マスコミ業界(テレビ局・広告代理店)の就職偏差値ランキングは?仕事内容や平均年収も解説

就職|転職

就職活動を行っている人の中でも、マスコミ業界を志望している人は非常に多いはずです。

この記事では、マスコミ業界に関してその概要から就職偏差値ランキングなどについて解説します。
またマスコミの中でもテレビと広告を取り上げ具体的な仕事内容などについても解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

マスコミ業界とは

マスコミといっても、その種類は多岐に渡ります。そこでここでは、マスコミ業界の各概要について解説します。

テレビ

マスコミと聞いて、テレビをイメージする人は多いのではないでしょうか。

テレビ関連の会社には、番組制作や放送を行うテレビ局と番組制作を専門として行う番組制作会社があります。

テレビ局は、自局で放送する番組スケジュールをたて自社もしくは番組制作会社などが制作した番組の放送を行います。また放送以外にも、スポンサー企業との取引を行うこともあるなど、テレビ番組以外にも様々な事業を行っています。

一方の番組制作会社は、テレ部番組を作るのが主な役割です。番組制作会社とテレビ局は別々の企業となりますが、制作にあたっては、テレビ局の社員と制作会社の社員が一緒に番組を作ることも少なくありません。

新聞

新聞もマスコミ業界を構成する1つです。新聞には大きく分けて全国で発行される「全国紙」と特定の地域のみで発行される「地方紙」とに分かれています。

また全国・地方という分け方以外にも、新聞の内容に応じて以下のような分類をすることもできます。

種類詳細
一般紙幅広いジャンルの記事を取り扱う
経済紙主に経済関連の記事を取り扱う
スポーツ紙主にスポーツや芸能関連の記事を取り扱う
専門紙特定の専門的な分野の記事を取り扱う
新聞社には、大小規模を問わず様々な企業があります。

出版

出版社は、雑誌や書籍などの出版を行う企業です。

大手出版社のように誰もが知る漫画や雑誌などを手掛ける企業もあれば、特定の分野を専門としている出版社などもあります。

広告代理店

ここまで紹介したメディアでは、自身の所有する広告枠の販売を通して利益を上げています。

この広告枠の販売をサポートするのが広告代理店です。テレビなどのメディアから広告枠を購入し、広告を出稿したい企業に販売するのが広告代理店の役割です。

またその他にも、企業の商品を告知するためのCM制作やイベント企画などに取り組むこともあります。

規模の大きい広告代理店 となると、事業の範囲も非常い大きいのが特徴です。

マスコミ業界の仕事内容

ここでは、マスコミ業界の中でも、テレビと広告代理店の仕事内容について解説します。

テレビ局の仕事内容

編成・制作

編成・制作は、テレビ局の番組編成の作成や番組の制作などを行います。

テレビ番組もビジネスであるため、テレビ局はただテレビ番組を流せばいいという訳ではなく、視聴率やスポンサーのニーズなどを踏まえた上で編成を考えます。
番組の打ち切りや放送時間の変更のお知らせを聴く機会もあるかもしれませんが、このような決定は編成担当のもとで行われます。

ディレクター

制作を行う際に、現場で指揮をとることになるのがディレクターです。

番組の責任者でもあるプロデューサーと共に番組企画の立案を行い、実際に撮影を行います。

番組にも予算があるため、予算内で視聴者が満足するような番組を作ることが求められます。

技術職

技術職は、カメラや照明、音響などの番組制作に欠かせない技術専門職のことです。

番組の撮影を行うにはカメラマンが欠かせませんし、出演者を綺麗に見せるためには照明が必要不可欠です。

決して表立って活躍する訳ではありませんが、テレビには絶対に必要な職種となっています。

アナウンサー

アナウンサーは、ニュース番組やスポーツ中継、ナレーション、番組の司会進行などを務めるのが主な役割です。

テレビ局の社員でありながら、番組に出演するため、中にはタレント並みの人気を誇る人もいます。

営業

テレビ局の営業は、CM営業や広告営業などを行うのが主な役割です。

スポンサーに対してCM交渉や提案を行うほか、イベントの企画・運営などを行うこともあります。

広告代理店の仕事内容

営業

広告代理店の営業は、クライアントつまり広告主の窓口としてニーズをヒアリングしたり、広告出稿に向けた予算やスケジュールの管理をしたりするのが主な役割です。

企業によっては新商品の開発や広告出稿に向けたマーケティング施策を行うケースもあるため、社内の関連部署とのコミュニケーションも頻繁にとることになります。

マーケティング

マーケティング部門では、市場調査や調査結果の分析を行い、クライアントのマーケティング戦略のサポートを行います。

クライアントの抱える課題がなんなのか、解決のためにはどのような調査が必要なのか、といった調査設計を行うこともあるほか、結果を分析し、戦略立案を行うこともあります。

クリエイティブ

クリエイティブは、主に広告の企画・制作を行います。

例えば、広告のコピーを作るコピーライター、広告のデザインを行うアートディレクター、CMの企画を行うCMプランナーなどです。
自身のクリエイティブが商品やサービスのヒットに大きく関わるため、大変でもありやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

メディア担当

メディア担当は、テレビや新聞といったメディア各社に足を運び、広告枠を仕入れるのが主な仕事です。

媒体と交渉して仕入れた広告枠がクライアントに対して提案されます。

マスコミ業界(テレビ局・広告代理店)の平均年収

マスコミ業界は高年収のイメージがあるかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか。

テレビ局に関しては、平均年収が1,000万円以上と言われています。この数値は他の業界と比べても非常に高いものだと言えるでしょう。
ただし、番組制作会社となると、ここまでの高収入とはならないようです。

一方の広告代理店は500万円〜600万円が平均とされています。広告代理店社員も高収入を得ているイメージがあるかもしれません。

しかし実際に年収が高いのは、広告代理店の主要2社である電通と博報堂と言われています。こちらの2社は、取引先が大企業であるケースが多いため、年収も高い傾向にあるのです。

マスコミ業界(テレビ局・広告代理店)の就職偏差値ランキング

ここでは、マスコミ業界の就職偏差値ランキングについて紹介します。

テレビ、広告代理店、新聞、出版などを含めたマスコミ業界の就職偏差値ランキングは以下の通りです。
就職偏差値企業名
75電通
74フジテレビ
73博報堂、日本テレビ
72朝日新聞
71TBS、読売新聞、日経新聞、講談社
70リクルート・コミュニケーションズ 、テレビ朝日、小学館、関西テレビ
69NHK(記者)、集英社、テレビ東京、よみうりテレビ、共同通信
68アサツー・デイ・ケイ(ADK)、朝日放送、文芸春秋、新潮社、毎日放送、東海テレビ、CBC、マガジンハウス、日経BP
67中京テレビ、毎日新聞、テレビ大阪、中日新聞、角川書店、アシェット婦人画報社
66北海道新聞、メーテレ、産経新聞、光文社、時事通信、日刊スポーツ、東洋経済新報社
65西日本新聞、リクルート、東京スポーツ
64スポーツニッポン、スポーツ報知、共同テレビ、東宝
63大広、JR東日本企画、東急エージェンシー、NTTアド、神戸新聞、河北新報、テレビ愛知、松竹
62ジャパンタイムズ、東映、信濃毎日、宝島社、双葉社
61中国新聞、主婦の友社、ダイヤモンド社、静岡新聞、主婦と生活社
60電通東日本、電通西日本、読売広告社、読売IS、テレビマンユニオン、徳島新聞、テレビ朝日映像、泉放送制作、東北新社、TBSビジョン
59電通九州、電通テック、朝日広告社、日本経済広告社、札幌テレビ
58電通北海道、ヤフー、博報堂プロダクツ、吉本興業
57熊本日日新聞、ホリプロ、千葉日報、瀬戸内海放送
56テレビ岩手、オフィストゥーワン、四国新聞、東奥日報、太田プロ
55サイバーエージェント、オリコム 、埼玉新聞、大映テレビ、青森放送、茨城新聞
54琉球新報、秋田魁新報、高知新聞
53電通パブリックリレーションズ、電通クリエイティブX、下野新聞、福島民報、愛媛新聞
52室蘭民報、松竹芸能
51JR西日本コミュニケーションズ、日本農業新聞
50JR東海エージェンシー、読売エージェンシー、毎日広告社、上毛新聞、日刊工

上位を見ると、電通や博報堂といった広告主要2社、フジテレビ、日本テレビなどのキー局と呼ばれるテレビ局、さらには朝日新聞や読売新聞といった全国紙、など規模の大きな企業が並びます。

また偏差値が下がると、地方局や地方紙、さらには大手広告代理店のグループ会社などが見られます。

マスコミ業界(テレビ局・広告代理店)に就職するには

就職する為には求人に応募する必要がありますので、まずは就職サイトエージェントに登録を行いましょう。

求人サイトにも様々なものがありますが、就活生はリクナビやマイナビ、転職希望者はリクナビNEXTが一般的です。求人数が多く、業界全ての求人を網羅できます。
またエージェントを利用する場合は、下記のエージェントがおすすめです。
対象者エージェント
就活する人JobSpring
転職する人リクルートエージェント

求人サイトと就職エージェントの違いは、「1人で進めるのか」「サポートしてもらうのか」という違いで、1人でも良いですが、確実に就職したいのであればエージェントを使うことをおすすめします。

就職エージェントと求人サイトの違い
自分に合ったサービスを積極的に活用していきましょう。

まとめ

今回はマスコミ業界の概要から具体的な仕事内容、就職偏差値ランキングなどについて解説しました。

マスコミ業界は非常に人気の高い業界です。一方でマスコミといってもその種類は様々であるため、インターンシップやOB・OG訪問などを通して、企業に対する理解を深めるようにしましょう。

※ランキング順位は自社調査によって掲載させていただいております。