でも良いですが、確実に就職したいのであればエージェントを使うことをおすすめします。

就職エージェントと求人サイトの違い
自分に合ったサービスを積極的に活用していきましょう。

まとめ

今回は、沖縄県のハローワークに関して、その特徴から特定の層を対象としたサービスの内容、さらには利用時の注意点などについて解説しました。

ハローワークは無料で利用でき、様々な就職支援が受けられるなど、非常に便利なものです。就職活動中の方は、今回の内容を参考に積極的に活用してみて下さい。