公務員浪人は悲惨な末路になる?成功させるための5つのポイント

ニート
  • 公務員を浪人して大丈夫なの?
  • 次回は絶対受かりたいけどどうすればいいの?
  • 公務員浪人から成功させる方法を知りたい

こんな疑問に答えます。

公務員は「安定している仕事」として、昔から現在に至るまで人気の職業となっています。

そのため公務員試験を受ける人も多数で、残念ながら不合格になってしまう人も多いことが事実です。

しかし、公務員試験で不合格になってしまったときに、「来年もう1度挑戦してみたい!」と感じる人も多いのではないでしょうか?
本記事では「公務員浪人におけるメリットやデメリット、成功する為の5つのコツ」について解説していきます。

この記事を読むことで、公務員浪人に関する不安を払拭することができますよ。

\関連記事/

職歴なしのニートから公務員は無理?受かりやすい自治体3選

2020-03-21

スポンサードサーチ

公務員浪人を考える前に確認しておきたいこと

公務員試験に落ちてしまったから、また挑戦すればいいや」と安易に考えていませんか?

ここでもう1度「公務員浪人をするべきか?」ということを考えてみましょう。

新卒という肩書きを捨てられるか?

学校を卒業して公務員浪人となると、「新卒」という肩書きがなくなります。

民間の会社でも同じことが言えますが、「新卒」は求人率も高く圧倒的に有利なことは言うまでもありません。
その肩書きを捨てて公務員浪人になれるか?考えてみましょう。

なりたい公務員を目指して365日全力で勉強できるか?

  • なんとなく公務員を選んでしまった。
  • 公務員って安定しているからなりたいだけ

そんな思いはありませんか?

自分は浪人してまでも公務員になりたい、そのためには365日全力で勉強できるか?ということを考えてみましょう。

公務員浪人をする際のメリット・デメリット

次に「公務員浪人のメリット・デメリット」についてお話していきます。

公務員浪人のメリット

公務員浪人をした際のメリットは下記の通りです。

  • 時間的に余裕がある。
  • 全て、公務員試験対策に打ち込める
  • 筆記試験と面接を実際に経験しているので、傾向と対策がわかる
  • 失敗を成功に変えられる

公務員浪人では学校の授業や部活やサークル活動、卒業論文など学生時代に縛られていたことから解放されます。

そのため、全ての時間を勉強にあてることができるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

公務員浪人のデメリット

公務員浪人のデメリットは下記の通りです。

  • 新卒という肩書きがなくなる
  • 時間がありすぎて怠ける可能性もある
  • バイトなどをしていた人はお金が減ってしまう
  • 旅行にも行けず、友達と遊べない

新卒というフレッシュな肩書きはなくなりますし、時間的な余裕はメリットでもありますが、時間を計画的に使わないと遊んで終わってしまった…ということにもなりかねません。

またバイトで収入を得ていた人はお金がなくなってしまうということも考えられます。

公務員浪人時に経験しておきたいこと

公務員浪人の時に、勉強はもちろんのことですが他にも経験しておくと良いことがあります。

それは「地域の自治体、県庁、税務署・市役所などでアルバイトや補助として働いてみること」です。

実際に地域の自治体でアルバイトや補助として働いてみることで、漠然と感じていた仕事の内容や職場内の雰囲気を掴むこともできます。

この時に「自分もこうなりたい!」「やはり公務員の仕事がしたい!」と思われるのであれば更にモチベーションも上がりますよね。

また「やっぱり向いていないかも」「やりたいと思えなくなった…」としたら、思い切って公務員浪人を辞めて他の道を考える選択もできます。

また公務員試験の面接の際に、「私は市役所でアルバイトをして、実際に仕事を経験し本当に公務員になりたいと思えました」とアピールすることもできるのでおすすめです。

公務員浪人の悲惨な末路になる人の3つの特徴

「公務員浪人」というと、「悲惨な末路」という言葉が出てくるほど印象は良くはありません。

そんな「悲惨な末路」になる人の大きな特徴を3つ紹介します。

プライドだけが高くなってしまう

1点目は「プライドだけが高くなってしまう」という点です。
いつの間にか「中小企業には行きたくない」という想いと中小企業に対する差別が生まれてしまい、どうしても他の人や企業を見下してしまいます。

周りの人も離れていき、自分のプライドの高さだけが残ってしまうので注意しましょう。

公務員にこだわりすぎて他の仕事が視野に入らない

2点目は「公務員にこだわりすぎて他の仕事が視野に入らない」という点です。
  • 親が公務員だったから
  • 公務員なれと言われ続けてきた
  • 公務員は「楽そう」と謎の固定観念を持っている

公務員に拘りすぎると他の仕事に転換しようという考えにもならないので注意が必要です。

計画を立てないのでずっと公務員浪人してしまう

3点目は「計画を立てないのでずっと公務員浪してしまう人」という点です。
公務員浪人が悪いのではなく、「何年挑戦したら諦めよう」「今年で最後!もしダメだったら他に就職しよう」という計画を立てないために、落ちて浪人を繰り返してしまいます。

気が付いた時には30歳を過ぎてしまった…など取り返しがつかなくなってしまうので計画は立てておきましょう。

30歳前後の公務員浪人の悲惨な末路

もし、30歳を過ぎても公務員浪人を続けていた場合どうなるでしょうか?

30歳といえばもう結婚して家庭を築いている人が多いかもしれません。お子さんが産まれて家族に囲まれ頑張って働いている人も多い年齢です。

また民間の会社に就職して、ある程度の役職についていることもあるでしょう。

公務員浪人を30歳前後まで続けてしまうと、「就職しても年下から仕事を教わる」「仕事の基礎が分かっていない」「貯金も少ない」と苦労する可能性があります。

このようなリスクがあることはしっかり覚えておいて下さいね。

公務員浪人で悲惨な末路にならないためには?

それでは公務員浪人をするにあたって「悲惨な末路」にならないためにはどうしたら良いのでしょうか?

結論から言うと「期限をしっかりと決めること」です。

期限をしっかり決めて計画を立てて勉強すれば、ダラダラ浪人することもなくなりますし、計画に向かって毎日やるべきことを具体化して行動することができます。
ダメだったらスパッと諦めるくらいの気持ちで、しっかり計画を立てて行動すると良いでしょう。

公務員浪人を脱却して成功するための5つのポイント

公務員浪人を脱却して成功するにはどうしたらいいでしょうか?

次に公務員浪人を脱却して成功する為の5つのポイントについて解説していきます。

自分自身の気持ちともう1度向かい合う

やはり1番大切なのは「公務員になりたいか」という気持ちです。
ただ「リストラされたくない」「安定した職業だから」という軽い気持ちではなく、自分が「何が何でも公務員になる」という気持ちがあると成功しやすいと言えます。

自分が決めた期限で、公務員試験のために様々なことを我慢して覚悟を持って取り組めるか?ということをもう1度自分に問いかけ再確認してみましょう。

自分の勉強法について今一度見直してみる

次に「自分の勉強法について今一度見直してみる」という点です。

公務員試験で不合格になってしまったことは残念ですが、そこで終わらせずに落ちた理由を突き詰めていくことが大切になってきます。

  • 全範囲きちんと勉強したのか
  • 使っていた教材はどうだったか
  • 面接での対応はどうだったのか
思い当たる部分をしっかりフィードバックし、2度と繰り返さないという気持ちを持つことが大切です。

環境を整えてみる

次に「自分が実際に使用している勉強場所を見直す」ということも大切です。

勉強に集中しやすい環境か、気が散るならば何か原因があるのではないかなどを見直してみましょう。

また1人暮らしの人で、もし頼れる実家がある人は実家に帰るのも1つの手かもしれません。実家に帰れるのであれば期間限定で甘えさせてもらいましょう。
自分がどんな環境なら集中できるのか、今一度考えてみて下さいね。

公務員浪人でプラスになったことを面接時に話せるようにしておく

次に「公務員浪人でプラスになったことを面接時に話せるようにしておく」という点です。
公務員浪人をしたことは、面接時に必ず聞かます。その時に「なぜ自分は浪人をしてまで公務員になりたいのか?」ということを答えられるようにしておきましょう。

「楽をしたい」「安定したい」などとはいわずに、公務員の仕事について熱く語れるかということが重要なポイントです。

経験者からアドバイスを得る

最後に「経験者からアドバイスを得る」という点です。
やはり公務員浪人の経験者で、合格をした人の話を聞くのが1番でしょう。公務員浪人の人が周りにいなければ、合格した人の話でも問題ありません。

勉強場所の環境から、使用した参考書まで聞けることは全て聞いてみるといいですね。

他人にそこまでお願いするには恥ずかしいと思うかもしれません。しかし公務員浪人を決めて頑張ると決意した以上は、恥を捨てて合格した人に聞いてみることも大切です。

是非積極的に色々聞いてみて下さいね。

公務員浪人しても受からなかった時の就活の裏技

さて公務員浪人した時の成功のコツについて話してきましたが、それでも受からない場合もあるでしょう。

その為、最後に公務員浪人して受からなかった時の就活の裏技について話していきます。

結論から言うと、「書類選考がない就職エージェントに登録する」ことが最も有効な方法です。

転職に工数をかけず、且つ安定して内定を獲得する為には転職エージェントに登録することが最も有効です。

転職に失敗する人の大半が、転職サイト・ハローワークだけを利用して転職活動を進めているので、「絶対に転職成功させたい」方はエージェントを活用することをおすすめします。

エージェントと聞くと敷居が高そうに感じるかもしれないですが、基本的に求人紹介から履歴書の添削・面接サポートまで全て無料で行ってくれる画期的なサービスです。
下記におすすめの転職エージェントについて纏めたので、転職を検討している人は目を通しておくと良いでしょう。

【おすすめ大手転職エージェント】

エージェント名特徴
就職Shop
就職Shop
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 紹介求人が約8500社とかなり多い
DYM就職
DYM就職
  • 紹介求人は全て「書類選考なし」
  • 正社員求人が100%で就職率は96%

書類選考なしで求人数も幅広い「就職Shop」

書類選考なしで求人数も幅広い「就職Shop」
就職Shopの特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 紹介求人は約8500社とかなり多い
  3. 紹介求人の職種に偏りがなく、様々な職種を選択可能

1つ目におすすめなのが「就職Shop」です。

就職Shopは若手の転職に特化しており、なんと書類選考なしで求人を応募することができます。

また就職Shopは求人数が8500社もあり、且つ求人の職種に偏りがないので、就職する企業の選択肢を大幅に上げることが可能です。
関東圏と関西圏でしか利用できないことが最大の難点ですが、もし利用する場所に住んでいるのであれば、必ずに登録しておくことをおすすめします。

\簡単5分で登録可能!/

参考:就職Shopを実際に利用して、その評判を確認してみた

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」

書類選考なしで就職率96%の「DYM就職」
DYM就職の特徴
  1. 紹介求人は全て「書類選考なし」
  2. 正社員求人が100%で就職率は96%
  3. 全国7拠点あり、比較的利用しやすい

2点目ににおすすめなのが「DYM就職」です。

DYM就職は就職率がなんと96%もあり、周囲のエージェントと比較すると圧倒的に高い数値になります。

DYM就職は就職希望者の想いに寄りそうことが強みとなっており、就職希望者の願いを最大限に叶えてくれるところが特徴です。

また紹介求人は「書類通過なしで面接まで行くことが可能」なので、スピーディに転職活動を進めることができます。

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台と全国7拠点利用することができるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

\簡単5分で登録可能!/

参考:DYM就職を実際に利用して、その評判を確認してみた

まとめ

公務員浪人のメリットやデメリット、成功するポイントに関する記事は以上です。

基本的にデメリットとなる部分はしっかり把握して、期間を決めることで効率的に行動していくことができれば問題ありません。
もし挑戦してダメだった場合でも、就職する方法はいくらでもありますので全力で挑戦すると良いでしょう。
おすすめの転職エージェント
  1. 就職Shop
    書類選考なし / 求人数8500社
    【公式】https://www.ss-shop.jp/
  2. DYM就職
    書類選考なし / 求人数2000社
    【公式】https://www.dshu.jp/