就職Shopの評判は悪い?リアル口コミを交えて有用性を解説

ニート
この記事でお伝えすること
  1. 就職Shopはニートやフリーターでも使えるの?
  2. 就職Shopの評判や口コミ
  3. 就職Shopを使うのに向いている人
  4. 就職Shopを活用していく為のポイント

近年就活市場が活発になってきており「就職エージェント」の利用も増えてきています。

しかしニートやフリーター、既卒だと大手就職エージェントは「紹介できる求人がない」と断られてしまう場合が多く「ニートやフリーターが利用できる就職エージェントサイトってないの?」と感じる方もいるでしょう。

その期待に応えることのできる転職エージェントが「就職Shop」です。

そこでこの記事では「就職Shopのリアル口コミを交えた評判や、利点、活用ポイント」を詳細に記事にしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

就職Shopを使うべき人のターゲット層は?

就職Shopを使うべき人のターゲット層は?

まずは就職Shopを使うべき人のターゲット層を抑えておきましょう。

就職Shopは既卒やフリーター・ニート向けの求人サイト

就職Shopは皆さんご存知リクルートが運営している20代若手の就職・転職に特化した求人紹介サービスです。

基本的に就職Shopを利用するターゲットとして当てはまる人は、

  • 未経験から新しいことに挑戦したい新卒・既卒・第二新卒
  • 正社員を目指しているフリーター・ニート
  • 大手就職エージェントから求人が貰えなかった人

であり、上記の項目に当てはまるのであれば就職Shopが就職までの手厚いサポートを行ってくれます。

就職Shopを使用するメリット!良い評判や口コミも含めて紹介

就職Shopを使用するメリット!良い評判や口コミも含めて紹介

就職Shopを利用する上でのメリットや、それに伴う評判・口コミを紹介していきたいと思います。

書類選考で落とされる求人は存在しない

1点目、まず何より大きいのが就職Shopを利用した際に受けれる求人で「書類選考で落ちる」ということはありません。

就職Shopはリクルート系列ですので、企業間と強い繋がりを持っています。その強いパイプを利用することで20代の若手を積極的に採用したいと感じている企業のみを集めているのが特徴です。

これはかなり強いメリットですよね。加えて書類選考無しですぐ様面接に移ることができるので、選考全体としてスピーディに進めていくことが可能となります。

企業に定着できるかどうかの幅広い情報を教えてくれる

2点目は「企業に定着できるかどうかの幅広い情報を教えてくれる」という点です。

もう少し具体的に言うと「労働環境」「職場内の雰囲気」「教育体制」など、Web上の検索だけでは分からない情報を就職Shopのアドバイザーは教えてくれます。

入社できるかどうかも気になる部分ですが、やはり重要なのは「入ってから続けていけるかどうか」という部分じゃないですか。

ですのでWeb上で知り得ない情報を多く手にすることのできる点は、大きなアドバンテージと言えるでしょう。

8500社の中から自分に適正のある求人を選んでくれる

3点目は「8500社の中から自分に適正のある求人を選んでくれる」という点です。

就職Shopは給料や福利厚生が充実している優良企業から、将来的に成長が見込める成長途上の企業まで幅広い企業を紹介してもらうことが可能です。

既卒やフリーター向けの他の就職エージェントと比較すると、この8500社というのはかなり多い部類に入りますので、自分のマッチングできる企業の確率が上がるのは大きなメリットと言えます。

職種に偏りはなく様々な求人に応募可能

4点目は「職種に偏りはなく様々な求人に応募可能」という点です。
職種に偏りはなく様々な求人に応募可能

こちらは就職先の職種の割合を男女別で表したグラフになっていますが、営業から事務・技術系まで幅広い職種を募集していることが分かります。

男女による職種のバラツキはあるものの、自分の希望している職種が見つかる割合は高いと言えるでしょう。

就職する為の充実したサポートを受けれる

5点目が「就職する為の充実したサポートを受けれる」という点です。

具体的には「履歴書や職務経歴書の添削」「面接練習とフィードバック」をしてくれる為、何から始めて良いのか分からない人でも安心して活用することができます。

また他の就職エージェントでは電話やSkypeによる相談を行っているエージェントが多いですが、就職Shopは対面に重きをおいています。

これは人と人との繋がりを大事にしている証と言えるでしょう。

▼就職Shopはこちらから▼

就職Shopを使用するデメリット!悪い評判や口コミも含めて紹介

就職Shopを使用するデメリット!悪い評判や口コミも含めて紹介

次は就職Shopを利用する上でのデメリットや悪い評判・口コミについても紹介していきたいと思います。

大手と比較すると求人数は見劣りしてしまう

1点目は「大手就職エージェントと比較するとどうしても求人数は見劣りしてしまう」という点です。

就職Shopは基本的に書類選考が絶対に通る企業を厳選しているので、どうしても求人数は少なくなってしまいます。

ここの部分で「求人が少ないから不安だな…自分にマッチングする求人はあるのかな?」と不安になるかもしれません。

この部分は他の就職エージェントを併用して活用していくことで、足りない求人数をカバーしていくことができますので後に記載していきたいと思います。

キャリアアップとしての利用はオススメできない

2点目は「キャリアアップとしての利用はオススメできない」という点です。

転職をする際に「年収をアップさせたい」とジョブホップしていく人がいますよね。そのような活用は就職Shopでは向かないので、キャリアアップとしての利用はできません。

就職Shopで紹介している求人の8割は中小企業です。もし高学歴だったり大企業勤務からの就職を目指している方であれば、就職Shopは少し物足りないと感じる可能性があります。

20代ターゲットなので30歳を超えると利用できない

3点目は「20代ターゲットなので30歳を超えると利用できない」という点です。

就職Shopの利点としては「未経験でも新しいことに挑戦できる」というところですよね。

30代でも新しいことに挑戦するというのは遅くはないと思います。しかし就職Shopはターゲットが20代の層になっているので、30代の方は別の就職エージェントを利用するほかないでしょう。

担当官と対面で話す必要があるので相性がある

4点目は「担当官と対面で話す必要があるので相性がある」という点です。

充実したサポートを受けることができるとはいえ、担当官も人間です。相性の問題は必ず出てきます。

基本的に就職希望者の思いを汲み取ってくれるはずですが、中には「ここにしか行けないんだからここに行け」というように就職を斡旋してくる人がいるかもしれません。

そんな時は担当者を変えることもできますので、大人しく担当者を変えるようにしましょう。

必ず対面で面談を実施しなければならない

5点目は「必ず対面で面談を実施しなければならない」という点です。

人と人との繋がりに重きを置いている為、大人での面談を実施している就職Shopですが、自分の住んでいる場所に近くに就職Shopがない可能性があります。

念の為就職Shopの拠点を下記に書いておいたので、自分の住んでいるところの近くにあるかどうか探してみて下さいね。

就職Shop拠点一覧
  • 新宿:東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー3F
  • 東京:東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル 2F
  • 横浜:神奈川県横浜市西区北幸1-11-11 NMF横浜西口ビル8F
  • 北千住:東京都足立区千住2丁目3 吾妻ビル 4F
  • 埼玉:埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25F
  • 千葉:千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7F
  • 西東京:東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル 7F
  • 大阪:大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー31階
  • 京都:京都府京都市下京区四条通 室町東入函谷鉾町88K・I四条ビル 7F
  • 神戸:兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階

しかし拠点はここにしかなくても、勤務地は様々な求人が多いので、その部分は安心して下さいね。

▼就職Shopはこちらから▼

就職エージェントに登録して使用する際の実際の手順って?

就職エージェントに登録して使用する際の実際の手順って?

就職Shopの口コミを紹介し終えたところで、就職エージェントを登録して使用する際の手順について説明していきたいと思います。

就職Shopに限らず、エージェントを利用する際の手順です。知っている方は飛ばして下さいね。

ウェブサイトから実際に就職エージェントに登録

ウェブサイトから実際に就職エージェントに登録

まずはWebサイトから実際に個人情報を自分で打ち込み、エージェントに個人登録します。

登録後キャリアアドバイザーの人と初回面談の調整

登録後キャリアアドバイザーの人と初回面談の調整

登録後、数日でキャリアアドバイザーの人から電話がかかってきて、実際に対面で会う日の日程調整をします。

ここの部分、就職エージェントによっては対面ではなく電話で対応してくれるところもあり様々です。

実際にキャリアアドバイザーと面談する

実際にキャリアアドバイザーと面談する

日程を調整し終えたら実際にキャリアアドバイザーと面談を行います。

「どんな求人を希望しているのか」「どのくらいの収入がいいのか」「勤務地はどこがいいのか」などについて話し合い、お互いに就職に至るまでの相互理解を深めます。

ここで中途半端な希望しか言えないと求人が上手くマッチしない可能性が浮上してくるので、少し考えを整理してから面談に向かうと良いでしょう。

担当アドバイザーから求人紹介を受ける

担当アドバイザーから求人紹介を受ける

面談が終了したら担当アドバイザーが求人を紹介してくれるようになるので、自分の希望に合う求人を探していきます。

合わない求人はすっぱり断って、どんどん求人を見ていきましょう。

書類を実際に応募する

書類を実際に応募する

応募求人が決まったら、実際に企業に応募します。

この際、応募書類の書き方も担当アドバイザーから指導や添削が入るので、自分が何も分からなくてもしっかり進めていくことが可能です。

書類に通過したら面接を実施する

書類に通過したら面接を実施する

書類に無事通過したらいよいよ企業との面接を行っていきます。

しかし就職Shopにおいては書類は確定で通過するので、すぐ様面接に移る準備が必要です。

内定をゲットしたら入社日の交渉を行う

内定をゲットしたら入社日の交渉を行う

面接を無事完了させ、内定を獲得することができたら就職活動は終了です。

担当官や企業と話し合い、入社日の交渉を進めていきましょう。

エージェントはこんなに手厚いサポートを行ってくれるので凄いですよね。。しかも無料で利用できるので、どんどん活用していきましょう!

▼就職Shopはこちらから▼

就職Shopを使うのに向いている人は?

就職Shopを使うのに向いている人は?

就職Shopを使うのに向いている人はどのような人なのか今一度纏めてみましょう。

既卒・フリーター・ニートの状態から最速で抜け出したい人

既卒・フリーター・ニートの状態から最速で抜け出したい人は就職Shopを利用するのにかなり向いています。

メリットから見ても分かるように書類通過が確定していますのでスピード感ある就職活動を進めていくことが可能です。

また自分に経験やスキルが全くなくても、応募できる求人は腐る程ありますので、ここの部分についても心配はいらないでしょう。

時間をかけて探していく人は使用するべきではない

時間を使ってゆっくり自分に合う求人を探していきたいという人には就職Shopを主要で使うことはオススメしません。

紹介してもらえる企業がリクルート系列の就職Shopが選んでいるわけですから、それなりに安定した企業であることは間違い無いでしょう。

しかしやはり中小企業の割合が多いので、将来の安定や給料面には少しの不安は残ります。

次就職する企業に骨を埋める覚悟なのであれば、就職Shop利用で求人を探していくことはオススメできません。

現実的に就職Shopだけだと厳しい。合わせてこちらも登録すること

現実的に就職Shopだけだと厳しい。合わせてこちらも登録すること

ここまで色々説明してきましたが、現実的に就職Shopだけを利用するのは、求人数の観点でも就職活動の観点でもナンセンスです。

基本的に担当アドバイザーと話して進めていくことになりますが、複数人の意見を聞いた方が絶対に有効です。なぜなら一人のアドバイスを聞いていてもそれが正しいかどうか判別できないからです。

僕は新卒10ヶ月で会社を退職して転職活動を行っていた時は、転職エージェントに4−5つくらい登録していました。

結果様々な意見を無料で頂くことができたので利用するだけ利用して良かったと思っています。

主要で使っていた転職エージェントは1つだけでしたが、皆さんも登録するだけ登録して一度相談してみることを推奨します。どうせ無料なので、使えるもんは使っていきましょう。

どこよりも充実な対応!ウズキャリ

どこよりも充実な対応!ウズキャリ

就職Shopだと書類審査は全てパスすることができますが、多少時間をかけてももっと安定した企業に入社したいと考えている方は「ウズキャリ(UZUZ)」がオススメです。

ウズキャリは就職内定率・入社後の定着率も約90%と高い数値がついていますし、何より他の就職エージェントと比較して就職までのサポートを10倍の時間を使って行ってくれます。

また個人的に熱いと思っている点が内定定着率が95%という部分で、基本的に就職までのサポートを行ってくれる会社がほとんどですが、入社した未来を考えてくれるのはウズキャリにしかない利点です。

第二新卒・既卒・フリーター・ニートに対応していますので、不安であれば是非こちらにも相談してみると良いでしょう。

▼ウズキャリ(UZUZ)はこちらから▼

就職率96%のDYM就職もオススメ

就職率96%のDYM就職もオススメ

就職Shop以外の就職エージェントで外せないのが「DYM就職」です。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的な数値となっております。

こちらは就職希望者のニーズに最大に寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

その結果がしっかり数値として出ており、書類や面接・その他困り事に対するアドバイスもしっかり行ってくれます。

  • 就職したいけど本当に何をしたいのか分からない
  • 何から始めればいいのか全く分からない

このような方はDYM就職がかなり向いていると思いますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

▼DYM就職はこちらから▼

ハタラクティブもオススメ

ハタラクティブもオススメ

また就職Shopほど大きくは無いですが「ハタラクティブ」もオススメです。

ハタラクティブも就職Shopと同様に「完全未経験」で求人を紹介してくれますし、何より「若手をしっかり育てていきたい」「幅広い人材を採用したい」という思いから人物重視の採用を行なっている企業が多く集まっています。

職種も幅広く集まっていますので、就職Shopとの複数利用で使うのに向いていると思います。

▼ハタラクティブはこちらから▼

最後に。就職ShopのQ&A

就職Shopを使用する際には何から始めれば良いですか?

就職shop
まずはホームページから面談予約をしてください。基本情報入力、面談日時設定後に確認メールが届きます。担当キャリアアドバイザーが当日お待ちしておりますので、面談にお越しください。
なるほど。まずは情報入力から始めればいいんですね。

就職Shopのサービスに費用はかかりますか?

就職shop
求職者としてご登録される方に一切費用はかかりません。安心して面談のご予約を頂けます。
つまり無料で使用可能ということなんですね。

平日は何時までやっていますか?土日はやっていますか?

就職shop
平日(月曜日~金曜日)午前10時から夕方18時半まで営業しております。また、基本的に土日・祝日は営業していません。
土日は営業していないので気をつけましょう。

就職Shopに行ったら、まず何をするのですか?

就職shop
あなたのご希望、これまで経験したこと、学んできたこと、ご興味のあること、などをお聞かせいただいた上で、就職Shopで紹介できそうな求人の方向性や、必要なサポートについてお話をさせて頂きます。
マッチした求人を受け取る為にも、自分の考えは少し纏めておきましょう。

初回の面談時に何か持っていくものはありますか?どのような服装で行けばいいのですか?

就職shop
基本的には持ち物は必要ありません。お持ちの方は履歴書などのコピーを持参いただいても結構です。就職Shopへの登録・キャリアアドバイザーとの面談が選考に関係することを一切ありませんので、自由な服装でお越しいただいて結構です。
基本的に面談は面接でも何でもないのでラフな格好でOKです。

まとめ

というわけで内容は以上です。

就職活動を時間使って行なっていくのは労力のいることです。ましてや1人で進めていくと、精神的にも疲弊しますし、相談相手がいないのはとても辛いと思います。

近年インターネットが普及したことで、このような便利なサービスをどんどん利用できるようになりました。

登録して面談を行うまでは不安が大きいと思いますが、エージェントの担当官もそんな酷い人はほとんどいません。多くの悩みに真摯に応えてくれます。

是非このようなサービスを有効活用して、自分のキャリアを考え直すきっかけにしてみて下さいね。

▼就職Shopはこちらから▼

それでは。