ブログ100記事の収益とPV数は?【月間1万PV&○万円でした】

ブログ論
まっつん
前職は大手メーカー開発職、現在はWeb制作会社でマーケティングの仕事をしつつフリーでも活動しています。


  • ブログを「まず100記事書け」って言われるのはなぜ?
  • ブログを100記事書くとどのくらいのアクセス数・PVになるの?
  • ブログを100記事書いた時の収益は?

こんな疑問に答えます。

ブログを書くことによって収益化を狙っていきたいものの、「100記事書いた時の結果を知りたい」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
本記事では、「ブログを100記事書いた時のPV&収益と、実際にやった内容」について記事にしていきます。

この記事を読むことで、100記事ブログを書くまでに何をやれば良いのか知ることができますよ。

スポンサードサーチ

ブログを100記事書いた時の収益とPV数【月間1万PV&○万円】

ブログを100記事書いた時の収益とPV数【月間1万PV&○万円】

まずは実際にこのブログを100記事書いた時の収益とPV数を公開していきます。

本ブログが100記事書くのにかかった時間は約5ヶ月で、消した記事も星の数ほどありますが、1ヶ月に約20記事のペースで進めていくことができました。
それでは下記項目から順に解説していきますね。
補足
WordPress(ワードプレス)でブログをこれから作りたい!と感じている方は、「WordPressでブログを始める時の全手順」を確認!

ブログを100記事書いた時のPV数(アクセス数)

ブログを100記事書いた際のPV数(アクセス数)は下記の通りです。

ブログを100記事書いた時のPV数(アクセス数)

この1ヶ月前のアクセスは6000PV程度だったので、記事を書く内に検索流入数が増えていって、1万PVに到達しました。

僕の記事の場合は直帰率が高かったのでPV数があまり稼げていませんが、内部リンクで導線をしっかり結んでいけばもっと流入数を確保することも可能です(当時はあまりしてなかった)。
100記事書けば必ずこうなる訳ではないですが、あくまでご参考までに。

ブログを100記事書いた時の収益推移

またブログを書いて100記事到達した月の収益は50,000円くらいでした。

ブログには「集客記事」と「収益記事」の2種類が存在し、集客記事から収益化記事に内部リンクを繋げることが最も有効な方法です。
100記事程度書くと数記事は順位を取れるものが出てくるので、上手く収益性が高そうな記事にリンクしてブログ収益を出していきましょう。

まずは「ブログ100記事」と言われる理由

まずは「ブログ100記事」と言われる理由

本ブログの100記事書いた結果について公開しましたが、そもそもなぜ「ブログは100記事!」と言われるようになったのでしょうか?

主に3つの理由がありますので、順に解説していきますね。

100記事書く頃にGoogleから検索され始めるから

1点目は「100記事書く頃にGoogleから検索され始めるから」です。

基本的に記事を書いていても、SNSなどで集客しない限りは3ヶ月~半年はGoogleの検索エンジンに評価されてもらえず、検索から記事が見られることはほとんどありません。

100記事程度書き続けるとGoogleの検索エンジンに徐々に評価され始めてくるので、何記事かは上位に表示されることに成功します。

しかし大半の人はこの「ブログ100記事」に到達することはできず、「ブログはオワコン」「ブログで稼げる訳がない」と言い放って消えていってしまうのが現状です。

ブログ100記事は1種の登竜門であり、ここでやっとスタートラインであることを知っておきましょう。

100記事でブログの書き方が習慣化される

2点目は「100記事でブログの書き方が習慣化される」という理由です。

ブログで稼げていない人の大半の理由は「純粋に作業量が足りていない」という場合が多く、ノウハウを学んで記事を書かないよりもまず記事を書くことが求められます。

しかし先ほども言ったように、ブログを始めても100記事書かずに辞めてしまう人が大半です。

ここで数ヶ月~半年かけて100記事書くことができると、ブログを更新することが習慣化され、収益化に繋がる可能性をかなり高めることができます

「66日ルール」というロンドン大学の研究もあるので、習慣化においては2ヶ月でも大丈夫です。

ブログの記事数が収益に直結するから

3点目は「ブログの記事数が収益に直結するから」という理由です。

実はキーワードで上位表示される為には「コンテンツ」が最も大切で、対象のキーワードに関連するページを多くサイトに保有していた方がGoogleに評価されやすくなります。

そのため100記事書いてサイト全体のコンテンツの質を高めていった方が、Google先生に評価されやすいということです!

この観点で考えると、雑記ブログを書くよりは、特化ブログの方が収益化に繋がりやすい傾向にあります。

特化ブログと雑記ブログはどっちが良い?目的に応じた選び方を解説

2020-05-15
知識の1つとして上記の記事も後で読んでみて下さいね。

ブログのアクセス数が1万PVに到達するまでやった5つのこと

ブログのアクセス数が1万PVに到達するまでやった5つのこと

ブログ100記事理論の説明も終わったので、次にブログのアクセス数が1万PVに到達するまでやった5つのことについて解説していきます。

WordPress(ワードプレス)でブログを開設する

まずは「WordPress(ワードプレス)でブログを開設すること」です。

はてなブログやアメーバブログでブログを開設することもできますが、将来的に「収益化していきたい」という場合は他のプラットフォームに依存しないことをおすすめします。

記事の内容が削ぐわない場合消されてしまう可能性もありますし、広告の掲載に制限が多くて非常に面倒です。

WordPressでブログを始める時の全手順で詳しく解説していますので、是非見てみて下さいね。

キーワードボリュームを意識してブログを書く

次は「キーワードボリュームを意識してブログを書く」ことです。

例えば「数学の参考書のおすすめの記事を書きたい」という場合なら、「数学 参考書」というキーワードで月間検索数を調べ、それに合わせて記事を書いていきます。

ここで「数学 参考書」というキーワードでほとんど検索がかかっていないとすると、そもそも記事を書いても誰も見てくれませんよね。

あまり検索ボリュームが多すぎても上位化は難しいので、100~500が7割、2000~3000の記事を2割、それ以上を1割程度の配分で書いていくと良いですよ。

読者の求められている記事を書く

次は「読者の求められている記事を書く」ことです。

1つ前のキーワードボリュームにも繋がる話なのですが、検索されるということは「読者にニーズがある」ということなので、その内容を解決する記事が求められますよね。

しかし「自分の書きたいことを書く」という人は案外多く、結果ユーザーのニーズから外れてしまうことはよくある話です。

常に読者の検索意図をしっかり捉えて、課題を解決するような記事を書く必要があるでしょう。

メリットだけでなくベネフィットを意識する

次は「メリットだけでなくベネフィットを意識する」ことです。

記事を書く時にメリットやデメリットを語る場合は多いですが、単純に「これがメリットです!おすすめです!」と言われただけではユーザーは商品を買ってくれません。

例えば掃除機が10000万回転します!と言われるより、「もうダニに困ることはありません!」と言われた方がユーザーの体験としてイメージしやすいですよね。

メリットを踏まえて、その先に「どんなベネフィットがあるのか」を意識するようにしましょう。

記事内の内部リンクを繋げる

最後に「記事内の内部リンクを繋げる」ことです。

先ほどサイト全体に同じコンテンツがあると評価されやすいという話をしましたが、関連性の高いコンテンツは内部リンクで繋げていくことで、Google先生に評価されやすくなります。
サイト全体の質も向上して、サイト内回遊率も高くなることから様々な観点でメリット満載です。

ブログのアクセスが伸びない時の5つの対処法

ブログのアクセスが伸びない時の5つの対処法

さてブログのアクセス数が1万PVに到達するまでにやったことを記載しましたが、あくまでその時にやった内容の話です。

アクセス数が伸びなくて悩んでいる場合は、さらに下記の項目ももう1度考え直してみると良いでしょう。

全部で5つありますので、1つ1つ説明していきますね。

SEOの基本を理解する

1点目は「SEOの基本を理解する」という点です。

SEOとはSearch Engine Optimizationのことを省略してそのように読んでいます。「検索エンジン最適化」という意味合いで使われている、マーケティング用語の1つです。

この「SEO対策」が記事内にてしっかり行われていないと、Googleに正当に評価してもらえず、良いコンテンツを作成していても評価を頂くことができません。

最低でも下記の項目は実施していくようにしましょう。
SEOの基本
  1. 狙ったキーワードをタイトルに入れる(32文字程度)
  2. 狙ったキーワードを見出しに入れる
  3. 画像にaltタグを設定し、見出し本文をコピーする
  4. メタディスクリプションを設定する
  5. SEOに強いテーマに変更する

もしWordPressのテーマを変更したい方がいましたら、下記記事でランキングで纏めております。

\こちらもおすすめ/

【SEO対策済】WordPressのおすすめテーマ13選【有料と無料の違いも解説】

2020-05-21

情報を網羅的に記載していく

2点目は「情報を網羅的に記載していく」という点です。

記事作成で最も大事なのは「読者を離脱させないこと」に他ならないので、情報を網羅的に記載して、読者に満足して貰う記事構成を心がけましょう。
しかし1回で全て書くのが大変であれば、徐々にリライトして増やしていってもOKです。

文字数を意識してブログを書く

3点目は「文字数を意識してブログを書く」という点です。

文字数は関係ない!という意見もありますが、僕個人としては記事で上位化する為にまだまだ文字数を入れることは大切だと感じています。

3000字以上書けば良い、4000字書けば充分!など様々な意見がありますが、Googleの上位サイトと同じくらい書いていれば基本問題ないでしょう。

情報の信頼性を大切にする

4点目は「情報の信頼性を大切にする」という点です。

記事を書く時は「誰が書いたか」という点は非常に大切になってきます。例えば「医療者が語るマスクの意味」と言われると、なんだか信憑性が上がる気がしますよね。
自分はどんな人間で、どんな想いで書いているのか、どんな実績があるのか、みたいなことを記載できると、読者も納得して記事を読み進めてくれるでしょう。

SNSで記事を拡散する

5点目は「SNSで記事を拡散する」という点です。

ブログを始めて最初の内は「Googleに検索されない」ので、SNSで記事を公開して拡散していくと、記事も読まれますし収益化に結びつけることができます。
モチベーションアップにも有効ですので、TwitterやInstagramと並行して進めてみると良いでしょう。

ブログ100記事に関する「よくある質問」

ブログ100記事に関する「よくある質問」

最後にブログの100記事に関する「よくある質問」に答えていきますね。

ブログを100記事書いて変化したことはありますか?

ブログの習慣化や記事を書く時のテンプレ化などによって、ブログを書くスピード感が変わりました。

加えてブログで稼ぐ為の感覚を少し掴むことができるので、爆速的にブログを成長させていくことができます。

特化ブログで100記事書いた方が収益はでますか?

結論から言うと、特化ブログの方が収益が出るスピードが早くなるでしょう。

しかし雑記で収益が出ない訳ではないので、3-4つくらいカテゴリを分けて更新して、「伸びたジャンルを優先して更新していく」などの方法も有効です。

アドセンスで100記事だとどのくらい稼ぐことができますか?

僕が実際にアドセンス広告を貼って100記事に到達した時は、2000円程度がアドセンス収益でした。

基本的にアフィリエイト広告と比較するとお小遣い程度なので、本気で稼ぎたかったらASPに登録必須です。

ブログ1000記事だとどのくらい稼ぐことができますか?

ブログ界で有名なマナブさんが1000記事到達した時に月収300万円と公言していました。

全部が全部そうなる訳ではないですが、1つの指標として覚えておくと良いでしょう。

まとめ

ブログの100記事書いた時にアクセス数や収益に関する記事は以上になります。

基本的に100記事到達する前に辞めてしまう人が大半ですが、やり方を抑えてコツコツ進めることができれば必ず結果は付いてくるものです。
まっつん
ブログのノウハウはtwitter(@mattsun_blog)でも発信していますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。